動画配信システム徹底比較!口コミ評判、費用や導入事例を紹介

動画配信システム徹底比較!口コミ評判、費用や導入事例を紹介
share
Facebook Twitter はてなブックマーク Pinterest

動画配信システムとは、視聴者が動画コンテンツをリアルタイムで閲覧できるようにするシステムです。

料金プランは企業によって幅があり、月額1万円ほどで利用できる場合もあれば、300万円を超える場合もあります。会社によっては、初期費用が無料だったり、無料トライアルを用意していたりする場合もあるので、導入を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

また、各サービスごとに機能も異なります。たとえば、「視聴してもらいたい人だけに権限を与える機能」「動画視聴プラットフォームの作製」「動画販売や月額課金の決済機能」などです。

動画配信ツールの利用目的に合わせて、必要な機能と価格のバランスが取れた動画配信システムを選び、活用してみましょう。

動画配信システム一覧表

動画配信システムを一覧で紹介します。各システムに特徴があるので、欲しい機能をリストアップし、希望に合うシステムを選びましょう。

画像をクリックすると、資料ダウンロードページに移動します。

システム名 サービスの特徴
動画配信システム「OneStream」のサイトキャプチャ画像【PR】OneStream 会員動画制作に必要な機能がワンパッケージ!初めての動画配信でも安心
・直感的な操作性で専門知識がなくても簡単に動画配信
・サポートが充実!1on1で相談できる
・月額9,800円(税抜き)~の低コストでの導入が可能
資料ダウンロードはコチラ >>
Qumu 社内での情報共有に特化!豊富な機能で社内業務を円滑化
Jストリーム ライブ配信やアーカイブ配信収録もサポート
クラストリーム 動画保存容量が大容量のプランもあり
MOOGA PLUS(ムーガプラス) ミディアムプランで大容量配信にも対応
millvi(ミルビィ) 動画販売サイトや、共有サイトなど様々な配信形式を選択できる
SmartSTREAM 専門技術者により24時間365日運用を監視するシステム
viaPlatz 視聴者同士のディスカッション機能などコミュニケーション機能が豊富
ビジュアモール ムービーライブラリ 同時接続数1万超えの大規模ライブ配信も可能
UIshare 初期費用無料!使用用途により月々定額と、従量課金が選べる

【PR】会員動画制作に必要な機能がワンパッケージ!初めての動画配信でも安心

OneStreamは、低コストで手軽に利用できる動画配信システムです。専門知識・コード・デザインスキル不要で、動画配信サイトを制作できます。

「動画を使ったサービスを立ち上げたい」「収益化したい」といった希望がある場合も、会員制動画サイト制作から動画配信まで1つのシステムでできるのが特徴です。小規模動画を活用するコミュニティ・会員サイトを、低コストで始めたい会社におすすめです。

OneStream

動画配信システムOneStream公式サイト画像画像引用元:OneStream公式サイト(https://one-stream.site/)

動画配信システムOneStreamの
資料を無料ダウンロードする

OneStreamの特徴

動画配信システムのOneStreamは、動画配信サイトの制作から実際の動画配信まで、専門知識がなくても利用できるのが特徴です。直観的な操作ができるため、最短1分で動画配信サイトが始められます。1番の特徴は、機能が豊富なのに低コストで始められる手軽さです。デザインスキルも不要のノーコードでサイトから作れるので、サイト制作にかかる初期費用や月額費用も抑えられ、月額9,800円(税抜き)~動画配信サイトを始められます。

コミュニティやセミナー等の会員制サービスは特に、サービス開始直後は会員数も多くないため、初期費用や固定費を抑えたミニマム運営が収益化の鍵となります。そんなときに、低コストで始められる動画配信システム「OneStream」の利用がおすすめです。

OneStreamはこんな企業におすすめ

  • 動画配信システムを使った会員制サイトをつくりたい
  • 動画視聴サービスで収益を得たい
  • セミナーや研修に動画を使用したい

動画配信システムOneStreamの
資料を無料ダウンロードする

OneStreamを選ぶべき理由

【理由1】サイト作成から動画配信まで、豊富な機能がワンパッケージに!

