【BtoB向け】SEO対策の効果を高めるための基礎知識

【BtoB向け】SEO対策の効果を高めるための基礎知識
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

SEO対策の基礎知識

ホームページやWEBサイトを制作する際には、内容を充実させると共に、多くの人に見てもらうためのSEO対策も欠かせません。

そもそもSEOとは何なのか、SEO対策を取り入れることによってどんなメリットがあるのか、SEOに適したサイトの特性など、SEO対策の基本的な知識について説明します。

SEO対策とは

SEOとは、「Search Engine Optimization」の略であり、「検索エンジン最適化」という意味になります。

SEO対策をすることにより、検索エンジンの評価を上げてホームページやWEBサイトが上位に表示されるようになり、多くの人の目に留まることにつながるのです。

検索エンジンにはいくつか種類があり、検索エンジンによっても検索結果が異なりますが、現在のSEO対策は世界的にも、もっとも利用者数が多いとされる「Google」を対象に行うのが一般的です。

SEO対策を取り入れる目的

SEO対策を取り入れる最大の目的は、検索結果にホームページやWEBサイトが上位に表示されるようにし、より多くの人に閲覧してもらいクリック数を上げることにあります。

自社のWEBサイトを見てもらうことで、商品購入や問い合わせなどを増やし、利益を上げ事業を拡大させていくことが可能になるのです。

サイトへの集客は、有料の広告などによっても増やすことができますが、SEO対策は継続的に費用をかけずに、特定のキーワードで検索をかけたユーザーを引き込むことができるという特徴があります。

SEO対策の価値や効果

SEO対策による集客は、有料の広告と比べて継続的に費用がかからない点に大きな価値がありますが、特筆すべき効果はそれだけではありません。

検索結果は、ユーザーが興味のあるキーワードに関連のあるサイトを表示するため、ニーズにマッチしやすく幅広い人が対象になります。

また、ユーザーの検索意図に沿って最新の情報を見直す必要はありますが、常に検索結果の上位に表示されるよう対策することによって、特定の期限なく露出を高めていくことも可能です。

SEO対策の導入に適したサイトの特性

SEO対策はさまざまなサイトに効果的ですが、特に導入をおすすめしたいサイトには、SEO対策に適した特性があります。

  • 広告などによる集客はあるものの、検索結果からの集客が少ないサイト
  • 検索されている回数が多いキーワードにかかわりがあるサイト
  • なるべく費用をかけずに集客を目指したい場合

これらの特性があるかどうかを知るには、現在のサイトの集客状況や、自然検索からの集客数について分析をする必要がありますが、該当するようならぜひSEO対策を検討してみてください。

BtoB企業がSEO対策を取り入れるメリット

BtoB企業がSEO対策を取り入れるメリット
SEO対策は個人を対象にしたサイトにももちろん効果的ですが、法人を対象にしたBtoB企業にとっても、大きなメリットがあります。
まだSEO対策を取り入れていないなら、以下の点を踏まえてSEO対策を導入してみましょう。

長期的かつ安定した集客が実現できる

ネットでの検索は一般の消費者や個人だけでなく、法人や企業の担当者にも情報収集のツールとして広く利用されています。

法人向けに商品やサービスを売り込む場合、昔なら飛び込み営業なども一定の効果がありました。しかし、現在では企業担当者もよりスピーディーで質の高いサービスを求めるため、検索結果の上位に表示されるサイトに信頼を置く傾向にあります。

ネット上の広告などによっても、法人向けのサービスを宣伝することは可能ですが、サービスや商品が必要になった時に目に留めてもらうには、検索結果の上位にあることが大前提です。急いでいる場合は特に、キーワードを検索してすぐに目に付いたところが利用されやすくなるでしょう。

また、SEO対策にはコンテンツ作りや分析のための投資は必要なものの、有料の広告のような費用はかからないため、一度対策すれば長期的かつ安定した集客へとつなげることができるのです。

ブランディング効果の向上を図れる

個人相手だけでなく法人や企業を相手にする場合でも、自社の商品やサービスの認知度を高めてブランドイメージを印象付けることは、WEBマーケティングにおいて大きな成果を上げています。

また、WEB上での情報収集は、実際に利用した消費者の意見が直接見られるという特徴もあります。
検索結果の表示によって選ばれ、質の良い商品やサービスを提供できた場合、口コミやレビューなどによって更なる高評価を広めることが可能になります。

検索結果で上位に表示されると、それだけで目に留まる機会が増えるため、社名を覚えられやすくなりますし、さらに評価も高いとなれば信頼度が増し、ブランディング効果も飛躍的に向上するでしょう。

コンペ依頼先の情報収集源として見つけてもらいやすい

BtoB企業は、相手の企業に検索されるのを待つだけでなく、コンペ先のひとつとして依頼されることもあります。

その場合、コンペ依頼先としてどのような商品やサービスがあるのか、WEBでの検索で情報収集されることも増えるため、ライバル企業に打ち勝つためには、検索結果の上位に表示されることで優位を得ることが可能です。

