歯医者でリスティング広告を成功させるためのポイントと注意点

歯医者でリスティング広告を成功させるためのポイントと注意点
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

継続的に患者さんを集患することは歯科医院にとって重要な課題ですが、集患方法の一つで利用されているのがリスティング広告です。低価格から始められ、検索者にアピールできる広告手法です。今回は歯医者さんでリスティング広告を成功させるポイントについて解説します。

リスティング広告とは

リスティング広告の解説イラスト

「リスティング広告」とは、検索エンジンに表示される広告のことです。検索キーワードに関連した広告が表示されることで、SEO対策を行わなくても検索上位に表示されるため、ニーズが高い「顕在層」に訴求することができます。

歯医者の集客で役立つリスティング広告

検索結果は、上位に表示されたものから閲覧される傾向があるため、リスティング広告を導入することで、クリニックの認知度や集患率の向上が期待できます。

リスティング広告を出稿する手順

歯医者でリスティング広告を出す際の手順イラスト

歯医者でリスティング広告を出稿する手順について確認します。正しく手順を踏まないと広告効果が低くなってしまう可能性もあるため、全体の手順を適切にチェックしましょう。

ペルソナや予算などの決定

広告を出稿する前に、狙うべきターゲットを明確にした「ペルソナ」や、広告に幾らかけられるのか「予算」を決めることから始めましょう。当然のことですが、リスティング広告の出稿には費用がかかります。どのくらいの費用なら問題がないか、あらかじめ確認してから広告出稿を決めます。

また、「誰」に向けて広告を出すのか、ターゲットを具体化した「人物像」のペルソナを設定します。ペルソナが広告を見て、「このクリニックに通ってみたい」と思える内容の広告を作ることが大切です。

広告アカウントの作成

ペルソナを設定し予算に問題がなければ、実際に広告アカウントの作成へ進みます。広告アカウントの作成方法は、検索エンジンにより変わりますが、おおまかな流れは次のとおりです。

  1. 検索エンジンのビジネスサービスのIDを取得する
  2. 検索エンジン運営元にアカウント作成の申請を提出する
  3. 検索エンジン運営元にて審査が行われる
  4. アカウントの作成が承認される

リスティング広告主がすべきことは、検索エンジンのIDを取得して、運営元にアカウント作成を申請することです。申請から承認まで1~3営業日かかります。

キャンペーンの作成

リスティング広告におけるキャンペーンの作成とは、広告を出稿する際の必要情報を入力する手順のことです。広告アカウントの作成が承認されると、広告出稿の目的や出稿のタイプ、目標の達成方法を入力できるようになります。

広告の1日平均予算や入札単価などを設定し、広告配信地域、キーワードの設定、広告表示オプションを選択すればキャンペーンの作成は完了です。

出稿開始

キャンペーンの作成が完了したら、歯医者関連の検索キーワードで広告の出稿が開始されます。出稿が無事に開始された後もするべきことはあるので、日々広告の状態を確認するようにしましょう。確認する際には、検索エンジンが提供している広告プレビューツールを使用します。

運用・改善

リスティング広告を日々確認しながら運用し、改善するべきことがあれば改善しましょう。たとえば、広告が表示されていないなら、1日あたりの予算や入札価格を引き上げたり、広告の品質スコアを改善したりなどの対策を行いながら、より効果を高める運営していきます。

歯医者にリスティング広告がおすすめの理由

費用がかかるデメリットはあるものの、次のような理由から歯医者の集患にはリスティング広告がおすすめです。

歯医者にリスティングがおすすめの理由を解説したイラスト

新規顧客にアプローチできる

新規患者に効率よくアプローチできるため、費用対効果が高いと感じられることがひとつめの理由です。どの歯医者に通うべきか検索をする人は、「自宅近くにある歯医者に行きたい」という意図で探している傾向にあります。

リスティング広告は、「地域設定」でターゲットの地域を絞ることができるため、自宅近くに通いたいユーザーへのアプローチが可能です。

短期間で成果を創出できる

リスティング広告には、短期間で成果を創出できるメリットがあります。場合によっては、広告を出稿したその日に効果が現れることもあります。

SEOなどの他のWeb施策では、効果が現れるまで半年から1年ほどの期間が必要なこともあるため、今すぐに広告効果を得たい場合におすすめです。

低予算から広告を出稿できる

リスティング広告の出稿には費用がかかりますが、クリック課金制で1日の予算の範囲内で出稿できるため低予算から配信が可能です。

予算が潤沢にある場合は、広告表示回数が多くなりますが、1日1円の予算から始められるため、予算が限られている歯医者でも無理なく始められることがリスティング広告の魅力です。

歯医者がリスティング広告を出稿する際の注意点

歯医者がリスティングを出す際の注意点を解説したイラスト

歯医者にリスティング広告はおすすめではありますが、出稿する際には3つの注意点を意識する必要があります。リスティング広告の出稿前に、注意するべきポイントを把握しておきましょう。

広告審査に落ちると配信できない

リスティング広告出稿の流れで解説したように、検索エンジンでの広告アカウント作成には、運営元による審査があります。そのため広告審査を通過できなければ配信できません。

審査は医療広告ルールの遵守がひとつのポイントとなるため、薬機法や景品表示法に基づいた広告文言を使うようにしてください。

ホームページの改善が伴う場合がある

リスティング広告の出稿にあたり、歯医者の公式Webサイトを改善しなければならなくなることもあります。たとえば、サイトの見た目や使い勝手が悪く、訪問者に魅力を感じてもらえなかったり、情報があまりに不足していたり、ページの表示速度が遅かったりする場合が該当例です。

