車両管理システムを比較!おすすめ10社の特徴や料金、導入事例、口コミ評判を紹介します

車両管理システムを比較!おすすめ10社の特徴や料金、導入事例、口コミ評判を紹介します
share
Facebook Twitter はてなブックマーク Pinterest

車両管理が煩雑でムダな業務も増大…問題を解決したい運送業の方へ
車両管理システムは、営業車や自家用車などを安全に利用し、管理業務を効率化させるシステムです。導入することで、動態管理の効率化(どこにいて、いつ会社に戻れるかなどの把握)や事故防止など安全面の強化、車両にまつわる帳票の管理や原価集計がしやすくなるなど、さまざまなメリットがあります。

生産性やデータの一元管理にも貢献できる車両管理システムは、さまざまなタイプが存在しています。そのため、導入する際には自社と相性の良いシステムを選択することが重要です。
このページでは、車両管理システムの10社を紹介しています。それぞれの特徴や料金、評判を参考にして、自社に最適な車両管理システムを見つけてください。

【PR】リアルタイムで車両位置を
確認!配送状況を「見える化」するシステムはコチラ

車両管理システムがひと目で分かる早見表

本記事でピックアップした車両管理システムの一覧表にまとめました。気になる車両管理システムがありましたら、それぞれ個別にチェックしてみてください。
画像をクリックすると、資料ダウンロードページに移動します。

システム名 システムの特徴
【PR】Cariot(キャリオット) リアルタイムで車両位置を確認!配送状況を見える化
・車両が「今どこにいるのか」「いつ到着するのか」が把握できる
・配送計画を立てる機能付!遅延が発生する場合、事前に連絡が可能
・面倒なログイン不要!PC/スマホ/タブレットで簡単に情報を入手
資料ダウンロードはコチラ >
LYNA 自動配車クラウド 50台分の配車を30秒で組み込むシステムを開発
DRIVE CHART AI搭載のドラレコサービスで安全対策に特化した車両管理システム
KITARO 車両の状態を24時間見える化で生産性の向上やコンプライアンス対策を徹底
Bqey(ビーキー) 社用車管理DXサービス。アルコール測定、日常点検などを円滑化する機能が多彩
SmartDrive Fleet シンプルで洗練されたデザインで誰でもシステムが利用できるように工夫
ビジネスナビタイム VICSやプローブ交通情報を元に自動計算、効率のいい運行ルートを組み込める
KIBACO 車両管理で「あるといいな」と意識した機能を豊富に実装
mineoセーフティドライブサービス ドライバーごとの運転特性を分析できる機能あり、装着1分後から利用可能
トラッカーズマネージャー 車両に紐づく費用を自動集計!コストの見える化を実現

【PR】リアルタイムで車両位置を確認!配送状況を見える化

車が今どこにいて、次の目的地にいつ着くのか、進捗は順調か、現状の様子が見えないストレスを1つの画面で全て解消できるCariot(キャリオット)を紹介します。Cariotは、車のリアルタイムな位置情報が確認でき、且つ車の管理業務も行える運送現場の業務を効率化するクラウドサービスです。

Cariot(キャリオット)

車両管理システムCariot公式サイト画像
画像引用元:Cariot(キャリオット)公式サイト(https://www.cariot.jp)

リアルタイムで車両位置を見える化
Cariotの資料をダウンロード

Cariot(キャリオット)の特徴

Cariotは、リアルタイムの位置情報の提供に加えて、車両の管理業務も行える、運送業務の効率化と安全を提供するクラウドサービス。すでに物流トラック、製造業の自社配送トラック、送迎車など、さまざまな用途で導入されています。

Cariotは例えば、

  • お客さまから配送状況の問い合わせがあった際にすぐに回答したい
  • 予定通りに配送が行われているかリアルタイムで知りたい
  • 遅延が起こりそうな時にも先回りして対応したい

といったニーズがある場合におすすめのサービスです。搭載されている機能には、車の現在地や到着時間などをすぐ確認できる「DriveView機能」やどのような順で配送を行うかを決められる「配送計画機能」、設定した運行ルートをもとに到着時刻を予測する「到着予測機能」、配送の遅延を検知した際に通知する「遅延の検知機能」などがあります。

cariotの資料をダウンロードして
機能を詳しくチェックする

Cariotはこんな企業におすすめ

  • 荷物などの到着時間の問合せに関する電話対応が業務の負担になっている
  • 到着時間が過ぎてから遅延を把握するなど、対応が後手後手になるため対策したい
  • ドライバーへ到着時間などの確認電話が多く入り、運転の妨げになっている

Cariotを選ぶべき理由

【理由1】リアルタイムで車両の位置がわかる!

Cariotは、「まるで現場にいるように」リアルタイムで車両の位置を把握できる点が特徴のひとつです。

運送業においては車が今どこにいるのか、また次の目的地にはいつ到着するのかといった点を把握することが非常に重要ですが、ドライバーと電話で確認しようとすると時間や手間がかかり業務を圧迫しかねないといった問題があります。

このような場合でも、Cariotの導入によって、車両の位置情報の取得が可能になります。

この機能により、車の現在地だけではなく目的地への到着時間停車場所での待機時間がすぐに確認できるため、お客さまから到着予定時刻を尋ねられた時などにもドライバーへの確認なしですぐに回答ができます。

また、長時間の停車を必要としているなど異常が発生していないか、どの車両に空きがあるのか、車両が目的地に到着・出発したかどうかなど、さまざまな情報を取得可能です。

ドライバーと連絡を取らなくても「今どうなっているか」といった情報をリアルタイムで取得できるため、対応の遅れを防げます。

【理由2】遅延を事前に検知しメールで通知できる!

