BtoBブランディング戦略の成功事例7選と戦略を進めるための基礎知識

BtoBブランディング戦略の成功事例7選と戦略を進めるための基礎知識
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

このページではBtoBのブランディング戦略のノウハウと、ブランディング戦略を進めるために必要な基礎知識について説明しています。

実際の企業のブランディング成功事例はもちろん、ブランドを確立する具体的施策として「ポジショニングメディア」と「ブランディングメディア」についてもあわせてご紹介しています。

ブランディングとは?基本的な考え方

ブランディングとは?基本的な考え方
まずは「ブランディング」とはどのようなものか、基本的な考え方をご紹介していきます。

ブランディングの概要

ブランディングとは、ユーザーに対し商品・サービスを「ブランド」として認知してもらうための活動のことです。ブランドは商品・サービスのイメージであり、競合他社の類似商品・サービスとの差異化に役立ちます。

ロゴ・広告・Webデザイン・コンセプトなどのイメージは、ブランド化された商品・サービスへの共感を抱いたユーザーから高い支持を得ます。

たとえばエルメスが好きな人にとっては、他メーカーの類似商品では不満足だと感じるものです。ブランドである「エルメス」に魅力を感じているため、エルメスの商品へのニーズが生まれます。

ユーザーは特定のイメージを持つブランドへのニーズを抱いていることから、ブランディングにより商品・サービスをブランド化する戦略はマーケティングにおいて重要です。

ブランディングの基本的な考え方

ブランディングの基本的な考え方とは、ユーザーの期待に応えられる商品・サービスを提供することです。商品・サービスを提供する上でも基本的な考え方ですが、ユーザーは商品・サービスを購入することによって、自分にとってプラスになる経験を期待しています。

ブランド化された商品・サービスにてプラスになる経験を得られたユーザーは、再び満足感を得るために同じブランドへのニーズを抱きます。そのため、ブランディングを成功させるためには、ユーザーの期待に応え共感を得て、「また購入したい」と思う気持ちを喚起することにあると言えます。

まずはブランディングの進め方について説明しますが、ブランド価値を認めてくれるのはユーザーであり、顧客です。対外的にブランド力をアピールする手段として最近全研本社にも問い合わせが増えている、ブランディングメディアやポジショニングメディアについても後述します。

BtoBブランディングの進め方

BtoBブランディングの進め方
それではBtoBブランディングの進め方について具体的に見ていきましょう。BtoBブランディングを進めていく基本は、4つのステップにわけられます。

  1. データを活用して現状を把握する
  2. 企業が抱くブランドアイデンティティから理想の姿を描く
  3. 現状と理想像のギャップを理解する
  4. 現在の実力と現状を把握した上でブランディングを実践する

BtoBだけに限りませんが、ブランディングを進めるためにはまず、自社に影響を与えている外的要因・内的要因を分析し自社の立ち位置を把握しましょう。

競合他社の商品・サービスと比較してどのような立ち位置にいるのかを考えれば、自社にとって強化するべき側面や弱みとなる部分が見えてきます。また政治や経済から影響を受けている場合もあります。

内的要因を把握するには、既存ユーザーである企業からの評価や感想を参考にすることが効果的です。既存ユーザーが自社に抱く満足や不満は、商品の魅力や不足点と考えられますし、ユーザーとなる企業へのスタッフの対応など自社内部の状況把握にも役立ちます。

自社の立ち位置を把握できたら、自社の長所・短所や強み・弱みを踏まえた上で、企業が抱くブランドアイデンティティから理想像を描いていきましょう。ブランドアイデンティティとは、企業がユーザーから抱いてほしいと思うイメージであり、ブランドとしての理想的な認知のされ方です。

ブランドアイデンティティを描くと、最初のデータ活用から見えてきた現状とギャップが生まれます。もしギャップがない場合は、すでにブランディングが成功している状態です。生まれたギャップをどのように埋めていくか、現在の企業の実力と現状から戦略を練っていくのがブランディングの基本的な進め方となります。

