オウンドメディアの成功事例を企業が抱える3つの課題に分けて紹介

オウンドメディアの成功事例を企業が抱える3つの課題に分けて紹介
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

ターゲットや目的に合わせてコンテンツ制作・配信し、ユーザーと良好な関係を築ける「オウンドメディア」。ここでは、企業が抱えている課題別にオウンドメディアの成功事例を紹介します。

企業オウンドメディアの目的

オウンドメディアは、コンテンツマーケティングに分類されるマーケティング手法のひとつです。

コンテンツマーケティングは、さまざまなメディアを活用してユーザーにとって価値のある情報を発信することで見込み客を育成し、購買へとつなげて最終的にはファンになってもらうマーケティング手法です。ちなみにオウンドメディアは、自社で運営・管理する情報発信媒体を指します。

具体的にはコーポレートサイト、ブログ、メールマガジン、パンフレット、カタログなどが該当します。

ただしWebマーケティングでは、コンテンツマーケティングを展開するWebサイトをオウンドメディアと呼ぶことが一般的です(当記事でもこの意味で使用)。オウンドメディアの目的は以下の通りです。

リード獲得

オウンドメディアは、リード(見込み客)獲得に有効と考えられています。ユーザーの行動が変化しているからです。インターネットならびにスマートフォンが普及したことで、ユーザーは知りたい情報を自ら積極的に調べて購買の意思決定を行うようになりました。

BtoBビジネスにおいても同様の傾向がみられます。したがってオウンドメディアでユーザーにとって価値ある情報を発信し続けると、自社の商品やサービスに興味を持つ見込み客を集めることができます。だからリード獲得に有効と考えられているのです。

ブランディング

オウンドメディアは、企業のブランディングにも役立ちます。ユーザーが求める情報を継続的に発信することで、ユーザーからの信頼が高まるからです。また専門家としてのポジションを築くこともできます。

つまりユーザーから信頼性や専門性の高い会社と認めてもらうことができるのです。発信する情報を自社でコントロールできるオウンドメディアならではの強みといえます。自社のブランド力を高めることで、競合他社と比較されにくくなる、価格競争から抜け出せるなどのメリットを得られます。

求人募集

オウンドメディアは求人募集にも役立ちます。コンテンツを通して求人票では伝えられない自社の魅力や強みなどを伝えられるからです。

実際に働いているスタッフを対象にしたインタビュー記事などを掲載することもできます。企業をより身近に感じてもらえるため応募者が増えるなどの効果を期待できるのです。

また求人票よりも深い情報を伝えることで企業と応募者のミスマッチも防げます。新規採用した従業員が「想像していた企業と違った」と感じることが少なくなるため定着率を高められます。オウンドメディアは、求人募集と相性が良いといえるでしょう。

リード獲得に成功した企業オウンドメディア

「リード獲得に成功した企業オウンドメディア」
オウンドメディアでリード獲得に成功した企業として以下の3社が挙げられます。

  • 株式会社LIG
  • 株式会社ベーシック
  • 株式会社クラシコム

それぞれの事例を紹介するとともに成功のポイントを解説します。

成功事例①LIGブログ(株式会社LIG)

LIGブログキャプチャ画像
引用元:LIGブログ | 株式会社LIG (https://liginc.co.jp/blog)

オウンドメディアの成功事例として広く知られているのが、Web制作会社の株式会社LIGが2012年から運営しているLIGブログです。LIGブログの目的は以下の5つです。

  1. 日々の学びをアウトプットする
  2. 株式会社LIGができることを伝える
  3. 一緒に働きたいと思ってもらえる人を増やす
  4. LIGブログで収益を上げる
  5. 1~4までの活動で株式会社LIGのファンを増やす

例えば日々の学びをアウトプットするため、LIG社員全員が2カ月に1回のペースで記事を執筆しています。

LIGブログの特徴は、株式会社LIGのスキルがわかるコンテンツと思わず笑ってしまうおもしろ系のコンテンツをバランスよく配信していることです。おもしろ系の記事がSNSなどで話題となり、多くのファンを獲得することに成功しています。

つまりLIGブログがリード獲得の手段となっているのです。ちなみに現在ではWeb制作以外に、メディアプロモーション・コンテンツ制作も事業展開しています。

LIGブログがリード獲得につながった理由は、拡散力のあるおもしろ系の記事で自社のスキルなどをアピールできたからと考えられます。

単におもしろいコンテンツを配信するだけでなく、自社ができること(=ユーザーが求めている情報)を発信している点がポイントです。多くの企業が参考にできるオウンドメディアの成功例といえるでしょう。

