製造業向け購買管理システムを徹底比較!導入事例や口コミ評判を紹介

製造業向け購買管理システムを徹底比較!導入事例や口コミ評判を紹介
share
Facebook Twitter はてなブックマーク Pinterest

製造業における購買管理の課題を解決するシステムを比較解説

「製造拠点が複数あるため、適正な価格や数量で間接材を仕入れるのが難しい」
「本部で仕入れているものの、納品が滞るケースが頻発している」など、

購買管理で課題を抱える製造企業は少なくありません。このような課題を解決する方法として、昨今、注目を集めているのが購買管理システムです。

この記事では、製造業における購買管理の重要性や、管理をスムーズにする購買管理システムを紹介します。

製造業における購買管理の重要性

製造業において購買管理は、生産性を高めて利益拡大を図るのに、欠かせない作業だと言えます。生産活動において購買業務を管理すると、必要とするタイミングに資材を適量で仕入れて、コスト削減を図りながらも、品質の高い製品を顧客に届けられるようになります。

安定的に仕入れることはもちろん大切ですが、必要な分だけを仕入れて過剰在庫を回避することも必要です。製造業においてはジャストインタイム生産が今でも広く実施されていますが、必要な部品だけで回る生産には大手・中小企業関係なく購買の細かな管理も必要です。

過剰在庫は実質的な赤字になり、在庫不足は販売機会の損失に繋がります。利益拡大のためにも、購買管理で一連の流れを滞りなく進められる環境を整えることが重要です。

製造業向けの購買管理システム一覧

ここでは製造業で購買管理システムの導入を検討中の方のために、導入可能な購買管理システムをはじめめに紹介します。必ずしも製造業に特化しているものではないですが、製造業の企業にも導入されているシステムを選びました。システムによって、搭載機能がそれぞれ異なりますので、各システムの特徴を参考にしながら、自社に合ったシステム選びにご活用ください。

画像をクリックすると、資料ダウンロードページに移動します。

購買管理システム システムの特徴
製造業購買管理システム「SOLOEL(ソロエル)購買システム」のサイトキャプチャ画像【PR】SOLOEL(ソロエル)購買システム 超大手企業の実績が豊富!30を超えるカタログサイトとの接続も可能
・CASIOや島津製作所も利用! 製造業の大手にも導入されているシステム
・業界最多のカタログサイト34社の接続実績!横断的に最安値検索が可能
・物品材だけでなくサービス材も一つのシステムで購買可能!
資料ダウンロードはこちら >>
製造業購買管理システム「ビズネット」のサイトキャプチャ画像【PR】ビズネット 大手~中堅企業の実績が豊富!有名サプライヤー商品が特別価格で購入可能
・14,000社以上の企業が採用!5,000万アイテム以上を取扱い
・有名BtoBサプライヤー商品をディスカウント価格で購入可能
・請求処理の手間を削減!ビズネットが請求を取りまとめて一元化
資料ダウンロードはこちら >>
PROCURESUITE(プロキュアスイート) ・購買プロセスを可視化させる調達支援システム
・カタログサイトと連携でき間伐材のコスト削減
購買管理プラットフォーム ・1.4万社の企業に採用されている購買管理システム
・連携サプライヤーの商品の横断検索に対応
BtoBプラットフォーム TRADE(トレード) ・発注書・発注請書に電子署名やタイムスタンプを付与可能
・既存の基幹システムや会計システムと連携が可能
クラウド型間接材調達支援サービス ・支出を見える化させ購買業務プロセスを改善
・利用している企業は約1,700社以上
トラミル ・電子帳簿保存法改正・インボイス制度への適用
・ハイブリッド型の購買ソリューション
Hi-PerBT 購買管理 ・一般購入品・生産材の購買管理システム
・自社開発により拡張性が高い

【PR】アスクル100%子会社!豊富な間接材を一つのシステムで購買管理

ここでは、製造業の事業活動に必要な「間接材」を一つのサービスで購買管理できる「SOLOEL(ソロエル)購買システム」を紹介します。アスクル100%の子会社で通販サービスで蓄積されたノウハウを活用。取り扱いできる間接材の種類が豊富で、物品材のみならずサービス材の購入も管理できます。

SOLOEL(ソロエル)購買システム


購買管理システムのソロエル株式会社公式サイトキャプチャ画像

画像引用元:ソロエル株式会社公式サイト(https://www.soloel.com)

こんな企業におすすめ

  • 間接材の購買コストを削減したい
  • 契約が伴う購買も含め実績を把握したい
  • 不正や不備を無くすためにシステム化して、内部統制・コンプライアンスを強化したい

