たこ焼き屋のフランチャイズを徹底比較!独立開業資金や口コミ評判、加盟費用と事例を紹介

たこ焼き屋のフランチャイズを徹底比較!独立開業資金や口コミ評判、加盟費用と事例を紹介
share
Facebook Twitter はてなブックマーク Pinterest

たこ焼きフランチャイズへの加盟は、比較的低コストではじめられることや、経験のない方でも本部のサポートを受けながらスムーズに開業できるなどのメリットがあります。

一方、たこ焼きフランチャイズ本部は複数あるため、自身に合った企業を選ぶことが大事です。

この記事では、おすすめのたこ焼きフランチャイズ本部を厳選して紹介しています。各社の強みやサポート、費用、口コミなどをまとめましたので、比較する際の参考にしてください。

独自の立地戦略アリ!
長く利益が出せるFC本部ならココ

たこ焼きフランチャイズ本部がひと目で分かる早見表

フランチャイズ名 フランチャイズの特徴
たこ焼き屋のフランチャイズ京都たこ壱【PR】京都たこ壱 独自の立地戦略アリ!
長く利益が出せるたこ焼きフランチャイズ本部

・不利な立地でも高い集客率と高い利益率を実現
・売れる商品戦略で長続きするたこ焼きビジネスモデル
・万全のサポート体制!物件選び・採用・店長研修も支援
資料のダウンロードはコチラ>>
宮たこ 食材原価+包材費の合計で約70%と高粗利益率
焼きたて屋 本部スーパーバイザーによる経営サポートが受けられる
どんたこ 加盟金0円・初期費用0円・リース料0円の0円尽くし!
タコとハイボール 粉もの+アルコールの高収益ビジネスモデルと安心のサポート体制
ひっぱりだこ 店舗造作・メニュー・価格設定も各店オーナーが自由に決定可能
オクトパスファイヤーズ 店舗販売と比べて小資本での開業が可能な移動販売
じゃんぼ総本店 初年度から年収550~1000万円が可能な試算も
たこん家 低コスパな材料費や割安価格な新品厨房機器など低コストで開業可能
銀だこ 日本最大のたこ焼チェーンとしての確固たる地位を築いている

【PR】独自の立地戦略アリ!長く利益が出せるたこ焼きフランチャイズ本部

京都たこ壱

 

たこ焼きフランチャイズの京都たこ壱公式サイト画像
画像引用元:京都たこ壱公式サイト(https://kyoto-takoichi.jp/lp/)

京都たこ壱の特徴

 
京都たこ壱は、株式会社Next Stage Japanが運営しているたこ焼きフランチャイズです。創業以来、10年をかけて、看板メニュー戦略・立地戦略・高収益モデルの3本柱を軸に独自の戦略を推進し、全国展開可能なビジネスモデルを構築しています。

京都たこ壱は物件選びや社員採用、店舗マネジメント、オーナー研修などサポートも充実しているため、未経験でもフランチャイズ加盟ができます。そして素早く事業を軌道に乗せ、最短1年以内の投資回収も可能です。

どこで開業したらいいか分からない」「従業員の採用方法が分からない」「自分に店長が務まるか不安…」といった悩みや課題を解決し、オーナー一人ひとりのたこ焼きビジネスを成功に導きます。

京都たこ壱の資料を
ダウンロードする

京都たこ壱はこんな方におすすめ

  • たこ焼き店を始めたいけど、開業場所など立地条件が分からない
  • 人を雇いたいけど、採用方法が分からない
  • マネジメント経験がないから、自分に店長が務まるか不安

京都たこ壱を選ぶべき理由

【理由1】不利な立地でも高い集客率と利益率を実現させる独自の立地戦略

京都たこ壱では、飲食店ではいい立地とは言われていない立地でも「独自の立地戦略」で高い集客率と利益率を実現しています。

京都たこ壱の業態にとっていい立地とは、(1)住宅立地の角地(2)各駅停車駅の駅近です。たとえ小さな店舗でも、このような立地に出店させることで、極力固定費(家賃)を抑えて、高い利益率が出せるビジネスモデルを確立しています。

