物流倉庫マッチングサイトを活用した集客をしよう

物流倉庫マッチングサイトを活用した集客をしよう
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

この記事では、物流倉庫マッチングサイトについての調査結果をまとめています。
物流倉庫の集客に活用できるマッチングサイトをピックアップし、それぞれの特徴と広告掲載料金について解説します。
物流倉庫マッチングサイトを活用して集客をお考えの方は参考にしていただけると幸いです。

また、自社の強みや特徴に関心を持ったユーザーを獲得を目指す、ポジショニングメディアのご紹介もしています。ポジショニングメディアでは、この物流倉庫会社に頼みたいと考えるユーザーを集客することができます。こちらもあわせてご検討ください。

物流倉庫の集客に活用できるマッチングサイト

物流倉庫における集客は、自社サイトだけではなく日本全国に広く発信できるビジネスマッチングサイトの活用が適しています。
荷主側と倉庫側の双方がマッチングサイトに登録するだけで、案件の受発注にかかる手間と時間の節約に期待ができます。そのため、物流業務の潤滑化にも役立ちます。

契約率が上がるマッチングサイトの選び方

マッチングサイトに登録しても反響がなかったり、自社の得意としているジャンルと異なっている企業ばかりでは登録しても時間やコストの無駄となってしまいます。
そこで自社にあうマッチングサイトを選択することが大切となります。
この章ではマッチングサイト選びで大切なポイントを説明します。

契約につながるマッチング

マッチングサイトを選ぶ際に気を付けるポイントは、自社の得意ジャンルを紹介してくれるマッチングサイトなのかという点です。

まったくの未開拓を開拓するのも手法としてはありかもしれません。
ですが、マッチング後の契約につながりやすさで考えると、今まで取り扱ったことのないジャンルよりも、自社がよく取り扱っている得意ジャンルのマッチングをしてくれた方が契約につなぎやすいです。
そのため、得意なジャンルなどを考慮したマッチをしてくれるサイトなのかが重要となります。

登録ユーザーのバランス

クライアントが多ければ、物流倉庫側の受注率は上がります。
ですが、片方が一方的に多すぎるとマッチング相手がいなくなり、ユーザーは離れてしまいます。
そのため、クライアントの数が多いマッチングサイトなのかという点も大切ですが、クライアントと物流倉庫の登録バランスも重要となります。

ポジショニングメディアとは?

ポジショニングメディアとは、自社の強みや特徴を踏まえた上で、あらかじめターゲット層を分析・絞り込んで、ターゲットの求める情報やコンテンツを展開していくWebメディアを指します。
自社の製品やサービスに魅力を感じてくれるユーザーを、この会社が自分に合っているという思いから問い合わせにつなぐことに期待できます。

Webマーケティングをしていく上では、Web上での自社情報の充実度が大切です。
そこで、ポジショニングメディアを展開することで競合他社とは違いなぜ自社が良いのかをユーザーに理解させることができます。
そしてその違いに納得してこの会社が良いと思ったユーザーだけ集客することを目指します。
そのため、商談実現度に対して受注率の高い反響を獲得することに期待ができます。

Webマーケティングによる集客にお困りの方は、まずポジショニングメディアについてまとめた下記の資料をダウンロードしてご確認ください。

自社にマッチする顧客獲得にポジショニングメディアを活用しよう

自社にマッチする顧客獲得にポジショニングメディアを活用しよう
自社の強みや特徴に合う顧客の獲得には、マッチングサイトのほかにも「ポジショニングメディア」の活用をご検討ください。
自社で運営するWebサイトは、顧客のニーズに合った内容に絞り込みつつ、さらにユーザーのターゲティングも合わせて行うことで効果を発揮します。

ブツレボ

ブツレボキャプチャ画像
引用元:ブツレボ公式サイト(https://www.warehouse-distribution.net)

ブツレボの特徴

ブツレボは物流を外注したい事業者を集客することができるマッチングサイトです。
掲載側は自社の特徴や獲得したい案件に合わせてアピールすることができるため、獲得したい案件に絞って集客することができます。
また、ユーザー側としては自社業界や状況にあった物流代行及び物流倉庫業者を選びやすいメリットがあります。