Cariotには「配送計画」を立てる機能も搭載されています。

こちらの機能を活用すると「どのような順番で、いつまでに目的地に到着するべきか」といった計画を立てられるようになることに加え、この配送計画に沿ってどこまで配送が完了しているかといった点も簡単に確認できるようになります。

また、配送計画で到着時間を取り込んでおくことによって、実際の配送状況との比較が可能となります。

もし、走行中の車両の到着予定時刻が計画より遅延していた場合には、遅延が予測された時点であらかじめ設定しておいた相手に対してメールで通知を行えるため、遅延が発生する前からの対応が可能です。

この機能を利用することによって、遅延が発生すると予想される場合には先回りしてお客さまに連絡を入れるといった対応が可能になります。

【理由3】ログインなしで誰でもカンタンに確認できる

契約したお客さまはもちろんですが、URLの共有を受けた人は、誰でもログインなしで情報を確認ができる点もCariotが選ばれる理由のひとつ。

URLを発行するだけで、外出中の自社の営業担当や、配送先の社外の方などにリアルタイムな車両の位置情報到着予定時間などを簡単に共有することが可能になります。

位置情報の共有を受けた場合、パソコンだけではなく、スマートフォンやタブレットからも情報が確認できる手軽さもCariotの魅力。

位置情報の共有によって配送先でも車の到着時間などの情報を確認できるようになることから、「いつ届くの?」といった問い合わせに関する電話対応の負担を軽減できます。

また、営業担当なども外出中に配送車の状況を知るため、会社やドライバーなどに連絡を取る作業が不要になるため、スムーズなお客さま対応につなげられます。

Cariotの料金プラン

  • 導入費用:0円
  • 月額費用:契約台数・アカウントに応じて変動(申込は最低5台から)

Cariotの資料をダウンロードして
料金プランを詳しくチェックする

Cariotの利用者の声

輸送状況の見える化で物流効率化に成功!

陸上輸送を行っている企業での導入事例です。こちらの企業では、「ドライバーの位置情報・業務状況を把握し、輸送効率を上げたい」という課題を抱えていたことから、Cariotを導入。

上記の課題に加えてドライバーが危険な運転をしていないかをしっかりと把握したい、という「安全性の担保」も導入の目的のひとつとなっています。同社では、Cariot導入の決め手として「使い勝手の良い管理ツール」と「スピーディーな機能の追加・開発」の2点を挙げています。導入により「安全性の担保」と「効率化」という課題は6〜7割ほど改善。

さらに、走行実績が自動で記録されるため、帰社後に日報を書くという負担が大幅に軽減されたことも導入効果のひとつとなっています。
引用元:Cariot公式HP(https://www.cariot.jp/case/case19/)

位置情報と到着予定時間の把握で業務を先読み!

ジェネリック医薬品の専門卸事業を手がけている企業での導入事例です。こちらの企業では、毎日発生する数百件の配送や到着時間の確認、至急配送の依頼への対応をよりスムーズに進めたいというニーズからCariotの導入を行っています。

これまでは、配送に関する問い合わせを受けた際の確認や追加注文を受けた場合の商品の受け渡しの際など、さまざまな確認を行う際の方法は電話のみとなっていました。

しかしCariotを導入したことによりドライバーの位置情報や帰社予定時刻が一目でわかるようになったことから電話のやりとりの大幅な削減につなげられています。

さらに、Cariotのデバイスを車に取りつけることによって急発進・急停車の検知が可能となるため、ドライバーへの安全運転指導にも活用できています。
引用元:Cariot公式HP(https://www.cariot.jp/case/case28/)

データの活用で配車係の負担軽減と安全運転推進を実現!

北海道内、さらに全国各地へさまざまな荷物を運んでいる企業における導入事例です。こちらの企業では、キャリアカーでは輸送できない大型車や特殊車を自走員が回送を行う自走部門にてCariotを導入しています。

導入以前は自走員の現在地や業務進捗に加えて、安全運転の状況を正確に把握できていないという課題を抱えていましたが、Cariotの導入により自走員の位置情報を確認でき、業務の進捗が把握可能になっています。

また、お客さまからの到着時間の確認に対してもすぐに回答できるようになった点や、中古車両の輸送中に不具合が発生した場合にレッカー車の手配をする場合などに正確な現在地を共有できるようになるなど、さまざまな導入効果が得られています。

さらにCariotの導入後、自走員がこれまで以上に安全運転を意識するようになったことから、事故の減少にもつながっています。
引用元:Cariot公式HP(https://www.cariot.jp/case/case27/)

リアルタイムで車両位置を確認!
配送状況を見える化
Cariotの資料をダウンロード

企業概要

会社名 株式会社フレクト
会社所在地(本社) 東京都港区芝浦1丁目1番1号 浜松町ビルディング11F
URL https://www.flect.co.jp

他にもまだある!車両管理システム

LYNA 自動配車クラウド

車両管理システムLYNA 自動配車クラウドの公式サイト画像画像引用元:LYNA 自動配車クラウド公式サイト(https://lynacloud.net/)

