工務店でDXを進めるべき理由と具体的な施策を紹介

工務店でDXを進めるべき理由と具体的な施策を紹介
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

DXとは

DXは、。2004年にウメオ大学(スウェーデン)のエリック・ストルターマン教授が提唱した「Digital Transformation」の略語ですました。ひと言でまとめると「ITが社会に浸透することでもたらされる変化」と説明できます。

ちなみに経済産業省は以下のようにDXを定義しています。

「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」

引用:経済産業省「DXレポート2中間とりまとめ(概要)」(https://www.meti.go.jp/press/2020/12/20201228004/20201228004-3.pdf)

よく似た言葉としてデジタライゼーションがあげられます。デジタライゼーションは個別の業務・製造プロセスのデジタル化、DXは全体の業務・製造プロセスのデジタル化を図りビジネスモデルや事業の変革を目指すものです(業務を切り口とする場合)。

デジタル技術を活用してビジネスを劇的に変革し、社会にも影響を与えていくことがDXといえるでしょう。

工務店にDX推進が求められる理由

工務店にDX推進が求められる理由

工務店にとってもDX推進は避けられないものとなりつつあります。なぜ必要なのでしょうか。

ビジネスのオンライン化

新型コロナウイルス感染症の流行を受けて、対面での活動が難しくなっています。人と人との接触が感染リスクを高めてしまうからです。流行拡大前に比べると、対面での打ち合わせや商談は行いにくくなっています。顧客の中には、非対面で打ち合わせできる工務店を選びたいと考える方が一定数います。

なお新型コロナウイルスが収束しても、見込み顧客と接触する機会を増やすためにビジネスのオンライン化がさらに進むでしょう。

変化する環境に対応するため、DX推進が求められているのです。デジタル技術を活用してビジネスモデルを再構築できないと、社会の変化に対応できない恐れがあります。

顧客の購買行動の変化

インターネットが普及したことで、顧客の購買行動は劇的に変化しています。具体的には購買に繋がる行動パターンは「認知・興味・欲求・記憶・行動(AIDMA)」から「認知・興味・検索・行動・共有(AISAS)」に変化したと考えられています。つまり消費者自らが情報をリーチして、自らの体験を発信するようになっているのです。

顧客の購買行動の変化で、従来型のマーケティング活動だけでは効果的に集客できなくなっている企業が増えています。デジタル技術を導入して、マーケティング活動そのものを変革することも求められています。

労働人口の減少

少子高齢化の影響などを受けて、人手不足に悩まされている工務店は少なくありません。採用母数が大きく増えることは、今後も見込みにくいでしょう。

DX推進は、人手不足の解消にも役立つ可能性があります。デジタル技術を活用してビジネスモデルを変革することで、生産性を飛躍的に高められるからです。例えば新しいシステムを導入して業務を効率化するだけでも生産性を高められます。

DX推進は、人手不足に悩んでいる工務店に欠かせない取り組みといえるでしょう。

工務店がDX推進に取り組むメリット

工務店がDX推進に取り組むメリット

工務店がDXを推進する主なメリットとして次の点があげられます。

働き方改革の実現

DX化が進むと、場所や時間の制約は少なくなり、働き方の多様化が可能となります。例えばWeb会議ツールを導入すると、会議のために出社する必要はなくなります。

工務店が多様な働き方を実現するメリットは、優秀な人材を集めやすくなることです。求職者のニーズにこたえる労働環境を整えることで、自分らしく働きたい方や育児と仕事を両立したい方などから選ばれやすくなります。

また従業員の満足度も高まるため、離職率を引き下げられる可能性もあります。

生産性の向上

生産性を高められる点も、DXを推進するメリットです。例えば営業支援ツールを導入して、営業活動の標準化を図るなどが考えられます。データを活用して成約に至るまでの流れを整理ことにより営業活動の無駄を省けます。

DX推進は、新たなビジネスモデルの創出につながることもあります。一例として、バーチャル内見があげられます。バーチャル内見には、業務の効率化と成約率のアップなどを期待できます。

DX推進は、企業の生産性や収益性の向上に欠かせない取り組みです。

新規顧客の創出

DXを推進することで、新規顧客を効率よく創出できる可能性もあります。

現代において、多くの見込み顧客は実際に工務店に問い合わせする前にインターネットで情報収集をしています。Googleなどの検索エンジン、あるいはSNS上に自社の情報を露出できれば、今よりもずっと多くの顧客に認知してもらえます。なお、ターゲットを絞って集客戦略を自社の強みに最適化することで、問い合わせのだけではなく成約の数も大きく伸ばせます。

もちろん、Webを活かした集客を実現するには一定のノウハウは必要です。しかし、見込める効果は大きいため、DX化を進める工務店が検討したい施策といえるでしょう。

レガシーシステムの脱却

DX化を推進することで、レガシーシステムからも脱却できます。レガシーシステムは、一昔前の技術で構築されたシステムです。度重なる改修でブラックボックス化が進み、保守・運用が属人的になっている、維持・管理に多額のコストがかかるなどの問題を抱えているケースが少なくありません。