OneStreamは、動画配信サイトの制作から配信までに必要な機能がセットになった動画配信システムです。たとえば、以下のような機能が挙げられます。

  • タグやカテゴリで簡単にできる動画管理
  • LIVE配信機能
  • 会員サイトに便利な招待機能
  • ユーザー専用のアカウント作成ページ
  • コメント機能
  • 動画に関連した資料をダウンロードできる添付ファイル機能
  • 任意のユーザーを選べるグループ配信
  • 動画の視聴分析機能
  • サイトのPC・スマホ最適化

以上の豊富な機能に加え、直接収益に繋がるユーザー課金機能もあり、OneStreamだけで動画配信会員サイト運営が容易に実現します。プランによって利用できる機能が変わるので、開始するサービスに最適なプランを選びましょう。

【理由2】サポートが充実!1on1や、お役立ち情報での解説が便利!

動画配信システムのOneStreamはサポートも充実。機能が豊富で、万が一操作方法が分からなくても1on1での相談が可能です。カスタマイズ可能なEnterpriseプランでは、優先サポートが受けられます。

また、公式サイトのお役立ち情報でもOneStreamの便利な使い方を丁寧に解説。導入検討中にも、OneStreamでできることを確認できます。

【理由3】初期費用無料!決済機能あり!月額9,800円~で、ユーザー数も無制限!

動画配信システムのOneStreamは初期費用が無料です。利用・招待できるユーザー数も制限がありません。ユーザー数制限なしで月額9,800円~、決済機能など豊富な機能で会員制動画配信サイトを運営できます。

サービス開始直後の会員数が少ない時期も、低コストで続けられるOneStreamなら低リスクで運営できます。

動画配信システムOneStreamの
資料を無料ダウンロードする

OneStreamの導入事例

デザインのカスタマイズでブランディングもできる

シンプルでわかりやすい操作性のほか、デザインのカスタマイズにも優位性があると思います。他のサービスでは、デザインを一切変更できないところもありました。カラーを変えられない、ヘッダーにロゴを入れられないとなると、ブランディングが難しいですよね。OneStreamもデザインをカスタマイズできる部分は多くはないものの、アクセントカラーなど最低限変更できる点が良いですね。

また、アップロードできる動画容量を追加するコストも他と比較してOneStreamの方が格安です。弊社のように有料で動画配信事業を展開するのであれば、中長期的に見てOneStreamが最もコストを抑えられるため、結果として利益を上げやすいと考えています。 引用元:OneStream 導入事例(https://one-stream.site/posts/BNBOQXIJ)

有料配信による収益化を実現。利便性UPで生徒の満足度も向上

動画コンテンツが必要な方には、有料で提供しています。教室側としても新たなキャッシュポイントになり、視聴されている生徒さんからも見やすい、と評判ですね。スマホでも動画をストレスなく視聴できますし、画質があまり落ちない点も評価しています。動画は簡単にアップロードできますし、ファイルを添付できるのもいいですね。私たちの踊りには歌詞があるので、動画に歌詞カードを添付できる機能は非常に便利です。生徒さん側も曲と歌詞を照合できますから。

それに、コメントを入れられるところもあるので、アーティスト名などの情報を入れられる点もいいですね。 引用元:OneStream
導入事例(https://one-stream.site/posts/S-p1osCU )

視聴記録を元にしたサポート体制を構築。業務軽減と生徒の利便性も向上

当塾では、それぞれの校舎でOneStreamを使用していますが、パソコンやシステムが苦手な人でも使いやすいと評判です。アップロードも快適でサクサク進み、視聴分析の機能がある点がいいと考えています。未受講者が誰なのか、受講者がしっかり視聴しているのかなど、受講管理ができるため、生徒へのサポートのクオリティを高められています。動画を視聴した人にのみ配布してほしい資料があったりもするため、生徒が講座を視聴しているかどうかを把握できるのはありがたいです。