ブツレボの登録・広告掲載料金

ブツレボに関しての詳細は下記をご確認ください。
ブツレボの掲載
はコチラから

souco


引用元:souco「https://corporate.souco.space/」

soucoの特徴

souco(ソウコ)は、倉庫を貸したい側と借りたい側を繋ぐマッチングサービスです。 借りる側は預けたい貨物に最適な倉庫と荷役が利用でき、貸す側は遊休スペースを短期的に貸し出せるので、拠点の最適化と物流の潤滑化に役立ちます。

soucoの登録広告掲載料金

soucoの利用には会員登録が必要ですが、登録料・倉庫情報の掲載・検索・見積もりのやり取りに関わるシステム費用は一切かかりません。

e-sohko.com


引用元:株式会社イーソーコドットコム「https://www.e-sohko.net/」

e-sohko.comの特徴

e-sohko.com(イーソーコドットコム)は、倉庫の借り手と貸し手を結ぶプラットフォームであり、SNSやIoTツールを使った独自の発信力が魅力的なサービスです。従来の物流用途だけではなく、リノベーションや事務所としての活用を希望する案件も集まっており、バラエティ豊富な需要に対応しています。

e-sohko.comの登録広告掲載料金

e-sohko.comの利用には無料会員登録が必要です。登録した物件の情報は全国の会員あてに告知され、需要があった場合に利用依頼が届きます。賃貸倉庫以外にも寄託倉庫(営業倉庫)の情報や売買情報が登録でき、情報の登録はすべて無料となっています。

物量倉庫プランナーズ


引用元:物流倉庫プランナーズ「https://lplanners.jp/」

物量倉庫プランナーズの特徴

物流倉庫プランナーズは、人手不足を解消する自動搬送ロボット・物流ソリューション・解体・撤去など独自のサービスを提供し、物流会社を探している荷主と荷主を探している物流会社同士を完全無料で紹介しています。

荷主の希望条件をヒアリングしたうえで、スタッフが条件に合う倉庫をマッチングし紹介するシステムを採用しています。

物量倉庫プランナーズの登録広告掲載料金

倉庫の登録料金は無料です。公式サイト内の専用フォームに必要事項を入力し、スタッフによる連絡・ヒアリングの後、必要に応じて荷主とマッチングが行われます。

物流SOS


引用元:物流SOS「https://www.b-sos.com/」

物流SOSの特徴

物流SOSは、倉庫の貸し借りから人材集め、物流用品やロボットに関する相談まで、物流業務の困りごとを解決するためのプラットフォームです。 日本全国の物流業者とつながれる発注フォームや、物流の専門家への直接相談が可能で、物流業界に関する情報発信も積極的に行っています。

物流SOSの登録広告掲載料金

物流SOSへの広告掲載費用は完全無料です。フリーダイヤルに問い合わせを行い、情報をフォームに入力した後審査が行われ、広告の掲載が開始されます。 登録した広告はいつでも自由に情報・写真を差し替えられるので、リアルタイムな営業活動に活用できます。

物流倉庫ナビ


引用元:物流倉庫ナビ「https://ec-butsuryusoukonavi.com/」

物流倉庫ナビの特徴

物流倉庫ナビは、入庫から発送までの物流業務を倉庫に一括委託できるビジネスマッチングサービスです。 専任のコーディネーターが発注側の要望をヒアリングし、条件にマッチする倉庫を紹介。紹介後のアポイントの調整もサポートし、依頼者と受注者双方のビジネスを支援します。

物流倉庫ナビの登録広告掲載料金

広告の掲載は有料となっていますが、料金体系は非公開となっており、事前に問い合わせが必要です。 公式サイト内の問い合わせフォームに必要事項を入力し、専任アドバイザーから連絡・ヒアリングが行われます。費用対効果が高く安価な料金プランを紹介してもらえます。

JETRO(日本貿易振興機構)


引用元:JETRO日本貿易振興機構「https://www.jetro.go.jp/」

JETROの特徴

JETROは、貿易・投資の促進と開発途上国研究を行う独立行政法人で、ビジネスマッチングサイト「TTPP」は世界160ヶ国以上のビジネス案件を閲覧し、自社の案件も世界に向けて発信することが可能です。

日本を超えたビジネスパートナーを探すことはもちろん、サイト内の自動マッチング機能を設定すると、パートナー候補が表示され案件の獲得に活用できます。

JETROの登録広告掲載料金

TTPPの利用には、無料のユーザー登録が必要です。登録が完了するとビジネス案件登録に移り、Webに自社のビジネス案件が発信されます。 その他、ビジネス展開をサポートする業務支援サービスや信用調査サービスも有料で利用可能です。

物流倉庫業は効果的なWeb施策でユーザー獲得を目指す

効果的なWeb施策でユーザー獲得を目指す
物流業界では倉庫の検索からマッチング、正式な発注までに時間をかけられないケースが多いため、ビジネスマッチングサイトの活用が進められています。

しかし、案件ベースでの受注では価格競争に巻き込まれてしまうのも事実。
より事業を拡大していくには自社に依頼をしたいと考えてくれるユーザーを1人でも増やせるかが重要です。

キャククル運営元、全研本社では物流業界をはじめ120業界以上のWebマーケティング支援実績があります。
もし、現状のWeb集客状況を改善したい、そもそも狙うべき市場やターゲットを定めきれていない、というお悩みがあれば、全研本社へご相談ください

web集客のご相談はこちら

ページトップへ