【理由2】売れる商品戦略で長続きするたこ焼きビジネスモデルを展開

京都たこ壱のたこ焼きビジネスはシンプルですが、商品戦略の施策は重厚です。

圧倒的看板メニューの「へんこ焼き」をはじめ、バリエーション豊富な「味付け15種類のたこ焼き」、黄金から揚げ&特性肉汁餃子の「サブ看板メニュー」、299円(税別)の低原価率を実現した「ドリンク」と、4つの商品戦略でお客さまの来店頻度を向上します。

低投資ながらも顧客ニーズに合った効果的な商品戦略により、持続的に発展できるビジネス展開が可能です。

【理由3】万全のサポート体制!物件選び・採用支援・店長研修支援も

京都たこ壱は、FCオーナー向けのサポート体制も充実しています。独自の立地調査を活かした物件開発支援や、アルバイト・社員採用支援調理・店舗マネジメント研修オーナー(店長)研修支援などサポートメニューが豊富です。

さらに、月1回~2回のオンライン会議定期巡回指導全国/地区オーナー会議合同キャンペーンも実施。「採用募集が分からない」「店長を務められるか…」など不安も多いかと思いますが、京都たこ壱のサポート体制があれば、未経験でも安心して加盟ができます。

京都たこ壱の資料を
ダウンロードする

京都たこ壱の導入事例(口コミ)

 
京都たこ壱の導入事例は、公式サイトに掲載されていませんでした。

京都たこ壱 開業にかかる費用

・契約条件
加盟金…180万円
加盟保証金…50万円
契約期間…3年間
研修費…10万円
ロイヤリティ…9万円
※税不明

・8坪 13席標準店(※居抜き物件の場合)
【初期投資】
内外装・付帯設備工事/暖房機器・厨房工事…600万円
設計管理費…30万円
POSシステム…20万円
開業費…60万円
開業支援…25万円
合計…735万円
※物件取得費別途
※税不明

・モデル損益(ALLアルバイト運営の場合)
年間利益約…750万円
※税不明

京都たこ壱の資料を
ダウンロードする

京都たこ壱の運営会社概要

会社名 株式会社Next Stage Japan
会社所在地 京都府京都市南区唐橋平垣町61 ラ・パルフェ・ド・プレオ204号室
会社設立 2018年10月
公式HPのURL https://kyoto-takoichi.jp/lp/

京都たこ壱の資料を
ダウンロードする

他にもまだある!たこ焼きフランチャイズ

宮たこ

たこ焼きフランチャイズの宮たこ公式サイト画像画像引用元:宮たこ公式サイト(http://miyatako.jp/)

宮たこの特徴

宮たこは、栃木県宇都宮市に本部を置く株式会社ビックが展開しているたこ焼きフランチャイズ。食材原価+包材費の合計で約70%と高粗利益率なため、損益分岐点と運営リスクが低く、短期間で開業費を回収できます。

たこ焼きの標準価格は相場より高い500円に設定。ですが、値段以上に飽きのこない美味しさを提供するため、客単価を向上のうえ安定的な経営が可能です。赤字になりにくいビジネスを実現できます。なお宮たこでは、希望地域でのスーパーマーケット店舗内や、オーナー所有の物件或いは賃貸物件での出店も可能です。

宮たこの開業にかかる費用

  • 加盟金/130万円
  • 本部保証金/50万円
  • 厨房機器備品費/150万~200万円
  • 開店準備金(研修費、開店支援業務費/70万円
  • 開店販促費(チラシ等)/50万円

※税不明

宮たこの導入事例

宮たこの導入事例は、公式サイトに掲載されていませんでした。

宮たこの会社概要

会社名 株式会社ビック
会社所在地 栃木県宇都宮市宮原4丁目2番14号
会社設立 昭和61年3月
公式HPのURL https://bic-inc.jp/index.html

※「たこ焼きフランチャイズがひと目で分かる早見表」をもう一度チェックする

焼きたて屋

たこ焼きフランチャイズの焼きたて屋公式サイト画像画像引用元:焼きたて屋公式サイト(https://www.yakitateya.com/)

焼きたて屋の特徴

焼きたて屋は、「株式会社 かめや」が運営する長野県発祥のたこ焼き・たい焼のフランチャイズです。長野県を中心に郊外の商業施設をターゲットに多店舗展開を進めています。

フランチャイズ本部としての焼きたて屋の強みは、低リスク・低コストでの事業参入を可能とした点です。FCオーナーは、焼きたて屋のローカルチェーンとしての知名度や、本部システム・ノウハウを活用することができ、本部スーパーバイザーによる経営サポートも受けられます。

