歯医者(歯科)のコンテンツマーケティング理論

歯医者(歯科)のコンテンツマーケティング理論
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

歯医者の宣伝はWeb広告よりコンテンツマーケティングにシフト

歯科業界が今後宣伝に力をいれるのであれば、コンテンツマーケティングでの展開がおすすめです。Webでの宣伝というと広告表示を思い浮かべる方もいるかもしれません。

でも、現在はWeb広告よりもコンテンツマーケティングのほうが高い効果が期待できます

歯医者はコンテンツマーケティングのほうがよい理由

多くの方がインターネットを利用する現在ですが、広告は以前よりも厳しい状況にあります。歯医者のWeb広告として主なものは下記があります。

  • リスティング広告
    検索結果に表示される広告です。検索のキーワードに関連して表示されるので、ユーザーのニーズにマッチしやすい特徴をもっています。
  • サイト内広告枠
    サイト内の広告枠です。基本的に掲載される枠はあらかじめ決まっており、広告の依頼側がどこに表示されるかを把握できます。
  • アドネットワーク
    サイトを見ているユーザーの閲覧履歴などに合わせて広告が表示されるため、比較的狙ったターゲットに表示されやすいです。しかし広告を依頼した側がどんなサイトに表示されるかがわからないという欠点もあります。

いずれの方法であっても、基本的に見ているユーザー側からは広告であることはわかりやすいようなつくりになっています。しかし検索結果やサイトを見ているユーザー側からはWeb広告は嫌われやすい傾向にあるのです。理由としては、自分が調べてたどり着いたサイトに、相手側から押し付けられた広告が表示されるというイメージをもってしまうためです。

広告は遮断されているケースもある

決して、こうした広告に問題があるわけではありません。しかしサイトによっては広告の範囲があまりにも大きいなど、閲覧する際に邪魔に感じるように表示しているケースもあります。そのためWeb広告全体に対して悪いイメージをもってしまっている方が少なからずいるのです。

インターネットをするブラウザへ追加できる機能に、サイト内広告やアドネットワークの表示をブロックできるケースがあり、広告自体を見たくないと考えている方は取り入れているユーザーもいます。

広告表示が遮断されてしまうと、たとえどんなに求めている内容であったとしても表示されません。そのためせっかくの集客チャンスを逃してしまうことになるのです。

歯医者がコンテンツマーケティングを選んだ際のメリット

コンテンツマーケティングであれば歯医者にとって多くのメリットがあります。

  • サイトをみてもらいやすい
  • 信頼性を抱いてもらえる
  • 歯科クリニックへ向かうアクションを起こしやすい
  • 歯科クリニックの良さをたくさん伝えられる
  • 専門的な情報を多く伝えられる

なぜこうしたメリットが生まれるのかを解説していきます。

検索で見つけた歯医者のコンテンツマーケティングはユーザーがWebで調べた情報

検索などで調べてたどり着いたユーザーにとっては自分で見つけた情報という印象をもってくれるため、広告と比較するとコンテンツの内容を見てもらえる可能性が高いです。

また一般的なサイトなので、広告ブロック機能を取り入れているユーザーも閲覧可能です。そのためより多くの見込み患者に対してアプローチをかけられます。

コンテンツマーケティングには求めている歯医者の情報があり信頼性が高い

ユーザーが求めている情報に対しての回答などを医師が掲載しているため、そのサイトの運営者自体に大きな信頼感をいだきやすくなります。クリニックにとって、信頼感をもってもらえるのは非常に大きなメリットのひとつです。

コンテンツマーケティングのWebサイトから直接歯科クリニックへ連絡できる

コンテンツマーケティングのWebサイトでクリニックへの問い合わせフォームを掲載することで、何らかの悩みをもっているユーザーから直接連絡を受け取れます

悩みに対して専門的な知識をもつ医師が返答してくれるので、クリニックへ行くというアクションを起こしやすくなるのです。

歯医者が伝えたい情報をコンテンツマーケティングで自由に掲載できる

一般的な広告枠では表示できるサイズが決まっているためクリニックの良い部分をたくさん伝えたくても、どうしても制限されてしまいます。

例えば下記のような点があるでしょう。

  • 極力痛みをなくす努力をしている
  • 日本でも先進的な技術を取り入れた治療をしている
  • 院内を清潔に保っている
  • スタッフの教育を徹底しており、患者さんに嫌な思いをさせない
  • 歯の予防方法を伝えたい

コンテンツマーケティングであれば広告で書ききれないクリニックのさまざまな長所をコンテンツとしてすべて公開できるのです。

歯医者の治療ジャンル別にコンテンツを作成できる

歯科治療は小児歯科からインプラント、審美治療などジャンルが複数あり、クリニックによっては幅広く対応しているケースもあるでしょう。自由にサイトの情報を更新できるコンテンツマーケティングでは、こうした治療ジャンル別の専門的な情報をコンテンツとして製作可能です。

