建職バンクの広告掲載費用や評判をリサーチ!

建職バンクの広告掲載費用や評判をリサーチ!
share
Facebook Twitter はてなブックマーク Pinterest

建職バンクへ求人広告掲載するメリットとは?建築・電気関連の求人に強い転職サービス「建職バンク」の特徴や、口コミ評判について調査しました。

さらに、求人募集を行っても中々人が集まらない企業様へ「採用ポジショニングメディア」について紹介します。

「採用ホームページや求人サイトを始めたが思うように成果が出ていない」「既存の施策だけでは母集団形成に限界がある」といった、採用の課題をお持ちの企業様はぜひチェックしてみてください!

建職バンクのキャプチャ画像
引用元:建職バンク公式サイト(https://kenshoku-bank.com/)

建職バンクの特徴

建職バンクは、建設・設備業界に特化した企業と求職者をマッチングするプラットフォームです。建設業界で就職・転職を考えている人に向けた転職サイトとして、260万人以上に利用されています。

電気関連の求人に強いサイト

建設・設備業界のほか、建築・土木・電気・施工管理や職人など幅広い業種の求人に対応。非公開求人も多数取り扱っており、建設業界での活躍を目指す人材とのマッチングをサポートしています。

建設業界のなかでも需要が高まりつつある「電気」関連の人材紹介については、全国展開を開始するなどエリアを徐々に拡大。

電気工事や施工管理に特化した転職サービスを展開しており、電気系の資格を持つ人材の採用に強いサイトとしても評判です。

プロのアドバイザーが在籍

建職バンクでは自分で求人を探して応募するほか、プロのアドバイザーによる求人紹介を行っているのが特徴。

建設業界に精通したアドバイザーによる求人案内のほか、履歴書の添削や面接対策に対応しているなど、登録者にとって利用しやすい環境が整えられています。業界のプロによるサポート体制が充実しており、利用者とのスムーズなマッチングを実現しています。

建職バンクの掲載料金

建職バンクのキャプチャ画像
建職バンクへの掲載料金を調査しましたが、掲載料金に関する記事はありませんでした(2023年9月27日時点)。
掲載を検討している際は、直接問い合わせることをおすすめします。

建職バンクの口コミ・評判

建職バンクの広告掲載に関する口コミは見つけられませんでした。

しかし、電気関連の採用に強いことから、電気系の資格保有者を採用したいと考える企業におすすめのプラットフォームです。広告掲載はプランごとに分かれているため、予算や求めるサポート体制に合わせて自社にあったプランを選べます。

建職バンクに利用するメリット

建職バンクのキャプチャ画像

建築業界のプロによる魅力的な求人制作が可能

建職バンクには建設業界に精通したプロが在籍しており、企業の良さを引き出す魅力ある求人制作を得意としています。

企業の課題や求める人材を理解した求人制作は、採用者の辞退や早期退職などのリスクを抑えることにもつながります。また、魅力ある求人原稿を制作することで、優秀な人材を確保したり、求める人材に近い求職者とのマッチングが期待できます。

建職バンクへの求人掲載についての相談は無料です。人材業界で活躍する採用のプロが、企業の課題に合った最適なプランを提案してくれるでしょう。

建職バンクの利用までの流れ

まずは広告掲載について、公式サイトから問い合わせを行います。

広告掲載に関する相談は無料です。費用やプランなどの詳しい情報については、問い合わせ後、担当者の案内に従ってください。

自社とマッチした人材を採用するには

建職バンクのキャプチャ画像
人材紹介サービスを利用することは、スムーズな採用を行うために有効な手段です。
人材紹介サービスや仲介サービスを利用する場合、担当者に自社の魅力や強みなどを正しく把握してもらうことで、自社が求める人材に近い求職者を採用することが期待できます。

既存のメディアに求人を掲載することは即効性などのメリットがありますが、載せられる情報量やフォーマットが決まっており、他社との差別化を図るには限界があります。
そのため、自社の魅力や強みがしっかり表現できるかも媒体選びには重要なポイントとなります。

自由度を重視する場合は、オウンドメディアリクルーティングなど自社で採用に特化したメディアをつくってしまう手もあります。

採用オウンドメディアでは、自社の魅力をブログやインタビュー記事、テキストや写真といった様々なコンテンツを通じて伝えることで、自社の魅力を深く求職者に知ってもらうことが可能です。

下記ページでは採用オウンドメディアを利用して成功するためのポイントをまとめております。オウンドメディアを活用して採用活動を行うのにご興味がある企業様は、是非ご参考にしてみてください。

採用オウンドメディアとは

ページトップへ