LYNA 自動配車クラウドの特徴

LYNA 自動配車クラウドは独自のAIを搭載しており、配車の時間を大幅にカットできるシステムです。50台分の配車であれば30秒で組み込むことができます。物流現場の制約や条件に対応しているので、環境に左右されず快適なシステムの利用が可能です。

さらに、日々の配車計画を高速化するだけではなく、正確性の担保もポイントです。
これまでアナログな配車環境では、自社の車両保有台数やドライバー、配送先などをすべて考慮するスキルが求められるうえ、多大な時間がかかっていました。

しかし、LYNA 自動配車クラウドであれば、オートメーションでの配車が可能になります。
そのため、現場の知見が浅い新人担当者でもベテラン並に配車計画を組めるようになります。

充実したサポートも満載

LYNA 自動配車クラウドでは導入前の検討段階からサポートを展開しています。導入後はオンライン・オフラインを問わないサポート体制を用意。使用方法に不明点があった場合、自社がもっともバックアップを受けやすい体制でのレクチャーを受けられます。

LYNA 自動配車クラウドの料金プラン

1ヶ月50,000円(税不明)
※利用する拠点や車両台数、利用に人数によって料金が異なります。

LYNA 自動配車クラウドの利用者の声

LYNA 自動配車クラウドを使用する前は、人力で配車を行っていたため、配車を組むだけで2時間から3時間程度かかっていました。

しかし、LYNA 自動配車クラウドを使用すると1分でシステムが組めます。ここから微調整を行っても10分程度で作業を完了できるので便利です。

入社1年目の事務員であってもLYNA 自動配車クラウドを使用することでベテラン事務員と同じクオリティの配車が組めるようになりました。

いままで、アナログな方法で配車を組んでいたため、システム導入当初は操作がわからず困ったことも多々ありました。ですが、都度電話で解決してもらっています。引用元:LYNA 自動配車クラウド公式HP(https://lynalogics.com/case/enex/)

LYNA 自動配車クラウドの運営会社概要

会社名 株式会社 ライナロジクス
会社所在地 千葉県市川市八幡3-4-8 田中ビル4F
設立 2000年5月9日
公式サイトURL https://lynalogics.com/

車両管理システムがひと目で分かる早見表をもう一度チェック

DRIVE CHART(ドライブチャート)

車両管理システムDRIVE CHARTの公式サイト画像画像引用元:DRIVE CHART公式サイト(https://drive-chart.com/)

DRIVE CHART(ドライブチャート)の特徴

DRIVE CHARTはAIを搭載したドラレコサービスで、ドライバーの安全サポートに特化したシステムです。

脇見運転や一時不停止など、リスク運転行動をAIが自動で検知し映像化。
後に映像を確認することで、事故につながりかねない危険運転を可視化できるため、安全運転指導に役立つシステムとなっています。
運転支援に強みをもつシステムであるDRIVE CHARTですが、業務課題の解決をサポートする機能も充実。

その一つが、ドライバー顔認証機能です。AIがドライバーの顔を識別して、ドライバーごとに運転データを分析。車両とドライバーを紐づけることが可能です。
どの車両に誰が乗ったとしても、ドライバー別のレポートを自動作成できるので。車両管理の手間を省けます。

運用コンサルサポート

DRIVE CHARTでは導入の効果を最大限に感じられるよう、お客様に合わせた運用プロセスの設計やデータ分析サポートを実施しています。

分析から得られたデータをもとに、どのような改善策があるのかを具体的にレクチャーします。
サポート内容は、機器の設置、課題設定、使い方習得、サービス活用の4つの流れに分類し、それぞれの局面に合わせた課題を抽出して、レクチャーします。

業種ごとに、事故削減や目標達成に合わせた形でのサポートを行いますので、DRIVE CHARTを通して自社の課題と向き合い、改善を図ることができます。

DRIVE CHART(ドライブチャート)の料金プラン

機器購入と機器レンタルの二つのプランを用意しています。
具体的な費用に関しては公式サイトに掲載はありませんでした。

DRIVE CHART(ドライブチャート)の利用者の声

危ない運転をAIが自動的に検出してくれるというのは本当に助かっています。
DRIVE CHARTを導入してから、乗務員それぞれの運転のクセを把握し、個々人に合わせた指導、教育を的確に行うことで、事故を未然に防ごうという意識が社内で高まりました。
社内で指導のルールを決めて取り組んだ結果、特に見通しの悪い路地での出会い頭事故や交差点での事故が導入前より大幅に削減されました。
今までのドラレコは一度入れたらそれでおしまいでしたが、DRIVE CHARTは新しい機能がどんどん追加されていくのも良いなと思っています。
新たに追加された後退検知機能にも非常に期待しています。引用元:DRIVE CHART公式HP(https://drive-chart.com/cases/3znvsfndy)

DRIVE CHART(ドライブチャート)の運営会社概要

会社名 GO株式会社
会社所在地 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー16F
設立 1977年8月
公式サイトURL https://drive-chart.com/

車両管理システムがひと目で分かる早見表をもう一度チェック

KITARO

車両管理システムKITAROの公式サイト画像画像引用元:KITARO公式サイト(https://drive-chart.com/)