\他サービスと比較検討したい方はこちら/

\このサービスと決めている方はこちら/

SOLOEL購買システムがおすすめの理由

【理由1】アスクル100%子会社!多くのノウハウをベースにした製造業の購買管理システム

SOLOEL購買システムは、オフィス向け事務用品の最大手、アスクル株式会社が100%出資して立ち上げた大企業向け購買ソリューション。製造業でも、島津製作所となどで利用されています。

アスクルの事務用品の通販サービスとしての圧倒的なノウハウと実績をベースに、最新ITテクノロジーを駆使した「今までにない購買」を実現。物品の購入から契約内容の管理まで一つのシステムで集中管理します。

【理由2】業界最多の外部カタログサイト34社の接続実績!横断検索で最安値検索が可能

製造業で購買を検討するなら、複数のカタログサイトを閲覧して最安値の商品が知りたいものです。SOLOEL購買システムなら、業界でも最多の34社の外部カタログサイトと接続が可能

何か購入したい商品がある場合、1回の検索で複数のカタログサイトから探し出し、自社のニーズに合わせて最安値の商品を見つけることができます。

【理由3】物品材だけでなくサービス材も一つのシステムで購買可能!

おすすめの3つめの理由は、取り扱える間接材の豊富さ。間接材は、物品材(文房具や製造消耗品)とサービス材(役務)に分類されます。

購買管理といえば、物品材だけをイメージされる方も多いかもしれませんが、SOLOEL購買システムでは、物品材以外にも、「営業車両」「自動販売機」「商業印刷」「通販会議システム」といったさまざまなサービス材の購買管理にも対応購買アイテム数が多く管理が煩雑化している企業に向いています。

\他サービスと比較検討したい方はこちら/

\このサービスと決めている方はこちら/

SOLOEL購買システムの特徴

物品の購入から契約内容の管理まで!物品材とサービス材の購買を一元管理

SOLOEL購買システムは、オフィス向け事務用品の最大手、アスクル株式会社100%の子会社「ソロエル株式会社」が運営する購買管理システムです。製造業ではトーヨータイヤ、島津製作所、住友ゴムといった会社で導入された実績があります。

企業における「間接材(事業活動に必要な購買品)」の購買管理は多岐に渡るため、煩雑になりやすい傾向がありますが、SOLOELを使うことによって物品購入から契約内容まで一つのシステムで容易に管理できます。

物品材だけでなく、サービス材も管理することができます。見積も発注も(半)自動化して一度の操作でまとめて処理できるため、取引先ごとに依頼する必要はありません。

SOLOEL購買システムには、「Enterprise(エンタープライズ)」と「Light(ライト)」の2種類のプランがあります。

SOLOEL購買システムで管理できる間接材(一部)

  • 事務消耗品…文房具・事務用品・オフィス用品・生活雑貨 など
  • IT…デスクトップPC・PC周辺機器・プリンター・サーバー など
  • 図書…書籍・雑誌・特殊刊行物 など
  • マーケティング…販促ツール・ノベルティ・店舗什器 など
  • 総務サービス…営業車両・引越し・会計監査・自動販売機・翻訳 など
  • 人事サービス…人材派遣・技術派遣・人材開発コンサル・福利厚生 など
  • テレコム…固定電話・携帯電話・通信会議システム・電報サービス など
  • MRO品…工具・工場消耗品・燃料・補修用品 など
  • 理化学機器…実験機器、計測器、検査機器 など

その他、物品材やサービス材を問わず豊富な種類の間接材が管理できます。

SOLOEL購買システムの機能

SOLOEL購買システムには、次のような多彩な機能が備わっており、製造業の購買管理における面倒な作業を効率化します。

  • カタログ検索機能…最適な商品を選択するため、キーワード検索、カテゴリ検索、お気に入り検索、履歴検索等多彩な検索機能を実装。
  • 横断検索機能…複数のカタログサイトをリアルタイム横断検索することにより最安値商品検索が可能。
  • 受発注機能…メール・注文データ連携等、サプライヤとの複数の連携手段を実現。
  • 見積機能…複数のサプライやへの同時見積もり依頼が可能。
  • 受入検収機能…検収を一括して実施可能、検収漏れ防止として依頼および督促メールを自動発信。

