ペットショップの集客方法・広告戦略を伝授!マーケティングは出来ていますか?

ペットショップの集客方法・広告戦略を伝授!マーケティングは出来ていますか?
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

ペット業界の市場状況について

飼育頭数は横ばい

主なターゲットとなる犬や猫は、全国に約1,800万頭いると言われています。(参考:一般社団法人ペットフード協会「2017年 全国犬猫飼育実態調査」)この数値は例年横ばいとなっており、大きな変動は見られません。しかしこの数値は15歳未満の子供より多いとされている数値で、大きな市場であることが分かります。

また、全体的な数値は横ばいながら、猫の飼育頭数が増えています。そのため、潮流に合わせた販売戦略が重要となります。

ペットに対する悩みが多様化

飼い主がペットを家族の一員としてさらに認識するようになり、ペットに対する悩みが多様化してきています。例えば、ペットの高齢化や肥満化といった悩みです。このような悩みが顕在化していくにつれ、それに合った商品の売れ行きが拡大しています。例えば、肥満化してきたペットに対するカロリーが低いフードや、高齢化したペットを対象にした飲み込みやすい柔らかいフード、ペット向けのおむつなどが挙げられるでしょう。

このようなニーズが拡大していても、ペット自身は商品を購入できません。そのため飼い主に向けた効果的なマーケティング戦略が必要になります。そのような戦略を行うことで、ペットの悩みを意識する顧客を長期的に確保できるため、長い目で見た時の安定経営に繋がるのです。

集客の要となるエリアマーケティングとは?

ペットショップを選ぶ際、できれば家の近くに通いたいと思う方がほとんどではないでしょうか。ペットショップの大型店を好む方の場合には、距離に関係なく通う場合もあるかもしれませんが、ペット用品は人間の日用品同様、消耗品です。購買頻度を考えると、自宅近くのペットショップを訪れたいと考える場合が多いでしょう。

そのように購買ニーズが高い顧客を狙っていくためには、エリアに注目したエリアマーケティングが有効です。地元の通いたくなるペットショップとして確立することができれば、長きに渡る収益を期待できます。
エリア内にある他のペットショップとの差別化を行えるような、エリアマーケティングを行えるようにしましょう。

代表的なWebエリアマーケティング広告手法

ホームページへのSEO対策

エリアマーケティングにおいて最も有効なのが、ホームページを用いたWeb上の施策です。SEO対策を徹底することで、自店舗があるエリアの集客を着実に狙うことができます。

エリアを限定したSEO対策は、更なる売上をつくりたい場合に非常に有効です。まずは自店舗の商圏となるエリアを選定しましょう。商圏は、ただ半径1キロ以内などの荒い括りではなく、来店者の交通導線などを考慮したり、近隣のペットショップとの距離感を考慮し、効果的な範囲を適切に設定する必要があります。
その上で検索してみると良く分かりますが、同じ単語を入力してもエリアによって上位に表示される検索結果は異なります。そのため、SEO対策を行うことは重要な意味を持つのです。

有効な検索キーワードを設定する

エリアだけでは検索結果は上位に表示されません。ここで大切なのは、検索キーワードを設定することです。検索キーワードは誰かが決めるのではなく、自分で決めて設定することが可能です。

例えば、自店舗が犬に強い場合、「犬」という検索ワードを使用するのは有効です。さらに精度を高めていきたい場合には、具体的な犬種や「大型犬」といったような大きさでキーワード設定を行うことも効果的です。

キーワードの設定には、同じ商圏にある他店舗の分析を行うことが重要です。ペットショップであれば、コンビニのように数が多いことは考えにくいため、自身が設定した商圏内の他店舗は分析を行うことが可能なのではないでしょうか。他店舗との比較を通して、自店舗が強みを発揮できるキーワード設定を意識しましょう。