KITAROの特徴

KITAROは、リアルタイム運行管理システムで、車両管理も行えます。特にポイントとなるのが車両の状態を「24時間見える化」する点にあります。

24時間見える化の実施で「生産性の向上」「安全性の確保」「収益性の向上」「コンプライアンス対応」の4つの分類に貢献してくれます。
リアルタイムで得た運行情報をそのまま日報化できるため、事務作業にかけていた時間をカットでき、コア業務にかけられる時間を増やせます。
また、位置情報を正確に確認できるのも魅力。依頼者から配送状況の問合せがあっても、即レスが可能になるのです。
さらに、危険運転だとシステムが判断すると管理者に通知がいき、ドライバーの点数になります。自身の運転管理能力の可視化により、ドライバーの安全運転意識の向上にもつなげられます。

社内全体で事故削減の意識を高められ、車両管理の負担を軽くできる一石二鳥のシステムです。

幅広いジャンルでの実績

トラックやバス、ハイヤー、ルートセールスから建機など、KITAROは幅広いジャンルにて、1台から数千台規模の業者まで、KITAROは様々な業態にて使用されています。

それだけ汎用性が高く、どのような環境にもマッチするシステムであることが伺えます。

KITAROの料金プラン

公式サイトに掲載はありませんでした。

KITAROの利用者の声

2018年時点では、リース車両台数が30台程度でしたが、その後事業を拡大し、北海道、宮城、福島、東京、新潟、大阪に店舗を構え全国展開することで、2021年には120台程の車両をリース運営するようになりました。3年程で台数が4倍に増加し、地域も拡大しましたが、KITAROにより車両を一元管理することで、問題なくスムーズに運用できています。

KITAROにより常に位置情報が把握できるため、以前課題としていた、“お客様と連絡が付かなくなり車両を持ち逃げされる”というような被害に遭うこともなくなりました。

システムで管理が出来ることでの安心感により、お客様へのサービスが一層広がりました。
引用元:KITARO公式HP(https://kitaro-sdp.com/case/shima-corp-report.html)

KITAROの運営会社概要

会社名 株式会社アクシス
会社所在地 東京都港区西新橋2-3-1 マークライト虎ノ門 8F
設立 1991年6月12日
公式サイトURL https://kitaro-sdp.com/

車両管理システムがひと目で分かる早見表をもう一度チェック

Bqey(ビーキー)

車両管理システムBqeyの公式サイト画像画像引用元:Bqey公式サイト(https://bqey.com/)

Bqey(ビーキー)の特徴

Bqeyは社用車の管理を解決するためにうまれたDXサービスです。
まず、課題解決の一つとして物理的な鍵管理の簡素化を行いました。スマートフォンを鍵とすることで面倒な鍵の受け渡しを解消できます。

ほかにも、外出先から社用車の予約・確認や書類への記入、車の開錠・施錠を行える環境を構築。さらに、書類はクラウドにて一括管理するなどのペーパーレスももたらします。

社用車をDX化することで、より効率的な社用車管理環境を実現します。

豊富かつ実用性のある機能

Bqeyの魅力は、その実用性の高さ。例えばアルコール測定、専用のアルコールチェッカーと連携し、結果がアプリに自動入力されて、クラウドにて保存できます。

社会的信頼に大きく関わる飲酒運転を未然に防止できるのです。

さらに、走行距離といった運行記録などもまとめてクラウドで保存できるので、車両がどのような形で使用されたのかを一目で把握できます。

また、日常点検に関してもBqeyにて管理が可能。NG項目のアラート機能が用意されているので、異常が発生している場合も見逃すことはありません。

セキュリティ面の対策としてデジタルキー操作ログ機能も実装しています。デジタルキーの操作履歴を自動保存する機能なので、だれがどの車両を実際に利用したのかを一覧で確認・共有できます。

ほかにも、車両稼働集計や拠点・駐車場管理など実用性の高い機能が幅広く揃っているので、社用車管理の効率化を図りたい企業におすすめです。

Bqey(ビーキー)の料金プラン

公式サイトに掲載はありませんでした。

Bqey(ビーキー)の利用者の声

「車を移動できるオフィスとして捉え、Bqeyでいつでも使えるようにできれば、街中で少し会議したい時には車を会議室としても使えるようになりとても便利だと思いました」(中略)「今後もBqeyを活用したシェアカーの発展を進めて、自由な働き方を実現したい。」
引用元:Bqey公式HP(https://bqey.com/example/archives/3)

Bqey(ビーキー)の運営会社概要

会社名 株式会社東海理化電機製作所
会社所在地 愛知県丹羽郡大口町豊田3-260番地
設立 1948年8月30日
公式サイトURL https://www.tokai-rika.co.jp/index.html

車両管理システムがひと目で分かる早見表をもう一度チェック

SmartDrive Fleet(スマートドライブフリート)

車両管理システムSmartDrive Fleetの公式サイト画像画像引用元:SmartDrive Fleet公式サイト(https://smartdrive.co.jp/fleet/)

SmartDrive Fleetの特徴

SmartDrive Fleetは、効率性と安全性の向上を目指したクラウドタイプの車両管理システムです。車両管理に関する課題解決をシンプルに行える環境を用意しています。

リアルタイムでの車両の位置の把握・長時間労働・私的利用が行われていないかの確認、乗務記録の管理の軽減など、業務における車両使用時の負担軽減・効率化をもたらし、従業員満足度向上を目指します。

