会計・経理担当向けの広告やマーケティング手法について紹介

会計・経理担当向けの広告やマーケティング手法について紹介
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

この記事では経理・会計向けに広告掲載を考えている方に向けて1から解説しています。様々な媒体の特徴や広告費用についても比較していきますので、自社のサービスの認知を広げたいBtoB企業の方はぜひ参考にしてみてください。

会計・経理担当に向けて広告を出すときのポイント

イメージ画像

会計・経理担当者向けに広告を出す前に考えることがあります。それは、「この広告は誰に届けるべきなのか」という人物像を決定することです。
自社のサービスを届けたい人物像がぼやけてしまうと読者にとって響かない広告になってしまうからです。
人物像を明確にすることで余分に広告配信を行うことを未然に防ぐことや成約率の高いユーザーにアプローチができるといったメリットがあります。

「せっかく費用をかけたのに全く効果がでなかった」という事例は少なくありません。そのような事態を防ぐためにはまず「ターゲットがどんな人なのか」といった背景に関する知識を深めることは大切です。

ここでは、簡単に経理会計担当の人の仕事内容や抱えている課題について紹介します。

担当者の仕事内容について学ぶ

会計・経理の仕事を簡単に表すと、会社経営のおいて大切な「利益」や「資産」を生み出すためのお金を管理しています。具体的内容として、「日々の売上管理」「仕入れ管理」「税金の計算」「決裁書の作成」などです。
よってこの仕事は、経営陣の判断材料を正確な数字として支えなければならないため、高い専門性を必要とします。

担当者の抱えている課題について学ぶ

結論からいうと、常に人材不足です。なぜなら上記でもお話したように高い専門性を必要とするため、誰にでも任せられる仕事ではないからです。そのため多くの企業では、業務は山積みであるにもかかわらず、人手が全く足りていないという課題を抱えています。

よってこの分野では業務の一部を「自動化したい・外注したい」といった需要が常に存在しているといえるでしょう。

会計・経理担当に向けて出す広告の種類

イメージ画像

次に広告を掲載する手段について、紹介します。経理・会計担当向けの広告を掲載する手段として、大きく分けて2つあります。

・Web上の媒体(メディア)で広告を掲載する方法
・紙媒体(マガジン等)で広告掲載する方法

正直なところ、どちらの方が「手段として効果的」という答えはありません。なぜなら両者それぞれにメリット・デメリットがあり、自社で提供しているサービスにより効果に違いがあるからです。よってどちらの媒体が自社に向いているか、吟味する必要があります。

以下では、両者のメリット・デメリットについて簡単に紹介します。「自社はどちらの媒体が向いているのか」ぜひ参考にしてみてください。

Web広告を掲載するメリット

掲載情報をすぐに修正可能

Web広告は、広告を配信後、即座に修正することができます。掲載した広告の反応を見て、文章やデザインの改善を繰り返し、広告の効果を最大限まで引き延ばすことができる点は大きなメリットであるといえます。

ターゲットを絞れる

Web広告では、「属性や年齢、閲覧履歴」などターゲットの情報を絞って配信することができます。もし自社の顧客像が明確なら、購入してくれそうなユーザーに向けて限定的にアプローチしたり、配信コストの削減などが実現可能です。

Web広告を掲載するデメリット

高い専門性が必要

Web広告は、媒体によって特徴や運用する仕組みに違いがあります。よってそれぞれの媒体に対する深い理解と十分な知識が必要です。もし、適切に理解をしておかないと広告の効果を十分に発揮させることは難しいといえるでしょう。

競合が多い

Web広告は、競合がかなり多い傾向にあります。なぜなら、広告の掲載自体は誰でも簡単にできてしまうからです。始めやすい分、軽い気持ちで取り組むと大量の広告の中に埋もれ、そもそもユーザーに見られない可能性があります。
よって、継続的にWeb広告を運用する体制を整えることが必要です。

紙媒体で広告掲載するメリット

信頼性が高い

紙媒体の広告は、媒体自体に歴史があることいえます。長くの間、出版され続けているマガジンや専門誌は信頼性が高いです。もし自社が市場の中でニッチな商品を扱っている場合、信頼性が担保されている媒体を選ぶことも重要でしょう。

保管性が高い

紙媒体の広告は、保管性が高いため繰り返し見てもらえる可能性があります。長期的に広告を目にするきっかけが生まれることで、問い合わせに繋がりやすいといえます。

紙媒体で広告掲載するデメリット

修正のハードルが高い

紙媒体の広告は、1度出した情報の変更は容易にできません。もし、間違いが見つかった場合は再度印刷する必要があるため、余計なコストや時間が発生する可能性があります。
情報の信頼性の高さがゆえのデメリットではありますが、実際に掲載する時は入念なチェックが必要です。