自営業で行う場合と比べて小資本で開業できるため、経営リスクを低減しながら早期の多店舗展開実現も可能です。

焼きたて屋の料金プラン

【開業費用】

  • 加盟金/150万円(税抜)
  • 食材保証金/100万円(税抜)
  • ロイヤリティ/税抜売上の5%
  • 研修費/50万円(税抜)(1人あたり)
  • 店舗費用/400万円~1,000万円(税抜)

焼きたて屋の導入事例

焼きたて屋の導入事例は、公式サイトに掲載されていませんでした。

焼きたて屋の運営会社概要

会社名 株式会社 かめや
会社所在地 長野県諏訪郡原村11122-1
会社設立 1989年(平成元年)7月28日
公式HPのURL https://www.yakitateya.com/

※「たこ焼きフランチャイズがひと目で分かる早見表」をもう一度チェックする

どんたこ

たこ焼きフランチャイズのどんたこ公式サイト画像画像引用元:どんたこ公式サイト(http://dontako.com/)

どんたこの特徴

どんたこは、岐阜県岐阜市にある株式会社APEXが運営する、たこ焼きフランチャイズです。商品としては「美味しいのにとにかく安い!」がトレードマークですが、フランチャイズとしても低投資&充実のサポート体制を提供しています。

費用面では、加盟金0円・初期費用0円・リース料0円の0円尽くしです。加えて、店舗の選定から設置・撤去・調理・接客ポイントを身に付けるための研修制度があり、営業開始後も全力でサポートしてくれます。

どんたこの料金プラン

・加盟金/0円
・初期費用/0円
・リース料/0円
※日当保証有り・歩合有り

どんたこの導入事例

どんたこの導入事例は、公式サイトに掲載されていませんでした。

どんたこの運営会社概要

会社名 株式会社 APEX
会社所在地 岐阜県 岐阜市 梅ヶ枝町1丁目11番地
会社設立 平成24年 11月
公式HPのURL http://dontako.com/

※「たこ焼きフランチャイズがひと目で分かる早見表」をもう一度チェックする

タコとハイボール

たこ焼きフランチャイズのタコとハイボール公式サイト画像画像引用元:タコとハイボール公式サイト(https://tako-hai.jp/)

タコとハイボールの特徴

タコとハイボールは、長野県塩尻市に拠点を置く株式会社フラバーダーニング(かめやグループ)が展開するたこ焼きフランチャイズ。ふわとろ濃厚ソースのたこ焼きとハイボールをセットで提供するスタイルが特色的です。

フランチャイズでは、加盟後のサポート体制が充実。1ヶ月ごとの本部による臨店をはじめ、個別の経営指導、オーナー勉強会、外部による衛生検査、オーナー会/総会など多彩なメニューがあります。

粉もの+アルコールの高収益ビジネスモデルとサポート体制を確立したタコとハイボールでは、安定的な収益が見込めます。

タコとハイボールの料金プラン

開業費用

  • 加盟金/200万円
  • 店舗費用/物件の広さ・状態による
  • ロイヤリティ/税抜売上げの5%
  • 研修費/1人あたり 50万円
  • 食材保証金/100万円

※税不明

タコとハイボールの導入事例

タコとハイボールの導入事例は、公式サイトに掲載されていませんでした。

タコとハイボールの運営会社概要

会社名 株式会社 フラバーダイニング
会社所在地 長野県塩尻市大門一番町6番8号
会社設立 平成24年9月12日
公式HPのURL https://tako-hai.jp/

※「たこ焼きフランチャイズがひと目で分かる早見表」をもう一度チェックする

ひっぱりだこ

たこ焼きフランチャイズのひっぱりだこ公式サイト画像画像引用元:ひっぱりだこ公式サイト(https://www.hipparidako.net/)

ひっぱりだこの特徴

ひっぱりだこは、大阪府門真市にある「ひっぱりだこ株式会社」によるたこ焼きフランチャイズです。業界でもめずらしい地域性重視&オーナーイメージでの展開軸を据えてサービスを提供しています。