\他サービスと比較検討したい方はこちら/

\このサービスと決めている方はこちら/

SOLOEL購買システムの導入事例

契約購買システム導入により、サービス材購買業務の効率化を実現

社内の申請・決裁業務、サプライヤからの検収依頼を電子化することでペーパーレス化し業務効率が向上。作業契約の内容や進捗状況などがシステム上で一覧化され、可視化されました。引用元:ソロエル導入事例(https://www.soloel.com/casestudy/osakagas.html)

購買の課題解決に向け、総合的にバランスが優れたソロエルを導入

SOLOEL購買システムは、中立的な立場で運営するバイヤ企業向けのプラットフォームであり、ソロエル社が商流に絡まず、透明性が確保される点が、「購買管理システムを運営するサプライヤとの互恵を意識せず、本当に良いものを安く購入したい」という当社の意図と合致したこと導入のきっかけとなりました。引用元:ソロエル導入事例(https://www.soloel.com/casestudy/nomura.html)

ソロエルの導入により購買プロセスを可視化し業務効率が向上

ソロエル購買システムの導入により、領収書や請求書の支払業務削減を実現し、業務効率化とペーパーレス化を推進する事ができました。引用元:ソロエル導入事例(https://www.soloel.com/casestudy/daihen.html)

\他サービスと比較検討したい方はこちら/

\このサービスと決めている方はこちら/

SOLOEL購買システムの運営会社概要

運営会社 ソロエル株式会社
会社所在地 東京都新宿区新宿1丁目12番5号 Uni-works新宿御苑4F
会社設立 2002年11月(アスクル株式会社100%子会社)
事業内容 アスクル株式会社の間接材購買業務代行
間接材購買システム提供と運用支援
公式HPのURL https://www.soloel.com

\他サービスと比較検討したい方はこちら/

\このサービスと決めている方はこちら/

【PR】14,000社以上の企業が採用!5,000万アイテム以上を取扱い

購買業務をDXで統合管理し、コスト削減も生産性向上もまとめて実現するプラットフォーム「ビズネット」を紹介します。購入可能なアイテム数が5,000万以上!プラットフォーム上にはない、既存の取引商品も電子カタログ化。いつもと同じ商品を、ビズネット経由で購入が可能で、購買部門の生産性を向上させます。

ビズネット


購買管理システムのビズネットキャプチャ画像

画像引用元:ビズネット公式サイト(https://www2.biznet.co.jp/procurement/)

こんな企業におすすめ

  • 相見積りや価格比較に時間がかかる
  • 各部署でバラバラに購買され価格が最適ではない
  • 現場での購買業務の実態が不透明、社内購買ルールの遵守を徹底したい

\他サービスと比較検討したい方はこちら/

\このサービスと決めている方はこちら/

ビズネットがおすすめの理由

【理由1】14,000社以上の大企業・中堅企業が採用

ビズネットは、大企業・中堅企業を問わず、すでに14,000社以上に採用。間接材の発注管理が一元化できるため、担当者は物品の選定や、購入先の検討、請求処理にリソースを奪われることなく、通常業務に専念できます。

【理由2】有名BtoBサプライヤー商品をディスカウント価格で購入可能

各専門分野のトップブランドのサプライヤーと連携。最大5,000万アイテムの豊富な商品をビズネットの会員様向けにディスカウントした特別価格で購入できます。

【理由3】請求処理の手間を削減!ビズネットが請求を取りまとめて一元化

購買管理プラットフォームを通して発注した支払いはビズネットがまとめて請求。これまで作業量の多かった複数の請求処理業務を大幅に削減します。

\他サービスと比較検討したい方はこちら/

\このサービスと決めている方はこちら/

ビズネットの機能

ビズネットには、次のような多彩な機能が備わっており、購買管理における面倒な作業を効率化します。

  • 横断検索機能…連携サプライヤーの商品を横断で検索し、最安商品をスピーディーに探し出せます。
  • 予算設定…部門ごとで購買に使える予算の設定ができます。
  • 費目設定…勘定科目等のお客様で必要な費目コードを設定し、購買時の情報に紐づけができます。
  • レポート実績データ出力…購入明細データのダウンロードができます。様々な視点で分析できるレポートのご提供も可能。

ビズネットの特徴

ワンオペレーションでネットでの統一購買を実現

ビズネットは、BtoBにおける主要ECサプライヤー商品、既存取引先企業からの購買品を一元管理を実現するサービスです。商材ごとに発注先、発注方法を変えず、ワンオペレーションでの購買を実現

また、提携サプライヤーへの価格交渉により、リーズナブルな価格で購入も可能で、最安品の商品をスピーディーに検索できます。さらに、請求処理も一元化でき、時間がかかっていた相見積りや請求書処理などの業務コストを大きく削減します。