ブランドアイデンティティとユーザーである企業が抱くブランドへのイメージが一致したときが、BtoBブランディングが成功した瞬間です。

BtoBブランディングの方法

BtoBブランディングの方法
BtoBブランディングの進め方をお話したところで、実際にどのようにブランディングを進めていくべきなのか、具体的な方法について解説していきます。ブランディングの方法は主に5つです。

  • 広告
  • Webメディアの活用
  • ランキングや賞への応募
  • 公的な権威付け
  • 定期的な情報発信

それではBtoBブランディングのために役立つ5つの方法について詳しく見ていきましょう。

広告

広告はBtoBブランディングの基本であり、最も重要な方法です。BtoBブランディングにおいて広告は効果が低いと言われることもありますが、広告は企業のブランドイメージを与えるために有力な手段となります。

たとえばテレビCMを流したり雑誌広告を掲載したりすると、知名度が上がることはもちろん、関係企業の従業員が広告を目にする機会も増えます。ブランディングではまず人の目に触れなければならないため、広告は効果的です。

ただし広告の費用対効果として売り上げに直接貢献するものではないため、自社が置かれている状況によって、広告費用のバジェットなどを検討数必要があります。

Webメディアの活用

次にご紹介するBtoBブランディングの方法は、Webメディアの活用です。企業のトップや商品開発者、広報担当者などがテレビや雑誌に出演して、商品・サービスの魅力や使い方をアピールできれば、ブランディング効果とともに商品・サービスのマーケティング効果も得られます。

BtoB向けのWeメディアは業界別にさまざまなものがありますが、一括資料請求サイトや見積もりサイトなど、マーケティング系マッチングポータルなどはすでに活用している会社も多いと思います。

メージャーなポータルサイトやニュースサイト、Webマガジンなどはセッションも多くあらゆるキーワードで上位表示されていることで、多くのリード候補に自社を知ってもらえる可能性が高まります。

ただ大手を含む競合他社も並列状態で情報が掲載されるため、中長期簿の会社の場合は自社のブランディングにつなげるというところまでは、なかなか到達できないという側面もあります。

優位性のある市場でブランドを確立する「ポジショニングメディア」

自社商材の強みを競合と比較しながら見せることで、特定の市場の中で「〇〇といえば自社」を確立することができる戦略がポジショニングメディアです。

ポジショニングメディアのコンバージョンフロー

上記のように自社商材の強みに魅力を感じるユーザーが、納得して自社を選んでくれる状態をつくれる点が特徴です。

特定の市場内における自社のポジションが明確に伝わり、集客とブランディング効果を兼ね備えた戦略となります。

ポジショニングメディアの導入メリット
ポジショニングメディアの利用価値としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 値段ではなく自社の特徴に魅力を感じ、依頼してくれる人をつくりだす
  • 市場内での独自化・ブランディングが実現できる
  • 成約に限りなく近い資料請求や問い合わせ反響がとれる

資料請求数ばかり増えて課金されても成約数が増えるわけではありません。ポジショニングメディアを介すると顧客はメディアを読んですでに納得して貴社情報にたどり着いているため、成約率が高いリードが獲得できる仕組みになっています。

たとえば、弊社のクライアント様実績では、

  • 受注単価が2.5倍になった
  • 成約までのリードタイムが3分の1に短縮された
  • ポジショニングメディア経由にすると、アポ率が3倍以上になった

といった声もいただいています。

ポジショニングメディア戦略の
特徴・事例を見る

ブランドイメージと世界観を浸透させる「ブランディングメディア」

ブランド強化のための施策として、いま急激にニーズが高まっているのが、ブランディングメディアです。

広義の意味でのオウンドメディアは自社ホームページやブログ、SNSなども含まれますが、ここで説明しているブランディングメディアは、単なるオウンドメディアではなく、広くB向けに自社ブランドをアピールする目的で制作・運用されるメディア戦略を指します。