ひっぱりだこの最大の特徴は経営自由度の高さ。フランチャイズといえば画一性のイメージですが、ひっぱりだこではパッケージ型を排し、店舗造作からメニューづくり、価格設定まで各店オーナーが自由に決定可能です。粉もの以外のメニューも導入可能で、物販もOKとなっています。

フランチャイズに加盟しつつも、自分の好きなように店舗経営を行いたい方に適しています。

ひっぱりだこの料金プラン

開業資金

  • 開業プロデュース費/100万円
  • 商標使用権設定決定費/20万円
  • 商標使用料金/月額固定費/3万円

※金額表記はいずれも税抜き

ひっぱりだこの導入事例

ひっぱりだこの導入事例は、公式サイトに掲載されていませんでした。

ひっぱりだこの運営会社概要

会社名 ひっぱりだこ株式会社
会社所在地 大阪府門真市深田町1-6-103
会社設立 1999年5月 (創業1997年10月)
公式HPのURL https://www.hipparidako.net/index.html

※「たこ焼きフランチャイズがひと目で分かる早見表」をもう一度チェックする

オクトパスファイヤーズ

たこ焼きフランチャイズのオクトパスファイヤーズ公式サイト画像画像引用元:オクトパスファイヤーズ公式サイト(https://www.octopusfire-s.com/)

オクトパスファイヤーズの特徴

オクトパスファイヤーズは、名古屋市中川区吉津に本社がある株式会社オクトパスファイヤーズが展開するたこ焼きフランチャイズ。店舗販売だけでなく「移動販売」も提案しており、小資金ではじめられるビジネスモデルは、固定販売にも劣らない労働生産性と市場性を有しています。

オクトパスファイヤーズのたこ焼きビジネスは、文字通り移動販売方式が最大の目玉。移動販売の場合、資本の内訳は車両+設備投資となるため、店舗販売と比べて小資本での開業が可能です。「週末のみ」などフレキシブルな開業もできます。

オクトパスファイヤーズの料金プラン

店舗販売

  • 加盟料/500,000円
  • 保証料/300,000円
  • 厨房機材費用/600,000円
  • 調理材料費用/300,000円
  • 研修料/100,000円
  • 販売促進費用/150,000円
  • 機材運搬費用/50,000円
  • 合計/2,000,000円

※税不明

移動販売

  • 加盟料/300,000円
  • 保証料/200,000円
  • 販売車両費用/1,500,000円
  • 厨房機材費用/100,000円
  • 調理材料費用/100,000円
  • 研修料/100,000円
  • 販売促進費用/50,000円
  • 機材運搬費用/50,000円
  • 合計/2,400,000円

※税不明

オクトパスファイヤーズの導入事例

とても充実した日々を送っています

この度5台目のオクトパスファイヤーズへ移動販売として加盟さえていただいた吉川です。移動販売というビジネスはリスクが少なく初めての開業にはもってこいの業種だと思います。店舗の駐車場やイベントなど様々な出店先があり売れる場所へこちらから出店できる事が最大のメリットです。オクトパスファイヤーズのブランドでたこ焼き店として開業しとても充実した日々を送っております。(後略)

引用元:オクトパスファイヤーズ公式HP(https://www.octopusfire-s.com/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC%E6%A7%98%E3%81%AE%E5%A3%B0/)

オクトパスファイヤーズの運営会社概要

会社名 株式会社オクトパスファイヤーズ
会社所在地 名古屋市中川区吉津4丁目1005番地の1
会社設立 平成18年
公式HPのURL https://www.octopusfire-s.com/

※「たこ焼きフランチャイズがひと目で分かる早見表」をもう一度チェックする

じゃんぼ総本店

たこ焼きフランチャイズのじゃんぼ総本店公式サイト画像画像引用元:じゃんぼ総本店公式サイト(https://www.takoyaki.co.jp/)

じゃんぼ総本店の特徴

じゃんぼ総本店は、大阪府大阪市を拠点に飲食店経営や店舗内外装工事の設計・施工などを手がける、ドリームアドバンス株式会社が運営するたこ焼きフランチャイズ。

最大の特徴は、低資本・低リスクの安心フランチャイズ。じゃんぼ総本店では、加盟金0円、研修費0円、保証金0円、店舗内外装費用0円の、0円尽くしで気軽に開業ができます。

ロイヤリティは有料ですが、売上に関係なく固定制となっているため、売上が上がってもロイヤリティは上がりません。実績を基にした算出では、初年度から年収550~1000万円も可能です。