3分で分かる!ビズネットの特徴

\他サービスと比較検討したい方はこちら/

\このサービスと決めている方はこちら/

ビズネットの導入事例

備品消耗品の購買業務時間を約171時間削減

導入後は購買管理プラットフォーム上で行った購買についてはビズネットがすべて取りまとめて請求を行うので請求書の処理業務も含め効率化に成功しています。2022年度の5月より購買管理プラットフォームの利用を開始し2022年12月までで購買業務時間を約171時間の削減を実現しました。引用元:ビズネット導入事例(https://www2.biznet.co.jp/case/653/)

業務コストや人件費などを年間9,000万円削減

社内のあらゆる物品をビズネットサービスで調達することにより、それまで要していた人件費の削減や調達業務の簡略化を推進することができ、その結果、年間で9,000万円を超えるコスト削減を実現しました引用元:ビズネット導入事例(https://www2.biznet.co.jp/case/335/)

経理部門にの毎月の請求処理が1万件から20件に削減

経理部では、請求がまとまり一括になりました。そのため、これまでの膨大な請求書を細かくチェックしていた手間とコストが削減されました。また、支払業務のために必要なデータもシステムで管理し、リアルタイムで確認できるようになったため、人的ミスの発生も抑えられるようになりました。引用元:ビズネット導入事例(https://www2.biznet.co.jp/case/532/)

\他サービスと比較検討したい方はこちら/

\このサービスと決めている方はこちら/

ビズネットの運営会社概要

運営会社 ビズネット株式会社
会社所在地 東京都千代田区五番町12番地3 五番町YSビル2階
会社設立 2000年5月
事業内容 現場資材・オフィス関連用品他の調達代行
間接材購買プラットフォーム提供と運用
公式HPのURL https://www2.biznet.co.jp/procurement/

\他サービスと比較検討したい方はこちら/

\このサービスと決めている方はこちら/

その他の購買管理の情報まとめ

購買管理における課題を解決するシステムは、他にもたくさんあります。各システムの特徴や違いをチェックしながら、自社が導入すべきシステム選びご活用ください。

PROCURESUITE(プロキュアスイート)

製造業向け購買管理システムのPROCURESUITE(プロキュアスイート)キャプチャ画像
画像引用元:PROCURESUITE(プロキュアスイート)公式サイト(https://www.daikodenshi.jp/daiko-plus/procurement-management-procuresuite/)

PROCURESUITEの特徴

購買プロセスを可視化させる調達支援システム

PROCURESUITE(プロキュアスイート)は、購買プロセスを可視化・見える化させる調達支援システム。カタログサイトと連携でき、間伐材のコスト削減を図ります。

購入頻度の高い品目をカタログ化すると、発注書作成時の入力作業を軽減。購買頻度の低い品目に関しては、複数サプライヤーの見積を比較検討して情報を残せるので、購買業務を円滑に進めることが可能です。

下請代金支払遅延等防止法に準拠

PROCURESUITE(プロキュアスイート)は下請代金支払遅延等防止法に準拠しているので、コンプライアンス強化が図れます。

紙・メール・ファックスの情報伝達手段をWebにまとめられるので、購買データを蓄積できます。蓄積した購買データから傾向を分析でき、購入頻度を見直してコスト削減に繋げることも可能です。

PROCURESUITEの主な機能

  • 見積取得依頼/承認
  • 図面・仕様書添付
  • 見積結果確認
  • 購入依頼/承認
  • 納期回答受領
  • 検査/承認
  • 進捗照会
  • 支払請求/承認
  • 受入処理/承認
  • 図面・仕様書添付
  • 見積依頼/承認
  • 見積採否/承認 ほか

PROCURESUITEの料金

  • オンプレミス:パッケージライセンス費用+導入支援費用+月額保守費用
  • クラウド:導入支援費用+月額システム利用料

PROCURESUITEの運営会社概要

会社名 大興電子通信株式会社
会社所在地 東京都新宿区揚場町2-1 軽子坂MNビル
会社設立 1953年12月1日
公式HPURL https://www.daikodenshi.jp/daiko-plus/procurement-management-procuresuite/

※購買管理システム一覧表をもう一度見る

購買管理プラットフォーム

製造業向け購買管理システムの購買管理プラットフォームキャプチャ画像
画像引用元:購買管理プラットフォーム公式サイト(https://www2.biznet.co.jp/procurement/)