また、所属グループを登録してしまえば、特定の校舎の生徒にだけ公開する、全生徒に公開する、あるいは複数校舎の生徒に公開するなど、所属グループに応じて公開範囲を設定できるので便利ですね。ロゴやカラーをカスタマイズできるため、動画視聴ページの見栄えがよくなりますので、デザインの面でも評価しています。 引用元:OneStream
導入事例(https://one-stream.site/posts/1pNN2J45 )

動画配信システムOneStreamの
資料を無料ダウンロードする

OneStreamの料金プラン

  • 基本:1万780円(税込み)/月
  • プロ:2万1千780円(税込み)/月
  • ビジネス:4万3千780円(税込み)/月
  • エンタープライズ:要お問い合わせ

基本・プロ・ビジネスのプランは、無料トライアルがあります。エンタープライズは、予約することでデモ体験が可能です。

OneStreamの運営会社概要

企業名 株式会社ルートチーム
設立年 2018年6月27日
所在地 東京都中野区弥生町2-41-17 TCIC 208
URL https://rootteam.co.jp/

動画配信システムOneStreamの
資料を無料ダウンロードする

他にもまだある!動画配信システム

Qumu

動画配信システムQumu公式サイト画像画像引用元:Qumu公式サイト(https://jp.vcube.com/service/qumu)

Qumuの特徴

社内マニュアル・研修に!企業内で活躍する動画配信システム

Qumuは、専門知識不要かつ直観的な操作で、撮影した動画を編集からアップロードまで簡単にできる動画配信システムです。管理まで簡単にできるので、情報共有までの工数が削減、スピーディーに社員に動画が届きます。

また、企業内専用だからセキュリティ対策も選択肢が豊富。必要な社員に必要な情報を効率的に届けます。社員が動画を探す際も、簡単に操作できるビデオポータルを使用でき、目的の動画が見つからないストレスがありません。

管理が簡単!動画での情報共有が効率的かつスピーディーに!

Qumuは社内での動画活用で業務やコミュニケーションを円滑にする社内専用の動画配信システムです。そのため、社内業務を円滑にする機能が多く実装されています。社内行事などの共有に使えるライブ配信や、ZOOM会議の録画配信、直観的に使いやすい操作性に優れたビデオポータルでの動画公開が簡単です。

また、動画撮影後スピーディーに直観的な操作ができる動画作成・編集ツールも実装。撮影動画のカット・並べ替えはもちろん、スライド連動コンテンツの制作や字幕の挿入・トリミングなどで、社内用動画がQumu上で簡単に制作・共有できます。

Qumuの料金プラン

公式ページにQumuの料金プランは記載がありませんでした。動画配信システムの料金プランが知りたい方は、下記フォームから資料をダウンロードし、チェックしてみてください。

Qumuの運営会社概要

企業名 株式会社ブイキューブ
設立年 1998年10月
所在地 大阪府大阪市北区堂島1-6-20 堂島アバンザ21階
URL https://jp.vcube.com/

Jストリーム

動画配信システムJストリームの公式サイト画像)画像引用元:Jストリーム公式サイト(https://www.hotelsmart.jp/booking_lp/)

Jストリームの特徴

動画収録から公開まで総合的にサポート

Jストリームは、動画配信ツールの提供だけでなく、撮影・収録など総合的動画ビジネスを扱っています。動画のアーカイブ配信、オンデマンド配信プラットフォーム「 J-Stream
Equipmedia」
は、マルチデバイスに対応するプラットフォームです。

その他にも、ライブ配信・オンラインイベント・ウェビナー・限定動画配信・バーチャル株主紹介などのサポートも扱っています。収録済み動画視聴(オンデマンド配信)・ライブ配信・疑似ライブ配信に、ライブ用チャットやコンテンツ内製支援もあり、動画視聴解析で、視聴状況の分析も可能です。

Jストリームの料金プラン

  • Startup:5万円/月、初期費用5万円
  • Business:10万円/月、初期費用5万円
  • Expert:18万円/月、初期費用5万円
  • Enterprise:22万円+流用費用/月、初期費用10万円
  • Unlimited Live:25万円+流用費用/月、初期費用10万円