クラウドだからこそのメリット

SmartDrive Fleetは日々アップデートします。利用者の声に耳を傾けることで、必要な機能を把握し、より利便性の高いシステムを目指しますが、アップデートの際、導入企業に負担はありません。

クラウドシステムなのでサーバー上のシステムが変わるのみです。常に最新のシステムを利用できる環境となっています。

使いやすさへのこだわり

SmartDrive Fleetは、使いやすさにこだわっている点も強みとして挙げられます。どれだけ利便性の高いシステムでも、使いこなすことが困難なシステムでは敬遠されてしまうものです。

SmartDrive Fleetでは、極力シンプルでありながら、洗練されたデザインを採用。ITが苦手な方ではあっても直感的に操作できるよう配慮しています。

SmartDrive Fleetの料金プラン

公式サイトに掲載はありませんでした。

SmartDrive Fleetの利用者の声

現在SmartDrive Fleetは、淡路島にある約180台の車両で使用しています。さきほど淡路島の事業を少し紹介させていただきましたが、島内には多数の当社拠点があり、移動手段として車は必須です。

その中で、車の走行履歴の確認や運転日誌の自動記録、安全運転指導に利用しています。(中略)

仮に今も紙での日誌を続けていたら…180台分の運転日誌が提出され、手書きデータをExcelデータに打ち直し、ファイリングすることになります。

さらに日誌が未提出の場合は、催促業務も発生しますので、車両管理に特化した選任者が必要になるくらいの業務量になってしまうでしょう。SmartDrive Fleetを活用することで、それらの業務が発生せずに済んでいると考えると、本当に助かっています。

また、運転者・管理者ともに業務の効率化ができているだけではなく、ペーパーレス化にも繋がっています。(一部抜粋)引用元:SmartDrive Fleet公式HP(https://smartdrive.co.jp/fleet/case/pasona/)

SmartDrive Fleetの運営会社概要

会社名 株式会社スマートドライブ
会社所在地 東京都千代田区有楽町1-1-2 日比谷三井タワー12階(東京ミッドタウン日比谷)
設立 2013年10月
公式サイトURL https://smartdrive.co.jp/fleet/

車両管理システムがひと目で分かる早見表をもう一度チェック

ビジネスナビタイム

車両管理システムビジネスナビタイムの公式サイト画像画像引用元:ビジネスナビタイム公式サイト(https://fleet.navitime.co.jp/)

ビジネスナビタイムの特徴

ビジネスナビタイムは業務効率化のためのクラウド型動態管理システムです。ナビタイムのルート検索技術と合わせた正確な到着予想時刻の算出、複数の到着希望時刻や交通状況を考慮して効率的な配送計画の作成ができます。

さらに、GPSを活用した高性能なカーナビは、作業者の位置情報確認・作業状況の把握にも役立てられます。

加えて、VICSやプローブ交通情報を元に自動計算することから、新人ベテランを問わずに運行ルートを組むことが可能。属人化対策にも活用できます。
また、倉庫管理や受注管理、基幹システムなど、システム連携に必要なAPI提供ができるところも利点です。

スマートフォンとPCだけでOK

ビジネスナビタイムの使用にあたって、必要なものはスマートフォンとPCのみです。クラウドシステムとなっていますので、導入に際して事業所に新たに設置する設備はありません。

特にスマートフォンからでも利用できることから、会社のPCからだけではないフレキシブルな形での利用が可能になります。

ビジネスナビタイムの料金プラン

公式サイトに掲載はありませんでした。

ビジネスナビタイムの利用者の声

導入直後の2014年12月の衆院選投票日にも通常配送とは大きく変更して運用しましたが、販売店からは「トラックの位置が分かったので、的確な指示が出せて、いつもより早く配達が終了した」など評価の声をいただきました。

また、車両故障が発生したケースで販売店から「近くまで来ているようだから、取り出しに行きたい」と申し出もありました。こういった緊急の際には販売店からの協力を得やすくなることも分かりました。(中略)

輸送事故が起こった場合でも、これまでは場所や状況を輸送会社へ問い合わせて回答を待つ必要がありました。今は画面上で他の輸送会社の車両位置もリアルタイムに分かるので、リカバリーの選択肢が増え素早く判断ができるようになりました。

確認やその後の対応が当社と各輸送会社の1対1に限定されていたのが、当社の配送全体を俯瞰して把握できるようになり、緊急時にも効率的な運行管理が行えています。
引用元:ビジネスナビタイム公式HP(https://fleet.navitime.co.jp/introduction/asahi.html)

ビジネスナビタイムの運営会社概要

会社名 株式会社ナビタイムジャパン
会社所在地 東京都港区南青山3-8-38クローバー南青山
設立 2000年3月1日
公式サイトURL https://fleet.navitime.co.jp/

車両管理システムがひと目で分かる早見表をもう一度チェック

KIBACO

車両管理システムKIBACOの公式サイト画像画像引用元:KIBACO公式サイト(https://kimura-kibaco.jp/)

