売れない製品をヒットさせる売れる方法とは?マーケティング手法を解説!

売れない製品をヒットさせる売れる方法とは?マーケティング手法を解説!
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

ものは良いのに売れない製品が生まれる理由

顔を覆う子供とハテナ
製品としての魅力や機能は十分なのに、なぜか売れない製品が生まれるのには理由があります。なぜ購入につながらないのか、そのわけを解説します。

ターゲットと商品にズレがある

良い製品が売れない理由として、まず考えられるのはターゲットと製品にズレが生じている可能性です。

当然ですが、顧客が求めていない製品は購入されません。そのため商品を売るときは、誰に使ってほしいのかを明確にすることが重要です。

しかし、その狙っているターゲット層を見誤ってしまうと、そのターゲット層にとって魅力を感じない、欲しい製品ではないと思われてしまいます。また、どんなに広告費をかけて宣伝しても、そもそもターゲット層を見誤っているため、宣伝の効果も低くなってしまうでしょう。

その場合はどのターゲット層に向けた製品なのか今一度見直し、ターゲットを再考する必要があります。

製品の認知度が低い

どんなに良い製品であっても、知られていなければ誰も購入しようとは思いません。現代はメディアやSNSなどさまざまな情報があふれています。日々新しく開発される製品に負けないように、情報を顧客に届けることが大切です。

Webサイト広告やSNS広告、YouTube広告、雑誌広告、新聞広告、TVCMなど、様々な方法を活用して製品の認知度を高めましょう。なお、媒体はターゲットにあわせて目に届きやすいものを選ぶ必要があります。

製品を使うメリットが伝わっていない

製品をただ売っているだけでは、顧客に対してその製品を使うメリットが十分に伝わっていない可能性があります

また、広告をうって認知度が高まっていたとしても、商品の説明だけをしているようでは魅力的に感じられません。競合他社の製品と何が違うのか、製品を使うことでどんな効果が得られるのかなど、顧客にとってその製品を購入するメリットが分かるように工夫しましょう。

製品を購入する顧客の目線になった時、「どんなメリットがあれば購入する気持ちになれるのか」を考えると、最適な伝え方が見えやすいです。

改善策:ユーザーの認知度を分析する

タブレットとグラフ
ものは良いのに売れない製品を売るためには、まずユーザーに自社製品を知ってもらうことが必要です。ユーザーは製品を知ったうえで比較、購入へと進むため、ユーザーの段階によってどんな広告が効果的かは異なります。認知度を分析することで、それぞれの顧客に対する最適な施策を打ち出しましょう。

潜在層:製品の存在を知らずニーズも不明なユーザー

製品の存在を知らず、ニーズも明確になっていないユーザーは潜在層と呼ばれます。潜在層に対しては、まず製品があること気づかせ、知ってもらうことが第一です。Web広告やSNS広告、既存のユーザーにアプローチをかけるなど、積極的に露出拡大を行うことで商品の認知度を高めることができます。

準顕在層:ニーズがあっても自社製品の購入は考えていないユーザー

「○○したい」「○○な製品がほしい」といったニーズがあるのに自社製品の購入が検討されていないユーザーは準顕在層と呼ばれ、自社が検討の一つに入っていない状態です。

この場合、自社の製品がユーザーのニーズを満たすものであることを知ってもらう必要があります。製品自体の認知度を高めることと
、魅力が伝わるように製品の見せ方を工夫する
必要があるでしょう。

顕在層:製品を知っていて検討・比較段階にあるユーザー

自社製品をすでに知っており他社製品との比較検討に入っているユーザーを、顕在層と呼びます。この場合は競合他社に負けないよう、ユーザーの意識を自社に向けるような施策が必要です。

自社のファンにさせるためにも、定期的なアプローチが効果的でしょう。比較検討してくれているユーザーに対してメルマガを配信したり、お得なキャンペーンを開催したり、サイトを訪問した人に向けた広告を出稿したりと、製品の理解を深めてファンになってもらうための施策が有効です。

自社製品の良さを伝えるには

販売促進
自社製品が売れないということは、購入するだけの魅力を伝えきれていないということです。他社製品との差別化を図るためにも、自社製品の良さや購入するメリットを明確にし、それを押し出していきましょう。

バリュープロポジション

バリュープロポジション
売れる製品は、ユーザーが望む価値と企業が提供できる価値が合致した製品です。

バリュープロポジションとは、ニーズや競合他社、自社の分析を行い、他社製品にはない自社の強みと、ユーザーが感じたメリットが同調するポジションのことを指します。自社にしかない強みや魅力を大々的にアピールすることでユーザーに自社の製品を選んでもらいやすくなるでしょう。

自社製品の良さを伝える方法

自社製品の良さをユーザーにわかりやすく伝える方法として、ポジショニングメディアやオウンドメディアが挙げられます。

ポジショニングメディア

ポジショニングメディアとは、バリュープロポジションの視点から自社の強みをユーザーに伝えることに特化したWebサイトです。

親和性の高いユーザーにアプローチをかけられるので、問合せから成約・売上につなげやすいメリットがあります。競合他社との競争で負けてしまいがち、という場合におすすめの方法です。広告法規が難しい業界でも運用できるのもポイントでしょう。

導入したことで自社商材と親和性の高いユーザーを集客することができ、受注単価2.5倍、リード獲得後の成約までのリードタイムが1/3程度になった実績もあります。
ポジショニングメディア
について詳しく

オウンドメディア

オウンドメディアは自社で運営し、情報を発信するWebサイトです。自社製品やサービスに関連する情報を伝えやすく、メディアを読んでもらうことでユーザーのファン化も期待できます。

効果が出るまでには時間がかかる長期的な施策ですが、成功すれば継続的な購入や申し込み、見込み顧客の集客、ブランドイメージの構築などさまざまな恩恵を受けられるでしょう。

売れない製品を売れるようにするには戦略が必要

電球・アイディア
売れない製品を売れるようにするには、ここまで紹介したようなマーケティング戦略が必要です。確実に売れる方法というのはありませんが、競合他社に負けないようにするためにも、自社の強み(バリュープロポジション)を明確にし、ユーザーへ伝える工夫をしましょう。

全研本社では、市場調査、自社の分析からメディアの運用まで幅広い支援が可能です。製品が売れないことでお悩みの方は、ぜひご相談ください。
Web集客のご相談はこちら

ページトップへ