不動産投資会社のLPの作り方!ランディングページで目をひく方法とは

不動産投資会社のLPの作り方!ランディングページで目をひく方法とは
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

不動産投資会社のランディングページを作るポイント

メリット・注意点
不動産投資は大きなお金が動くため、成約にいたるまでの比較検討の時間が長いのが特徴です。そのためランディングページ(LP)を作る際にも、安価な商品を売る場合とは違った工夫が必要です。不動産投資会社がLPを作る際のポイントを紹介します。

マーケティングの知識をつける

効果的なLPを作るには、マーケティングの知識が必要です。LPを訪れた人に「購入する」「申し込む」などの行動を起こしてもらうために、様々なマーケティングの考え方を活用しましょう。基本的な考え方を知っていることで、どんなLPを作れば良いのかを決めるための指針が見えやすくなります。

たとえば「誰に」「何を」「どんな価格で」「どのように」売るのかを明確にすることは、マーケティングの基礎です。これらを決めたうえでLPを作ることで、当てはまる見込み客に行動を起こしてもらいやすい施策がうてるでしょう。

ヘッドコピーをわかりやすくする

LPを開いたときに最初に目に入る言葉を「ヘッドコピー」と呼びます。ヘッドコピーは、なるべくわかりやすくすることが大切です。なぜなら人はヘッドコピーを読んで、LPの続きを読むかどうかを決めるからです。

不動産投資を検討中の人は、たくさんのLPを比較しています。ヘッドコピーがよくわからないLPはすぐに閉じられしまい、見込み客は別のページに移ってしまうでしょう。LPを作る際には、ヘッドコピーには時間をかけて、徹底的にこだわりましょう。

ベネフィットをリストアップ

不動産投資によって得られる未来(ベネフィット)をリストアップして、LPに盛り込みましょう。見込み客が価値を感じるのは、不動産投資そのものではなく、「不動産投資を通して得られる未来」だからです。

ベネフィットの具体例としては「将来のお金の不安がなくなる」「目に見える資産が持てて人に自慢できる」などが考えられます。こうした点を整理して伝えることで、LPを見た人が不動産投資に前向きになるでしょう。

複数のUSPを考える

自社ならではの強みのことを「USP(Unipue Selling Proposition)」と呼びます。自社のUSPを複数考えて、LPでアピールしましょう。もしUSPがなければ、不動産投資を検討している人は、他社を選んでしまうからです。

たとえば「ワンルームマンションへの投資ならどこよりも実績がある」「即日の契約完了が可能」などがUSPで、ひとつだけでなく複数あるとより強力です。

USPを見つけるのは大変かもしれませんが、USPが見つかれば、他社を引き離す大きな武器になります。LPでは複数のUSPをアピールして、見込み客に自社を選んでもらいましょう。

デザインとイメージカラーで差別化

LPはイメージカラーを統一し、高級感のあるデザインを意識してみると良いでしょう。不動産投資は高額なので、LPのデザインが「安っぽい」と思われてしまうと、成約につながりにくくなる可能性があるためです。
LPを目立たせようと様々な色を使いすぎると、雑多な印象を与えてしまいます。「青系」「赤系」など、イメージカラーを決めることで、引き締まったLPになります。デザインや配色にも気を配って、他社のLPと差別化しましょう。

不動産投資会社のLPの作り方

パソコンやタブレットで検索
ランディングページ(LP)の作り方を、より具体的にお伝えしていきます。不動産投資会社のLPだからこそ注意するべき点もあるので、参考にしてください。

CVポイントを絞る

LPを訪れた人に起こしてもらいたい行動をコンバージョン(CV)と呼びます。たとえば「資料請求」「個別説明の予約」などがCVです。

LPではCVはひとつに絞ることが大切です。たくさんのCVが用意されていると、LPを訪れた人は何をすればいいのか迷ってしまい、けっきょく何もせずにLPを離れてしまう場合が多いからです。あえて選択肢を絞ることで、見込み客に行動してもらいやすくしましょう

ターゲット層が好むデザインにする

LPがターゲットとする客層を明確にしたうえで、その客層が好むデザインを採用しましょう。デザインが好まれれば、LPの文章を読んでもらいやすくなり、不動産投資や自社の魅力が多く伝わるからです。

たとえば高齢の方に向けたLPなのか、幼い子ども持つ夫婦に向けたLPなのかによって、ふさわしいデザインは異なります。どんな人をターゲットにするのかを、LPを作り始める前にはっきり決めて、デザインに反映させることが大切です。

目を引くキャッチコピー

訪れた人の興味を引くキャッチコピーが、LPには必要です。キャッチコピーのインパクトが足りないと、訪れた人はLPを読まずに、すぐにページを離れてしまいます。

不動産投資に興味がある人に「自分がほしい情報が書いてありそうだ」「読むと得をしそうだ」と思ってもらえれば、とにかくLPを読み進めてもらえます。見込み客の興味や関心を想像しながら、キャッチコピーを考えましょう。

