飲食店のコンテンツマーケティングを解説!集客・売上アップのポイントとは

飲食店のコンテンツマーケティングを解説!集客・売上アップのポイントとは
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

お問合せはこちら

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは顧客にとって価値あるコンテンツを作り、それにより自店のファンを増やす集客方法です。

集客において、お客様との関係性を疎かにすることはできません。

お客様がいるからこそ、飲食店業は成り立ち、利益を得ることができます。しかし、利益目当てでお客様に押し売りするだけでは、お客様との関係性にヒビが入り、集客の面で成功に程遠い結果となってしまいます。

そこでお客様との良い関係を築くためにコンテンツマーケティングを活用した顧客のファン化を行うことがポイントとなります。ユーザーの購買意欲を向上させるような魅力的なコンテンツを発信していくことにより、そのコンテンツの読者を増やし、最終的に自店へのリピーターとなっていただくのです。

コンテンツマーケティングに必要な5段階のステップを見てみましょう。

  1. 自社コンテンツを見込み顧客へ配信
  2. 見込み顧客を獲得
  3. 見込み顧客とのコミュニケーションを通して購買意欲の増進
  4. 顧客の購買活動開始
  5. リピーターへ

このようにコンテンツマーケティングでは、リピーター獲得(ファン化)をゴールとし、上記のステップを踏むことで集客を行います。

また、飲食店のコンテンツマーケティングの手法では、ブログやSNSによるコンテンツの配信が有効です。

ブログ

飲食店スタッフのなかには、ブログにより日記のような日常風景を配信している方も少なくないでしょう。そのような、日常風景もファン化済みの人ならば、馴染みがあり、需要があるのかもしれませんが、見込み顧客の獲得というコンテンツマーケティングの初期段階では効果が得られません。

ブログによるコンテンツマーケティングを行う際は、お客様にとって役立つ情報を配信することでアクセス数を増やします。

役立つ情報とは、飲食業のプロだからこそ発信できるものがベストです。

  • 自店こだわりの調理器具や食材、サービス
  • おすすめ料理やレシピ

このような専門性が高く、こだわりを持って仕事をしているコンテンツを提供することで認知度の向上を図ります。

また、シェフやスタッフの仕事風景、新鮮な食材などの写真をアイキャッチ画像として取り込むことで、どのような人が料理を作っているのか、どのようなこだわりの食材を使っているのか、というような読者の疑問を解決するために役立ちます。

SNS

ブログは認知度向上のために活用しますが、SNSはユーザーを実際の来店に結びつけるのに有効です。

代表的なものでFacebookやInstagram、Twitterがありますが、特筆すべきは、いいね・フォロー・コメント・シェアというユーザー評価を得られる機能にあります。

今日のディナーやお客様の写真と提供料理(投稿許可取得を忘れずに)、作りたての料理の写真等々、その日その時のタイムリーな情報をユーザーに届けることでコンテンツの評価を上げましょう。

また、コメント機能により、ユーザーの声や疑問について感謝の言葉や回答を伝えることで、コンテンツマーケティングにおける「見込み顧客とのコミュニケーションを通して購買意欲の増進」をクリアすることができます。

飲食店でコンテンツマーケティングを行うメリット

女性スタッフイメージ
ブログやSNSから発信した情報は、飲食店を探している多くのユーザーの目に留まります。そうすることで、今までに自店について知らなかったユーザーも「こんなに素敵なお店があるんだ」と認知するのに役立ちます。

また、魅力的なコンテンツによりユーザーの共感を得ることで、お店に興味を持ち、来店されるお客様が増えることもメリットのひとつでしょう。

さらにイベントやキャンペーンの開催、季節の料理の提供を始める時期などのタイミングに合わせて情報を配信することで来店促進の効果もあります。

これらの情報により、来店したお客様が個々に口コミを拡散し、また自店の認知度や新規顧客の来店率が上がるという効果も得られます。

【まとめ】コンテンツマーケティングをやるべき理由

  • 認知度アップ
  • ユーザーの共感を得られる
  • お客様の来店を促進
  • お客様による自店評価の拡散

飲食店のコンテンツマーケティングのポイント

コンテンツマーケティングを行うにあたって考えなくてはならないのが、ユーザーニーズです。

  • 女性に人気のアボカド料理を食べてみたい
  • 本格フレンチを味わいたい
  • プロ目線の美味しい飲食店が知りたい

このようなユーザーニーズを満たすコンテンツの配信を心がけることがコンテンツマーケティングのポイントです。

そのためには、まず自店のターゲットとなるお客様がどのようなことを求めているのかを分析し、把握する必要があります。

ユーザーニーズの調査方法

ユーザーの需要を調べる方法にはツールを利用して市場データを収集する方法と、ユーザーの生の声を聞く方法の2種類があります。

Googleアナリティクス

Googleが提供しているアクセス解析ツールです。

  • リアルタイムのWebサイト訪問者数
  • PV(ページビュー)数
  • 平均的なページの滞在時間
  • 直帰率
  • Webサイト訪問に至った経路(バナー広告・SNS・E-mail等)

