ポータルサイトでインプラント集客!広告媒体の掲載メリットまとめ

ポータルサイトでインプラント集客!広告媒体の掲載メリットまとめ
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

この記事では、インプラントのポータルサイトをまとめています。ポータルサイトへの掲載は始めやすいながらも、一定の集客効果が見込める施策です。それぞれのポータルは、料金形態や掲載内容の制限といった点で違いますので、自社に合ったサイトを選ぶ必要があります。

なお、ポータルサイトへの情報掲載は必ず成果に結びつくわけでもありません。その場合にはポータルサイトへの掲載を続けつつ、ホームページの改善などを同時に打ち出すべきです。

こちらの記事では、「月あたり0だったネット経由の問い合わせが、月40件の問い合わせ・来院に改善した」といった成果に繋がったポジショニングメディアも紹介しています。ぜひこちらもご確認ください。

インプラント検討ユーザーを集客できるポータルサイトを使うメリット

インプラントのポータルサイトに自社の情報を掲載する最大のメリットは、簡単で多くの見込み顧客の目に留まってもらえることです。

ポータルサイトは特定の目的を持ったユーザーが、大量に集まるWebサイトです。インプラントのポータルサイトにアクセスしているユーザーなら、インプラント治療を考えている可能性が非常に高くなっています。広告の掲載・配信で生じることが多い「全く興味のないユーザーにも広告を見せてしまう」という現象を回避し、自社の情報に興味がある人だけにアプローチできます。

インプラントのポータルサイトまとめ

インプラント治療のポータルサイトだけでも、複数の選択肢があります。下記には、いくつかのポータルサイトをピックアップしました。自院に合ったサイトを選んで、認知度向上を図りましょう。

インプラント治療なび

インプラント治療なびキャプチャ画像
引用元:インプラント治療なび(https://www.dentist-implant.com/

自身のクリニックのサイトに、インプラントに関する詳細を記載していない方にもオススメのサイトが「インプラント治療なび」です。

インプラントは失敗ができない治療法のため、ユーザー側も情報を細かく収集する傾向があります。「失敗しない」を回避するために参考になる情報は様々ありますが、そもそも担当する医師が良い医師かということはユーザーにとって非常に重要です。

そんなユーザーに対して自分に合ったインプラントクリニックとは何か、ということを細かく解説しています。
そのため、「インプラント治療なび」を見るとユーザーは医師決定の軸を持つことができ、自身と相性の良さそうな治療法やインプラントクリニック見つけることができます。

そのため、その地域内でユーザーに少しでも響かせるインプラント治療法や技術、サービス面があれば、そのメリットを求めるユーザーに対して啓蒙することができるため、他ポータルサイトよりも受注に近いインプラント検討ユーザーを獲得できるのが強み。

インプラントをこれから検討し始めている、そういった幅広い層をターゲットにしたい歯科医院にオススメです。

インプラント治療なび

掲載に関するお問い合わせはこちら

インプラントネット

インプラントネットキャプチャ画像
引用元:インプラントネット(https://www.implant.ac/)

インプラントにまつわるコラムや口コミ、歯科医院の情報などを幅広く掲載しているのが「インプラントネット」です。映像を用いたコンテンツや、特集が組まれた内容も展開されているため、自身のクリニックがユーザーの目に留まる可能性が高いです。

最大の特徴は、歯科医師に直接相談可能な「相談室」を備えていることです。ユーザーにとっては「この状況で歯科医院に行っていいか分からない」「少しだけ気になるからプロに相談したい」という気軽な場のため、多くの質問が日々寄せられています。
一見歯科医師からすると手間な作業にも感じますが、回答を見たユーザーの安心感や信頼を得られる可能性があるため、新たな患者を獲得するために有効な先行投資だと言えるでしょう。

スタンダードプランの場合、掲載料は無料なため、まず登録をしてみてユーザーの反応を見ることも可能です。必要に応じて有料のプレミアムプランへ変更することも可能です。

インプラントナビ

インプラントナビキャプチャ画像
引用元:インプラントナビ(http://www.implantnavi.net/)