ポジショニングメディアなどを活用して自社の認知度をアップさせた後にブランディングメディアを活用するのがもっとも有効なのですが、ここ数か月で全研本社のクライアント様からも、ブランディングメディアの制作依頼が増えてきている状況です。

自社の独自性、専門性、歴史、権威性、企業ポリシー、SDGs(エスディージーズ)の取組みなどを見込み客に読んでもらえれば、ホームページ以外でも中長期的な反響が得られる可能性が高まります。

継続的に情報を発信し、顧客と接点を持ち続けることによって、企業としての信頼感も醸成でき、ブランディングにも貢献してくれることになるのです。

テレワーク導入企業が増えたことや、展示会などの対面イベント、対面営業が以前のような状況になるまでにはまだまだ時間がかかります。時間や期間が限定される営業手法ではなく、恒常的にユーザーと接触機会が確保できる、ブランディングメディアを検討してみてはいかがでしょうか。

詳しくは下記よりご確認ください。
ブランディングメディア
について詳しく

ブランディングメディア事例
全研本社「音と、暮らす。〜防音室のある家〜」
画像引用元:全研本社「音と、暮らす。〜防音室のある家〜」(https://www.living-withsound.net/

音響防音事業に圧倒的なこだわりを持つクライアント様が、「防音室をつくりたい」と考えて検索しているユーザーに対し、専門家として有益なコンテンツを発信するブランディングメディア。

「防音室のことはここに聞いてみよう」と思わせる設計とストーリーで、クライアントの認知度・信頼度を向上させるメディアを制作いたしました。

ランキングや賞への応募

BtoBブランディングでさらに強い印象を与えるには、ランキングや賞への応募もおすすめです。「ランキング1位獲得」「2021年度○○○賞受賞」などの実績は、BtoBブランディングにプラスの効果を与え、商品・サービスへの信頼性を高めるために役立ちます。

ランキング獲得や受賞の経歴はBtoBブランディングにおいて知名度と信頼性を高めることにつながるため、積極的に参加されることをおすすめします。

公的な権威付け

公的な権威付けはランキング・賞よりさらに信頼性を得られるBtoBブランディング手法です。JIS・ISO・JISECなどの規格認証を得ることで、基準に適合している商品・サービスであることをイメージ付けられます。

公的な権威付けは商品・サービスを安心して利用できることの証明であり、企業が信頼性を得るために欠かせない方法です。

定期的な情報発信

最後にご紹介するのは、定期的な情報発信を行う方法です。SNSやブログ、オウンドメディアにて自社の特長、商品・サービスの魅力や使い方、新商品情報などを発信することはBtoBブランディングにとって重要な要素となります。

商品・サービスの魅力だけでなく、開催イベントの告知などを行うことでユーザーとなる企業とつながりが持てる機会も増えます。

BtoBブランディングの効果

BtoBブランディングの効果
BtoBブランディングを成功させることで得られる効果は、長期的な売上の維持と企業の成長に寄与することです。具体的な効果についてお話いたします。

  • 企業のイメージや信頼性が高まる
  • 企業・商品・サービスの課題認識へとつながる
  • 新規ユーザーの獲得につながる
  • 低価格化しなくても売上が維持できる

BtoBブランディングを成功させることとは、企業が持つブランドアイデンティティがユーザーに浸透することであり、企業にとっての「理想像」に近づけることです。また知名度が高まることでもあります。

企業が目指すイメージを実現させた状態で広く周知されれば、ユーザーからの自社へのイメージや信頼性が高まります。

さらにブランディングを行う一連の流れにおいて、企業や商品・サービスを今一度見直すと、認識するべき課題が見つかることも少なくありません。企業のイメージや信頼性が高まった状態で認識された課題をクリアすることにより、商品・サービスの品質はさらに高まるため新規ユーザーの獲得につながります。