金額は全て税不明。

Jストリームの運営会社概要

企業名 株式会社Jストリーム
設立年 平成9年5月29日
所在地 東京都港区芝二丁目5-6 芝256スクエアビル6階
URL https://www.stream.co.jp/

※動画配信システムの比較表をもう一度チェックする

クラストリーム

動画配信システムクラストリームの公式サイト画像)画像引用元:クラストリーム公式サイト(https://www.hotelsmart.jp/booking_lp/)

クラストリームの特徴

大量の動画に!大容量会員制動画配信システム

クラストリームは、限定配信・会員制動画配信サイト構築機能つきの動画配信システム。ライトプランでも1024GBという動画保存容量の多さが特徴です。

プランは4種類あり、スモールプランは、視聴ユーザー30人までで、一般公開機能・マルチアカウント機能はありません。その他プランは、動画保存容量の他、同時視聴ユーザー数でも値段が変わります

また、動画に情報漏えい抑止のウォーターマーク(透かし)を入れられたり、資料添付やPDF連動、視聴アンケート、動画内メッセージ・リンク表示など細かい機能も充実しています。

クラストリームの料金プラン

  • ライトプラン:5万5千円/月
  • スタンダードプラン:10万円/月
  • エンタープライズ:15万円/月
  • スモールプラン:3万3千円/月

価格は全て税込みです。

クラストリームの運営会社概要

企業名 株式会社アイ・ピー・エル
設立年 1992年(平成4年)2月
所在地 神奈川県厚木市中町4丁目9番17号 ハラダセンタービル
URL https://classtream.jp/

※動画配信システムの比較表をもう一度チェックする

MOOGA PLUS(ムーガプラス)

動画配信システムMOOGA PLUS(ムーガプラス)の公式サイト画像)画像引用元:MOOGA
PLUS(ムーガプラス)公式サイト(https://www.hotelsmart.jp/booking_lp/)

MOOGA PLUS(ムーガプラス)の特徴

テストやアンケート、結果レポートなど、マニュアルやセミナー・研修に

テストやアンケート、それらの結果のレポートなど、マニュアルやセミナー・研修に使いやすい機能が充実している動画配信システムのMOOGA PLUS。ユーザーごとのパスワード設定機能や、視聴環境に応じた画質の自動判定、チャプター機能、再生速度変更など、快適な視聴をサポートします。

また、テスト・アンケート・資料添付・オリジナルフォームの作成もでき、外部リンクやユーザー視聴動向の分析など、豊富な機能を使用できます。月額10万円(税抜き)のミディアムプラン以上では、容量も1TB以上でテストやアンケート数無制限など、大量アカウントや大容量にも対応しています。

MOOGA PLUS(ムーガプラス)の料金プラン

  • 初期費用:一律5万円
  • スターター:3万円/月
  • スモール:5万円/月
  • ミディアム:10万円/月
  • ラージ:15万円/月

金額は全て税抜きです。

MOOGA PLUS(ムーガプラス)の運営会社概要

企業名 株式会社ワンゴジュウゴ
設立年 1995年1月18日
所在地 東京都千代田区紀尾井町3-6 紀尾井町パークビル7F
URL https://www.wan55.co.jp/

※動画配信システムの比較表をもう一度チェックする

millvi(ミルビィ)

動画配信システムmillvi (ミルビィ)の公式サイト画像)画像引用元:millvi
(ミルビィ)公式サイト(https://www.hotelsmart.jp/booking_lp/)

millvi(ミルビィ)の特徴

動画活用での収益化などビジネスをサポート

動画配信システムのmillvi(ミルビィ)は、クラウド型の動画配信プラットフォームの他、会員管理・テスト・アンケートなどが可能な動画共有ポータルサイトの構築、動画販売サイトの構築、リアルタイムライブ配信サービスなど、動画の使い方によって、さまざまな配信形式を選ぶことができます。動画視聴は、10種類のプレイヤーが選択可能。プレイリスト・連続再生・ソーシャル連携など機能豊富なプレイヤーを利用できます。

millvi(ミルビィ)の料金プラン

  • 初期費用:0円(税不明)
  • エントリープラン:5万円(税不明)/月
  • プロフェショナルプラン:12万円(税不明)/月

millvi(ミルビィ)の動画配信システムでは、14日間の無料トライアルがあります。

millvi (ミルビィ)の運営会社概要

企業名 株式会社エビリー( EVIRY Inc. )
設立年 2006年10月2日
所在地 東京都渋谷区渋谷1-2-5 MFPR渋谷ビル12F
URL https://eviry.com/

