【不動産投資業界向け】SEO対策の概要や集客効果を解説

【不動産投資業界向け】SEO対策の概要や集客効果を解説
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

不動産投資業界では、ポータルサイトやポイントサイト、リスティング広告を中心とした消耗型広告モデルを着手しているケースが多いのですが、
やはり広告費を抑えながら、投資家の流入を取っていきたいと考えるならSEO対策は欠かせません。

しかし、検索結果上では多くの不動産投資ポータルサイトが台頭しておりなかなか自社サイトでは太刀打ちが難しいケースがあります。
そこで、SEO対策の基本を踏まえた今後の集客に役立つ情報を説明します。

不動産投資会社のWEBサイトのSEO対策ポイント

不動産投資会社のWEBサイトのSEO対策ポイント
不動産投資会社が自社サイトのSEO対策をする場合は、競合性の強いキーワード市場を避けながら投資家の流入を獲得していく必要があります。

もちろん自社サイトが強くなれば、ポータルサイトやアフィリエイトサイトと勝負することはできますが、そのようなレッドオーシャンへの取り組みは潤沢なSEO対策費用を準備してから取り組むようにしましょう。

ブログを作成する

ブログは自社の情報発信だけでなく、キーワード選定をしたコンテンツ作りができればSEO対策が可能です。
うまくブログを育てることができれば、集客には欠かせないマーケティングツールに成長させることができます。

また、ブログを運用する場合、不動産投資にまつわるさまざまな記事・コンテンツを投稿することはもちろんのこと、
「ターゲットユーザーはどのような情報を求めているのか?」を常に意識することでユーザーにとって有益な情報になるためSEO対策の効果が見込めます。

たとえば、「不動産投資を成功させる方法」について執筆された記事は、
不動産投資の成功事例や具体的な方法を探しているユーザーにとって有益な情報といえるでしょう。

もしこのコンテンツの中で自分と同じような境遇の不動産投資オーナーの成功事例を見つけることができればかなり読み込んでくれるため、SEOに寄与します。

また、読み込ませることができる生に近いコンテンツがあれば成功の疑似体験をさせることができます。この施策は反響獲得にもつながるため、キーワードによってはお得な市場があることも。

このように、ユーザーにとってメリットのある記事を中心に投稿してゆくことは、自社ブログへの検索流入率の増加や反響獲得のための施策につながります。

キーワード選定方法を工夫する

適切なキーワードの選定は、SEO対策にて大きな成果の獲得を目指すうえで重要な鍵になってきます。

そのため、ブログの運用や掲載記事の執筆を進める際は
「自社のターゲットユーザーは、どのような情報・コンテンツを求めているのか?」や「どういったキーワードで検索しているのか?」などのポイントについてリサーチしておきましょう。

不動産投資にまつわるキーワードの具体例については以下のとおりです。

不動産投資のキーワード例【情報検索】

  • 不動産投資 成功事例
  • 不動産投資 利回り
  • 不動産投資 リスク
  • 不動産投資 メリット デメリット

コンテンツSEOでアプローチがしやすい一般的なキーワードです。
誰もが思いつきやすいキーワードであり、競合メディアが台頭していることから最初から狙うのは得策ではありません。

ただし、お客様の不動産投資の成功事例などを出せる場合は反響率アップにつながるため、SEO対策目的でなくともWebサイトのコンテンツとして入れておきたいところです。

不動産投資のキーワード例【検討検索】

  • マンション投資 アパート投資
  • 不動産投資会社 評判
  • 新築 中古 不動産投資
  • マンション投資セミナー おすすめ

評判やおすすめといったキーワードはSEO業界では鉄板の狙っておきたい比較検討キーワードです。
但し、自社で対策するのが少々難しい検索キーワードでもあります。

代案例としては、商材を2つ入れた検索キーワードです。
ここで、自社商材ジャンルの方が優れているという説得力のあるコンテンツを書ければ、元々新築を検討していたが中古に転換するという他の市場からシェアを奪うということも可能です。

