会費ペイの口コミ評判や導入事例、費用を徹底リサーチ!

会費ペイの口コミ評判や導入事例、費用を徹底リサーチ!
share
Facebook Twitter はてなブックマーク Pinterest
決済システム会費ペイ公式サイト画像

画像引用元:会費ペイ公式サイト(https://kaihipay.jp/)

会員制ビジネスにおすすめの決済システム「会費ペイ」とは

会費ペイは、フィットネス関連のジムやファンクラブ、塾・習い事といった各種スクール等の会費制サービスの運営に欠かせない機能を1つのシステムに集約。入会申込の手続きから会員管理、請求管理、決済までを一元管理できる決済システムです。

利用者がシステムを通じて決済した回数に対する従量課金制となっているため、初期費用と月額費用は0円!導入時や運用におけるコストを最小限に抑えて利用できるので、ノーリスクで手軽にはじめられるところが特徴です。

情報管理で大切なクレジットカード情報や決済情報といった個人情報の管理体制も徹底。情報漏洩を防ぐために、カード情報セキュリティの国際基準となっている「PCIDSS」に準拠して管理しているので、セキュリティ面も安心です。

以下では「会費ペイ」の特徴や費用、口コミ、会社情報を詳しくまとめております。資料は下記からダウンロードできますので、導入を検討している際はぜひご活用ください。

\低コストで利用できる!/

最短2週間で導入可能!
決済システム「会費ペイ」
の資料をダウンロード

会費ペイ(決済システム)の特徴

低コストでスピーディに導入できるシステム

会費ペイは、加盟店数6,000店舗を突破した話題の会員管理・決済システム。ワンシステムでキャッシュレス&ペーパーレスを実現してくれます。注目すべきポイントは、初期費用と月額費用が完全無料なところ。導入時のハードルを低減できるため、システム運用等のコストを最小限に抑えることが可能です。

必要な費用は、実際に決済が行われた分のシステム利用料のみ。決済代行会社との契約も不要なので、後から決済手数料が発生する心配もありません。煩雑な事務作業を自動化することで業務の効率化が図れるため、会費制サービスを運営している企業におすすめのシステムです。

※参照元:会費ペイ公式サイト(https://kaihipay.jp/)

会員管理から決済までをワンシステムで自動化

入会申込WEBフォームをはじめ、会員管理や請求管理、決済までの会員制ビジネスに必要な機能を全て搭載。会費ペイを導入するだけで、会員管理における一連の作業を完結できるようにしています。

そのため、会費制サービスの運営事務における煩雑な業務負担を大幅に削減。毎月のデータ作成はもちろん、銀行口座やクレジットカードへの決済処理、決済結果の反映、未収金の催促などの業務を自動で処理してくれるので、コア業務に専念しやすい環境を整えられます。

徹底したセキュリティ体制で情報管理も安心

クラウド系のシステムを導入する企業にとって、安全性の確保も大事な要素。会費ペイでは、国際基準の「PCIDSS」やカード情報保護に関する国際基準の「PCIDSS SAQ Type-D」、組織として情報を適切に管理する情報セキュリティマネジメントシステム「ISMS」に準拠しています。

名前や住所をはじめ、クレジット情報などの大切な個人情報を取り扱うため、各種国際基準に準ずることで、万全の体制で情報資産を管理するように努めています。

低コストで導入できる!
決済システム「会費ペイ」
の資料をダウンロード

会費ペイの特徴まとめ

会費ペイはリーズナブルな価格帯でありながら、会員制ビジネスに必要な機能と国際レベルのセキュリティを備えている決済システム。入会の申し込みをしてから、利用開始まで最短2週間ほどで行うことができます。

業界を問わず利用できるので、WEBサービスの利用料やオンラインサロン等の非対面の業種など幅広いニーズに対応。、さまざまな月額サービスや各種スクールのあらゆる事務作業を自動で行ってくれます。

既存会員の移行もCSVファイルでインポートするだけで簡単に行えるので、既に会員制サービスを運営している企業でも導入することが可能。個人でも利用できるので、個人でスクール運営などを行っている方にもおすすめです。

会費ペイの導入を検討する際は、資料ダウンロードにて詳しい情報をご確認ください。

\大事な個人情報をしっかり管理!/

国際基準のセキュリティ体制!
決済システム「会費ペイ」
の資料をダウンロード

会費ペイの導入事例・口コミ評判

事例

OharaTennisCreation
静岡県浜松市のテニスサークル

課題:コーチが事務作業も行っていたので本来すべき指導に時間を費やせない

月謝は手集金となっていたため、担当のコーチが月謝の集金から集金状況の確認、未収金の催促まで全ての事務作業を担当しなければならず、生徒数が増えるにつれて指導時間以外での業務負担が多くなっていました。

解決策:システムを導入したことで月に12時間以上の効率化を実現!