参考:記事広告 | 株式会社LIG(https://liginc.co.jp/service/contents/sponsored-article)

名称 LIGブログ
URL https://liginc.co.jp/
運営会社 株式会社LIG
事業内容 Web制作・メディアプロモーション・コンテンツ制作など
成果 月間600万PV

成功事例②ferret(株式会社ベーシック)

ferretキャプチャ画像
引用元:マーケターのよりどころ「ferret」 (https://ferret-plus.com/)

株式会社ベーシックが運営するferretも、オウンドメディアの成功例として挙げられます。ferretのコンセプトは「マーケターのよりどころ」です。Webマーケティング、マーケティングに関連する情報のほか、マーケター向けの求人情報も提供しています。

ferretの特徴は、専門的な知識がないとわかりづらいWebマーケティングについて初心者でもわかるように説明していることです。わかりやすさを重視している点が、競合メディアとの差別化ポイントとなっています。

もちろんベテランマーケターの実務に役立つ情報なども配信しています。想定する読者の知識レベルに合わせてコンテンツを制作している点もferretの特徴といえるでしょう。

ferretはあらゆるレベルのマーケターが必要とする情報を配信することで、月間550万PVを獲得することに成功しています。さらに実務に役立つ資料をダウンロードできるなどの特典をつけることで、47万人の会員を獲得することにも成功しています。

ferretが成功した理由は、ユーザー目線を徹底したからと考えられます。例えばWebマーケティングについてわかりやすく説明することで、マーケティング初心者にとって価値のあるコンテンツを配信しています。だから多くのユーザーから支持され、多くのリードを獲得できたのでしょう。

参考:ferret(フェレット)記事広告メニュー(https://ad.ferret-plus.com/)

名称 ferret
URL https://ferret-plus.com/
運営会社 株式会社ベーシック
事業内容 Webマーケティング
成果 月間550万PV・会員数47万人

成功事例③北欧、暮らしの道具店(株式会社クラシコム)

北欧、暮らしの道具店キャプチャ画像
引用元:北欧、暮らしの道具店 (https://hokuohkurashi.com/)

「北欧、暮らしの道具店」は、EC事業・メディア事業・広告事業などを展開する株式会社クラシコムが運営しているオウンドメディアです。

特徴は北欧の暮らし道具を購入できるお買い物コンテンツと、ライフスタイルを提案する読み物コンテンツがひとつのオウンドメディア内に共存していることといえるでしょう。

お買い物コンテンツでは、商品の説明だけにとどまらず写真などを交えながら生活シーンでどのように活用できるかなどを紹介しています。読み物コンテンツでは、暮らしのコツやインタビュー記事などを掲載しています。

「北欧、暮らしの道具店」は、売上30億円(EC事業)、月間1500万PV(メディア事業)を誇るオウンドメディアに成長しています。成功のポイントは、顧客が求める情報を読み物コンテンツとして配信することで接触の回数を増やしたことと考えられます。

毎月100本の読み物記事を配信することで月間150万人の顧客を獲得しています。BtoCビジネスを展開する企業が参考にしたいオウンドメディアといえるでしょう。

参考:プラン一覧・メディアデータ |株式会社クラシコム(https://kurashicom.jp/brandnoteprogram/plan/)

名称 北欧、暮らしの道具店
URL https://hokuohkurashi.com/
運営会社 株式会社クラシコム
事業内容 EC事業・メディア事業・広告事業・雑貨企画販売事業
成果 EC事業売上30億円・月間1500万PV

ブランティングに成功した企業オウンドメディア

「ブランティングに成功した企業オウンドメディア」
オウンドメディアでブランディングに成功した企業として以下の3社が挙げられます。

  • サイボウズ株式会社
  • レッドブル・ジャパン株式会社
  • 株式会社BAKE

それぞれの事例について詳しく見ていきましょう。

成功事例④サイボウズ式(サイボウズ株式会社)

サイボウズ式キャプチャ画像
引用元:サイボウズ式 | 新しい価値を生み出すチームのメディア (https://cybozushiki.cybozu.co.jp/)

グループウェアの開発などを行っているサイボウズ株式会社は、オウンドメディア「サイボウズ式」を活用して自社のブランディングに成功しています。サイボウズ式は「新しい価値を生み出すチームのメディア」をコンセプトに掲げるWebサイトです。

具体的には「カイシャ・組織」「働き方・生き方」「家族と仕事」などに関するコンテンツを配信しています。サイボウズ式の目的は、自社の認知度を高めることです。認知度を高めるため、読者に共感されやすいコンテンツを積極的に配信しています。

