歯科のエリアマーケティングのポイント・方法を解説

歯科のエリアマーケティングのポイント・方法を解説
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

歯科医院に集客するためのエリアマーケティング

競合率が高い歯科医院で集客するためには、エリアマーケティングの手法がまず重要となります。

基本的に歯科は通院できる近隣に住まれている方が主な患者となるため、エリアに特化した集客・マーケティングが効果的だからです。

この記事では歯科におけるエリアマーケティングの基礎知識とポイントについて解説していきます。

エリアマーケティングとは?

エリアマーケティングとはエリアごとに特化したアプローチを行う、マーケティング手法のことです。地域密着型マーケティングと呼ばれることもあります。

地域住民の生活様式・土地柄・産業・交通インフラなどから、地域の需要や競争環境を分析する手法です。

新規の開業はもちろんのこと、既存医院の業務改善にも重要な役割を持つでしょう。エリアの特性を分析し、競争優位を得るためにも有効です。

またエリアマーケティングを行ううえで、商圏の分析も行うとよいでしょう。

ここで言う商圏とは、当該医院の潜在顧客が生活する範囲のことです。立地条件やアクセス方法によって大きく異なるため、正しい商圏範囲を把握する必要があります。

歯科医院の集客にエリアマーケティングが必要な理由

歯科医院の集客にエリアマーケティングが必要とされる理由は主に2つあります。

  • 自院の競争力を強化するため
  • 客観性の高い戦略を練るため

歯科医院は競合率の高いのが特徴。1つのエリアに対し多くの歯科医院が存在しています。競争力の低い歯科医院は、他の医院に顧客を奪われている可能性があるのです。

エリアマーケティングは競合医院よりも競争力を強化するために必要不可欠といえるでしょう。競合歯科医院の解析方法には、SEOチューニング解析・コンテンツ分析・機能分析・デザイン分析などが用いられます。

患者数が伸び悩んでいる歯科医院にとても有効的なマーケティング手法です。

歯科のエリアマーケティングのポイント

歯科医院では効果的な集客を行うために、患者のニーズ・自院の強みの理解が欠かせません。

単純な集客方法だけでは不十分なので、サービス品質・コミュニケーション改善などを通し、患者の体験向上に努めることが重要となります。

競合歯科医院との差別化を可能にするためにも歯科のエリアマーケティングが必要です。

1つ目のポイントは、提供する医療サービスの種類の拡充
歯科医院の医療サービスには、他と差別化を図りやすいものがいくつかあります。

セラミック修復や予防歯科、在宅歯科などが代表的な例です。また少子高齢化が加速すると、在宅歯科の需要が増加していきます。

今後の患者ニーズの変化も踏まえたうえで、医療サービスの種類拡充を検討してみましょう。

2つ目のポイントは医療の施設や設備です。
リピーターを増やすためには、来院する患者に良い印象を与えなくてはいけません。

そのために、医療施設・設備環境を定期的に見直す必要があります。外観や内装の清潔感はもちろん、待合室の居心地は良いかなども重要です。

このほかにも、スタッフ対応やオフライン集客、オンライン集客などさまざまなポイントに注意すると良いでしょう。

歯科のエリアマーケティングの方法

歯科のエリアマーケティングの方法
歯科のエリアマーケティングの具体的な方法について解説します。

歯科医院の商圏分析

歯科のエリアマーケティングでは、歯科医院の商圏分析が重要です。自院の商圏内にどのような特徴があるのかを調査しましょう。

住宅・土地統計調査や全国消費実態調査、患者調査、学校基本調査、家計調査、賃金構造基本統計調査などの幅広い統計データから人口特性を集計します。

これらを参考に、年代や性別ごとによる夜間・昼間人口を把握・分析しましょう。

また平均世帯年収や平均賃金など町丁目ごとに集計される参考データを上手く活用するのも一つのポイントです。
地域の情報をより深く網羅的に把握できれば、広告宣伝費を必要最小限に抑えられます。

商圏分析に基づくマーケティング戦略の立案

商圏分析に基づき、マーケティング戦略の立案を行います。するべきことは地域の特性をもとに、患者の行動を予測することです。

例えば貸家世帯が多い地域であれば、住民の入れ替わりが激しい地域であると予想を立てられるので、定期的なプロモーション活動の実施が必要となるでしょう。

単身世帯が多い地域であれば、キャンセル率が高くなる傾向にあるためキャンセル対策の実施も必要となります。

地域の特性が把握できれば、自ずと行うべき施策が検討できるようになるのです。
戦略の質こそがマーケティング戦略の肝となる部分。

広告宣伝費にいくら費用を投じようと、戦略の質が低ければ望むような結果は得られません。

Webサイトを活用したマーケティングを行うのであれば、患者に響くキーワードやコンテンツの作成が有効的です。

質を重視して戦略を立案することで、通常の診療圏よりも広い範囲からの集客も実現可能になります。

マーケティング戦略の実行

マーケティング戦略の立案が終わったら、いよいよ実行に移します。

エリアマーケティングではWeb広告の利用が効果的です。

具体的なWeb広告手法は以下の通り。

  • 自院ホームページやサイトの作成
  • 検索エンジン広告
  • Facebook広告
  • ポータルサイトへの掲載

簡単に解説します。

自院ホームページやサイトの作成

自院のホームページに対し、検索エンジンで自分のサイトを上位に表示させるためのSEO対策を行います。

SEO対策で重要なのは、キーワードを詰め込んだり被リンクをただ増やしたりすることではありません。ユーザーにとって価値のあるサイトにすることが大切です。ユーザビリティを意識したSEO対策に取り組んでみましょう。