効果測定ができない

紙媒体の広告は、読者が広告を読んでどんなアクションを起こしたか、確認する手段がありません。よってどの文章やデザインが読者の心を動かしたのかといった「情報」が手に入らないため広告の効果測定ができないというデメリットがあります。

どちらの媒体が自社に適しているかイメージができたでしょうか。
これからはより広告掲載へのイメージを上げるために、Webメディアや紙媒体の特徴や掲載料金を比較していきます。

経理・会計担当にアプローチできるWebメディア広告

ここでは、様々なWebメディア媒体をそれぞれ紹介してきます。

Manegy(マネジー)

マネジー
引用元:Manegy公式サイト「https://www.manegy.com/」

Manegy(マネジー)の特徴

Manegyは、経理財務を始め、人事・総務・法務などの企業の経営管理領域と弁護士や税理士などの士業領域に特化したビジネスメディアです。

月間UU85万人・月間PV270万人(2020年5月時点)と膨大なアクセス数を持ち、管理部門と士業の全てがわかるビジネスメディアをタイムリーに発信しています。

経理や財務だけではなく、士業向けにサービスを展開しているBtoB企業向けの媒体です。

広告掲載費用

公式サイトに記載がありませんでした。

問い合わせ先

・運営会社:MS-Japan
・広告掲載について:https://www.manegy.com/ad/

総務の森

総務の森
引用元:総務の森公式サイト「https://www.soumunomori.com/」

総務の森の特徴

総務の森は、総務担当者(経理を含む)のお悩み解決を支援する日本最大級の総務コミュニティーサイトです。

15年以上の間、専門家のコラムを用いて有益な情報を配信した続結果、「月間UU80万・月間PV120万」と多くの方の信頼を集めています。

ユーザー属性は製造業やIT・マスコミ、サービス業など幅広く、また大企業から中小企業まで様々な規模の企業にアプローチが可能です。

広告掲載費用
ミディアムレクタングルTOP
1か月 220,000円(税込/グロス)
2週間 130,000円(税込/グロス)
1週間 70,000円(税込/グロス)
ミディアムレクタングル上
1か月 200,000円(税込/グロス)
2週間 120,000円(税込/グロス)
1週間 65,000円(税込/グロス)
ミディアムレクタングル下
1か月 190,000円(税込/グロス)
2週間 110,000円(税込/グロス)
1週間 60,000円(税込/グロス)
定期メルマガ ヘッダー 65,000通以上 90,000円(税込/グロス)
メルマガ号外 1社限定 65,000通以上 250,000円(税込/グロス)

※2021年9月時点

問い合わせ先

・運営会社:コクヨ株式会社
・広告掲載について:https://www.soumunomori.com/publicity/

財務・経理PRO-Q

財務・財務PRO-Q
引用元:財務・財務PRO-Q公式サイト「https://keiri.pro-q.jp/」

財務・経理PRO-Qの特徴

財務・経理PRO-Qは、経理・財務担当者を対象とする職種特化型アンケートメディアです。運営者がユーザーにアンケートを募り、回答されたアンケートを元に記事が投稿されているのが特徴です。

財務・経理PRO-Qは、7,400個のアカウントを持ち、アンケートを用いて顧客の情報収集や、回答者にメールを送信し、優良顧客と良い関係性を築いていくことができます。

アンケートの情報を元に営業リストを作りたい方やアンケート回答者を直接見込み顧客に変えていきたい方向けの媒体です。

広告掲載費用

公式サイトに記載がありませんでした。

問い合わせ先

・運営会社:ProFuture
・広告掲載について:https://www.profuture.co.jp/mk/solution/5469

KaikeiZine

KaikeiZine
引用元:KaikeiZine公式サイト「https://kaikeizine.jp/」

KaikeiZineの特徴

KaikeiZineは、会計士・税理士・経理財務等会計業務に特化した専門メディアです。
税金や会計に関するプロでも理解するのが難しい情報を他ではない切り口で解説することで「月間UU125万・月間PV140万」と多くの方からの信頼を集めています。