具体的には「『がんばらないために工夫してきた人』が、いつだって時代を作ってきた」など、思わず誰かにシェアしたくなるコンテンツを配信しています。各コンテンツの特徴は、サイボウズ株式会社が掲げる「100人いたら100通りの働き方があってよい」を感じられることといえるでしょう。

サイボウズ株式会社は、オウンドメディアのコンテンツを通して自社の理念や価値観を伝えています。

サイボウズ株式会社は、サイボウズ式で一貫性のあるメッセージ(自社の理念や価値観)を発信することでブランディングに成功しています。オウンドメディアでは、ぶれずにメッセージを発信することが重要といえるでしょう。

名称 サイボウズ式
URL https://cybozushiki.cybozu.co.jp/
運営会社 サイボウズ株式会社
事業内容 グループウェアの開発、販売、運用
チームワーク強化メソッドの開発、販売、提供
成果 月間20万PV

成功事例⑤Red Bull(レッドブル・ジャパン株式会社)

RedBullキャプチャ画像
引用元:Red Bull 公式サイト (https://www.redbull.com/jp-ja/)

エナジードリンクを販売するRed Bullもオウンドメディア「Red Bull」でブランディングに成功しています。

オウンドメディア「Red Bull」の特徴は「F1」「MTB」「eスポーツ」「ゲーム」「ミュージック」に関連するコンテンツが中心で、自社製品をほとんど紹介していないことです。

スポーツ・ゲーム・音楽とRed Bullを連携させることでイメージアップを図ること、スポーツ・ゲーム・音楽のファンの間でRed Bullの認知度を高めることを目的にしていると考えられます。

オウンドメディアを活用して、Red Bullは日本国内でのイメージアップに成功しています。また「エナジードリンクといえばRed Bull」といったポジションも確立しつつあります。

ブランディング成功のポイントは、ターゲットが好むコンテンツを活用していることといえるでしょう。自社製品を語らずともブランディングを成功させることは可能です。

名称 Red Bull
URL https://www.redbull.com/jp-ja/
運営会社 レッドブル・ジャパン株式会社
事業内容 清涼飲料水の輸出入および販売
成果 月間2000万PV

成功事例⑥THE BAKE MAGAZINE(株式会社BAKE)

BAKEMAGAZINEキャプチャ画像
引用元:THE BAKE MAGAZINE | 株式会社BAKE (https://bake-jp.com/magazine/)

THE BAKE MAGAZINEは、「しあわせに、BAKEる」をコンセプトに国内外でスイーツを販売している株式会社BAKEが運営しているオウンドメディアです。THE BAKE MAGAZINEの目的は、株式会社BAKEのブランド力を高めて多くの仲間を見つけることです。

多くの仲間を見つけるため、社内スタッフや採用対象者、メディアなどをターゲットに、株式会社BAKEが考えていることや実践していることなどを発信しています。

具体的には「スイーツ」「デザイン」「テクノロジー」をテーマに、お菓子に新しい価値をプラスする取り組みなどを発信しています。ブランディングの結果として、メディアからの取材、自社サイトからの求人応募などを獲得している点がポイントです。

THE BAKE MAGAZINEがブランディング成功した理由は、顧客をターゲットから外し採用対象者などにターゲットを絞ったことといえるでしょう。ターゲットを明確にすることで、ユーザーにとって価値ある情報を発信できます。

名称 THE BAKE MAGAZINE
URL https://bake-jp.com/magazine/
運営会社 株式会社BAKE
事業内容 菓子の製造、ECサイト運営、Webメディア運営
成果 メディアからの取材依頼・自社サイトからの求人応募の獲得

求人募集に成功した企業オウンドメディア

「求人募集に成功した企業オウンドメディア」
オウンドメディアで求人募集に成功した企業として以下の3社が挙げられます。

  • 株式会社LINE
  • 株式会社メルカリ
  • エン・ジャパン株式会社

各オウンドメディアの特徴と成功のポイントは以下の通りです。

成功事例⑦OnLine(株式会社LINE)

OnLINEキャプチャ画像
引用元:OnLINE(オンライン)- LINEでは、こうしてます。 (https://line-online.me/)

OnLINEは、メッセージアプリ「LINE」でお馴染みの株式会社LINEが運営しているオウンドメディアです。「LINEでは、こうしてます」をコンセプトに掲げ「VISION」「CULTURE」「WORKS」に関するコンテンツを発信しています。