広告から訪問してくれる閲覧者が多くても、Webサイトを見て魅力が感じられなければ集患には繋がりにくくなります。

もし公式ホームページが適切に作られていない場合、改善に伴う手間や費用がかかることがあることに注意しましょう。

表現の規制が多い

広告に表現規制が多いこともリスティング広告の注意点となります。検索エンジン運営元による審査では、医療広告ルールの遵守がカギを握ると解説しました。医療広告ルールでは規制されている文言が多く、たとえば次のような表現は規制の対象とされます。

  • 誇大広告:最上級表現:最新・最先端・安全
  • 虚偽広告:絶対に成功・写真の修正
  • 効果の誤認を招く表示:術前術後の写真掲載
  • 比較優良広告:No.1・県内一・日本有数
  • 体験談:「○○に効果があった」などの主観
  • 非常識的な内容:残忍・わいせつ・差別など
  • その他:割引キャンペーン・プレゼントキャンペーンなどの表現

表現の規制により広告として使える文言は限られています。もし規制に反すると評価委員会や保健所からペナルティを受けることもあるため細心の注意を払って広告を作成しましょう。

歯医者のリスティング広告を成功につなげるポイント

それでは注意点を踏まえた上で、歯医者のリスティング広告出稿を成功につなげるためのポイントについて見ていきましょう。

歯医者がリスティング広告で成功するためのポイントを解説したイラスト

医療広告ガイドラインを遵守する

まずは医療広告ガイドラインを遵守することが成功のための前提となります。医療広告ガイドラインではどのようなことが可・不可とされているのか熟知した上で、ガイドラインに沿った内容の広告を作成することが求められます。

医療広告ガイドラインの広告規制や注意点について、下記の記事で詳しく解説していますのでこちらもご一読ください。

関連記事【2022年医療広告ガイドラインまとめ】基礎知識から応用編まで徹底解説(6月更新)

配信地域を絞り込む

リスティング広告の費用対効果を高めるための方法として、ぜひ実践していただきたいのが配信地域の絞り込みです。

広告を出稿する際のキャンペーンの作成で配信地域を設定できますが、地域は狭く設定した方が効果的となります。理由として歯医者を探しているユーザーは、「自宅から近く、自分で通える範囲」の中で歯医者を探すためです。

キャンペーンの作成設定だけでなく、タイトルに地域名を含ませておくこともコツのひとつとなります。ユーザーが地域名を含む検索を行ったとき、地域名と合致するとタイトルが太字表示されるようになるため、より認知される可能性が高まるでしょう。

キーワードのマッチタイプを絞り込む

キーワードのマッチタイプを絞り込むことも、歯医者のリスティング広告において費用対効果を高めるための方法としておすすめします。

キーワードのマッチタイプとは、広告を表示させるキーワード条件のことです。たとえば「部分一致」では部分的に一致した関連性の低いキーワード検索でも表示される可能性があるため、成約へと結びつきにくいユーザーへも広くアプローチします。

ただ成約に繋がる「来院」を目的とするなら、幅広いユーザーにアプローチするよりも、成約に近いユーザーに対し狭くアプローチした方が効率的です。費用対効果を高めるなら、「絞り込み部分一致」など、限定的なマッチタイプを選択してください。

除外キーワードを設定する

配信地域やキーワードのマッチタイプでの絞り込みを実施したら、次は広告効果を分析して除外キーワードを探し出し設定することで、さらに広告の費用対効果が高まります。

除外キーワードは検索エンジンからの流入数に対して、コンバージョン率が低いキーワードのことです。ただ最初から除外キーワードを判別するのは難しいため、運用において広告効果を測定しながら設定しましょう。

タイトル・広告文を最適化する

歯医者でリスティング広告を出稿すれば、検索結果上位に表示されユーザーの目に留まりやすくなります。しかし上位表示されたとしても、ユーザーから魅力的だと思ってもらえなければクリックしてもらえません。

リスティング広告として表示される内容は限られており、タイトルや広告文を最適化してユーザーに魅力的な広告を作ることが広告効果を左右します。

歯医者でリスティング広告を出稿するなら成功のポイントの把握を

歯医者でリスティング広告を出稿するなら成功のポイントを把握して
リスティング広告は歯医者にとって、集患数アップが期待できること、低予算・短期間で広告効果が現れやすいことなど多くのメリットを持ちます。

しかしリスティング広告の効果をより高めるには、費用対効果が高くなる仕組みを把握する必要があり、医療広告ガイドラインの遵守や、地域・キーワードの設定広告文の最適化などの課題があることも事実です。効果的なWeb集客施策をご検討されているなら、キャククル運営元である全研本社におまかせください。

全研本社ではさまざまな業種において、成約率を重視したWebマーケティング支援を行っており、歯医者の集患に対しても、効率的で効果的な施策をご提案いたします。

歯科医院の現状と患者に選ばれるWebマーケティング戦略

継続的に患者さんを集患することは歯科医院にとって重要な課題ですが、競合の歯科医院も増える中、「現状の集患対策で効果が出ない…」とお困りではありませんか?

  • 今後の歯科医院市場の状況について知りたい
  • 自費治療の売上を効率的に伸ばしたい
  • 単価や利益率の高い集患の考え方や施策が知りたい

といった方に「歯科医院の現状と患者に選ばれるWebマーケティング戦略」の資料を差し上げます。現状のWeb広告施策が上手くいかずにお困りの方は、今後の集患対策にぜひご活用下さい。

ページトップへ