※動画配信システムの比較表をもう一度チェックする

SmartSTREAM

動画配信システムSmartSTREAM の公式サイト画像)画像引用元:SmartSTREAM
公式サイト(https://www.hotelsmart.jp/booking_lp/)

SmartSTREAM の特徴

24時間365日、専門技術者がデータセンター運用を監視

SmartSTREAMは、大規模ライブ中継や、コンテンツ配信のノウハウを活かし、導入前のコンサルティングからアフターケアまで日本語で丁寧にサポートする動画配信システムです。専任技術者がデータセンター運用を24時間365日監視し、トラブルがあってもすぐに対処してくれます。

また、使いたい機能だけを選択できるセレクトプランも選べます。光WEBスクールは、 SmartSTREAMの映像編集チームによる動画編集が含まれたプランです。

SmartSTREAMの料金プラン

  • シンプルプラン:5万2千800円/月
  • セレクトプラン:4万9千500円~/月
  • ライブ配信:11万円~/月
  • 光WEBスクール:33万円~

ライブ配信は1回ごとのスポットもあります。金額は全て税込みです。

SmartSTREAMの運営会社概要

企業名 エヌ・ティ・ティ・スマートコネクト株式会社
設立年 2000年(平成12年)3月1日
所在地 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪タワーC13階
URL https://www.nttsmc.com/

※動画配信システムの比較表をもう一度チェックする

ViaPlatz

動画配信システムViaPlatzの公式サイト画像)画像引用元:ViaPlatz公式サイト(https://www.hotelsmart.jp/booking_lp/)

ViaPlatz の特徴

お客様や社内に向けて、動画で業務を円滑化する動画配信システム

ViaPlatzは、2段階認証などのセキュリティで社内の重要な情報を守りながら業務を円滑にする動画配信システムです。理解度テストやアンケート、文字や図形の書き込み、視聴者同士でのディスカッション機能など、動画マニュアルや社内研修で使いやすい機能が充実しています。リアルタイムのライブ配信や、スライド連動を使った動画配信も可能です。

ViaPlatz の料金プラン

  • パブリッククラウド:10万円~/月
  • プライベートクラウド:30万円~/月
  • オンプレミス:300万円~/月

金額は全て税込み、初期設定費用別。

ViaPlatzの運営会社概要

企業名 NTTテクノクロス株式会社
設立年 1985年7月2日(NTTソフトウェア)
1987年6月3日(NTTアイティ)
2017年4月1日(NTTテクノクロス
所在地 東京都港区芝浦3-4-1 グランパークタワー 15階
URL https://www.ntt-tx.co.jp/

※動画配信システムの比較表をもう一度チェックする

ビジュアモール ムービーライブラリ

動画配信システムビジュアモール ムービーライブラリ の公式サイト画像)画像引用元:ビジュアモール ムービーライブラリ
公式サイト(https://www.hotelsmart.jp/booking_lp/)

ビジュアモール ムービーライブラリの特徴

社内研修に活用できる既存ムービー付きプランも選べる

動画配信システムのビジュアルモールライブラリは、クローズドな環境での動画視聴ポータルサイトを提供。クラウド上の専用管理システムにアップロードするだけで、動画共有が簡単に完了します。チャンネル単位での管理も可能で、視聴ユーザーの限定も可能。対象プランへの加入で、LIVE配信も専用回線で配信でき、同時接続数1万超えの大規模ライブ配信も安定して行えます

また、社内研修用に、セキュリティや基本的なビジネスマナーのアニメーション動画がセットになったスタディパッケージや、教育機関専用の講師のスキルアップを目指すアカデミックパッケージも用意されています。

