集患につながる歯科のホームページ制作のポイント

集患につながる歯科のホームページ制作のポイント
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

歯科のホームページ制作のポイント

ホームページ制作の目的を明確にする

「他の歯科医院がホームページを作っているから…」「時代の流れを踏まえるとホームページは必要かと思って…」といった”なんとなく”の理由ではホームページ制作は上手くいきません。

まずはなぜ自身の医院でホームページを制作したいのかを明確にする必要があります。多くの場合は新規患者の獲得を理由に挙げるでしょう。ではそもそも新規患者を獲得するためにはどのような内容を掲載する必要があるのでしょうか?

写真掲載は効果的

初めて行く歯科医院はハードルが高いものです。そのため、歯科医院の雰囲気が分かる写真を掲載するのは効果的です。
医師の個人写真は顔や雰囲気から人となりを伝えることができ、院内の写真は実際に自分が足を運んだ際のイメージに繋げることができるのです。

専門家ならではのコンテンツを掲載

「歯」という領域は専門性が高く、やはり歯科医が書く内容は専門性が伴うことから患者さんの需要が高いと言えます。そのため、専門家ならではのコンテンツを掲載しておくことは大切です。

実際自身が治療した例や、どのようなポリシーに基づいて治療を行っているのかを記載することが大切です。医師としての信頼を自身のコンテンツで醸成するという手法は有効だと言えます。

患者さんは何を見て来院を決めるのか?

歯科受付イメージ
良かれと思って掲載している情報が、本当に患者さんにとって有益な情報なのかという視点が重要です。

患者さんが重視しているのは医師やスタッフの対応

治療方法が進化し、以前よりも痛みを軽減できるようになった歯科治療ですが、「歯医者は痛い」「歯医者は怖い」と言った概念は患者さんの中には根強く残っています。

そのため「この歯医者さんなら治療に耐えられるかも…」「優しく接してくれそうなスタッフさんがいる」ということを患者さんに示すことは非常に有効です。

そのため、歯科医や院内の写真掲載はもちろん、専門性が高いコンテンツを通し医師のスタンスを発信することは新規患者獲得に有効なのです。

差別化できる強みを明確にしよう

しかし患者さんはよほどのことがない限り、他の歯科医院を幾つか比較し、通院する歯科医院を決定します。

場合によっては一度色々な歯科医院を訪ねてみて、その結果を受けてどこに通院しようかを選択するケースもあるかもしれません。

そのため、自身のクリニックが他のクリニックと比較して、どこが強みで、どの部分が差別化できるのかを明確にしておく必要があります。この違いを明確にしておくことで、患者さんも歯科医院を決めやすくなります。

差別化のポイント、バリュープロポジションとは?

では、自身の歯科医院の強みを見つけるために必要なことは何でしょうか?それがまさにバリュープロポジションと呼ばれるものです。

バリュープロポジションとは、自身の歯科医院オリジナルの強みを指します。患者さんが求めており、他の歯科医院には真似できないような独自の強みです。

バリュープロポジションのイメージ図

このバリュープロポジションを明確にするためには自社の強みを分析することはもちろん大切ですが、患者さんはそもそも何を求めているのかという点に対して丁寧な分析を行うことが必要なほか、同じ商圏内の歯科医院を分析することが必要です。

自身の歯科医院の強みを見いだせないという場合には、他の項目から検討してみるのも有効でしょう。このように強みを明確にすれば、患者に対するアプローチ方法や、現時点の情報では何が不足しているのかを明確にすることが可能です。

歯科のホームページ制作におけるSEOのポイント

患者さんのニーズを捉える必要がある

SEO対策を行う上で重要なのが、患者のニーズがあるキーワードを使用し、ホームページ内のページを増やす必要があります。

ページ数を増やすことで必然的に検索に掛かる可能性が高くなります。また、患者のニーズがあるキーワードを使用することで、検索結果上の上位に表示される可能性が高まるのです。

地域名のキーワード対策は必須

歯科医院は定期的な通院が必要なため、自宅付近や勤務地付近での「通いやすさ」を重視た検索も多くなります。そのため地元の住民が検索しそうなキーワードで検索を行うことも効果的だと言えるでしょう。

ストレスを感じさせない見やすさも重要

予約や問い合わせへの動線をわかりやすく

そもそもホームページ上の動線を分かりやすくしておくことは非常に重要です。

いざ相談してみようと思った際に患者さんがストレスを感じないよう、電話番号などの連絡先を分かりやすく表記するほか、Web予約のボタンを見やすく設置するといった配慮が大切です。

スマホでの見やすさにも気を遣って

患者さんがPCで歯科医院を検索することはまずないでしょう。現在は多くの人がスマホを用いて検索をしています。PCよりも画面が狭いという特徴があるため、スマホで見た際にも連絡先が目立つ工夫や、文字が読みやすくなっているかなどを注意る必要があります。

医療広告ガイドラインの順守を徹底

歯科医院のホームページは順守すべき広告表現の規制があります。違反のないように、NG表現などはあらかじめ意識しておきましょう。以下URLを参照ください。

法規順守と集客・集患の両立は全研本社へご相談を

全研本社では医療広告ガイドラインについて社内で研修を行い、法規を順守しながら、集客・集患もしっかり実現するコンテンツ制作のノウハウを蓄積しています。

Webサイトの制作実績は7000件以上にも及び、サイト制作のみならず、SEOやMEO、リスティング広告やオウンドメディアの制作・運用など、Webからの集客・集患全般にワンストップで対応可能です。

もしもホームページの構成やコンテンツへの悩みを抱えていたり、集客・集患を伸ばしていきたいという要望がある場合には、まずは一度ご相談ください。

お問合せはこちら

歯科クリニックに関連する記事




ページトップへ