ひとつのサイトに全てのジャンルを含めてもいいですし、それぞれ内容に特化した別のサイトとして制作をしても問題ありません。年数が経つほど内容量が増えていき、見込み患者が信頼を感じやすくなります。

歯医者さんのコンテンツマーケティング成功事例

歯医者のコンテンツマーケティング理論
実際に歯科クリニックのコンテンツマーケティングで成功している事例をふたつご紹介します。
どちらも下記の特徴があります。

  • 情報を調べている方へ分かりやすい説明を意識している
  • コンテンツのなかに歯科クリニックへアクセスする情報がある
  • 文字だけではなくビジュアルを使って解説している

おかざき歯科:歯医者が教える歯のブログ

横浜市にあるおかざき歯科が運営する歯科情報についてのブログです。コンテンツのなかには動画を掲載してどんな治療なのかをわかりやすく解説しているページもあります。

2016年では一か月あたり500万PVを越し、従来からの来院者数が6倍近くにも上がりました。さらに横浜市のクリニックでありながら、関東以外からも患者が訪れるほどの盛況ぶりです。

アクセスのページでは、グーグルマップの埋め込みに加えて最寄り駅からクリニックまでの道のりを写真付きで掲載しています。

歯医者が教える歯のブログ – おかざき歯科

三橋矯正デンタルオフィス

東京駅の近くにある矯正治療の歯科クリニックです。現在インターネット端末としてもっとも普及しているスマートフォンにて見やすいように最適化されています。矯正歯科クリニックのサイトには矯正装置の種類を掲載するのは珍しくありませんが、このケースではすべての種類に写真が掲載されているのが特徴です。矯正治療を検討する際に「矯正装置の見た目」という、気になりやすい悩みをサイトだけで解決してくれています。

スマートフォンで見ている方が押すだけでクリニックへ電話ができるボタンもわかりやすい位置に掲載されており、検討している方がアクションへつなげやすい仕掛けも効果的です。

三橋矯正デンタルオフィス

歯医者のコンテンツマーケティングはSEOが肝

歯医者がコンテンツマーケティングを仕掛けるのであれば、SEOという検索結果にて上位表示される対策をおこなうことが重要です。

SEOでコンテンツマーケティングを見てもらう

検索結果からの流入がメインであるコンテンツマーケティングでは、どんなによいコンテンツを用意していても検索結果に表示されなければサイトを見に来てもらうことすらままなりません。反対にSEO対策をしっかりしていれば、多くの見込み患者の目に留まるので問い合わせ件数の増加が見込めます。

まずはアクセスを増やすために、SEOを意識してのコンテンツ制作を進めることが第一歩です。

地域特化型のポータルサイトも併用していく

最近ではクリニックのホームページを充実しているところが増えています。ただ、自院のサイトだとSEOがうまくいかないケースが多々あります。

そういったときに有効なのが、エリアキーワードで上位表示をしているポータルサイトを活用するということ。一般的に3~10万円ほど(地域の競合性による)で、自分のクリニックを掲載することができます。リーズナブルに掲載できるポータルサイトを、いくつかピックアップしたので確認してみてください。

インプラント治療なび

インプラント治療なび

(引用元:https://www.dentist-implant.com/)

インプラント治療なびの

掲載概要はこちら

歯医者のコンテンツマーケティングは差別化がキーワード

歯医者にとってコンテンツマーケティングは非常に親和性の高い宣伝方法です。しかしどんなに有益な情報を配信できていても、ただ伝えるだけでは失敗してしまう可能性もあります。

検索をしているユーザーはその他のサイトも見ている可能性が非常に高いのです。比較した際にメリットを感じられないと、選んでもらえません。

コンビニの店舗数よりも多い歯科クリニックが見込み顧客から選ばれるために、コンテンツマーケティングにて下記の条件がそろっている強みを伝えましょう。

  • そのクリニックで治療を受けたいと感じる魅力
  • ユーザーが求めているニーズ
  • 他のクリニックにはないメリットである

他クリニックと差別化できれば、歯科治療の価格競争に巻き込まれることなく安定して集患できるようになります。

コンテンツマーケティングに特化した弊社へご相談ください

コンテンツマーケティングで前面にだすべき強みは、他クリニックの調査をしないと歯科クリニック自身でもなかなか見つけられません。

マーケティングに特化した全研本社では過去に7000件以上のサイト制作実績があります。他にはない強みを見つけてSEOを意識したコンテンツマーケティングを展開させていただきます。まずは相談だけでもお気軽にご連絡ください。
お問合せはこちら

歯医者の集客・集患方法まとめ

バリュープロポジション漫画

ページトップへ