ターゲットを明確にする

キーワード設定と合わせて、ターゲットを明確にする作業が必要です。キーワード=他ゲットのようなイメージを持つかもしれませんが、それは違います。そのキーワードを誰に届けたいかというイメージを持ちながら、設定を行うことが大切なのです。

ポスティング・チラシ広告

対象となる商圏を設定し、活用しやすいのが、ポスティングやチラシと言ったオフラインでの集客方法です。実は距離は近いものの、その場所にペットショップがあることを知らなかったという方は少なくありません。自店舗のアピールとして、ポスティングやチラシは非常に有効です。

チラシに掲載する情報は選定を

チラシを作成する場合、大きくてもA4用紙サイズに留めることが多いのではないでしょうか。たくさんの情報を掲載するために大きな用紙を選択したくなるのは分かりますが、相手は自店舗の情報を初めて受け取る方です。そのことを踏まえれば、そのサイズのチラシがいきなり届いた時にどのように感じるか、非常に分かりやすいのではないでしょうか。

必要なことはたくさんの情報を届けることではありません。初めて受け取る人が本当に必要だと思う情報を厳選し、掲載することです。

ポスティングやチラシを活用するメリット

Webの場合、顧客自身が情報を探しに行かなくては見つけてもらうことができません。SEO対策を効果的に行ったとしても、そもそも何らかのキーワードを検索してくれていることが前提になっています。そのため、必要を感じた時にしかそもそも検索をしてくれないという難点があるのです。こちらから何か情報を発信することができず、基本的には「待ち」の姿勢になります。
しかしポスティングやチラシの場合、店舗側のタイミングで情報を届けることが可能です。ペットショップを利用する可能性があるのは、今ペットを飼っている人に限りません。これから新しくペットを飼おうと検討している人も対象になります。

このようにポスティングやチラシは、キーワードを検索するような今すぐにニーズがある人以外にも、情報を届けられるということがメリットなのです。

ポジショニングメディアでの差別化戦略

ポジショニングメディアとは、その名の通り情報がまとまっているサイトを指します。
ペットショップ業界は不動産業界であれば「スーモ」、美容業界であれば「ホットペッパービューティー」のような、情報がひとつにまとまっていて検索しやすいポータルサイトがありません。そのため、ペットショップを効果的にアピールしたい場合にはポジショニングメディアが非常に有効です。

ポータルサイトと異なる点は?

ペットショップ業界にはポータルサイトが存在しないため、そもそもポータルサイトに掲載させることはできません。しかし何が違うのかと、イメージが湧かない方は多いのではないでしょうか。そこで、ポータルサイトとの違いをご紹介しておきます。

ポータルサイトは、その運営会社によって掲載できる内容が異なります。ユーザーが検索しやすいように、登録できる内容に大きな差異がないという特徴があります。また、無料で掲載できるわけではなく、掲載料が発生します。このことに留意して掲載を検討する必要があるのです。

ポジショニングメディアはなぜ有効なのか

ポジショニングメディアはただの「まとめサイト」ではありません。その地域に特化したペットショップまとめサイトがあることで、ユーザーが利用するメリットとしては、エリアはもちろん、価格やサービスなど、強みを元に検索をすることができるため、ユーザーがニーズに合う店舗を見つけやすいという点にあります。また、市場分析をした上でどの地域にどんなキーワードで仕掛けることで来店率を上げることができるなど分析をして展開をすることで、より集客効果を増すことができます。

ペットショップ集客方法のまとめ

エリアマーケティング戦略では、自社商圏と競合と被る商圏を分析し、さらにターゲットユーザーも選定しながら最適な広告戦略・手法を選定していくことが大切です。
全研本社では、バリュープロポジションに則したコンテンツマーケティング・Webのあらゆるメディアを7000以上作ってきました。特に、商圏内でユーザーから選ばれるマーケティング戦略を仕掛けていきたい、地域ナンバーワンの立ち位置に向けて模索をしているという方はこちらからご相談下さい。

集客のご相談はこちら

ページトップへ