購買管理プラットフォームの特徴

1.4万社の企業に採用されている購買管理システム

購買管理プラットフォームは、1.4万社以上の大企業・中堅企業に採用されている購買管理システム。標準掲載カタログを活用すれば、有名サプライヤーの最大5,000万点の商品から最安値のものを検索でき、コストが抑えられます。

企業カスタムカタログ機能もあり、販売サイトを持っていない取引先商品を電子カタログ化することも可能です。

横串検索にも対応できる

購買管理プラットフォームは横串検索機能を搭載しており、連携サプライヤーの商品の横断検索に対応。「請求取りまとめ」オプションに加入し、システムを通して発注すると、支払いをまとめて請求できるため、請求処理業務の負担を軽減させられます。部門ごとに購買予算を設定できるため、コストの見直しが図れます。

購買管理プラットフォームの主な機能

  • IDメンテナンス
  • 承認設定
  • 予算設定
  • 費用設定
  • レポート実績データ出力
  • ユーザー告知 ほか

購買管理プラットフォームの料金

  • 基本サービスは無料
  • 一部有料サービスあり

購買管理プラットフォームの運営会社概要

会社名 ビズネット株式会社
会社所在地 東京都千代田区五番町12-3 五番町YSビル2F
会社設立 2000年5月21日
公式HPURL https://www2.biznet.co.jp/procurement/

※購買管理システム一覧表をもう一度見る

BtoBプラットフォーム TRADE(トレード)

製造業向け購買管理システムのBtoBプラットフォーム TRADE(トレード)キャプチャ画像
画像引用元:BtoBプラットフォーム TRADE(トレード)公式サイト(https://www.infomart.co.jp/trade/index.asp)

BtoBプラットフォーム TRADEの特徴

企業間取引のDXプラットフォーム

BtoBプラットフォーム TRADEは、電子化が必要な業務を組み合わせて利用できる企業間取引のDXプラットフォームです。発注書・発注請書に電子署名やタイムスタンプを付与でき、各発注書に約款を添付する作業負担がなくなります。

企業間の取引を電子化するためのツールなので、BtoBプラットフォーム契約書・BtoBプラットフォーム請求書と連携を図ることも可能です。契約・請求業務を一括処理できるようになり、照合作業にかける時間を削減できます。

既存の基幹システム・会計システムとの連携で入力作業の手間なし

BtoBプラットフォーム TRADEは、既存の基幹システムや会計システムと連携が図れるので、手入力作業を大幅に軽減させます。

DXプラットフォームとして70社以上、100万事業所の取引を支援してきた実績があります。オプションで相見積・出来高請求機能を付けることも可能。各社の商品を比較検討しやすくなるほか、出来高報告書の作成や報告が円滑に進められるようになります。

BtoBプラットフォーム TRADEの主な機能

  • 見積依頼
  • 見積書発行
  • 見積書受取・承認
  • 発注書発行
  • 発注請負書発行
  • 検収書発行
  • 納品書発行
  • BtoBプラットフォーム 請求書で処理・受取
  • 請求書発行 ほか

BtoBプラットフォーム TRADEの料金

公式サイトに記載はありませんでした。

BtoBプラットフォーム TRADEの運営会社概要

会社名 株式会社インフォマート
会社所在地 東京都港区海岸1-2-3 汐留芝離宮ビルディング13F
会社設立 1998年2月13日
公式HPURL https://www.infomart.co.jp/trade/index.asp

※購買管理システム一覧表をもう一度見る

クラウド型間接材調達支援サービス

製造業向け購買管理システムのクラウド型間接材調達支援サービスキャプチャ画像
画像引用元:クラウド型間接材調達支援サービス公式サイト(https://www.fujitsu.com/jp/group/coworco/solutions/procure/top.html)

クラウド型間接材調達支援サービスの特徴

支出を見える化させ購買業務プロセスを改善

クラウド型間接材調達支援サービスは、その名の通り間接材調達支援SaaSです。支出を見える化させ、購買業務プロセスを改善します。

利用している企業は約1,700社に上り、蓄積してきた経営効率化のノウハウをもとに、企業の購買管理を円滑に行うためのサービスを提供しています。

オプション加入で、検収データと請求データを照合できる

クラウド型間接材調達支援サービスは、オプションメニューが充実しています。オプション加入により、発注した伝票の検収データと、仕入れ先の請求データを照合させることが可能です。

突合処理には発注代行サービス・検収機能の利用が必要です。利用により経理の業務負担が大幅に軽減させられます。また、発注代行サービスを活用すれば、伝票の検収データを支払明細として仕入れ先に自動通知できます。支払明細を都度送付する手間がかかりません。