事務作業時間をカリキュラムを作る時間に充てることができ、生徒の指導やサポート時間を作ることができるようになりました。また、生徒とコミュニケーションを取れるようになったことで、退会者数が減り会員の継続率を上げることに繋がりました。

引用元:会費ペイ公式サイト(https://blog.kaihipay.jp/oharatenniscreation/)

株式会社 ファミリークッキングスクール
東京都の料理教室

課題:オンライン教室を継続して利用してもらうための仕組みを改善したい

オンライン教室開校時はレッスンごとに都度参加者を募集していたため、参加する場合は毎回申込の手間がかかるため、2回目以降の利用者が少なく毎月の参加申込の見込みが立たない状況が続いており、毎回一定数以上の生徒さんを集めることにとても苦労していました。

解決策:都度参加者を募集する方法から継続して利用しやすい「会員制」に変更

参加者様に申込や決済情報の入力を都度お願いすることはなく、運営側も参加者様もとても楽になりました。また、会員管理にかかる業務時間を削減できるようになったので、参加者様をサポートする時間が増えて満足しています。

引用元:会費ペイ公式サイト(https://blog.kaihipay.jp/familycookingschool/)

DANCE STUDIO CREW
福井県の子供向けダンススクール

課題:お金のトラブルで信頼関係が失われることを懸念していました

現金での月謝のやり取りはリスクがあるので、お金の受け渡しが必ず残る形にしたいと決めていました。お金のことでトラブルがあると運営者側にすごく大きなデメリットになるし、そこで信頼が失われます。また、お金が無くなった時の責任がお子さんになってしまうのも想像するだけで嫌でした。

解決策:個人だと見過ごしてしまう業務もしっかりフォロー

保護者様に安心してもらう、安心してお子さんを預けれるスタジオを目指したいと思っていたので、ネット上で会員様の申込みと毎月の決済登録が完了できるのはとてもメリットに感じました。管理画面を開くと一目で入金状況がわかるし、月謝の支払いが銀行口座からの引き落としだけでなく、クレジットカードで支払えるところも良かったです。

引用元:会費ペイ公式サイト(https://blog.kaihipay.jp/dancestudiocrew/)

ガーラスポーツクラブ
鹿児島県のスポーツクラブ

課題:トレーナー自身が慣れないバックオフィス業務を行うことでミスが多発していた

人手不足のため、トレーナー自身がバックオフィス業務を対応することによって本来のトレーナーとしての業務に支障をきたし、会員の方にご迷惑をかけてしまうことが何度も発生していました。

解決策:地方でも安心できる手厚いサポート体制

会費ペイはヘルプセンターの説明がわかりやすく、内容が充実しています。電話対応も迅速でカスタマーサポートチームのアドバイスも的確で満足しています。未収金を自動で催促してもらえるので、回収業務がとても楽になりました。

引用元:会費ペイ公式サイト(https://blog.kaihipay.jp/gala/)

サポート体制が充実!
決済システム「会費ペイ」
の資料をダウンロード

会費ペイの注目機能

カード・口座による自動登録・引き落とし

引き落とし口座やカードの登録は、端末や振替依頼書は一切必要なし。入会申込WEBフォームから即時登録が可能です。請求データは毎月13日に自動確定。26日に登録したカードや口座から自動で引き落としが行われます。

自動日割り機能

入会する日によって異なる初期費用も、入会者が指定する利用開始予定日からシステムが自動的に日割り計算。入会金と一緒に初期費用をWEB上で決済することができるので、従業員が直接行う必要はありません。

未収金自動催促

自動引落ができなかった場合、対象者に自動で催促メールを送信し、入金があった場合は自動で入金ステータスを更新。未収金者に個別に連絡する労力を軽減できます。

単発課金

毎月26日の月額料金の支払いや初期費用決済とは別に、教材費や追加レッスン等が発生した場合の集金などに便利な機能。対象となる会員に任意の料金を徴収することができます。

会費ペイの料金プラン

  • 初期費用:0円
  • 月額費用:0円
  • システム利用料1:3.5%
  • システム利用料2:100円(税不明)/件

※システム利用料1は決済手数料込みの料金です。
※システム利用料2は決済が成功した請求1件につきかかります。

多彩な決済方法をまとめて導入!
決済システム「会費ペイ」
の資料をダウンロード

会費ペイ導入に関するよくある質問

Q1.利用できる支払方法を教えてください。

カード決済(VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS)、コンビニ決済(ファミリーマート・ローソン・デイリーヤマザキ・ミニストップ・セイコーマート)、口座振替(各金融機関)です。審査結果によっては一部の支払方法を利用できない場合があります。

Q2.未収金が発生した場合、保証はありますか?

保証はありません。しかし、未収になった場合、自動で催促メールが送信され、会員はメールに記載されたURLからカード決済・コンビニ決済による支払いが可能です。入金がない限りは1週間に一度催促メールが送信されます。また、支払いが完了すると自動で入金データが反映され、催促メールの送信を停止します。

会費ペイの会社概要

企業名 株式会社メタップスペイメント
所在地 東京都港区港南二丁目16番5号 NBF品川タワー5階
設立年 1999年
公式サイトURL https://www.metaps-payment.com/

会費ペイのまとめ

会費ペイは、導入しやすい価格帯が魅力。リーズナブルな料金体系でありながら、会員管理や決済処理に特化した便利な機能が充実しています。システム内の機能は全て無料で利用できるところも特徴のひとつ。毎月の月謝管理を自動で行ってくれるので、本業に時間を費やすことができます。

毎月の使用料は、システムを利用した分だけ支払う課金制。導入事例を見てみると、個人でスクールなどを運営されている方が多くシステム利用者の半数はスクール運営者となっています。

そのため、会費ペイは個人でスクールを運営している方やスタートアップ企業にピッタリの決済システム。会費ペイについてもっとよく知りたい方は、詳しい資料をダウンロードしてみてください。

短期間ですぐに導入できる!
決済システム「会費ペイ」
の資料をダウンロード

ページトップへ