じゃんぼ総本店の料金プラン

開業資金

  • 加盟金/0円
  • 研修費/0円
  • 保証金/0円
  • 店舗内外装費/0円
  • ロイヤリティ/固定制

じゃんぼ総本店の導入事例

独立できたのはじゃんぼのシステムのおかげです

私はもともと独立志望で入社しました。前職は別の飲食店で働いていましたが自分で独立を考えたとき金銭面含めて、とてもハードルが高く感じ実現するには至りませんでした。
そんな時にハイペースで出店を続けるじゃんぼ総本店が気になり当時勤務していた飲食店にはないスピード感があるじゃんぼ総本店で 学びたいと考え入社しました。
じゃんぼは入社後の間もない社員にもノウハウのほとんどを公開してくれるので自分がどれだけ早く吸収できるかに集中して社員時代を過ごしました。苦労も多かったですが独立することができたのはじゃんぼのシステムだからだと感じています。

引用元:じゃんぼ総本店公式HP(https://www.takoyaki.co.jp/recruit/owner.html)

じゃんぼ総本店の運営会社概要

会社名 ドリームアドバンス株式会社
会社所在地 大阪府東大阪市大蓮南4丁目23-23
会社設立 2003年5月(創業1994年9月)
公式HPのURL https://www.dreamadvance.jp/

※「たこ焼きフランチャイズがひと目で分かる早見表」をもう一度チェックする

たこん家

たこ焼きフランチャイズのたこん家公式サイト画像画像引用元:たこん家公式サイト(https://takonchi.com/)

たこん家の特徴

岐阜県大垣市にある「たこん家」は、幅広い層から人気を集めているたこ焼きフランチャイズ。特に、素材から焼き方までこだわった食べ応えのあるたこ焼きが好評です。

FC加盟店は全国展開で絶賛募集中。低コスパな材料費や割安価格な新品厨房機器など低コストで開業可能なほか、ロイヤリティ無し、調理技術から運営までカバーする研修・サポート体制があるため、飲食業界未経験でも挑戦できます。

開業前のサポートは指定店舗で研修を行いますが、遠方の方は自宅周辺での出張研修が受けられます。

たこん家の料金プラン

  • 加盟料/50万円
  • 研修期間/1ヶ月(研修費込)
  • ロイヤリティ/無

たこん家の導入事例

たこん家の導入事例は公式サイトに掲載されていませんでした。

たこん家の運営会社概要

会社名 たこん家 大垣店
会社所在地 岐阜県大垣市東外側町1-1
会社設立 公式サイトに記載なし
公式HPのURL https://takonchi.com/

※「たこ焼きフランチャイズがひと目で分かる早見表」をもう一度チェックする

銀だこ

たこ焼きフランチャイズの銀だこ公式サイト画像画像引用元:銀だこ公式サイト(https://www.gindaco.com/)

銀だこのフランチャイズの特徴

銀だこのフランチャイズは、日本一のたこ焼チェーンとして知られる築地銀だこのフランチャイズビジネスです。

その強みは、全時間帯にわたって需要があり、オープンキッチンスタイルで提供されるたこ焼のパフォーマンス性の高さにあります。

佐瀬守男社長は和のファストフードを目指し、独自の「皮はパリッ、中はトロッ、タコはプリッ」のたこ焼を開発しました。

銀だこのフランチャイズの導入事例

銀だこのフランチャイズ店は、平均月商450万円、優れた立地では月商1000万円を超える店もあります。全国各地に約500店舗を展開しており、デリバリーの導入により平均10%の売上増加を実現しています。特に、テイクアウトの比率は高く、コロナ禍でも売上が2019年度対比で100%に回復しています。

銀だこのフランチャイズ料金プラン

一般的なフランチャイズと比較して、銀だこは初期投資が約2000万円で、売上が良ければ2年程度で回収が可能です。開業前の研修や実践指導も充実しており、開業後は月に1回の巡回指導があります。社員独立制度(IPC契約)も充実しており、開業資金は加盟金の一部のみで始めることができます。

銀だこの会社概要

会社名 株式会社ホットランド
所在地 東京都中央区新富1丁目9-6 ザ・パークレックス新富町4・5F
設立年 1991年6月
会社URL http://www.hotland.co.jp/