クラウド型間接材調達支援サービスの主な

  • 予算管理機能
  • ワークフロー機能
  • 支払い明細通知サービス
  • 検収・請求照合サービス
  • 管理項目機能
  • 専用カタログ機能
  • マイカタログ機能 ほか

クラウド型間接材調達支援サービスの費用目安

利用規模や拠点数により異なります。

クラウド型間接材調達支援サービスの運営会社概要

会社名 富士通コワーコ株式会社
会社所在地 神奈川県川崎市中原区下小田中2-12-5 富士通中原ビル
会社設立 1982年10月1日
公式HPURL https://www.fujitsu.com/jp/group/coworco/solutions/procure/top.html

※購買管理システム一覧表をもう一度見る

トラミル

製造業向け購買管理システムのトラミルキャプチャ画像
画像引用元:トラミル公式サイト(https://www.zeem.jp/cloud/PC/)

トラミルの特徴

ハイブリッド型の購買ソリューション

トラミルは、間接材の調達で陥りがちな問題解消を図る、ハイブリッド型の購買ソリューションです。集中購買と分散購買の良いとこ取りをしたシステムで、全てを集中購買にシフトせずとも、ベストプラティクス・テンプレートで業務プロセスを統一化できます。

リスクの分散が行えるので、何かトラブルが起こった際も柔軟に対応できるように。分配購買を維持しつつも、調達資材の全社データを比較分析したり、フォーキャスト管理を実施したりすることが可能です。

電子帳簿保存法改正・インボイス制度への適用

トラミルでは、電子帳簿保存法改正・インボイス制度に適用しています。国税関係書類の電子保管を自動的に行えるほか、納税控除を支援する機能を搭載しています。煩雑化しがちな法令改正への対応も円滑にすることが可能です。

トラミルの主な機能

  • サプライヤー連携
  • 相見積り
  • カタログライト連携
  • 購買計画
  • 受注管理
  • 検収支払い管理
  • ペーパーレス
  • インボイス対応 ほか

トラミルの料金

公式サイトに記載はありませんでした。

トラミルの運営会社概要

会社名 株式会社クレオ
会社所在地 東京都品川区東品川4-10-27
会社設立 1974年3月22日
公式HPURL https://www.zeem.jp/cloud/PC/

※購買管理システム一覧表をもう一度見る

Hi-PerBT 購買管理

製造業向け購買管理システムのHi-PerBT 購買管理キャプチャ画像
画像引用元:Hi-PerBT 購買管理公式サイト(https://www.hitachi-solutions-west.co.jp/products/industry/koubaikanri/)

Hi-PerBT 購買管理の特徴

一般購入品・生産材の購買管理システム

Hi-PerBT 購買管理は、一般購入品・生産材の購買管理システムです。購買管理に求められる機能を標準搭載しており、内部統制を円滑に進めるための承認ワークフロー機能が付いています。下請会社を管理することで検収漏れを防げるようになります。

直感的に操作できるUIデザインが採用されているので、電子化に二の足を踏んでいた社員にも受け入れられやすいシステムです。

自社開発だから拡張性が高い

Hi-PerBT 購買管理は、日立製作所が提供している「TWX-21 MRO集中購買」のカタログサイトと連携が図れます。カタログサイトの購買管理が円滑に進められるほか、自社開発システムのため要望に応じて柔軟にカスタマイズすることが可能です。

EDIや在庫管理オプションを付けられるので、全社の電子化や在庫管理を推し進めやすくなります。

Hi-PerBT 購買管理の機能

  • 見積依頼管理
  • 見積管理
  • 購入依頼管理
  • 発注管理
  • 納期管理
  • 仮単価処理
  • 受入
  • 検収管理
  • 実績検収
  • 月次締処理 ほか

Hi-PerBT 購買管理の料金

公式サイトに記載はありませんでした。

Hi-PerBT 購買管理の運営会社概要

会社名 株式会社日立ソリューションズ西日本
会社所在地 広島県広島市中区八丁堀3-33
会社設立 1984年10月1日
公式HPURL https://www.hitachi-solutions-west.co.jp/products/industry/koubaikanri/