特徴は社員のインタビュー記事が多いことです。株式会社LINEで働く社員が登場して、世の中に「WOW」を生みだす新しいチャレンジや企業文化、働き方などの情報を発信しています。求人票だけではわからない情報を発信することで、自社が抱える採用課題を解決しているのです。

OnLINEは、ターゲットである求職者が求める情報を実際に働く社員が提供することで支持を集めています。オウンドメディアでは、情報の伝え方も重要になるといえるでしょう。

名称 OnLINE
URL https://line-online.me/
運営会社 株式会社LINE
事業内容 インターネット関連事業
成果

成功事例⑧メルカン(株式会社メルカリ)

mercanキャプチャ画像
引用元:mercan (メルカン) | メルカリの「人」を伝える (https://mercan.mercari.com/)

メルカンは、株式会社メルカリが運営している採用を目的とするオウンドメディアです。特にリファラル採用の促進を主な目的としています。メルカンの特徴は、メルカリグループで働く人であれば誰でも情報を発信できることです。

2020年1月時点で新規公開記事の約半数を、タレコミや寄稿による記事が占めています。記事の内容は、社内で起きている出来事やプロダクト開発に関わった社員のインタビューなどが中心です。メルカリの今を知れるオウンドメディアといえるでしょう。

株式会社メルカリはメルカンを活用して、採用後のミスマッチを減らすことに成功しています。メルカンの記事を読めば、企業文化や仕事内容を理解できるためミスマッチが減ったと考えられます。

メルカンは株式会社メルカリで働く人を取り上げることにより、採用募集に成功しています。求職者が知りたい「株式会社メルカリの今」を発信している点が、成功のポイントといえるでしょう。

名称 メルカン
URL https://mercan.mercari.com/
運営会社 株式会社メルカリ
事業内容 フリマアプリ「メルカリ」の企画・開発・運用
成果 総PV数785万1523(2016~2021年)

参考:【メルカン5周年記念】5年間で最も読まれた記事は…? #メルカリな日々 | mercan (メルカン)(https://mercan.mercari.com/articles/28447/)

成功事例⑨CAREER HACK(エン・ジャパン株式会社)

CAREERHACKキャプチャ画像
引用元:キャリアハック(CAREER HACK) (https://careerhack.en-japan.com/)

CAREER HACKは「テック業界で働く人のためのWebメディア」をコンセプトに掲げるオウンドメディアです。テック業界で働く人を増やすことを目的としています。運営しているのは、人材採用サービスなどを手掛けるエン・ジャパン株式会社です。

CAREER HACKの特徴は、テック業界で活躍する人たちの考え方やストーリーなどをインタビュー形式で掲載していることです。

具体的には人気アプリ開発の裏側や大手企業新規事業の発想などを掲載しています。テック業界で活躍するために必要なノウハウや考え方などを掲載している点がポイントといえるでしょう。

エン・ジャパン株式会社は、CAREER HACKを活用して自社が運営する転職サイトの集客に成功しています。またターゲットが求めるコンテンツを配信することで、自社のブランディングにも成功しています。

成功のポイントは、ここでしか出会えないインタビュー記事を掲載していることといえるでしょう。貴重なインタビュー記事を、自社サービスの利用などにつなげています。

名称 CAREER HACK
URL https://careerhack.en-japan.com/
運営会社 エン・ジャパン株式会社
事業内容 人材採用・入社後活躍サービスの提供
成果

認知度も売上も両立するブランディングメディアをはじめませんか?

「オウンドメディアの成功事例を参考にマーケティング戦略を立案」
ブランディングメディアとは、キャククル運営下の全研本社による、親和性高い知る人ぞ知るブランドとして認知と売上につながる集客ができるオウンドメディアです。

通常、ブランディングをする場合は何千万単位の制作費や広告費、そして時間を掛ける必要があります。
しかしブランディングに失敗してしまえば、効果が出ず莫大な費用を失うだけでなく、間違った印象がついてしまう可能性も。

ブランディングメディアとは、
親和性の高いユーザーに絞った認知度の向上を行い、ニーズが顕在化した際の第一想起されるブランドとして広めていきます

また、購買意欲や利用意欲のあるユーザーも同時にアプローチができます。その顕在的なユーザーにはなぜそのブランドや企業を使うべきかを解説し、さらに成約や購入につながるよう温度感を上げた集客ができます。

ブランディングメディアを導入した結果、

  • 1ケタ分受注単価が増える売上を獲得できた
  • 求人広告に依存することなく、自社サイトから今までの10倍採用応募が来るようになった

というようなブランディング効果も発揮できております。
詳しくは下記より資料をダウンロードしてください。

ブランディングメディア
について詳しく

ページトップへ