その際には、検索結果だけでなく自社のホームページやサイトでサービス内容や商品について閲覧されることになるので、内容もしっかり充実させておく必要があります。

サイトの内容を充実させることもSEO対策の一環になりますので、他社と比較されても見劣りしないようなサイトを運営しましょう。

BtoB企業におけるSEO対策のポイント

BtoB企業におけるSEO対策のポイント
それでは、BtoB企業がSEO対策を取り入れる際には、どういうことに気を付ければいいのか、押さえておきたいポイントについて詳しく説明していきます。

各種キーワードの検索ボリュームが比較的小さい

BtoBにおける検索キーワードは、一般の消費者や個人を対象にしているBtoCと比べると、比較的検索ボリュームが少ない傾向にあります。

基本的に企業や法人よりも、BtoCの対象となる個人のほうが圧倒的に数が多いため、検索ボリュームもそれに比例することになるので、BtoBのSEO対策はBtoCとは別に考えたほうが良いでしょう。

そのためには、SEO対策の要となるキーワード選定が非常に重要になります。
多くの人が検索しているキーワードでは、BtoC向けのサイトが上位に表示されやすくなるため、検索回数の多いビッグワードだけで上位を目指すのは難しいでしょう。

そこで、複数のキーワードによる対策や、競合の少ないスモールワードなどによる対策を検討してみることをおすすめします。

また、すでにどんなサービスや商品を探しているか決まっている相手を対象にした顕在層向けのキーワードだけでなく、今は必要なくてもいつか目的になるかもしれない潜在層向けのキーワードも選定しておくといいでしょう。

直接的なサービスや商品名をキーワードにするのはもちろんですが、顧客となる対象がどんな悩みを抱えているかにも着目してキーワードを選んでみてください。

キーワードの種類の特性を理解しておく

すでに説明したように、キーワードには顕在層向けのものと潜在層向けのものがあります。
さらに、自社の商品やサービスを販売するためのCVに近い直接的なキーワードと、幅広く情報収集するためのキーワードという括りも存在します。

たとえば、「〇〇サービス 比較」「〇〇 外注 価格」などのように直接的なキーワードで検索され上位表示されると、BtoB企業として選ばれる確率も高くなります。

しかし、ライバル企業の多くが対策しているキーワードであるため、上位表示されるのが難しいという問題があります。

それに対して、一見関係なさそうなキーワードで情報収集している場合でも、いずれは顧客となる可能性もあるので、さまざまなワードで検索結果に表示されるよう対策しておくこともSEO対策のひとつです。

自社のサービスや商品の中でも、特に力を入れたいジャンルに合わせた市場選定を心がけるようにしましょう。

Webサイト運営の目的を明確化する

SEO対策においては、Webサイトの運営をしっかり行うことも重要です。BtoB企業のWebサイトは検索結果から選ばれたとしても、それが直接売り上げにつながるというわけではありません。

まずは、詳しい話を聞くために問い合わせをしたり、見積もりを取ったりすることから始まるので、Webサイトでは商品やサービスについて紹介すると同時に、法人や企業から問い合わせしやすい形式にしておく必要があります。

カタログなどがあるなら資料請求しやすいようにする、メールでの問い合わせフォームを利用しやすいようにしておくなど、目的に応じたWebサイトの運営を目指してください。

ターゲット顧客企業の悩みを洗い出す

BtoB企業のSEO対策には、キーワードやサイト運営のほかに、ターゲットとなる顧客企業のペルソナ設定も必要です。

自社のサービスや商品が必要なのはどんな企業か、具体的に対象となる企業を想定し、検索するキーワードからどんな悩みを抱えているのか洗い出してみましょう。

ペルソナ設定が明確になると、相手がどんなものを求めているのかが見えてくるので、キーワード設定やサイト運営の目的が明確になってきます。

ただ、BtoBの場合は相手も法人や企業となるため、検索する人物が複数になることもあります。

仕事上情報収集するのはどんな部署のどんな担当者か、いくつかのペルソナを想定し、それぞれに適した対策を講じてみてください。

BtoB企業のSEO対策に迷ったらプロに相談を

BtoB企業のSEO対策に迷ったらプロに相談を
BtoB企業のSEO対策は個人向けとは違い、専門的な知識や業界の見識がないと難しいこともあるでしょう。

当サイトを運営する全研本社は、7000件ものWebコンサルティング実績があり、戦略的コンテンツマーケティングのプロ集団として活躍しています。

検索順位が上がらない、検索順位は上がってはいるけれど集客や売上の成果になかなかつながらない、というお悩みの企業様は、ぜひ一度ご相談ください。

BtoB向けSEO対策の
ご相談はこちら


ページトップへ