不動産投資のキーワード例【投資家が検索するキーワード】

  • エリア名 収益不動産
  • エリア名 不動産投資
  • 一棟マンション投資

ご自身で収益不動産を探しているタイプです。
また、ある程度予算を持っていることもあるため、高単価商材について情報検索をしているケースもあります。

不動産投資のキーワード例【自社指名検索】

  • 自社名 口コミ
  • 自社名 評判
  • 自社名 迷惑

テレアポをメインチャネルとしている不動産投資会社であれば、ネガティブな指名検索結果が生まれる傾向があります。

どうしても自社指名検索でシェアを取りたい方針であれば、お客様の事例を集めてSEO対策をすることも可能です。

指名検索は最も反響に近いキーワード市場ですので、定期的にチェックをしておくこともおすすめします。

不動産投資会社のSEO対策導入にて見込める効果とは

不動産投資会社のSEO対策導入にて見込める効果とは
不動産投資会社が運用するWebサイトにてSEO対策を導入することは、
さまざまな効果や成果を獲得することにつながります。ここでは、不動産投資会社のSEO対策導入にて見込める効果の具体例を解説してゆきます。

検索流入の向上が図れる

不動産投資会社のSEO対策導入にて見込める効果のひとつに、「検索流入の向上が図れる」といったポイントがあげられます。

検索エンジンにて上位表示されるWebサイトと常にランキングの下位に表示されるWebサイトとでは、自然検索からのサイト流入率に大きな差が生まれてきます。

そのため、自社サイトの運用や掲載記事の執筆を進める際は、ユーザーに閲覧をしてもらえるようなSEO対策を心がけることが重要です。

広告費を大幅削減できる可能性がある

「広告費を大幅削減できる」といったポイントも、不動産投資会社のSEO対策導入にて見込める効果のひとつです。
SEO対策による集客は、上位表示をしてしまえば維持コストはかかりますが、リスティング広告やバナー広告などの広告宣伝媒体とは異なり、媒体費や出稿費を都度負担する必要性はありません。

もし、広告費用が利益をかなり圧迫している可能性がある場合は、SEO対策による流入母数の確保や受注につながる効率的な集客施策を取り入れて改善を図る必要があります。

ブランディングに寄与

SEO対策による上位表示は、自社のブランディングに寄与してくれます。

上位表示されれば流入数が増えるだけでなく、自社を知ってもらう機会が多くなることでわかりやすい例だと自社や商材の指名検索を増やすこと=認知度を高めることが可能です

CMをはじめとしたマスマーケティングの大量投下には認知度向上力は劣りますが、ある程度のニーズがあるユーザーが再検索してたどり着いてくれるため、顕在ユーザーの中では認知度が上がることにつながります。

見込みの高いユーザーの確保につながる

「見込みの高いユーザーの確保につながる」といったポイントも、不動産投資会社のSEO対策導入にて見込める効果のひとつです。

そのため、SEO対策が徹底された記事・コンテンツからの検索流入においては、「自社サービスについて関心を持ったユーザー」や「各種サービスの購入見込みが高いユーザー」が比較的多くアクセスしてくる傾向にあります。

つまり、自社サイトのコンテンツとターゲットユーザーのニーズがピンポイントで合致した場合、より精度の高いコンバージョンを狙うことが可能となるのです。

不動産投資のSEO対策による集客成功はマーケティングから始まる

不動産投資にまつわるSEO対策の導入についてお考えなら全研へ
不動産投資のSEO対策はコンテンツ作りも大切ですが、いくらめぼしいキーワードを対策しても競合も対策していては非常に労力を要します。

また苦労をして上げ切ったとしても集客につながらないキーワードもあったりするため、成果が出るマーケティング戦略を組んだうえで実行していくことが大切です。

全研本社ではSEO対策をはじめ120業種以上のマーケティング支援実績を通して、お客様の現状課題や目標に合わせたWebマーケティング施策をご案内いたします。

もしただの反響ではなく、自社に合った受注率の高い反響を獲得したいというお考えがございましたら、まずポジショニングメディアについてまとめている資料をご用意しています。下記よりダウンロードしてご確認ください。

また、Webマーケティングの集客方法をまとめた記事なども公開しています。興味がある方はこちらもご確認ください。

ページトップへ