※購買管理システム一覧表をもう一度見る

製造業における購買業務のフロー

企業によって大なり小なり違いがありますが、購買業務は以下のようなフローに沿って行われます。

(1)取引先の選定・見積依頼

安定した仕入れのために、自社の条件に合うサプライヤーを選定することが大切です。価格の妥当性を判断するに、複数の取引先に見積を依頼します。

(2)価格や納期の比較・発注

価格・納期で取引先を比較検討します。取引先が確定したら購買内容を確認し、契約を締結させます。

(3)納期管理

納期の確認や、トラブルが起きた場合の体制構築をする必要があります。適切な納期を設定し、スケジュールを管理して工程通りに進めることが大切です。

スケジュールを遵守するには、サプライヤーとの協力体制の強化が必要です。ふさわしいタイミングで適量を生産現場に届けられるようにします。

(4)入荷・検収・検査

納品物や数量に不足がないか、不備がないかなど欠品や品質面に問題ないかどうかを確認します。上記は検収段階でしっかりチェックしておくことが重要です。

(5)支払い

購入先から請求書を受け取ったら、経理部門で確認に移ります。仕入れ金額、明細、支払いの締切日などを確認し、経費精算の処理を行います。

製造業の購買業務で起こり得る問題とは?

製造業の購買業務で起こり得る問題のイメージ画像

購買情報が共有されない

購買業務では、購買情報が共有されないことで全体的なコストや在庫量を把握しにくいという問題があります。例えば、各工場で資材を分けて仕入れている場合、各拠点に近いサプライヤーから仕入れるケースが多いと言えます。

仕入れ先・納品先が異なる場合は、いつ何をどのくらいの量、どの価格帯で仕入れているのかが分からず、資産を上手く活用することができません。

購買管理が疎かになる

発注先が複数ある場合、購買管理が難しくなり、適正価格で仕入れることが難しくなります。割引価格やセット販売価格が適用になるケースでも見落として、高い価格で仕入れているケースが少なくありません。特に、サプライヤーで見積書や発注書が異なる場合があるので、管理に膨大な時間がかかるほか、管理が疎かになるリスクがあります。

問題解決のための対策について

問題解決のための対策イメージ画像

製造業で購買業務の問題解決を図るなら、以下の改善策を試してみてはいかがでしょうか。購買管理が上手くいかない企業や、在庫不足や過剰在庫、仕入れ価格の高騰などで悩んでいる企業は、ポイントを押さえたうえで購買管理を行ってみてください。

(1)購買業務の集約する

購買管理をスムーズに行うには、購買業務を集約化させることが大切です。仕入先や手順をある程度統一化させ、購買データを活用できる状態をつくります。ただし、購買データを一元化するあまり、仕入れ先を一本にするのは危険です。

一定量を分散させて仕入れないと、特定のサプライヤーから仕入れられなくなった時に、製造できなくなるリスクがあります。サプライヤーと共倒れになる恐れがあるため、リスクを考慮しながら集約化させることが大切です。

(2)各事業所の購買を可視化する

各事業所の判断で仕入れている場合、購買データを集約し可視化させることが重要です。各事業所がどのくらいの価格でどのくらいの量を仕入れ、何個消費して在庫はいくつ余っているのか、実質的な赤字に陥っていないか確認できる体制を構築します。

購買データを統合すれば、事業所単体ではなく、事業所全体のお金の流れが分かるようになります。他の事業所と比較して赤字が出ているなら、適正な仕入れ量や頻度に見直す必要があります。

上記の(1)と(2)を実現させるためのツールが、購買管理業務を効率化させる「購買管理システム」です。

購買管理システム一覧表を
チェックする

業務改善を推進する購買管理システム

購買管理システムとは、購買管理を効率的に行うためのツールです。購買に関わる各工程を管理することで、適量を必要なタイミングで、適正価格で購入できるようになります。

製造業においても購買管理システムを活用すれば一連の流れを可視化でき、必要なプロセスを自動化するので購買管理の作業負担が軽減します。

購買管理システムを導入するメリット

購買管理システムを導入すると、管理にかけていた時間を削減でき、データの一元化により、必要な量を適切なタイミングで仕入れられてコストカットにつながります。また、フローが自動化され、入力作業が楽になり人為的なミスを防げるようになります。データをもとに購買プロセスを改善すれば、過剰在庫や販売機会の損失を防止することが可能です。

購買管理システムの主な機能

購買管理システムの主な機能を以下にまとめました。選定時は自社に必要な機能を明確にしたうえで、条件を満たす購買管理システムを導入しましょう。

  • 購買計画:材料・部品の購入計画を管理
  • 仕入先管理:過去の取引データ・購買予定など仕入先情報を管理
  • 取引契約:契約書をシステム上に保管・管理
  • 発注管理:仕入先に発注したデータを管理
  • 価格管理:過去の取引価格を管理
  • 納期管理:製造物のステータスを可視化させてスケジュール管理
  • 品質管理:品質基準を満たしているかを管理
  • 検収支払管理:納品後の検収・支払いフローを管理

