司法書士が集客力アップを狙うとき、成功のためのポイントは「web集客」。以前では、企業の宣伝においてテレビCMなどの広告や、直接売り込むセールスマンなどで成果をあげていました。しかし現代の集客では、広告活用に加えてweb情報の充実が重要な要素になっています。

ターゲットが依頼の決断をするまでに必要とするweb情報を提供するために、司法書士の集客力アップには「web集客」が欠かせません。

司法書士の集客は動機と訪問(相談)のための行動を考える

司法書士にとって、新規顧客となるターゲットはどこにいるのでしょうか?

例えば企業の経営者は、商工会議所や同友会などに集まります。また、ライオンズクラブやロータリークラブなどへの入会、年齢が30代前半であれば青年会議所(JC)への入会も検討出来ます。

直接経営者にアピールできるため、新規顧客開拓のチャンスがあります。 集客の目的をもって入会した場合、目的を忘れずに仕事への熱心さと誠実さをアピールしましょう。

司法書士の集客は顧客の「行動パターン」を理解する

ターゲットは、司法書士を必要としたときにどんな行動をとるのか?

司法書士事務所を探す、依頼の決断をするなどの集客チャンスに、ターゲットがとる行動を理解したアプローチが必要です。

インターネットが普及した現代では、年齢を問わずさまざまな顧客層が「web検索」をします。緊急性の高い低いに関わらず、web上の情報を求めて検索するターゲットは非常に多いのです。

妻にに不動産を贈与する予定の相談者のケース

妻に不動産を贈与したいと考えている相談者。後々のトラブルを防ぐためにも、口頭ではなく契約書を作成したい。司法書士に契約書の作成をお願いするべく、自宅から足を運べる範囲の司法書士事務所を探します。まずはインターネットで検索します。キーワードは「地域名 司法書士事務所」。

足を運びやすい範囲には、2つの司法書士事務所があるようです。どちらにするべきか、それぞれの公式HPをじっくり閲覧。どちらの司法書士事務所も業務内容などが細かく書かれています。片方の公式HPには、お役立ち情報として事例や法律に関する情報が詳しく紹介されていました。詳しい内容に丁寧さを感じ、親身になってくれそうな印象を抱きました。どちらも信頼できそうな事務所でしたが、より親身になってくれそうな方の事務所に依頼することに決めました。

株式会社を設立する経営者のケース

株式会社を設立する予定の相談者は、司法書士に依頼をして設立登記をしたいと考えています。設立後もお世話になりたいので、信頼できそうな司法書士事務所を探します。そういえば会社を構える土地の近くに、司法書士の看板広告を見かけたことを思い出します。名前だけは覚えていましたので、インターネットでその事務所を検索します。キーワードは「〇〇司法書士事務所」。

公式HPを閲覧し好印象を抱いたものの、料金や事務所の様子など、ほかの事務所も検索して比べてみようと考えます。キーワードは「地域名 司法書士事務所」など。

司法書士を探せるポータルサイトにいくつかの事務所が載っており、最初に公式HPを閲覧した事務所の名前もあります。他の事務所と料金体系も似ており、見劣りしない事務所だと感じ問い合わせをすることに決めました。

不動産での開業を考えている相談者のケース

不動産で開業を考えている相談者。開業のための準備を調べているうちに、「保証供託(担保供託)」について知りました。そのほかにも必要な手続きが多く、司法書士に開業に必要な手続きをまとめて依頼しようと考えます。

まずは近隣の司法書士事務所をインターネットで探します。キーワードは「地域名 司法書士事務所」。いくつかの司法書士事務所が候補にあがり、公式HPを閲覧。ある司法書士事務所のサイトに目がとまります。

その司法書士事務所では、不動産業を経営する顧客向けのサービスを紹介しており、スムーズな対応が期待できます。また「無料相談」も実施しており、まずはこの司法書士事務所に相談することに決めました。