主に士業向けにサービスを展開しているBtoB企業に適した媒体です。

広告掲載費用

公式サイトに記載がありませんでした。

問い合わせ先

・運営会社:レックスアドバイザーズ
・広告掲載について:https://kaikeizine.jp/ad/

経理・会計担当にアプローチできる紙媒体広告

ここでは、様々な紙媒体広告の特徴をそれぞれ紹介してきます。

経理情報

経理情報
引用元:経理情報公式サイト「http://www.keirijouhou.jp/」

経理情報の特徴

経理情報は、経理・税務・金融・法務に関する専門実務誌です。

大企業の経理や財務を始め、総務や法務など各部門の実務担当者の方が雑誌を長期保存して精読しているという傾向があります。

そのため事務機器やERPシステムなど、会社実務に関連したサービスを扱っている企業にとっておすすめです。

広告掲載費用
表紙4 1項 天地255㎜×左右180㎜ 4色 320,000円
表紙2 1項 天地255㎜×左右180㎜ 4色 240,000円
表紙2 1項 天地255㎜×左右180㎜ 1色 180,000円
表紙3 1項 天地255㎜×左右180㎜ 4色 220,000円
表紙3 1項 天地255㎜×左右180㎜ 1色 160,000円
目次袖 横1/3項 天地245㎜×左右60㎜ 1色 70,000円

問い合わせ先

・運営会社:株式会社中央経済ホールディングス
・広告掲載について:https://bizpa.net/item/1527/

アカウンタンツマガジン

経理情報
引用元:アカウンタンツマガジン公式サイト「https://career.jusnet.co.jp/entry/magazine/magazine_index.php」

アカウンタンツマガジンの特徴

アカウンタンツマガジンは、全国の公認会計士やCFO、会計分野に関わる方に向けて発行している会計専門誌です。

誌面広告や同梱等のサービスもあり、自社のニーズに合わせた広告を掲載することができることが特徴です。

会計士や富裕層に向けて、サービスを展開しているBtoB企業向けの媒体です。

広告掲載費用

公式サイトに記載がありませんでした。

問い合わせ先 

・運営会社:JUSNETCAREER
・ホームページ:https://career.jusnet.co.jp/entry/magazine/magazine_index.php

企業会計

企業会計
引用元:企業会計公式サイト「https://www.chuokeizai.co.jp/acc/」

企業会計の特徴

企業会計は創刊から70年を超える歴史を持つ、会計情報誌です。

会計処理に関するタイムリーなニュースや特集、また研究者や学者による論文も掲載されているため、会計を仕事にしている人達から長い間親しまれています。

発行部数は26,000部(2021年8月時点)を超えるため、大勢の方に自社のサービスに関する情報を届けたい方向けの媒体です。

広告掲載費用
表紙2 1項 天地230㎜×左右150㎜ 1色 200,000円
表紙3 1項 天地230㎜×左右150㎜ 1色 180,000円
表紙4 1項 天地220㎜×左右150㎜ 4色 250,000円
記事中 1項 天地225㎜×左右145㎜ 1色 120,000円
記事中 横1/2項 天地105㎜×左右145㎜ 1色 70,000円
記事中 横1/2項 天地50㎜×左右145㎜ 1色 50,000円

問い合わせ先

 
・運営会社:株式会社中央経済ホールディングス
・広告掲載について:https://www.chuokeizai.co.jp/acc/contact.html

自社に適した広告媒体にお悩みのときは

イメージ画像

媒体によって掲載できる情報量や、アプローチできるユーザーは異なります。
成約などの効果につながる広告にするためには、自社ならではの価値や魅力が伝わる必要があります。そのための媒体選びは決して簡単ではありません。

そこで、自社に適した広告媒体にお悩みの方はメディア自体を自分で作ってしまうということも1つの手です。なぜなら、自分でメディアを運用することにより成約率の高い顧客層からの流入を獲得でき、効果的な集客が可能であるからです。

キャククルを運営している全研本社では、そのようなメディアを「ポジショニングメディア」と呼んでいます。

「自社と相性が良いユーザー」が見つかるポジショニングメディア

ポジショニングメディアとは、商圏・市場における自社ならではの強みに焦点を当てて作られるWebメディアです。

自社の強みをユーザーに知ってもらうことはとても重要です。
なぜなら自社のサービスの良さが相手に伝わらないまま広告を掲載しても、競合と比較されてユーザーに響かない可能性があるからです。

ポジショニングメディアでは競合にない自社だけの強みを引き出し、その強みを必要とするユーザーのみを集めます。

以下で詳しく解説しておりますので、ぜひご確認ください。

ポジショニングメディア
について詳しく

全研本社では、今までに120業種以上でポジショニングメディアを製作してまいりました。

・自社に適した広告媒体が分からない
・競合と比較されないための自社の強みをアピールしたい
・成約率の高い顧客を集めたい

とお悩みの方は全研本社へぜひご相談ください。

Web集客のご相談はこちら

ページトップへ