家族信託(民事信託)での集客、顧客獲得のポイントとは

家族信託(民事信託)での集客、顧客獲得のポイントとは
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

家族信託(民事信託)を集客の軸にするには

家族信託(民事信託)の需要は近年高まっています。信託法学会によると下記のように増加傾向にあります。

平成29年度ころから,契約件数が増加(推計 2000~3000 件)
比較:平成 30 年度末の成年後見制度(成年後見,保佐,補助,任意後見)の利用者数の合計は 21 万 8142 人,任意後見の利用者は 2611 人(司法統計)

自分の財産を家族に残す信託なので、高齢化社会の日本では今後も増加していくでしょう。

引用元:第 44 回信託法学会(http://shintakuhogakkai.jp/activity/pdf/vol44%20report02.pdf)

家族信託(民事信託)の集客先とは

司法書士が家族信託(民事信託)を集客ルートは主に2種類です。

  • 家族信託(民事信託)を扱う事業者から集客
  • 個人から集客

上記2つの集客する手段は異なります。

家族信託(民事信託)を扱う事業者から集客する場合

契約イメージ
家族信託(民事信託)の相談を受ける会社や機関から相談が必要な個人を紹介してもらう流れです。

現在でいうと主に相続を扱う事業者と考えると分かりやすいでしょう。ターゲットとしては金融機関、不動産会社、保険会社などが挙げられます。

取引先に家族信託(民事信託)を相談をしてみる

すでに取引先で保険会社や不動産会社など相続を扱っていれば相談してみましょう。まだ家族信託(民事信託)についての知識がない可能性もあります。

今後需要の広がりが見込めるため、一般的に広まっていないうちに早めに手を打っておくのがよいです。

家族信託(民事信託)の新規顧客獲得

現在相続を扱うような取引先がない場合、または新しく増やしたい場合には顧客獲得のため営業をしなければいけません。家族信託(民事信託)を扱っていなければ自然と自分の元へ訪れる可能性は低いため、自ら足を運んでの説明をしていきます。

完全な飛び込み営業が苦手な場合には、事業者が興味をもちそうな相続の悩み解決を受け付けるなどで接していき、面識を深めてから家族信託(民事信託)を説明していく方法もあります。

直接個人から家族信託(民事信託)を集客するには

提案風景イメージ
直接個人から集客する際、家族信託や民事信託という言葉自体を知らない方が多いことを認識しなければいけません。

ホームページなどの広告を通じて集客することになりますが、家族信託や民事信託のキーワードでは一般的に広まらないとなかなかアクセスを見込めないです。

家族信託(民事信託)の集客は相続の悩みを入り口としよう

家族信託(民事信託)を扱う事業者の新規顧客獲得と同様で、まずは相続に悩んでいる方の集客を狙うと間口が広がります。

個人を直接集客する方法として下記の2種類が挙げられます。

セミナーを開催する

個人を対象とした場合、相続の悩み解決セミナーを開催なども集めやすいです。士業である司法書士が講師をするセミナーは具体的な相談ができる印象があるため、可能であれば個別相談会の時間などを設定しておきましょう。

遺言や成年後見制度を検討しているなど、家族信託(民事信託)につながる問題の相談を受けやすいです。

ホームページでの集客

ホームページの集客を相続に関するキーワードに設定し、掲載するコンテンツは悩みの解決につながる情報です。相続の解決策のひとつとして家族信託(民事信託)という方法があることを伝えます。

家族信託(民事信託)のメリットを伝えて集客しよう!

方法に関わらず通常の相続との違いやメリットを伝えることが重要です。特にホームページの場合、セミナーとは異なり個々に具体的な説明は不要です。

家族信託(民事信託)が向いているケースなど、具体的な事例を挙げることで相続の悩みでアクセスしてきた方の心をつかみやすくなります。

競合がいる場合は差別化も意識

スーツ男性イメージ
まだ一般的に広まっているとも言い難い家族信託(民事信託)ですが、競合がいないわけではありません。勝負を仕掛けるエリアに家族信託(民事信託)を提供している司法書士がいる可能性もあります。

先にサービスを提供していても、将来的に需要が高まれば今後ライバルが増えてくる可能性も高いです。差別化できるポイントはしっかりアピールしましょう。

家族信託専門士や民事信託士の資格はあるか

家族信託専門士民事信託士など専門の資格があるかはユーザーにとって選ぶ際に大きな基準となります。資格を取得しているならばアピールしておくべき点です。

現在は資格がない場合も、家族信託(民事信託)で集客を考えているなら取得を検討してもよいかもしれません。

家族信託(民事信託)の実績がある

家族信託(民事信託)の実績も選ぶ際に重視されやすいです。具体的に民事信託で必要な手続きなどを紹介したり解説したりすると説得力が上がります。

家族信託(民事信託)といっても司法書士がおこなうべき業務はいくつもあります。

  • 契約書や遺言書の作成
  • 名義変更の手続き

上記のような一部手続きのみではなく、残余財産の引渡見守りまで全体を通して実績があることを伝えると効果的です。

家族信託(民事信託)の口コミで集客

家族信託(民事信託)を対応した方からの感謝の声を体験談口コミとして掲載するのも差別化ポイントです。
ホームページのコンテンツに実際に利用した人の声を掲載するのは下記のメリットがあります。

  • 説得力も強くなる
  • 実績があることがわかる
  • 相続との違いが伝わりやすい

家族信託(民事信託)の集客戦略は差別化した告知戦略を

集客する際には、相続との比較や家族信託(民事信託)についての説明などを踏まえた告知活動をしていきましょう。
ホームページで告知活動する際には将来的な需要拡大も踏まえて差別化を掲載することが大切です。

  • ホームページのコンテンツ作成に掲載する内容が決まらない
  • 差別化としてアピールできる点が見つからない
  • 将来的に需要が増えても負たくない

上記の悩みをもつ方は、全研本社にご相談ください。7000件以上の豊富なサイト制作実績があり、差別化できる戦略を提案させていただきます。

司法書士の集客・顧客開拓の戦略を詳しく知りたい方はこちら

お問合せはこちら

ページトップへ