そして商品・サービスがブランド化されれば「特定のブランドの信頼できる商品・サービス」を求めるユーザーが定着します。ユーザーが定着することにより、低価格化しなくても長期的な売上が維持できるようになることもひとつの効果です。

BtoBブランディングを成功させることにより、企業が安定的に成長するために欠かせない効果が得られます。

BtoBブランディングを成功させる2つのポイント

BtoBブランディングを成功させる2つのポイント
BtoBブランディングには多くの効果が秘められていますが、成功させるためには2つのポイントを押さえることが大切です。

WEBコンテンツを充実させる

まずはWebコンテンツを充実させることが一つ目のポイントです。ブランドイメージに近いデザインに統一し、最新の情報やニュースを継続的に発信し続けましょう。文章だけでなく、動画や画像を使って訴求を行うと視覚的にわかりやすくなりさらに効果的です。

ポジションニングメディアやオウンドメディアを立ち上げることも一つの方法ですが、最初に自社のWebサイトを充実させることから始めることをおすすめいたします。

現状を把握することも大切

BtoBブランディングを成功させるためには、常に現状を把握する必要性があります。現在の営業方法や宣伝・広告などのアプローチ方法、収益を確認し、結果から見えてきた課題を把握してください。

洗い出されてきた課題を解決するためのBtoBブランディング手法を選択していけば、随時より効果的な方法でブランディングを進めていけるようになります。

BtoBブランディングの成功事例7選

BtoBブランディングの成功事例7選
それではBtoBブランディング成功のための参考資料として、成功事例を8つ厳選してご紹介していきます。BtoBブランディングを行うには、手法やポイントを知ることも大切ですが、成功事例から手法を真似ることも効果的です。

Google

Google公式サイトキャプチャ画像
画像引用元:Google公式サイト(https://www.google.com/?hl=ja)

今や検索エンジンとして揺るぎない地位を確立しているGoogleでは、「ブランド広告を行わない」ことでBtoBブランディングを成功させました。ブランディングにおいて重要な広告を使わず、企業ブログや記事の掲載などによってプロモーションを行ったのです。

そしてGoogleの戦略はインターネットへの意識が高い人達の目に留まり、口コミによる評判でGoogleの話題は広まっていきました。

現在ではGoogleもテレビCMや雑誌・看板・ディスプレイなどの広告も出しています。しかしブランディング初期においては、従来のブランディング手法の裏をかいた戦略で注目されたブランドでした。

同じ戦略で成功することは簡単ではありませんが、意外なブランディング手法が功を奏することもあるとわかる成功事例です。

トヨタ自動車株式会社

トヨタ自動車株式会社公式サイトキャプチャ画像
画像引用元:トヨタ自動車株式会社公式サイト(https://global.toyota/)

トヨタ自動車株式会社におけるBtoBブランディング成功事例は、生産性をそのままにし、人員や在庫リスクを減らす取り組みを実践したことです。トヨタが行った取り組みは「KAIZEN」と名付けられ、トヨタの関係者から共感を得るとともに、さまざまな業界に影響を与えたほど斬新な取り組みでした。

「KAIZEN」は高品質の自動車を、無駄なく効率的に生産している企業とのブランドイメージにつながります。全世界から得ている「高品質」「高性能」のトヨタのイメージは、「KAIZEN」によるブランディングの効果も影響していると言えます。

株式会社タニタ

株式会社タニタ公式サイトキャプチャ画像
画像引用元:株式会社タニタ公式サイト(https://www.tanita.co.jp/index.html)

株式会社タニタの成功事例は、「人々の健康づくりへの貢献」を掲げてブランディングを行ったことでした。タニタが掲げたコンセプトは、健康を気遣った社員食堂の設置や、社員食堂のメニューを家庭で実践できるレシピ本の出版などで実践されています。また東京・丸の内に「タニタ食堂」を出店したことも効果的なブランディングでした。