KIBACOの特徴

KIBACOは車両管理サービスのノウハウから「あるといいな」を実装させたクラウド型のシステムです。

やるべきことの明確化を実現できるダッシュボード機能では、満期日や点検予定日など、マスト業務が通知でくるため「忘れてた」を防止できます。

進捗管理も行えることから業務効率化に寄与できるシステムです。
優良割引率管理機能では支払保険金を管理できます。

保険料の削減を目指せるだけではなく、優良割引率目標値を設定可能で、目標に対しての進捗状況の把握ができます。

他にもクラウド上での保管なので、社内でデータを共有・確認しやすい点も特長です。

風評被害保険付き点呼機能

KIBACOには、風評被害リスクに対する保険を無償で付帯しています。企業の信頼回復のため、さらには再発防止の体制構築に関する費用を補償する制度です。

万が一、ドライバーが虚偽申告して飲酒運転を起こしてしまった場合、刑事責任や民事責任、さらには行政上の責任まで問われます。

会社の信頼を損ねてしまううえ、信頼を回復するためには多大な時間・費用がかかるものです。これらの費用に関しての補償を用意しているため、「もしも」に備えたいときにも便利です。

内容は1事故の支払い限度額は5,000万円。免責金額は無し。縮小支払い割合は80%。弁護士相談費用、緊急謝罪会見・社告費用、危機対策本部設置支援費用などが補償されます。

KIBACOの料金プラン

フリープラン:0円
ベーシックプラン:月額33,000円(税込)~

KIBACOの利用者の声

公式サイトに掲載はありませんでした。

KIBACOの運営会社概要

会社名 キムラユニティー株式会社
会社所在地 愛知県名古屋市中区錦3-8-32
設立 1973年10月1日
公式サイトURL https://kimura-kibaco.jp/

車両管理システムがひと目で分かる早見表をもう一度チェック

mineoセーフティドライブサービス

車両管理システムmineoセーフティドライブサービスの公式サイト画像画像引用元:mineoセーフティドライブサービス公式サイト(https://mineo.jp/business/m2m-iot/iot/safetydrive/)

mineoセーフティドライブサービスの特徴

mineoは、車両の運行状況をリアルタイムに把握できるセーフティードライブサービスを提供しています。

日報の自動化による業務効率化やドライバー・管理者の負担軽減や現在の走行場所を見える化することで、的確な運行指示や状況の把握を可能にします。

使い方がシンプルな点もポイント。
mineoのSIMカードを装着した車載機を運転席に接続するだけで、装着1分後から利用できます。設置工事も不要です。

mineoの回線を使用して車両をインターネットにつなげることで、データ収集や見える化のプラットフォームなど、トータルでのサポートを行います。

また、収集したデータはクラウドに蓄積されることから場所時間を問わず、スマートフォン・タブレットからデータを確認できます。

豊富な機能で業務を手助け

mineoセーフティードライブサービスでは、他にも多くの機能が用意されています。配車管理の最適化を目指すために、映像で状況把握ができる車両所在確認。急ブレーキや速度超過をメールで通知する危険運転アラートメール。

ドライバー毎の運転特性を分析することで、安全運転指導や事故率軽減に役立てられる運転傾向分析。

部門・車両毎の稼働実績を管理できる車両稼動実績や蓄積した運行広報から、危険運転発生個所を把握できるヒヤリハットマップなど、6種類も豊富な機能で自社の車両管理をバックアップします。

さらに、サポートもあるので、分からない点は質問してレクチャーを受けられます。

mineoセーフティドライブサービスの料金プラン

デバイス買取コース
月額基本料金:1,650円(税込)/台
初期費用:38,500円(税込)/台
最低利用期間:12カ月

デバイスレンタルコース
月額基本料金:3,300円(税込)/台
初期費用:3,300円(税込)/台
最低利用期間:12カ月

mineoセーフティドライブサービスの利用者の声

公式サイトに掲載はありませんでした。

mineoセーフティドライブサービスの運営会社概要

会社名 株式会社オプテージ
会社所在地 大阪府大阪市中央区城見2-1-5 オプテージビル
設立 1988年4月2日
公式サイトURL https://mineo.jp/business/m2m-iot/iot/safetydrive/

トラッカーズマネージャー

車両管理システムの株式会社Azoop公式サイト画像)画像引用元:トラッカーズマネージャー公式サイト(https://manager.trck.jp/)

トラッカーズマネージャーの特徴

運送業務に必要な車両管理機能を備えているトラッカーズマネージャーを導入することで、これまで紙やExcelで管理していた各種情報(車両台帳・運転者台帳・事故記録など)についての情報をデジタル化し、クラウド上で一元管理できるようになります。

監査・巡回指導時に必要な帳票類も集約して管理することが可能なほか、修理・整備の履歴や事故情報の管理、各種原価の集計までをシステム上で完結させられることで、業務を大幅に効率化します。

トラッカーズマネージャーの利用者の声

車両やドライバー情報の管理や共有がスムーズにできるようになりました

(前略)一つのExcelのシートで同時編集をして運用していたのですが、Excelのバージョンの違いから、開けない、計算式が壊れるなどの問題が発生していました。なおかつ、各自のパソコンのローカルにデータが入っているため、「その人しか知らない」という属人化的な状況を変えたいと思っていました。(中略)具体的に言うと、一つは「検索のしやすさ」。今までは人に聞いたりしないと分からないことが検索すれば分かるようになったことで、業務効率が上がりました。簡単に調べられますから。
二つ目は「情報共有のしやすさ」。情報が一元管理されているので、本社やセーフティーセンターとの情報共有が簡単にでき、無駄な問い合わせも減りました。(後略)
引用元:トラッカーズマネージャー公式HP(https://blog.trck.jp/896)