ビジュアモール ムービーライブラリの料金プラン

  • 初期費用:3万円
  • 基本パッケージmini:4万円/月
  • 基本パッケージ:10万円/月
  • 基本パッケージZ:35万円/月

金額は全て税抜きです。

ビジュアモール ムービーライブラリの運営会社概要

企業名 ソフトバンク株式会社
設立年 1986年(昭和61年)12月9日
所在地 東京都港区海岸一丁目7番1号
URL https://www.softbank.jp/

※宿泊予約システムの比較表をもう一度チェックする

UIshare

動画配信システムUIshareの公式サイト画像)画像引用元:UIshare公式サイト(https://www.hotelsmart.jp/booking_lp/)

UIshareの特徴

初期費用無料!使用用途により月々定額と、従量課金が選べる

UIshareは、会員向けセミナーや、資格検定試験・講座のオンライン化が可能な動画配信システムです。社内や社外向けの動画マニュアルや研修にも活用できます。

また、決済機能やVR動画配信機能・修了証発行など他では少ない機能も搭載。オリジナルのオンライン学習コンテンツもあり、ビジネスやAdobe製品・英語学習・日本語学習などの既存オンラインコンテンツを、社員教育などに活用できます。

使用用途によって課金方法も月々定額と従量課金で選択できるのも魅力です。

UIshareの料金プラン

定額プラン
  • 初期費用:0円
  • BASIC:5万円
  • STANDARD:10万円
  • PRO:30万円
従量課金プラン
  • 初期費用:0円
  • 1千円/月(10IDまで)
  • 3千300円/月(11ID)
  • 3万円/月(100GB)

金額は税不明です。

UIshareの運営会社概要

企業名 株式会社ユイコモンズ UIcommons Inc.
設立年 2015年4月1日
所在地 東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー7F
URL https://www.uicommons.co.jp/

※動画配信システムの比較表をもう一度チェックする

動画配信システムの活用目的

近年動画の需要は年々増えています。特に、マニュアルなど文字では説明が難しかったことを簡単に伝えられるツールとして動画が活用されるようになりました。

商品の使い方などの説明はもちろん、動画を使った教育プログラムなども増えており、社内向け、社外のBtoB、BtoC向けサービスとして動画配信システムが重宝されています。その中でも、YouTubeのような無料動画配信サービスと今回紹介した動画配信システムの違いは「限られた視聴者が対象」であること。会社内や、会員専用サイト、チケット購入者限定配信など、限られたユーザーに対する動画配信をスムーズにするのが動画配信システムです。

社外向け動画配信

近年増えているオンラインスクールやオンラインサロンなどでの教育コンテンツも、社外向けの動画配信を使用しています。動画配信システムの中には決済機能付きのものもあり、月額課金で会員制オンラインスクールの運営に特化したシステムや、単品での動画購入が可能なシステムもあります。

また、塾や学校などのアカデミックな場でのオンライン授業配信、企業の株主総会などのイベントでも使われており、その規模はプラットフォームにより様々です。

社内向け動画配信

社内向け動画配信では、主に社内ルールの徹底を目的として使用されます。各業務の動画マニュアルや動画による研修などです。動画コンテンツを業務マニュアルにすることで、研修・指導担当の負担軽減やスキル平準化に繋がります。社内向け動画配信に特化した動画配信システムも多く、機密情報を扱えるようセキュリティ設定が豊富なものが多くあります。

動画配信システム導入のメリット

社外向け動画配信システム導入のメリット

社外向け動画配信システムの導入メリットは、動画配信により、研修やマニュアル、授業のクオリティ担保ができ、セキュリティ次第で自宅からでも、会社からでも好きな場所で視聴できるという点です。BtoCのスクールやオンラインサロンでの導入は、居住地を選ばず全国で導入でき、24時間すきな時間での動画視聴が可能、隙間時間の活用もできるので、入会ハードルを一気に下げ、地域を限定せずに集客できます。