検索エンジン広告

GoogleやYahoo!などの検索エンジンに表示される広告を活用するのも、一つの方法です。

SEOでの上位表示は費用が掛からないものの、難易度の高い手法となります。
知識や技術もそれなりに必要とするため、上位表示するまでに時間がかかってしまうケースが多いです。

検索エンジン広告であれば費用は掛かりますが、検索ページ上部に自院のサイトへのリンクを表示させられます。
エリアマーケティングと相性のよいMEOの活用も検討してみましょう。(MEOについては後述しています)

Facebook広告

Facebook広告はエリアマーケティングとの相性が良いのが特徴です。
エリアに住む人はもちろんのこと、最近までエリアにいた人までターゲッティングが可能です。

Facebookユーザーである必要がありますが、旅行者も対象とすることができます。

ポータルサイトへの掲載

病院に特化したポータルサイトへの掲載も効果的な手法の一つです。信頼性向上というメリットもあるため、積極的に使うべきといえます。

ただし競合歯科医院も当然利用することが考えられるため、掲載内容は差別化を図る必要があるでしょう。

マーケティング戦略実行結果の評価と改善

マーケティング戦略はただ実行しただけでは意味がありません。
実行結果を振り返り、評価と改善を繰り返し行いましょう。必要に応じて再度商圏分析を行うのがポイントです。

エリアマーケティングによる歯科のWeb集客

エリアマーケティングによる歯科のWeb集客

エリアマーケティングは歯科のWeb集客との相性が良いです。
Web集客を上手に活用し、効果的なマーケティング戦略を実施しましょう。

ここでは「SEO対策」「MEO対策」「Web広告の運用」の3つを解説していきます。

SEO対策

歯科医院の公式ホームページのSEO対策は必要不可欠です。SEO対策で目指すべきなのは、商圏エリアで検索トップを目指すこと。

人口が多い大都市圏・ターミナル駅周辺などは検索上位を取るためにかなりの技術レベルを必要とします。しかし地方都市・小都市であれば、検索上位に食い込むことはそう難しいことではないでしょう。

医療系のサイトコンテンツはGoogleのアルゴリズムの影響から、かなり厳しく評価されるようになっています。
そのため医療系に合った対策方法が必要です。

SEO対策用語の「YMYL」「EAT」を理解することが大切になります。

YMYLは人生やお金、生命にかかわるコンテンツを厳しく評価するGoogleのアルゴリズムです。
EATは専門性・権威性・信頼性を評価するアルゴリズムとなっています。

これら2つのアルゴリズムを理解し、それぞれ対策を行っていきましょう。

MEO対策

MEO対策とは、Googleマップで検索上位を取るための対策のこと。

歯科医院に来院してもらうためには、SEOと同じキーワードでGoogleマップでも検索上位を取ることが重要です。

例えば突然歯が痛くなった患者は、急いで近くの歯科医院を探そうとするでしょう。そのときに真っ先に目に入るのが検索上位にランクインしている歯科医院なのです。

Googleマップからは公式のホームページへ誘導することもできます。ホームページへ誘導できれば、電話・オンライン予約につなげられる可能性が高まるでしょう。

来院数・問い合わせ数を増やすためにもMEO対策は必要不可欠です。

MEOはGoogleマイビジネスを利用することで可能になります。(無料で利用できます)

Web広告の運用

Webサイトやアプリなどに表示されるWeb広告の運用も積極的に行いましょう。

Web広告には幅広い種類がありますが、もっとも利用者が多いのがリスティング広告です。
キーワードに基づき、検索結果ページ上部・下部に広告を表示させます。ターゲットに効率よくアプローチ可能なため、歯科医院のマーケティングに相性が良い広告といえるでしょう。

リスティング広告のほか、SNS広告などの活用も検討してみることをおすすめします。

歯科のエリアマーケティングの肝は強みの明確化と市場選定

歯科エリアマーケティングは商圏分析が肝

エリアマーケティングのみならず、集客・集患を考える際には、まずユーザー分析と自院の強みの明確化を行いましょう。

ユーザーにどういったニーズがあり、自院はどのニーズに応えられる強みがあるのか考えることで、ターゲットを絞り込むことができます。

ターゲットを絞り込むことは、市場を細分化して自院が優位性を示せる分野が明確になります。

ただ特定のエリア内すべてを集患対象とするのではなく、エリア内の「〇〇というニーズを持った患者」と絞り込み、その人たちに的確に伝わるエリアマーケティング施策を行うことで、集客につながりやすくなるのです。

集患戦略・マーケティング戦略でお悩みなら

全研本社では、現在までに120業種を超えるクライアント企業・医院の集客を支援してまいりました。

そのノウハウと、クライアント・市場・競合・ユーザーの徹底的な分析に基づいた、クライアントならではのマーケティング戦略のご提案を得意としています。

MEOをはじめとしたエリアマーケティングはもちろん、集患のためのWebメディア制作・運用など、Webマーケティングについてワンストップで対応が可能です。

集患・マーケティング戦略でお悩みでしたら、歯科業界向けの経営戦略についてまとめた資料もご用意しています。必要に応じてダウンロードしてご活用ください。

関連おすすめ記事

ページトップへ