車両情報の一元管理!故障しそうな車両を把握しコストのみえる化に成功

我々が運用しているトラックというのは、運転手の運転の荒さだけじゃなくて、トラックメーカーの作りの荒さが問題になることもあります。故障する年代の車もあれば、故障しない年代の車もあるわけです。そういった情報をビッグデータとして固めて出してくれたら本当に助かりますし、当社としての期待度も高い部分です。
引用元:トラッカーズマネージャー公式HP(https://blog.trck.jp/1479)

ITに強くない人でも直感的に操作しやすい!無料トライアルで試して導入を決意しました

(前略)トラッカーズマネージャーは、無料トライアルで試した際に、他のシステムとは比較にならないほど、群を抜いて使いやすいシステムだと思いました。この点が、まずひとつ。(中略)我々も運送事業を拡大していくにあたり、課題を解決しつつ、今後の事業拡大の支えになってもらえると思い、契約させていただきました。引用元:トラッカーズマネージャー公式HP(https://blog.trck.jp/918)

トラッカーズマネージャーの料金プラン

車両管理プラン:月額12,500円~(税不明)
運行管理プラン:月額37,500円~(税不明)
お得な年額プランや、オプション追加機能も用意しています。

トラッカーズマネージャーの会社概要

会社名 株式会社Azoop (Azoop, Inc.)
設立 2017年
会社所在地 東京都港区芝大門2-5-5 住友芝大門ビル5F
公式サイトURL https://manager.trck.jp/

車両管理システムがひと目で分かる早見表をもう一度チェック

車両管理システムとは?

車両管理システムイメージ画像

車両管理システムとは、その名称からも分かるよう車両を管理するためのシステムです。

トラックや社用車など、自社が管理する車の現在地把握や配送の効率化を一元管理できることが最大の特徴です。

これまで紙で行っていた管理業務をデジタル・システム化することで、作業スタッフの負担を軽減し、業務効率化や省人化をもたらしてくれます。

さらに、挙げられるメリットは属人化の抑制です。車両管理は特定スタッフの能力に依存してしまいがちな項目です。

そのため、特定スタッフが休んだ時、あるいは離職してしまうと車両管理そのものが正常に行えなくなるケースがあります。

しかし、車両管理システムを使用すると、社歴に関係なく車両管理を行えるようになります。

車両管理システム導入で効率化できる業務内容

車両管理システムによって効率化をもたらす範囲は多岐にわたります。例えば日報。それまで人間が手間をかけて行っていた作業が、システムによって自動生成ができます。

正しい情報を記入できるので、担当者と管理者側で認識の相違を防げます。そして、安全運転の指導もシステム活用でできる項目です。

急ブレーキや急発進といった、事故につながりかねない危険操作を検知し、スコア化してくれるシステムも存在します。

個々の運転に対する意識を見える状態にできれば、ドライバーの安全運転への意識向上にも期待できます。

そして、車両の位置状況がリアルタイムでわかるので、急なお客様の依頼に対しても空き車両を見つけ迅速に人員を配置できます。

車両管理システムの導入方法

車両管理システムの導入方法イメージ画像

導入方法について、ドラレコやタコグラフなど車両に機器を設置するシステム、既存のスマートフォンを使用するシステム・パソコンが必要なシステムがあります。

専用機械を利用する場合は、取り付け作業が必要にはなるものの、車両管理のために製作されただけあって性能の良さが特徴です。

手軽さでいえば、スマートフォンを使用するシステムが適していると言えます。自社に合うシステムを導入しましょう。

車両管理システムは、多くがサイト上から申し込みを行っています。該当ページから必要事項を記載して申し込むと、車両管理システム提供者側から連絡がくるので話を進められます。

中には無料トライアルを用意している車両管理システムもあるため、導入前に実際に試したい企業は活用してみましょう。

車両管理システムの主な機能

車両稼働管理

車両の稼働状況を画面で管理できる機能です。

一口に「稼働」と言っても様々ですが、誰かが乗っているのか、駐車場あるいは自社に待機しているのかなど、車両の状況を管理できるシステムです。

社内で、車両情報を共有できるので効率の良い運行運用を可能にします。

位置情報の取得

車両がどこにいるのかを把握するための機能です。

運送業者には特に欠かせない機能と言えます。運送業者は、相手先に荷物を届けるお仕事ですが、相手先から「今どこにいるのか」の問い合わせが寄せられることは珍しくありません。

車両管理システムを導入していない場合、問い合わせ後に本部・会社からドライバーに連絡を入れて場所を把握しなければなりません。

ですが、車両管理システムがあればドライバーに尋ねることなく、現在地を把握できます。

走行記録の取得

走行ルートの確認や距離・時間のデータを取得できます。これらのデータは確認のためだけではなく、その後の安全のためでもあります。

例えば、長時間走っているのであれば休憩を入れて、ドライバーの負担を軽減できます。ドライバーだけではなく、車両の劣化状況にも繋がる部分なので、車両のメンテナンスが必要なタイミングを検知できます。