※「たこ焼きフランチャイズがひと目で分かる早見表」をもう一度チェックする

たこ焼きフランチャイズの特徴

低コスト・低リスクではじめられる、たこ焼きビジネスはフランチャイズのなかでも屈指の人気があります。以下、たこ焼きフランチャイズの特徴をポイントを分けて紹介しました。

たこ焼きフランチャイズの業務内容

たこ焼きフランチャイズは、たこ焼きの提供がメインサービスですが、実際のサービス内容は多岐にわたっています。タコの仕入れ、在庫管理から仕込み、調理、接客、売上管理まで多彩なラインナップです。個々の店舗は小規模なため、全てのサービスをオーナー1人で手がけることは十分可能です。ただし、スタッフを雇う場合は採用募集・教育研修が必要となります。

たこ焼きフランチャイズのメリット・デメリット

たこ焼きフランチャイズには、メリット・デメリットがあります。メリットは、低リスク・低コストで開業できることです。

たこ焼きは原価率が低いうえ、設備費や人件費を含めたランニングコストも低く抑えられるため、少ないリスクではじめて高い利益を出すことができます。

他方、FC加盟店として開業する場合は、他店との差別化を図るのが難しいことや、本部に支払うロイヤリティが負担となり、利益を圧迫する可能性が高いことなどがデメリットです。

失敗しない!たこ焼きフランチャイズを成功させるポイント

たこ焼きフランチャイズで成功するためには、立地条件・差別化・販売促進の3要素を充実させる必要があります。立地条件に関しては、交通量や人通りが多いなど集客の見込める場所を確保することが大切です。

適切な立地の選択

たこ焼き屋の成功には立地選びが非常に重要です。多くの場合、たこ焼きの購入者は日常の通り道にいる「通りすがりの顧客」です。そのため、人通りが多い場所での出店は、顧客獲得のチャンスを大幅に増やします。立地が良ければ、自然と顧客が店に足を運ぶため、安定した利益の確保に繋がります。

そのため、物件の周囲環境やアクセスの良さを確認し、店舗の可視性やアクセス性を検討するとよいでしょう。実際にその地域を訪れ、地元の人々の動向を観察することも重要です。

他店との差別化については、素材やソースを独自にアレンジして開発したり、他店で行っていないサービスを提供したりすることで個性を出すことができます。販売促進は本部のサポートもありますが、WebサイトやSNSなどネットを通じて独自に行うことも可能です。

フランチャイズモデルを理解する

多くの起業家がフランチャイズモデルに誤解を持ちがちです。フランチャイズでは、本部からのサポートに限界があることを理解しておく必要があります。たこ焼きの作り方だけでなく、店舗運営やマーケティング戦略は、大部分を自己責任で進める必要があります。

そのため、自己責任で店舗を運営する覚悟を持ち、フランチャイズ本部からのサポートの範囲を正確に理解します。フランチャイズ加盟のメリットとデメリットを比較検討し、ビジネスモデルを選択する必要があります。キャククルではたこ焼きに特化したフランチャイズを紹介していますので、よく見ておいてください。

たこ焼きの「味」に注力する

飲食業では、商品の質が直接的に店の評価に影響します。たこ焼きの美味しさが顧客満足度を決定づけるため、味の良さはリピーターの増加に直結します。
フランチャイズ本部から提供されたたこ焼きのレシピをしっかり表現できるよう切磋琢磨し、最高の味を追求します。さらに、たこ焼きが提供されるタイミングや温度管理にも注意を払い、顧客に常に最高の食体験を提供することを心掛けていきましょう。

たこ焼きフランチャイズを始めるときの流れ

たこ焼きフランチャイズを始めるさいに必要な準備は、以下の3要素があります。

  • 店舗づくり
  • 採用活動・教育研修
  • 許可申請

店舗づくり

店舗づくりは、文字通り、たこ焼きを売る店を整えるための取り組みです。物件を取得したり、内装工事を行ったり、設備や備品の配置なども必要になります。

移動販売の場合は、車両が売場となるため、車両の取得やカスタムなどが必要です。販売は車両で行い仕込みは別の場所で行う場合は、別途物件取得の必要が生じます。

採用活動・教育研修

たこ焼きビジネスはオーナー1人で行えますが、従業員を雇う場合は採用・教育が必要です。採用活動は求人誌・求人メディアへの掲載が一般的ですが、公式HPやSNSなどネットを通じて募集をかけることもできます。