また、製品やサービスでの動画マニュアルの利用は、使い方や購入メリットの説明が従来の文字や画像よりも伝わりやすく、購入動機に繋がります。

社内向け動画配信システム導入のメリット

社内向け動画配信導入のメリットは、全国の拠点を簡単に繋げる便利さです。研修も、全国から動画やライブ配信で実施できれば、宿泊や交通費などの経費削減に繋がるだけでなく、日程調整が容易になり、従来よりも研修をスピーディーに、手軽に実現できます。

また、動画コンテンツによるマニュアル化で、指導や情報共有を統一でき、スキルの均一化に繋がります。ライブ配信を使えば、社内での情報共有をスムーズに生の声で伝えられ、伝言ゲームのような曖昧な情報伝達を防ぐことも可能です。

動画配信システムの選び方

動画配信システムは、以下の手順で選びます。

  1. 動画配信システム利用目的の整理
  2. 必要な機能の確認
  3. 導入の注意点を確認
  4. 料金・価格から検討

以下で各手順を詳しく説明します。

1.動画配信システム利用の目的

動画配信システムの選ぶ前に、自社での利用目的を整理しましょう。

  • 社外向け・社内向け
  • ポータルサイト構築が必要か
  • どのくらいの容量が必要か
  • 想定利用アカウント数
  • ライブ配信か、動画コンテンツか
  • コミュニケーション機能が必要か
  • 単発での利用があるかないか

このような動画の利用目的によって、選ぶ基準が変わります。まずは利用目的の整理から始めましょう。

2.必要な機能の確認

動画配信システム利用の目的が整理できたら、次は必要な機能を確認しましょう。BtoCの収益目的なら、決済機能や会員サイト構築機能が便利です。社内での使用であれば、セキュリティ設定豊富で、工数少なく動画をアップできるシステムが便利でしょう。

他にも、招待機能、コメント・チャット機能、ライブ配信機能、VR動画機能、アンケート・テスト機能など、各システムにより機能が違うため、機能詳細を確認して必要機能を確認しましょう。

3.導入の注意点を確認

導入にあたり、セキュリティやサポート体制についても確認しましょう。プランにより、容量も変わるので、自社の動画本数に合わせた容量の確認も大切です。

4.料金・価格から検討

動画利用の目的・必要な機能・注意点の確認が終われば、ある程度利用する動画配信システムの候補が絞れているはずです。ここからは料金の比較をしていきます。

まずは、月額料金か、従量課金か、単発での課金かを考えます。利用目的や、想定利用アカウントの数、動画本数などによるので、自社に適した課金方法を選びましょう。月額料金が高額であれば、月々のランニングコストがかかります。社外向けの有料サービスであれば、利用料金設定にも関わるので、必要機能が揃っていれば月額料金が低いに越したことはないでしょう。

また、チケット購入者限定のような単発利用のみの場合は、単発での利用が可能なシステムもあります。使用期間や利用頻度から必要なシステムを選びましょう。

次に、初期費用です。初期費用が有料のシステムもありますが、無料のシステムもあります。導入時のカスタマイズやサポート体制などにより変わる場合もあるので、初期費用有料でもいいのか、無料を選ぶのかも考えましょう。

動画配信システムのまとめ

動画配信システムは、ビジネスの可能性を広げてくれる便利なツールです。社内向けの利用・社外向けの利用で必要機能も変わり、システムも社外向け特化のもの・社内向け特化のものがあるので、利用目的を整理して、必要な機能を備えたシステムを選びましょう

また、ほとんどのシステムは月額料金がかかります。

特に、社外向けの場合は、動画制作コストがかかることも考えて、必要な機能を備えながらもランニングコストがかかりづらいシステムを選びましょう

社内向けの場合は、工数削減・セキュリティ設定が選ぶポイントになってきます。できるだけわかりやすく、アップロードが簡単で、目的の動画を探しやすいなど、デジタルが苦手な社員にも嫌煙されにくいシステムを選んでみてください。

※動画配信システムの比較表をもう一度チェックする

【免責事項】
本記事は、2023年10月時点の情報をもとに作成しています。掲載各社の情報・事例をはじめコンテンツ内容は、現時点で削除および変更されている可能性があります。あらかじめご了承ください。
ページトップへ