製造業向け購買管理システムの費用相場

購買管理システムを導入する際には、その費用相場を把握しておく必要があります。購買管理システムの費用相場は、製品や提供形態、導入規模やカスタマイズの有無などによって大きく異なります。一般的には、以下のような費用がかかります。

初期費用

システム導入に必要なハードウェアやソフトウェアの購入費用や、導入支援やカスタマイズなどのサービス費用です。クラウド型の場合はハードウェアの購入費用が不要ですが、オンプレミス型の場合は数十万円から数百万円かかることがあります。また、導入支援やカスタマイズなどのサービス費用も、導入規模や内容によって変わりますが、数十万円から数百万円程度と考えられます。

月額費用

システム運用に必要なサーバーのレンタル料やメンテナンス料などの継続的な費用です。クラウド型の場合は月額費用が主な費用となりますが、オンプレミス型の場合もメンテナンス料などがかかります。月額費用は、利用者数や機能数などによって変わりますが、数千円から数万円程度と考えられます。

以上から、購買管理システムの費用相場は、初期費用と月額費用を合わせて年間で数十万円から数百万円程度ということになります。ただし、これはあくまで目安であり、製品や提供形態、導入規模やカスタマイズの内容によって大きく異なることを念頭に置いてください。

購買管理システムの選び方

購買管理システムを導入する際には、自社のニーズに合ったシステムを選ぶことが重要です。購買管理システムを選ぶ際には、以下の3つのポイントに注意しましょう。

  • 購買対象となる物品やサービスの種類
  • 購買方法やプロセスの特徴
  • 既存システムとの連携性

購買対象となる物品やサービスの種類

製造業では、直接材と呼ばれる製品を作るために必要な部品や原材料だけでなく、間接材と呼ばれる事務用品や消耗品なども購入することがあります。また、人事サービスやITサービスなどのサービス材も購入する場合があります。

購買管理システムは、これらの物品やサービスを取り扱えるかどうかによって異なります。一部のシステムは間接材やサービス材に特化しており、直接材を扱えない場合があります。逆に、直接材に特化したシステムもあります。自社が主に購入する物品やサービスの種類を把握し、それらをカバーできるシステムを選びましょう。

購買方法やプロセスの特徴

製造業では、発注先と長期的な契約を結んで定期的に発注する場合と、都度見積もりを取って発注する場合があります。また、発注から納品までの時間や承認フローも業種や企業によって異なります。

購買管理システムは、これらの購買方法やプロセスに対応できるかどうかによって異なります。一部のシステムはカタログ購買(定期購買)に特化しており、見積もり依頼(スポット購買)ができない場合があります。一方、見積もり依頼に特化したシステムも存在します。自社が主に行う購買方法やプロセスを把握し、それらに適したシステムを選びましょう。

既存システムとの連携性

製造業では、在庫管理システムや生産管理システムなどと連携して購買管理を行うことがあります。また、会計システムやERPなどとも連携して支払いや経理処理を行うことがあります。

購買管理システムは、これらの既存システムとの連携ができるかどうかによって異なります。APIやCSVなどの連携方式を提供しており、簡単にデータのやり取りができるシステムもあれば、そのような連携ができないシステムもあります。自社が利用している既存システムとの相性を確認し、スムーズに連携できるシステムを選びましょう。

製造業の購買管理システム導入でよくある質問

Q1.購買管理システムにはどんな機能がありますか?

購買管理システムの主な機能として、「購買計画」「仕入先管理」「取引契約管理」「発注管理」「価格管理」「納期管理」といった機能が備わっています。その他にも様々な機能が搭載されていますので、詳しくは「購買管理システムの主な機能」をご覧ください。

Q2.購買管理システムを導入するメリットは何ですか?

購買管理システムを導入すると、管理にかけていた時間を削減でき、データの一元化により必要な量を適切なタイミングで仕入れられてコストカットにつながります。また、フローが自動化され、入力作業が楽になり人為的なミスを防げるようになります。

まとめ

製造業向けの購買管理システムの種類は様々で、目的や用途によって導入すべきシステムは異なります。複数の拠点で、複数の仕入先から購入する場合は、リスク分散ができるような機能や、価格比較ができる機能があると便利です。

ページトップへ