到着時刻の予測

いつ目的地に到着するのか、大まかな目標を算出する機能です。依頼者から「どこにいるのか」「いつ到着するのか」の問い合わせはあります。

到着予想時刻を割り出すことができる車両管理システムであれば、荷物を待つ相手のストレスを軽減できます。

運転傾向分析

車両がどのような走行なのか、記録することで運転の傾向を分析できます。

急ブレーキや加速が多い・法定速度を超えているなど、危険運転を記録として把握できるので、運転傾向からそれぞれドライバーに合った対策を実践できます。

AIが搭載されているものであれば、リアルタイムでそれらを検知できる車両管理システムもあります。

車両管理システム導入メリット

車両管理システム導入メリットイメージ画像

管理者の業務負担が軽減できる

車両管理をシステム化することで、車両管理を行っていたスタッフの業務負担は軽減されます。

それまでアナログで何時間とかけていた作業がデジタルによって10分ほどに短縮できることも不可能ではありません。

作業時間を短縮できれば、ほかの業務に注力したり、早めに切り上げたり、社員のプライベートな時間をつくることができます。

業務の無駄を省き、社員の残業を減らせられればモチベーションの向上と定着率向上にも期待ができるのです。

ドライバーの負担も軽減できる

管理者側はもちろんドライバーの負担軽減ももたらします。ドライバーのお仕事は車の運転ですが、車の到着時間や現状確認への対応、日報など運転以外の業務も多々あります。

これらがシステム化されることでドライバーのお仕事は運転に集中できるのです。運転効率が高まることでドライバーの満足度向上ももたらしてくれます。

コスト削減

車両管理システムによって、安全運転を徹底できれば保険料の見直しができます。

保険料以外にも、適切な走行ルートの算出で燃料費の抑制も可能です。さらに、走行記録といった事務作業も減らせるため、残業による人件費の削減もできます。

このように、効率化に伴う無駄の削減や業務の生産性向上による収益向上といった恩恵を受けられるのが車両管理システムです。

事故削減

車両管理システムの強みは、事故を起こしてしまう前に安全運転の対策を立てられることです。

事故が多い現場への注意喚起を行ったり、ドライバー単位で危険運転の検知を行いアラートを出したり、走行状況を確認することで、適切な安全運転の指導が実施できます。

そして、事故の原因は人だけではありません。社用車やトラックなどの車のチェックも必要不可欠です。システムを使って車両の状況を把握し、最適なタイミングでメンテナンスを行えば、走行中のアクシデントの防止も見込めます。

車両管理システムは、走行中の管理者とのやり取りを減らすといったドライバーの精神的・肉体的負担を軽くするための機能が備わっています。

それは、運転だけに集中できる環境をつくりやすいということです。結果、これまで以上に安全管理にも目を向けやすくなり、組織全体での事故防止意識を上げることにもつなげられます。

法令遵守

車両の運転は、大前提として法律を守らなければなりません。

車検が切れている・免許の更新忘れなどのトラブルは必ず避けるべき項目です。
「気づかなかった」では済まされない重要タスクではあるため、更新時期や点検の時期にシビアになる会社がほとんどでしょうが、失念してしまう可能性もありえます。

そのような時のリスクヘッジとして、車両管理システムが余裕を持たせて免許更新や車検のアラートを出してくれます。法令順守のサポートもできるので、会社の信用性にも活用できます。

車両管理システム導入でよくある質問

Q1.車両管理システムとはどのようなサービスですか?

車両管理システムとは、車両の現在地の把握や運転傾向など、業務の最適化と安全対策を一元管理できるシステムです。社用車・レンタル問わず業務で利用している車両情報をシステムで管理ができます。

配車管理の属人化を防いだり、ペーパーレス化で業務環境の快適にしたり、業務課題の改善に貢献してくれます。

実際に導入した企業からは、「車両の状況把握がしやすくなった」「業務の無駄な時間を省けたぶん、社内間でのコミュニケーションが盛んになった」など、メリットを感じている声が多く寄せられています。

Q2.車両管理システムを導入するとどんなメリットがありますか?

車両管理システムを導入すると、ドライバーの運行状況確認が容易になるため、緊急の依頼が必要になった際にもスケジュールに余裕のある車両を見つけ出し、依頼ができます。

また、もしも遅延が発生しそうなときは自動で検知を行い、依頼者に到着時刻を知らせてくれるシステムもあるため、顧客との信頼関係も守れます。

そして、これまでドライバー側と管理側でかけていたコミュニケーションコストを、システムで削減できるため、社員の仕事のモチベーション向上と生産性向上にも寄与してくれることが、導入のメリットです。

システムによって提供できるサービスは異なるため、詳しくは「車両管理システム早見表」をご覧ください。

車両管理システムまとめ

車両管理システムについて、各社のシステムの特徴や料金・評判、車両管理システムそのもののメリットを紹介しました。

車両管理システムは効率化や省人化をもたらすだけではなく、属人化の解消やコストカットなど多くのメリットを受けられます。

一方で、車両管理システムによって特徴・強みが異なります。そのため、導入を検討しているのであれば、ぜひ本記事をご参考ください。

自社にマッチした車両管理システムを導入して、事業を強化し会社の未来を明るくしていきましょう。

【免責事項】
本記事は、2023年5月時点の情報をもとに作成しています。掲載各社の情報・事例をはじめコンテンツ内容は、現時点で削除および変更されている可能性があります。あらかじめご了承ください。
ページトップへ