差別化ポイントをはっきりさせる

LPには、自社が他社と違うポイントをはっきり書きましょう。不動産投資を検討している人は、多くの会社のLPを見比べています。

「他の会社と大して変わらない」と思われてしまうと、自社を選んでもらえません。LPを通して「自社だからできること」をアピールすることが大切です。

見たくなるファーストビューを意識する

LPで最初に表示される部分を「ファーストビュー」と呼びます。ファーストビューは、続きが見たくなるように工夫しましょう。LPを訪れた人は、ファーストビューを見て「スクロールして続きを読む」か「ページを離れる」かを判断するからです。

どんなにすばらしい内容のLPを作ったとしても、読んでもらえなければ意味がありません。だからこそ、LPを訪れた人に必ず見てもらえるファーストビューは、LPで最も重要な部分だといえます。

LPをなるべく多くスクロールしてもらえるように、ファーストビューは特に力を入れて作りましょう。

不動産投資会社のLP制作は依頼先選びが重要

注意点
ランディングページ(LP)の質は売上を大きく左右します。そのためLP制作を専門業者に外注する不動産会社も多いです。ただしLP制作の外注先には以下の選択肢があるため、どこに依頼すれば良いのか迷ってしまうかもしれません。

  • Web制作会社
  • 広告代理店
  • フリーランス
  • その他

どれが正解なのかは、場合によって異なります。それぞれの依頼先のメリットとデメリットを紹介するので、参考にしてください。

Web制作会社

Web制作会社に依頼する場合は、手間を減らせる点がメリットです。他のWebページの制作などと合わせて、一度にまとめて依頼ができます。Web制作会社なら、アクセス解析などのLPの効果を高めるサービスを、LP制作とセットで提供してくれる場合が多いのも助かります。

デメリットとしては、Web制作会社はマーケティングが必ずしも得意ではない点が挙げられます。LP自体は問題なく完成するでしょうが、肝心なのはその後です。そのLPがどれだけ効果を発揮するのか検証して、必要であればLPを改善していく必要があります。

広告代理店

広告代理店に依頼するメリットは、制作したLPを使った広告運用も任せられる点です。広告運用の費用対効果は、LPとの相性によって大きく変わります。LPと広告運用をセットで依頼することで、広告代理店が持つ力を最大限に発揮してもらえます。

広告代理店では、LP制作の費用が高くなりがちなのがデメリットです。広告代理店は広告が本業であるため、LP制作の作業の一部を外注する場合も多く、そのぶんのコストが費用に上乗せされます。広告代理店は予算に余裕がある場合に使うのがおすすめです。

フリーランス

フリーランスに依頼する場合は、費用が安く抑えられる点がメリットです。クラウドソーシングサイトなどで評価が高い人に依頼をすれば、LPの質も問題ないでしょう。作業する人と直接やり取りをするので、細かい要望を伝えやすいというメリットもあります。

一方で、依頼の手間がかかる点がデメリットです。LP制作をフリーランスに依頼する場合は通常、文章はライターに、デザインはデザイナーに別々に発注する必要があります。そのぶん、誰に依頼するかの選定や作業指示、支払いのなどの手間が増える点には留意しましょう。

コンサルティング会社

その他には、コンサルティング会社にWeb集客全体のコンサルティングを依頼して、その一部としてLP制作も任せるという方法もあります。Web集客に関わることを丸ごと代行してもらえるため、手間がかからない点がメリットです。

デメリットは、費用が高額になりがちなことです。最初の依頼の段階で、予算を正確に見積もっておくことが大切です。

不動産投資のLP制作はキャククルへ

キャククルでもLP制作の依頼を受け付けております。LP制作だけでなく、サイト制作や広告運用など、Web集客に関わることを幅広くサポートします。

不動産投資会社の集客支援の実績もあり、予算や要望に応じて、きめ細かく対応が可能です。LPに関することでお悩みでしたら、まずはお気軽にご相談ください。

web集客について相談してみる

不動産投資会社のLPで売上につなげよう

握手
ランディングページ(LP)を作るうえでのポイントをお伝えしました。不動産投資は高額なので、見込み客は比較検討に手間と時間をかける傾向があります。

他社のLPと比較されることを意識して、自社ならでは強みを明確に伝えることが大切です。見込み客に望む行動を起こしてもらえる、質の高いLPを作りましょう。

LPは売上を大きく左右するため、自社でのLP制作に自信がない場合は、外注するほうがクオリティ・工数どちらの面でもメリットが大きいです。本記事を参考に最適な外注先を選んでLPを作り、不動産投資での売上アップにつなげてください。

コンテンツマーケティングの運用支援依頼、オウンドメディアやLPの制作、内製化を成功させたいとお考えの方は、まず資料をダウンロードしてご確認ください。

ページトップへ