高級住宅や豪邸の集客広告戦略は「購買検討者へのアプローチ」がカギ

高級住宅や豪邸の集客広告戦略は「購買検討者へのアプローチ」がカギ
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

集客が難しい豪邸や高級住宅市場の集客広告施策をまとめました。既存のマーケティング戦略で煮詰まっている方はぜひチェックしてみてください。

また、「住宅展示場に来場した半数以上が商談に進んだ」「自社のコンセプトにあった施主を集客し、平均客単価が1000万円以上アップした」といった導入実績のある集客施策「ポジショニングメディア」についてもご紹介します。

高級住宅や豪邸の集客に使う広告媒体は「購買を検討しているか」で選ぶ

高級住宅や豪邸の購入検討しているユーザーの集客を考えると、つい富裕層が見ているリーチ数(閲覧者)のある広告媒体への出稿をしてしまう方も多いのではないでしょうか。

しかし、建築検討者に絞った広告媒体に出稿をすることによって、リーチ数は減りますが反響や商談につながるユーザーを獲得することができます。下記で詳しく解説していきます。

モダンリビング

モダンリビング
引用元:モダンリビング「https://www.hearst.co.jp/brands/modernliving/issue/201207?_ga=2.88490715.1928972463.1611227438-827845796.1611227438


モダンリビングは1951年にハースト婦人画報社より創刊された家と家具に特化をした富裕層向け雑誌です。
読者層は住宅建築にこだわりを持つ30~40代がメイン。年収が高いのも特徴で、その約半数が年収1000万円以上、世帯平均年収が1604万円と豪邸・高級住宅を具体的に検討できる層をターゲットにしています。

読者がモダンリビングを読む理由としては、「インテリアの参考になるから」という理由が70%以上を占めており、ラグジュアリー系インテリアの集客にも使いやすい広告媒体といえます。
参考元:https://www.hearst.co.jp/content/download/9659/396180/version/1/file/ML総合媒体資料2020.pdf

日本の美邸

日本の美邸
引用元:日本の美邸「http://www.fudosha.com/magazin/japanquality/1966/」

日本の美邸はチルチンびとを発刊している風土社が高級注文住宅専門誌として創刊しました。
読者層の特徴としては、企業創業者や病院経営者、上場企業役員などの富裕層が多いのが特徴です。

参考元:http://www.fudosha.com/wp-content/uploads/2019/11/ad_JQ06-07.pdf

ホームズ高級住宅・豪邸ページ

ホームズ高級住宅・豪邸枠
引用元:ホームズ「https://www.homes.co.jp/iezukuri/product/list/」

ホームズでは様々な住宅カテゴリの中で高級住宅・豪邸というカテゴリを持っています。
また、掲載時には自社商圏に絞った広告掲載ができます。広告掲載時には載せたい広告枠にどれほどの競合他社が載っているのか把握して吟味すると良いでしょう。

領域特化型オウンドメディア

自社の狙うべき領域に特化をしたオウンドメディアを制作・運用をすることで、豪邸・高級住宅建築、購買層を狙える自社集客のための広告媒体として扱うことが可能です。

富裕層狙えるのWeb市場は競合他社やポータルサイトも狙っているため競合性が高いのがネックですが、住宅業界でのWebマーケティング実績があるプロに任せることで不安を払しょくすることが出来ます。

導入事例

高級住宅の建築ニーズ、購買ニーズを持っているユーザーに向けてラグジュアリーな雰囲気を持つオウンドメディアを制作、運用してもらっています。
導入当初はSEOの世界なので反響母数はそこまで多く稼げなかったものの、1件1件の質がよく、今では毎月億単位の受注が決まっています。

キャククルの運営元である全研本社では、富裕層向けのオウンドメディア制作も行っております。
市場調査から競合分析、サイト設計、制作、運用に至るまで、全ての案件を内製で行っています。SEO対策も同様に社内の専門部署で運用しており、豊富なノウハウがあります。
下記で、全研本社のオウンドメディアについて詳しく紹介しておりますので、ぜひご確認ください。

全研本社のオウンドメディアとは?
詳しくはこちら

「貴社で建てたい」という反響を獲得するポジショニングメディア

ポジショニングメディア事例ポジショニングメディア事例 詳細はお問い合わせください

どの比較サイトでも、アクセス数が多い分、反響の「数」は取れる可能性があります。ですが「質」はどうでしょうか。

例えば、単に様々な工務店を見比べ情報収集しているユーザーから反響が取れた場合は、なんとか競合より早く接触をして、なんとか競合よりも魅力的な資料を準備し、プレゼンや相談を何度も行い興味度を上げ、予算が合わなければ値段も品質も妥協してなんとか受注する…というストーリーが考えられます。

しかし、貴社の商品を知り尽くし、「貴社で注文住宅を建てたい」という方からの反響が取れた場合は、貴社の商品を説明をするだけで大丈夫です。
そして、そのお客様の理想の家づくりに向けてしっかり膝を突き合わせてプランニングをすれば成約もしやすいでしょう。
その結果、客単価と住宅品質を妥協することも少なくなり、新しい商品開発やチャレンジに向けた利益を確保することもできます。

このような反響を獲得するために、ポジショニングメディアという「自社で建てるべきターゲットに自社の良さを浸透させる施策」があります。

導入事例

毎日電話が来ていて翌年まで予約が埋まってしまいました。
メールでも問い合わせが来ているのですが、とにかく問い合わせの質がよいです。

今までプランニングしていた金額では高いと言われてしまうことが多かったのですが、高いと言われなくなるようになりました。

おかげさまで受注単価が1.5倍に伸ばすことが出来ているので、ポジショニングメディアを中心としたマーケティング戦略に切り替えました。

上記のように、自社のコンセプトを理解した客単価の高い施主を集客し、成約率の高い商談案件を実現したい方はこちらよりご覧ください。

ポジショニングメディア
について知る

高級住宅や豪邸の集客広告戦略まとめ

豪邸・高級住宅の検討層を集客するには、検討層がいる広告媒体に出稿することが大切です。

また、広告媒体を出稿する際には自社の強みや特徴が競合と違いが分かるまで打ち出せるかが重要で、反響獲得後の営業のしやすさにまで関わってきます。

全研本社では住宅業界をはじめ、120業種以上のWeb集客実績があります。
もし、欲しいターゲットがなかなか集客できない、どんなマーケティング戦略を仕掛けるべきか迷っているようでしたらお気軽にご相談ください。

ご相談時には弊社コンサルタントがヒアリング及び市場調査の上狙うべき市場を吟味、最適なマーケティング戦略をご案内いたします。

高級住宅Web集客の
ご相談はこちら

ページトップへ