司法書士の集客はターゲットに合わせた広告メディアを利用する

司法書士が集客をするとき、ターゲットは潜在顧客と見込み顧客です。まだ貴所の名前も知らない潜在顧客層には、貴所の名前を知るきっかけを用悪しなければなりません。

潜在顧客層には、「刷り込み型」の広告活用

刷り込み型の広告は、ターゲットに何度も貴所の広告を目にしてもらうことで記憶に残すことを得意としています。

例えば、看板広告やバス・電車内の中吊り広告など。また、オウンドメディアを活用した潜在顧客層へのアプローチも有効です。

見込み顧客には、webでの情報提供が重要

インターネットが普及している現代では、web検索の需要は絶えません。

貴所について検索するユーザーにはもちろん、司法書士を探しているユーザーにも「貴所の詳しい情報」を十分に提供しなければなりません。公式HPの充実はもちろん、ポータルサイトなどターゲットが検索する需要に応える準備が必要です。

潜在顧客と見込み顧客のいずれにせよ、貴所の情報を十分に提供できるかどうかが集客力に影響します。

司法書士のターゲットに合わせたアプローチと集客方法

ターゲットが貴所に依頼を決断するまでに、「何を見て」「何を知りたいのか」を理解しましょう。インターネットを介さないオフライン広告では、看板広告や中吊り広告、店先広告などがあります。また、web集客では公式HPの充実やポータルサイトの登録をはじめ、リスティング広告やオウンドメディアなどがあげられます。

ターゲットが知りたい情報を提供できるかどうかが成功の鍵です。

司法書士のweb集客

司法書士のweb集客では、ターゲットの多様な検索需要に応える準備をします。公式HPは貴所の基本情報だけではなく、「どんなことを解決してくれる司法書士なのか」をしっかり伝えましょう。

また、web集客では「見つけやすさ」も大切です。ターゲットが貴所の情報を効率よく得られるよう、検索結果の上位に表示されるような対策をします。

ホームページのマルチデバイス対応

公式HPには、貴所について詳しく知りたいと考えたユーザーのすべてが集まります。差別化が難しい士業の世界では、コンプライアンスにより「〇〇に強い」などの表記はできません。ですがターゲットは“この司法書士事務所を選んだ”という理由がほしいもの。

「信頼できそうな司法書士事務所」であると判断されるためには、情報が必要です。 貴所の実績などを含め、“この案件は貴所にお願いすれば間違いなさそうだ“とターゲットを引き込む工夫をしましょう。

またターゲットの利便性を考慮し、公式HPの閲覧はパソコンだけではなく、スマートフォンからでも閲覧できるようにしておきましょう。

SEO、検索エンジン最適化

SEOとは、検索エンジン最適化のことをさします。Googleなどのユーザーが検索時に使用する検索エンジンは、検索結果をwebページの評価順で表示します。

ユーザーは検索結果の上位にあるページしか閲覧しないことが多々あるため、検索結果の上位に貴所の情報があることが重要です。

貴所の公式HPなどの情報に、ターゲットがたどり着きやすくするための施策がSEO対策です。 SEO対策の方法は日々進化しているものの、ターゲットが検索する意図を理解し、知りたい情報を詳しくわかりやすく提供することを心がけましょう。

ポータルサイトへの広告出稿

司法書士のポータルサイトへの登録はおすすめです。ポータルサイトの例として士業者検索の「サムライウェブ」などがあります。

  • エコノミープラン
    広告掲載無料(ただし、サムライウェブとの相互リンクが必要)
    基本情報・顔写真・取扱業務一覧表の掲載

ターゲットが司法書士を探す際にポータルサイトを利用することは多くあります。依頼をする司法書士の候補にあがるために、貴所の情報が載っているようにしましょう。

MEO(グーグルマイビジネスの登録)

Googleマイビジネスに登録すると、貴所の名前を含んだキーワードの検索結果ページに貴所の基本情報が表示されます。

営業時間や電話番号などが掲載され、Googleマップには所在地が表示されます。

また口コミが掲載される枠もあり、店舗などの企業ではユーザーの口コミが集まっています。 Googleマイビジネスの表示は、貴所の基本情報を得たいユーザーにとって便利なツールです。

リスティング広告

リスティング広告は、対象としたキーワードが検索されたときに広告を表示します。検索結果の上部に表示されるので目立ち、また、広告を表示させる時間なども決められるため無駄のない広告掲載が可能です。 ただし、ユーザーによってはリスティング広告の位置をあえて見ないこともあります。

広告費は、1クリックあたりの単価×;実際のクリック数で決められます。クリック単価はキーワードによって異なり、検索回数の多い「司法書士」などのキーワードは高額になります。「司法書士 地域名」など、検索回数が絞られたキーワードでの広告活用がおすすめです。