教育研修では、仕入れ、管理、仕込み、調理、接客といった、一連の業務内容を必要に応じて教育しなければなりません。フランチャイズ本部によっては、人材教育のサポートが受けられる場合もあります。

許可申請

たこ焼きフランチャイズで開業する場合は、「営業許可」「食品衛生責任者」「運転免許」といった3つの許可申請・資格取得が必要です。

このうち、営業許可は開業地域の保健所で許可申請を行います。食品衛生責任者は絵飲食店の営業に必要な公的資格です。取得するには養成講習(1日)を受講しなければなりません。

運転免許は移動販売で開業する場合に必須となります。

たこ焼きフランチャイズの開業費用

たこ焼きフランチャイズを始めるために必要な資金には、開業資金(初期費用)と運営資金があります。開業資金は文字通り開業にあたって必要となる資金です。

加盟金・保証金・資格取得費・研修費などがあります。開業資金はフランチャイズ本部によって、店舗販売/移動販売によって合計が変わってくるため、十分な比較検討が欠かせません。ちなみに開業資金の相場は約300万円程度です。

たこ焼きフランチャイズの運営資金は、店舗や車両、厨房設備の維持費、材料費、人件費、本部へのロイヤリティなどがあります。

こちらもフランチャイズ本部ごと、店舗販売/移動販売によって異なりますが、1ヶ月あたりの運営費用の相場は約83万円程度です。

移動販売と比べて店舗販売は相対的に費用が高くなりますが、テイクアウト専門店にすることで各種の費用が抑えられます。

たこ焼きフランチャイズに加盟する際によくある質問

Q1.たこ焼きフランチャイズにはどのような特徴がありますか?

たこ焼きフランチャイズは、原価率が低く小規模な店舗あるいは移動販売形式でも始められる、低リスク・低コストなFCビジネスです。フランチャイズの中でも特に参入障壁が低いため、高い人気を誇っています。

一方、たこ焼きビジネスの業務は多彩です。材料の仕入れから在庫管理、仕込み、調理、接客、売上管理など、従業員を雇わない場合はオーナーが1人で業務をこなす必要があります。

逆に従業員を雇う場合は、採用と教育が必要です。

たこ焼きフランチャイズのメリットは、比較的少ないリスクとコストで開業できること、それでいて高い利益を出すことも可能になります。

一方デメリットは、本部へのロイヤリティが負担となることや、他店と差別化するのが難しいことなどです。

Q2.たこ焼きフランチャイズを始めるために必要な準備や費用は?

たこ焼きフランチャイズを始めるために必要な準備には、「店舗づくり」「採用・教育」「許可申請」があります。

店舗づくりは、物件の取得や内装工事、採用・教育は従業員を雇う場合の募集活動と調理法・接客法などの指導研修です。許可申請では、営業許可の申請と食品衛生責任者、運転免許の資格取得が必要になります。

たこ焼きFCに必要な費用は、開業資金と運営資金です。開業資金には、加盟金や保証金、資格取得費、研修費などの費目があります。

運転資金はいわゆるランニングコストです。店舗、車両、厨房設備などの維持費、材料費や人件費、ロイヤリティなどが含まれます。

開業で必要になる準備・費用は、加盟するフランチャイズ本部によって、あるいは店舗販売型/移動販売型によって異なるため、事前に確認しておくことが大切です。

たこ焼きフランチャイズまとめ

たこ焼きフランチャイズは、低リスク・低コストではじめられるビジネスであるため、未経験者や資金が少なくても開業できるのがメリットです。

サポート体制のしっかりしたフランチャイズに加盟することで、長期安定運営が可能となり、多店舗展開や高収益も実現できます。

ただし、たこ焼きのフランチャイズ本部は数が多いため、自分に合ったFCに加盟するための比較や見極めが必要です。フランチャイズへの加盟を検討するさいは、ぜひ本記事の内容を参考にしてください。

【免責事項】
本記事は、2023年11月時点の情報をもとに作成しています。掲載各社の情報・事例をはじめコンテンツ内容は、現時点で削除および変更されている可能性があります。あらかじめご了承ください。
ページトップへ