これらのことを視覚から捉えられるため、非常に分かりやすいツールです。

Google Search Console

Webサイトにどのような改善が必要なのかを分析することができます。

ユーザーがどのような検索キーワードを入力して、自店のサイトを訪問しているのかを調べるのに役立ちます。検索キーワードごとの表示回数やクリック数、掲載順位などが分かります。

Googleキーワードプランナー

Googleアナリティクス、Google Search Consoleを使用し、ユーザーの顕在ニーズを把握した後がこのキーワードプランナーの出番です。どのようなキーワードを使用すると、より多くのユーザーに検索されるかを調査することができます。

単語を入力することで、その単語に関連したキーワードの検索ボリュームを表示してくれます。ここからどのようなキーワードで自店サイトを検索し、来訪しているのかをチェックすることが可能です。

口コミサイト

口コミサイトはユーザーの本音を知ることができるため、ニーズ調査には最適な手段と言えるでしょう。

口コミのなかには、疑問に思っていること等も含まれているため、ニーズ調査のほかにも、配信コンテンツ不足時のネタ元としても利用することができます。

問い合わせ内容

「お店のここが良かった」「ここを改善してほしい」「こんな料理を出してほしい」などの問い合わせ内容がそのままニーズとなります。

また問い合わせは、コミュニケーションの場でもあります。自店サイトに設置した問い合わせフォームから届いたお客様のお声に答えます。他のニーズ調査と異なる点は、一方的な調査ではなく、「これって何?」という疑問に直接返事を送れることです。

このコミュニケーションの仕方によって、問い合わせ対応の善し悪しを口コミ等で拡散する場合もあるため、迅速かつ丁寧に、正確な内容を伝えることが賢明でしょう。

飲食店のコンテンツマーケティングの事例

牛角

焼き肉レストランの大手チェーン「牛角」は、定期的にキャンペーンの告知を行っています。このようなキャンペーンは1日限定などの一過性であるものが多く、その日のためだけにCMやチラシで告知を行うと、費用に見合わない集客効果になってしまいます。

そこで牛角は、キャンペーン時にTwitterやFacebookなどの無料SNSから画像と記事を投稿。分かりやすく、かつ多くのユーザーに認知されるキャンペーン告知を行っています。

また、キャンペーンが盛り上がりを見せている印象にもなるため、ユーザーが投稿したツイートには積極的にリツイートしているのも特徴です。これは、まだ来店したことのないユーザーの購買意欲を向上させ、来店を促進させる効果もあります。

SHAKE SHACK(シェイク・シャック)

人気ハンバーガー店の「シェイク・シャック」では、SNSを活用したユーザー参加型のキャンペーンを実施する等を通して、認知度の向上に成功しています。

例えば、シェイク・シャックに関連するものと子供を一緒に撮影して、指定されたハッシュタグを付けて投稿。この投稿をした方のなかからプレゼントを抽選で獲得できるというキャンペーンです。

写真を撮るために実店舗に来店しようと思うお客様も多く、とても有効な手段です。また、このような参加型のキャンペーンはSNSの特性でもある拡散による認知度アップにも非常に効果的です。

さらにInstagramの動画投稿機能を使って、集客効果を高めています。写真のような静止画とは違い、動画には動きがあります。そのため、動画のほうがユーザーの目に留まりやすく、写真の投稿と比較すると5倍以上ものユーザーが動画投稿を見ていることが多いようです。

このように動画投稿機能も上手に活用することも、集客効果をより一層高めるポイントとなります。

お店の強み「バリュープロポジション」を考える

バリュープロポジションのイメージ図

飲食店にとってのバリュープロポジションとは、「顧客ニーズに沿った自分の飲食店だけが提供できる価値」のことを言います。

価値とは自店の強みでもあります。その強みがユーザーにとって価値のあるものであれば競合との差別化はもちろん、サービスの拡大も期待できます。

そのために、ユーザーの価値感やニーズを理解することが重要であることはもうお分かりですよね。

また、自店だけが提供できる価値を探す上で、競合店舗の分析も欠かせません。これらを通して自店の強み「バリュープロポジション」を考えましょう。

バリュープロポジションを活かした集客の相談はプロに相談

他の飲食店にはないお店の強みを見つけるには、マーケティングや分析のノウハウが必要になります。そのため、自分だけで対応しようとすると、想定以上の時間と労力がかかり、本業に支障が出てしまうことも少なくありません。

すでに7000以上ものWebサイト制作の実績を持つ全研本社は、競合調査を通じたバリュープロポジションの発見、そしてユーザーニーズの分析をもとに選定した適切なキーワードでのWebサイト制作のノウハウを持っています。

  • マーケティングをした上での、バリュープロポジション戦略によるコンテンツの制作
  • コンテンツマーケティングを取り入れた集客

を行ないたいと考えている方は、Webでの集客に特化した弊社に一度ご相談ください。

コンテンツマーケティング支援資料


コンテンツマーケティング支援

全研本社ではあらゆる業界で7000サイト以上の制作運用を活かしたコンテンツマーケティング支援施策を提供しています。プロに任せたい方はもちろん、将来的には内製化に向けた専門プランのご用意もございます。

コンテンツマーケティング支援資料はこちら

お問合せはこちら

ページトップへ