物流業界で成果に繋がるランディングページ(LP)とは

物流業界で成果に繋がるランディングページ(LP)とは
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

ランディングページ(LP)の基本知識

ランディングページでの集客を試みるにあたり、まずは、ランディングページの基本知識が必要です。ここではランディングページの概要や特徴、メリットなどについて解説してから、物流向けのページ作成で意識しておきたいポイントを紹介していきます。

ランディングページ(LP)とは

ランディングページとは、各種広告や検索結果などを経由したうえで、検索者が最初にアクセスするページのことを指します。ランディングページでは、検索者および訪問者にアピールしたいサービス・商品の訴求を行った後、お問い合わせや資料請求につなげることを狙います。つまり売り上げ向上や販売促進などに直結する重要な役割・ミッションを果たしているのが、ランディングページです。

ランディングページの概要や特徴について正しく理解し、売り上げ向上につながるランディングページの作成方法を身に付けることは、Webを活用した施策で大きな成果を獲得するために必須のスキルといえるでしょう。

ランディングページ(LP)の具体的な特徴

ランディングページには、他のWebページにないさまざまな特徴があります。下記にて、ランディングページの具体的な特徴を解説していきます。

ランディングページの特徴1:縦長のレイアウトが採用されている

ランディングページは、商品・サービスの紹介から資料請求・お問い合わせに至るまでの誘導が1つのページでカバーされるように設計されています。そのため従来のホームページよりも、チラシやセールスレターなどに近しいレイアウトが採用されている傾向にあります。

ランディングページの特徴2:派手なデザインのページが多い

ランディングページは、お問い合わせや資料請求につなげることを目的としている場合が多いため、自社商品・サービスを思う存分にアピールするための派手なデザインが用いられている傾向にあります。

ランディングページの特徴3:自由度の高いデザインを用いることが可能

ランディングページには、お問い合わせや資料請求などに直結するページへのリンクのみが設置されています。逆に、目的に直結しないページへのリンクが含まれているメニューなどがなく、ページ画面を広々と活用できます。

ランディングページの特徴4:他ページへのリンクの数が少ない

ランディングページは、他ページへのリンクの数が極端に少ない傾向にあります。そのため他のWebサイトと比べて、訪問者が閲覧しやすい特徴があります。

ランディングページ(LP)を導入するメリット

ランディングページの導入を検討する際は、あらかじめランディングページのメリットについて理解を深めておきましょう。ランディングページを導入するメリットの具体例については以下のとおりです。

メリット1:他ページへの移動にともなう訪問者の離脱率が低い

ランディングページでは目的と繋がっていないページへのリンク設定を抑えているため、意図しないページへの移動を防ぐことができます。

メリット2:理想的な順序にて訪問者に自社商品・サービスをアピールできる

ランディングページは自社商品・サービスへの理解度や関心が高くなる傾向にあることから、お問い合わせ・資料請求につながりやすいです。

メリット3:デザインの自由度が高く訴求力に優れている

ランディングページはウェブサイトの他の要素との調和などを考慮する必要はなく、商品・サービスをアピールすることだけに留意したデザインが導入できます。結果として、インパクトかつ訴求力が高く、お問い合わせ・資料請求につながる確率も増大します。

メリット4:訪問者が求めている情報・コンテンツが1ページにまとまっている

自社商品・サービスについての情報を1ページにまとめることで、訪問者に十分に理解してもらえます。それが受注などに繋がりやすい、具体的な問い合わせの獲得向上を可能とします。

物流業界に特化したランディングページ(LP)の役割とは

物流業界に特化したランディングページ(LP)の役割とは

物流業界向けのランディングページの役割について理解を深めることは、「どのような方向性でランディングページを作成していけばいいのか」を明確に見極めることにつながります。

役割1:お問い合わせ・資料請求への誘導

物流業界に特化したランディングページの役割のひとつに、「お問い合わせ・資料請求への誘導」といったポイントがあげられます。

物流業界においては、たとえば「自社トラックの予約」や「自社配送センターの見学問い合わせ」「国際物流に関する相談」など、自社サービスの利用および各種お問い合わせへの誘導を目的にランディングページを作成・運用している会社が多い傾向にあります。

つまりランディングページを作成する際は、あらかじめ「どのような目的でランディングページを運用するのか」を明確にしたうえで、ランディングページの目的に合わせたコンテンツを制作することが重要になってくるのです。

役割2:メリットを知ってもらう

「メリットを知ってもらう」といったポイントも、物流業界に特化したランディングページの役割です。訪問者に自社サービスの利用やお問い合わせを行ってもらうためには、まず、自社サービスにまつわるメリットを知ってもらう必要性があります。

たとえば物流業界の場合、「丁寧な運搬サービスを行っている」や「配達料金が安い」「専用アプリで簡単に集荷依頼ができる」などのメリットがあげられます。

つまり自社サービスを利用することによって得られるメリットを、訪問者に対して的確に伝えられるよう意識することが重要になってくるといえるのです。

役割3:営業担当者のセールストークの代わり

ランディングページは、営業担当者のセールストークの代わりを務める役割を担っています。営業担当者は、自社サービスの特徴や魅力、顧客一人ひとりにもたらすメリットなどについて、わかりやすく顧客に説明します。

また営業担当者の最終的な目標は、顧客に自社サービスを利用してもらうことです。ランディングページに関しても、営業担当者のセールストーク内容や最終的な目標と、類似もしくは同様となります。また物流業界は、サービスの種類が豊富に揃っている傾向にあります。

そのため自社サービスの強みを強調させるコンテンツや他社との差別化を明確に表現した要素を加えることで、最終的に自社サービスの利用や問い合わせにつながる可能性を引き上げることが可能となります。