またレガシーシステムが、時代に即したビジネスモデルへの変革を阻んでいることもあります。つまりレガシーシステムは、ビジネスの妨げになっていることが多いのです。

今まで使ってきたシステムを新しいシステムに置き換えることで、維持管理費を抑えられる、ビジネスモデルを変革できるなどの可能性があります。

工務店が取り組める具体的なDX施策

工務店が取り組める具体的なDX施策

工務店がDX化を推進する場合、どのような取り組みを行えばよいのでしょうか。具体的な施策を紹介します。

Web集客

「顧客が集まらない」というの課題のであれば、DX施策としてまず取り組みたいのはWeb集客です。工務店に向いているWeb集客を見ていきましょう。

ポジショニングメディア

ポジショニングメディアは、自社が提供しているサービスや扱っている素材などに特化した専門のWebサイトです。自社のホームページとは切り離して展開し、ユーザーに対して第3者の観点から情報を提供しながら自社をアピールする媒体です。

ポジショニングメディアの最大のメリットは、自社と相性の良い顧客 = 成約になりやすい顧客を効率的に集められる点です。

たとえば自社の強みが自然素材を活かした家づくりなら、自然素材を使った家に興味のあるユーザーに向けてポジショニングメディアを展開します。メディア内では素材の種類やそれぞれのメリット・デメリットやメンテナンス、コストなどについて丁寧に説明をおこない、選択肢となり得る工務店・ハウスメーカーを紹介したうえで「このような家なら自社!」とアピールします。

この流れで自社を認知したユーザーは競合他社との違いを含めて自社の良さを把握しているため、「御社にお願いしたいです」という確度の高い問い合わせを獲得する機会が増えます。

ポジショニングメディアを活かすことで成約にならない問い合わせに時間をかけることなく、売上拡大に繋がるユーザーだけを集めることが可能となります。

ポジショニングメディア
について詳しく

Web広告

インターネット上の媒体に掲載される広告の総称です。リスティング広告、ディスプレイ広告、リターゲティング広告などの種類があります。

特徴はWeb広告の種類で異なりますが、基本的には詳細なターゲティングを行える、効果を検証しやすい、改善を図りやすいなどのメリットがあります。

一方で効果的な運用には専門的な知識が必要、キーワードなどによっては広告費が高騰しているなどのデメリットもあります。また伝えたい情報を一方的に発信するだけでは、顧客に情報が届きにくくなっている点にも注意が必要です。

顧客の変化を受けて注目を集めているのが、次に紹介するポジショニングメディア・コンテンツマーケティングです。

コンテンツマーケティング

ユーザーにとって価値のあるコンテンツを発信することで、ニーズを育成して購買へとつなげ、最終的にはファンになってもらうことを目指すマーケティング手法です。

基本的には、自社のビジネスに関連するWebサイトを中心に展開します。情報を集めているユーザーを集客できるため、プッシュ型広告が響かないユーザーにも効果的にアプローチできます。

コンテンツマーケティングには、広告費を抑えられる、ブランディングにつながるなどのメリットがあります。成果が出るまで時間がかかるものの、時代に合っている効果的なマーケティング手法といえるでしょう。

オンライン商談

オンライン商談は、Web会議ツールなどを使って商談を進める営業手法です。

オンライン商談のメリットは、人と人の接触を避けられることと場所の制約がなくなることです。新型コロナウイルス感染症の流行が拡大している時期であっても、営業活動を継続できます。

また移動時間・移動コストを削減できるため、営業効率も高められます。忙しい顧客や遠方の顧客と商談を行いやすくなる点も見逃せません。工務店にとって、メリットの大きなDX施策です。

バーチャル展示会

バーチャル展示会は、スマートフォンやパソコンを使って実際に訪れているように住宅を見学できるオンライン形式の展示会です。

人と人の接触を避けられるため、バーチャル展示会は「ウィズコロナ時代」の集客施策として注目されてきました。コロナ対策としての機能を果たしているほか、コストが比較的低い点や全国からのユーザーに見てもらえる点、、顧客が気軽に参加できる点もメリットとして挙げられます。

新型コロナウィルスは収束に向かいつつありますが、バーチャル展示会は今後も一つの有効な選択肢として残るでしょう。

顧客管理

顧客情報の一元管理も取り組みたい施策のひとつです。具体的な施策として、顧客管理システムの導入などがあげられます。

顧客情報を一元管理することで、社内での情報共有が進み、担当者の変更などがあっても顧客対応がスムーズに行えます。

顧客の購買プロセスを把握しやすくなる点も魅力のひとつです。顧客の状況に応じた効果的なアプローチを図りやすくなります。例えば情報を集めている段階の顧客には住宅の特徴を説明する、具体的な検討を進めている段階の顧客には完成見学会への参加を勧めるなどが考えられます。

顧客管理を徹底することで、生産性を高められるでしょう。

【まとめ】工務店のDXを売上拡大に繋げる

工務店のWeb集客は全研本社にお任せください

DXは、デジタル技術を活用してビジネスを劇的に変革し社会にも影響を与えていくことといえます。新型コロナウイルス感染症の流行拡大、顧客の購買行動変化、労働人口の減少などに対応するため、工務店にも欠かせない取り組みとなりつつあります。

DX推進の主なメリットは、業務の効率化と生産性の向上です。今まで手間をかけておこなっていた業務を(半)自動化できれば、個々のお客様対応などに割けられる時間が増え、反響に対する成約率や売上が上がるはずです。

お客様が来ない、成約数が伸びないという課題があるのなら、自社と相性の良い顧客を集めるWebマーケティングに力を入れることがおすすめです。

キャククルの運用元である全研本社では、120以上の業界で7600を超えるWebマーケティング実績を上げてまいりました。クライアントならではの強みに特化した広告・マーケティング戦略づくりを得意としています。工務店のWeb集客にお困りの方は、全研本社までご相談ください。

Web集客について相談する

ページトップへ