オウンドメディアによる発信

オウンドメディアとは、公式HP以外で企業自身が運営するwebサイトやブログをさします。ターゲットが知りたい情報を丁寧に詳しく書いた記事を積み重ね、オウンドメディア自体のファンを育成します。司法書士の業務にまつわる情報など、ターゲットが司法書士に依頼するときの疑問点などを考慮したコンテンツを用意しましょう。

オウンドメディアには見込み顧客を引き込むメリットのほかに、潜在顧客を取り込むメリットがあります。まだ貴所の名前も知らない潜在顧客がオウンドメディアから貴所の名前を知り、「こんなに情報豊富な司法書士事務所は信頼できるに違いない」と思わせることができるのです。

エリアマーケティングメディアによる発信

エリアマーケティングメディアとは、限られた地域の情報を集めたメディアです。ターゲットが司法書士を探すとき、全国各地からではなく足を運べる範囲の司法書士事務所を探します。 地域が限定されたエリアマーケティングメディアはターゲットにとって効率よく情報を探すことができるのです。

エリアマーケティングメディアに貴所の名前があることで、「〇〇地域の司法書士はここ」という認識をしてもらえる可能性もあります。

司法書士のオフラインによる集客

インターネットを介さないオフライン広告では、潜在顧客に効果的にアピールができます。 ターゲットが広告を何度も目にすることで印象付け、「この場所に貴所がある」と認識してもらうのです。まだ司法書士を必要としていない潜在顧客にアピールしておくことで、いざ必要となったときに貴所が有力な候補になることが期待できます。

折込チラシやポスティング・チラシ

新聞などの折込チラシやポスティングチラシは、ターゲットのいるエリアに絞って配布することが重要です。チラシを何気なく目にしたターゲットに貴所を覚えてもらう「刷り込み型」のアピールができます。

看板広告

看板広告は、「刷り込み型」のアピールのなかでもインパクトのある広告です。ターゲットの通勤導線やビジネス街などに掲出することで、何度も目にしてもらえます。 潜在顧客へのアピールとして有効であり、司法書士を探すときの候補にあげられやすくなります。

店先広告

店先広告では、「無料相談会」の開催などで近隣のターゲットと直接コミュニケーションを図るチャンスが生まれます。そのほかにもセミナーの開催や役立つ情報が載った冊子の配布なども有効です。

バスや電車などの放送広告

バスや電車内の放送広告も「刷り込み型」のアピールができる広告ですが、こちらは目ではなく耳、聴覚に訴えかけます。最寄り駅で学校や企業、商業施設などの名称をアナウンスをするため、「この近くに〇〇がある」と認識してもらえます。

中吊り・つり革広告

バスや電車内の中吊り・つり革広告は、看板広告などに比べてターゲットに長時間見てもらえる広告です。目のやり場のない車内で注目を集め、潜在顧客に印象付けることができます。ターゲットが乗車するエリアに広告掲載をすることで、効率よくアピールしましょう。

オフラインは潜在層に効果的なアプローチができる

このようにオフライン広告は、「刷り込み型」アピールとして潜在顧客層に効果の高い広告です。貴所の「名称」と「だいたいの所在地」を覚えてもらうことで、司法書士=貴所として認識してもらえる可能性も高くなります。

そして貴所の名称を覚えたターゲットは、さらに情報を得ようとします。 そこで貴所について詳しく知るための行動がweb検索です。オフライン広告で得た見込み顧客を「web集客」でしっかりと引き込むことが重要です。

司法書士はターゲットに合わせたweb集客方法が重要

司法書士の集客では、ターゲットを理解した集客方法をとることが大切です。多くのターゲットがweb検索で情報を得ようとしますが、必要とされている情報に応えなければなりません。

ターゲットに沿ったweb情報を提供する

ターゲットが検索するさまざまなキーワードを網羅したwebページが必要です。 また、ターゲットにわかりやすい内容であるために、難しい用語や言い回しは避けましょう。

ターゲットが検索するさまざまなキーワードを網羅したwebページが必要です。 また、ターゲットにわかりやすい内容であるために、難しい用語や言い回しは避けましょう。ターゲットを満足させる「web集客」を効果的に活用し、司法書士の集客力アップにつなげましょう。