物流向けランディングページ(LP)の重要ポイント

物流向けランディングページ(LP)の重要ポイント

下記てにて、物流向けランディングページを制作するにあたって重要視するポイントについて解説いたします。

ファーストビューを意識する

物流向けランディングページの重要ポイントのひとつに、「ファーストビューを意識する」といったポイントがあげられます。ファーストビューとは、検索ユーザーがランディングページを開いたときに一番はじめに目に入ってくる部分のことを指します。

ファーストビューは、ランディングページの印象・イメージを大きく左右する重要な要素です。検索ユーザーに「ファーストビューがイマイチ!」だと判断された場合、即座にページを離脱されるケースも少なくありません。

多くの検索ユーザーを惹きつけるファーストビューを制作するためにも、とくに以下のポイントを盛り込みながらファーストビュー部分の作成を進めていきましょう。

  • お問い合わせ・資料請求のクリックボタンを設ける
  • どのような内容のランディングページなのかが一目で判断できるキャッチコピーをつける
  • できれば人物の写真を起用する

キャンペーンや割引の内容をわかりやすく伝える

「キャンペーンや割引の内容をわかりやすく伝える」といったポイントも、物流向けランディングページの重要ポイントのひとつです。

ランディングページにてお問い合わせや自社サービスの購入・登録を促すためには、まず、検索ユーザーに「自社サービスの利用にともなうお得感」を感じてもらう必要性があります。

スピーディーにお得感を感じてもらうためには、キャンペーンや割引などを活用することが効果的です。たとえば運送業者や引越し業者の場合、「引っ越し時期限定のキャンペーン」や「単身者限定の割引」「貨物輸送閑散期(2月 or 6月)に運搬手配を依頼した顧客限定のサービス」など、まずは、自社独自のキャンペーンや割引サービスを決めておきましょう。

あらかじめ決めておいたキャンペーンを主軸にランディングページを制作することで、検索ユーザーに対して自社サービスを活用するメリットを明確に伝えることが可能となります。

お悩み訴求のコンテンツを挿入する

お悩み訴求のコンテンツをファーストビュー直下に挿入することで、より効果的なお問い合わせ誘導が実現可能です。

お悩み訴求のコンテンツを挿入することは、検索ユーザーに「自分が今頭を抱えているのは正にこのシチュエーションだ!」と感じてもらうことにつながります。その結果、ランディングページへの共感を促すことが可能となり、最終的にお問い合わせや自社サービスの購入・利用に誘導する効果が期待できるのです。

たとえば運送業者の場合、「再配達・再集荷の依頼手続きが面倒くさい」などの不満や悩みを抱えているユーザーも多くいます。

再配達・再集荷の手続きにともなう手間を訴求したうえで、「自社サービスであればお客様のお悩みや不満点を解決できます」といった流れを用意しておくと、お問い合わせにつながる訪問が多くなるでしょう。

自社が選ばれる理由について言及する

自社が選ばれる理由について言及することは、ランディングページの効果を向上させることにつながります。自社が選ばれる理由を言及したコンテンツは、自社サービスや強みの紹介とは異なり、自社サービスを利用することでどのようなメリットを得ることができるのかを具体的に解説するコンテンツとなります。

物流業界における自社が選ばれる理由を言及したコンテンツの具体例については以下のとおりです。

個人向け運送業者の場合

  • 専用アプリで再配達・再集荷の依頼ができる。配達伝票を書く手間が省ける
  • 専用アプリ内で配達状況を確認することが可能。そのため「自分の荷物は何時に届くのか」を把握しやすい
  • 土日祝日に関しても、再配達・再集荷を受け付けている

法人向け運送業者の場合

  • どこの運送業者よりも安い運賃を提供する
  • 徹底した運送サポートを心がけている(自社ホームページにて運送状況の確認が可能 など)
  • 国際物流における通関手続きや各種輸送手段の手配(コンテナ船・飛行機)などについても、徹底的にサポートする

手配の流れをわかりやすく解説する

問い合わせから実際の手配までの流れを明確に記載することも、ランディングページにて大きな成果を獲得するうえで重要なポイントになってきます。手配までの流れを明確化することにより、検索ユーザー自身が行うべき工程をイメージしやすくなります。その結果、自社サービスへの申し込みに関する敷居を低くする効果が期待できます。

また手配の流れを記載する際は、画像やイラストなどを活用したうえで、できる限りわかりやすく表現するよう心がけましょう。

物流業界のランディングページ制作なら全研本社へ

物流業界のランディングページ制作なら全研本社へ
物流業界においてWeb集客を試みる場合、自社の強みと特徴に合ったターゲット設定と有益な問い合わせに繋がる導線作りが大切です。

リスティング広告を踏んでLPに飛んでも有効な問い合わせにつながらない、反響がない原因はランディングページにあるかもしれません。全研本社であれば、貴社のマーケティング戦略にマッチしたランディングページをご提案させていただきます。

下記よりお問い合わせください。

物流のランディングページ制作
ご相談はこちらから

独自性や強みをアピールするメディア戦略も

全研では、お客様一人ひとりのお悩みポイントや不安点などを丁寧に聞き出したうえで、お客様の事業にとって効果的なWeb広告方法をご提案させていただきます。物流業界のWeb集客にまつわる専門知識や豊富な経験を有した専任スタッフが、お客様の徹底サポートを努めてまいります。

これまで120業種以上のマーケティング支援を実施した知見をもとにした、「ポジショニングメディア」という戦略的コンテンツマーケティングを多くの企業に導入いただいています。

このポジショニングメディアを活用すれば、価格競争に陥らない集客が可能です。

物流業界のマーケティング戦略について、簡単に読める資料にまとめました。下記のよりダウンロードして、ぜひお読みください。

ページトップへ