シンプルでさっぱりとしたポータルサイトのつくりになっているのは「インプラントナビ」です。評判の医師情報やQ&Aコーナー、口コミなどを掲載しています。
口コミはサイト横にランキング形式で表示されており、良い口コミが多いほど上位表示をされる可能性が高くなります。

何と言っても強みは症例写真です。実際に目で見て確認する症例写真は、インパクトはあるものの、リアリティは他のコンテンツとは比べ物になりません。「実際どんな感じになるの?」「完成形ではなく経過写真を見たい」というユーザーにはとっておきのコンテンツとなっています。

写真提供が可能な場合などは、ぜひ掲載を検討してみてはいかがでしょうか。

インプラントジャパン

インプラントジャパンキャプチャ画像
引用元:インプラントジャパン(http://www.implantjapan.net/)

歯科医院の開業サポートや、歯科医院のWebサイト制作を行う株式会社デンタルプロモーションが運営する「インプラントジャパン」。中心となっているのは東京や神奈川、大阪と言った首都圏で、全国を広く網羅するのはもう少し先になりそうです。

SEO対策にこだわっているため、大手検索サイトで「インプラント」と検索された際に上位表示されるような工夫が施されています。

動画を多く使い、目で見て分かるようなコンテンツが豊富です。自身のクリニックでの治療を疑似体験してもらいたい、というニーズがある歯科医院にオススメです。

掲載には審査があるため、まずは申込フォームから申込を行いましょう。

インプラント名医検索システム

インプラント名医検索システムキャプチャ画像
引用元:インプラント名医検索システム(http://www.implantjapan.net/)

「宣伝をしていない歯科医院を掲載したい」という想いを元に、正しい情報を適切に伝えることを重視したポータルサイト作りを行っている「インプラント名医検索システム」。過剰に宣伝するのではなく、適切な情報を厳選して伝えることがユーザーには価値があるというテーマを持って、サイト運営を行っています。

医療経験者が運営しているサイトという点を強みにしており、歯科現場や医療現場に詳しく、個別指導を経験している医療関係者や、50症例以上にも及ぶインプラント症例の立ち合いがある担当者がサイト運営を行っています。

そのため、歯科治療の初心者のような担当者との会話は必要なく、専門用語などにも対応してくれる担当者のため、歯科医師の不満を最小限に抑えることが可能です。

自院に合うポータルサイトを作る手もあります

ポータルサイトでは、予め決められた枠に自院の情報を入れる掲載形態が一般的です。

簡単に広告掲載できる点はメリットですが、サイトに訪れるユーザーにとって、どの歯科医院も同じように見えてしまうという現象が起こってしまうこともあります。

ポータルサイトのエリアページを自院で独占できるサイトはほぼなく、競合もお金を払って同時に掲載しています。そこで競合とうまく差別化が図れないと、選ばれない可能性が高くなってしまいます。

ポータルサイトへの掲載に合わせて、自社のホームページの改善やオウンドメディアの運用がおすすめです。ポータルサイトを通じて認知度を上げながら、競合との差別化などを外部メディアで図ると、集客効果が更に上げられます。

自院の強みを打ち出せるポジショニングメディアとは?

ポジショニングメディア事例ポジショニングメディア事例 詳細はお問い合わせください

ポジショニングメディアとは、商圏における自院ならではの強みに焦点を当ての集客に特化したWebメディアです。

例えば価格の安さでは競合A歯科には負けているが、扱っているインプラントの種類数では自院が勝っているとしましょう。この場合、選択肢の多さを武器にしてそれを求めているユーザーにピンポイントでアプローチします。

「インプラントの種類数が大切なんだ!」 → 「自分に合ったインプラントができる歯科を選ぶなら自院」という流れをつくることで、自院の強みに魅力を感じる、意欲の高いユーザーを狙って集客することができます

ポジショニングメディアは上記の流れを実現するための構成になっており、120以上の業界で集客実績を残しております。歯科医療業界のお客様からは、「他の広告を配信していたときは反響が0だったが、ポジショニングメディア導入後には月40件ほど、実際に来院に繋がる問い合わせが来ています」という喜びの声をいただいています。

ポジショニングメディアについて詳しく知りたい方は、下記のページをご覧ください。

ポジショニングメディア戦略
の詳細と事例を見る

ページトップへ