「戦略経営者」の広告掲載料金やメリット・口コミ評判を調査

「戦略経営者」の広告掲載料金やメリット・口コミ評判を調査
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

経営者向けの情報誌「戦略経営者」の広告掲載について詳しくまとめました。広告を掲載する際の料金や掲載までの流れ、媒体の特徴や掲載のメリットを紹介しています。経営者やオーナーをターゲットにした集客にお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

戦略経営者のキャプチャ

画像引用元:株式会社TKC公式サイト:情報誌「戦略経営者」(https://www.tkc.jp/cc/senkei/)

戦略経営者の特徴

株式会社TKCが1986年に創刊した情報誌「戦略経営者」。TKCシステムを導入している税理士・公認会計士事務所や企業向けに創刊されました。経営をサポートするTKCだからこそ、経営者を応援する情報誌としてノウハウやビジネスコラムなどの記事が掲載されています。

発行される13万8000部(2018年12月末時点)のうち、90.9%の読者が経営者やトップマネジメント。業種別読者はサービス業をはじめ、建設業や小売業、卸売業の順に多く、幅広い業種の経営者に読まれています。

「戦略経営者」は年間予約購読制で、毎月自宅へ直接届けるシステムを採用しています。ターゲットの手元に確実にリーチする媒体と言えるでしょう。

戦略経営者の広告掲載料金

表紙4 990,000円
表紙3 935,000円
表紙2 990,000円
記事中見開き 1,210,000円
記事中1P 660,000円
記事中1/2P 385,000円
記事中1/3P 275,000円
目次対抗 935,000円

料金情報引用元:株式会社TKC(https://www.tkc.jp/cc/senkei/ads/)

戦略経営者の口コミ・評判

戦略経営者に広告を掲載した企業の口コミは見つかりませんでしたが、読者の口コミはありました。「いろんな事例が載っていて勉強になる」「そこまでボリュームがないので忙しくても読みやすい」との声が多く聞かれていて、良い印象を抱いている人が多いようです。

戦略経営者に広告掲載するメリット

業種別の読者で多いのがサービス業、次いで建設業です。小売業や飲食業、製造業の経営者にも読まれているため、業種を問わず広くリーチできると言えるでしょう。経営トップに向けて、新商品や新サービスの導入などを効率的に周知できます。

インタビュー記事や対談記事などのタイアップ広告も掲載できるため、会社の認知度を高めるためにも有効です。

戦略経営者の広告掲載までの流れ

株式会社TKCへ電話かメール、またはFAXで問い合わせ、資料を入手して入稿規定などを確認しながら掲載へとすすみます。申し込みの締め切りは毎月1日の6週間前、原稿締切は発行日の5週間前です。

他の集客施策も織り交ぜたWebマーケティングをしよう

「戦略経営者」のように経営者に寄り添った中身のあるコンテンツは、ターゲティング集客をする上で有効的な広告戦略です。インタビューやタイアップ記事など、経営者の関心を惹く内容を発信することで、会社の認知度を高めつつサービスや商品の価値をアピールできます。

ほかにも、ネット上で経営者を集客したい場合にはこれらの施策も効果的です。

効率的に経営者を集客するには、「経営者の集客」という小さな切り口から「他社にできない強み」を探し出し、独自のポジショニングを活かしたマーケティング戦略をすることが非常に大切です。

「経営者層に対し効率的にアプローチしたい」「新しい市場を発掘し、売上を伸ばしたい」とお考えの方は、ポジショニングメディアによる企業独自の勝ちポイント「バリュープロモーション」を見つけられるマーケティング戦略を視野に入れてみてはいかがでしょうか。これまで7,000件以上の広告支援を行ってきた全研本社が、貴社の集客をお手伝いいたします。

経営者を集客する
広告戦略のポイント
経営者に向けた
広告媒体・メディアまとめ

ページトップへ