ホワイトニング集客成功させる!【web集患戦略メソッド】

ホワイトニング集客成功させる!【web集患戦略メソッド】
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

ユーザーの興味は高いのに、なぜ集患できない?

市場調査メディア「ホノテ」が行った「大人の口内環境・歯のケアに関する調査」によると、歯のホワイトニング未経験者のうち過半数以上が「とても興味がある」「少し興味がある」と回答しています。
ホワイトニングに関する興味
ホワイトニングの潜在的な顧客は非常に多いのになぜ集患できていないのか。
このページでは、ホワイトニングを行う歯科医院の置かれている状況や、新規のホワイトニング集患が出来ていない理由とその対策についてまとめています。

集患が上手くいかない理由1 ホワイトニングの多様化

ホワイトニングにおいて、競合となるのは歯科だけではありません。
最近では、手軽に利用できるセルフホワイトニングが人気を集めており、エステサロンや美容室、ネイルサロン等でもホワイトニングが可能に。

つまり、ホワイトニングという市場においては、戦うべき競合相手が爆発的に増加しているのです。
ユーザーが比較検討する対象や情報が多すぎるため、結局広告を目にしやすい大手デンタルエステサロンや歯科医院に流れてしまいがちに。

集患が上手くいかない理由2 サービスの差別化がしにくい

歯科ホワイトングは薬剤による施術となるため、施術方法自体で差別化を図ることができません。

どれだけ歯科ホワイトニングの実績があるか、芸能人や著名人が通ったことがあるなど、ホワイトニングに関心があるユーザーに響く強みがないと、差別化は難しいのが現状です。

あえて差別化できる点といえば「価格」。
しかし、競合よりも低く設定して集患に繋げたとしても、人件費を差し引いた利益率を考えると得策ではないでしょう。

集患が上手くいかない理由3 アナログ集患効果が薄い

例えば、ポスティングを行うことで、チラシを見てくれるユーザーはいるかもしれません。また、駅中広告に出稿をすれば、沿線に住んでいるユーザーの目に止まります。

あくまでも医院の名前を知らせたいだけなら良いですが、費用対効果の部分を見ると、どうしても着手しにくい集患方法です。

ホワイトニング集患に効果的な広告戦略

SNS集患

サービスの多様化・低価格化から、ホワイトニングに興味のあるユーザーが若年層化しています。
最近の若者はSNSで情報収集を行う傾向があるため、SNSを集患ツールとして利用することは非常に効果的です。

Twitter

ホワイトニングをしたいユーザーに対して、施術事例や料金キャンペーン、他院とは違ってどんなサービスに力を入れているのかなどをリアルタイムで宣伝できます。

Twitter上で他院と違う強みをしっかり打ち出せれば、多少遠方のユーザーであっても、通勤圏内だからという理由で来院してくれるかもしれません。

Instagram

Twitterと同様、自院の施術事例などを発信していきます。ベストはフォロワーがたくさんいるユーザーに「ホワイトニングをこの医院でしてもらった」と、写真付きで宣伝してもらうことです。
もちろん、フォロワーがたくさんいなくても、検索をされた際には写真の表示ができるので、口コミをお願いしてみてもよいでしょう。

Googleマイビジネスへの登録

Googleマイビジネスに登録をすると、検索結果画面の右側に自院の営業時間や所在地、電話番号が掲載されます。
画面上から電話を掛けられるだけでなく、口コミの投稿も可能です。

自院検索をするユーザーは、その医院の情報を集めたいニーズがあります。口コミがあればユーザーが閲覧する可能性が高まります。
そこで、施術を受けてもらえた患者さんに口コミを書いてもらい、ホワイトニングを検討しているユーザーへの後押しをしてもらえると効果的です。

ポータルサイトへの掲載

歯科医院のポータルサイト内には特定の地域でホワイトニングできる歯科医院をまとめたページがあります。そこへ掲載することで「この地域でホワイトニングができる歯科医院だ」とユーザーに認知させることができます。

ただし、サイトには他の競合歯科医院も掲載されています。掲載ができたとしても、次はその競合他院とのシェアの奪い合いになります。場合によっては、ページ内での露出を増やすために広告費の掛け合いに発展することも考えられます。

地域SEO

地域SEOとは「○○市 ホワイトニング」「○○駅 ホワイトニング」など、地域名をキーワードに入れて検索しているユーザーにアプローチするため、自社ホームページをSEO対策していくことです。

検索ユーザーは、その地域内でホワイトニングをしたい具体的な要望を持っているため、問い合わせに繋がる可能性がとても高くなります。

ほかに「○○駅 ホワイトニング 料金」など、検討ユーザーが気になるキーワードで細かく対策しておくと、集患率を高めることができます。

ポジショニングメディアによる集患

ポジショニングメディアでは、地域に特化したホワイトニング医院をまとめたサイトを展開します。地域限定のホワイトニングポータルサイトと考えるとイメージがつきやすいかもれません。

ユーザーは効率的に情報収集したいはず。ポジショニングメディアではユーザーが欲しい情報を分かりやすくまとめられているため、複数の歯科医院のホームページをいきなり見比べるよりも、効率的にクリニックの比較検討が可能です。

ポジショニングメディアならば自院が良いと啓蒙されたユーザーを集患するだけでなく、「この地域内であればこの歯科医院」とブランディングに繋げることもできます。

また、どういうユーザーを集患したいのか。例えば「料金で選びたい」「実績で選びたい」といった各ニーズごとに歯科医院が選べるようなサイト設計にしておけば、より自院にマッチしたユーザーを集患できます。

ポジショニングメディアを通じて啓蒙されたユーザーは歯の見た目、美容が気になる方たちがほとんど。そのまま検診を行い、他の施術を受けてもらう売上アップ戦略も可能になるでしょう。

ホワイトニング集患は他院との差別化が重要


ホワイトニング治療に注力されている歯科医院から、「ホワイトニングに興味を持っている患者はいるが、治療に踏み出せずにいる」と聞くことがあります。
ユーザーが感じているホワイトニングへのリスクを解消した上で、自院のホワイトニングがどういったバリュー(価値)を与えられるかを分かりやすく伝えることが集患をする上で重要です。

全研本社バリューイノベーション事業部では、ホワイトニングのクリニックをはじめ、7000サイト以上の運用を通して多くのクリニックのクライアントの集患支援をしてまいりました。

現在では、医療広告に対する厳しい目が向けられています。
全研本社ではあらゆる広告ルールの変更に対応するために、専門の医療・ヘルスケアチームを編成してサイト制作を行っています。

地域性や競合の調査、自院の集患状況の現状をヒアリングしたうえで、売上の最大化に繋がる最適なプランニングをさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。

ご相談者様限定!

Web集客経験7000社分のノウハウを活かした市場調査資料プレゼント中!
コンサルが勝てる市場競合情報をお伝えします。

無料相談はこちら

ページトップへ