株式会社タニタが提案する健康志向のメニューに共感したユーザーは多く、「健康的な生活を後押ししてくれるブランド・タニタ」が確立されるきっかけとなりました。

富士通

FUJITSU JOURNAL(富士通ジャーナル)キャプチャ画像
画像引用元:FUJITSU JOURNAL(富士通ジャーナル)(https://blog.global.fujitsu.com/jp/)

富士通におけるBtoBブランディングは、オウンドメディアの立ち上げがメインの手法でした。オウンドメディアである「FUJITSU JOURNAL」では、富士通が提供する事業を分類ごとに紹介。各事業がわかりやすく解説されていたことにより、多くの企業からの関心を集めることに成功したそうです。

多彩な事業を展開している企業では、ユーザーから一つ一つの事業が不明瞭なことがあります。富士通の成功事例のように、オウンドメディアにより事業をわかりやすく解説するBtoBブランディングは、事業内容の不明瞭さを取り除くための有効な手法です。

Salesforce

Salesforce公式サイトキャプチャ画像
画像引用元:Salesforce公式サイト(https://www.salesforce.com/jp/)

SalesforceのBtoBブランディングは、設立当初から継続している社会貢献です。Salesforceでは「世の中を良くすることがビジネスのあり方」だというCEOの考え方に基づき、「1-1-1 モデル」と銘打って、従業員の就業時間・株式・製品のそれぞれ1%ずつを社会に貢献する取り組みを行っています。

従業員には就業時間内で年間7日間のボランティア活動時間が与えられており、「社会貢献に取り組む企業」としてのBtoBブランディングに成功しています。

IBM

IBM公式サイトキャプチャ画像
画像引用元:IBM公式サイト(https://www.ibm.com/jp-ja)

IBMのBtoBブランディング成功事例は、自社の商品やサービスを定義づけたことです。IBMの提供する商品・サービスは「コグニティブコンピューティング」であり、人間のように情報を理解し、学習するシステムであるとのコンセプトを設けました。

コンピュータを提供する企業は多いですが、「コグニティブコンピューティング」として提供することにより、IBM独自の付加価値が生まれた成功事例です。

ドルビーラボラトリーズ

ドルビーラボラトリーズ公式サイトキャプチャ画像
画像引用元:ドルビーラボラトリーズ公式サイト(https://origin-www.dolby.com/jp/ja/index.html)

音響技術の開発を行うドルビーラボラトリーズでは、BtoBブランディングとして自社の技術をブランド化・ライセンス化しました。対象となった技術はノイズリダクション技術です。

ドルビーラボラトリーズのライセンスを取得した企業は、ロゴマークを製品に付与することにより、ノイズリダション技術を用いている信頼性を得られます。そしてドルビーラボラトリーズにとっては、ロゴマークを広く周知させられるメリットがありました。ユーザー・企業の双方にとってメリットが生まれた成功事例です。

成功事例を参考に効果的なBtoBブランディングを

成功事例を参考に効果的なBtoBブランディングを
効果的なBtoBブランディングを実践するには、過去の成功事例から学ぶことも欠かせません。成功事例を見ると、企業の実施したブランディングがユーザーの持つブランドイメージと合致していることがよくわかります。ブランドイメージはユーザーが作り出したわけではなく、企業が意図的なブランディングで構築したものです。

BtoBブランディング成功により得られる効果は多く、ユーザーを獲得し、長期的に安定した利益を得ていくためにはブランディングは重要です。しかし企業の現状を分析し、理想像であるブランドアイデンティティとのギャップを埋めていくことは簡単ではありません。

そこで効率的にブランディングを実施したいとお考えの企業様は、キャククル運営元の全研本社にぜひご相談ください。全研本社ではWebを活用し、120業種以上にわたってWebマーケティング支援を行ってまいりました。

ブランディングの方向性やマーケティング戦略の方向性から迷っているという場合でもお気軽にご相談ください。
BtoBブランディング戦略の
ご相談はこちら

ページトップへ