物流業界のマッチングサイトまとめ

物流業界のマッチングサイトまとめ
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

物流業界の集客に活用できるマッチングサイト

物流業界の集客で活用できるマッチングサイトを紹介しています。

まずは営業できそうな反響を獲得するというフェーズであれば使っておきたいWeb集客施策です。

ただし、単なる反響獲得だけでなく自社と親和性の高いユーザーを集客して成約までスムーズにつなげたいとお考えでしたら、ポジショニングメディア施策も検討してみてください。

比較ビズ

比較ビズキャプチャ画像
引用元:比較ビズ公式サイト(https://www.biz.ne.jp/)

比較ビズの特徴

比較ビズは、国内最大級の掲載企業・発注会員数のBtoBマッチングサイトです。掲載企業数58,000社以上、発注確定度85%を誇ります。年間流通額は約20億円です。20業種224業務のサービスが登録されています。

比較ビズは検索エンジンからの集客に特化していて、豊富な案件から条件に合ったものを選べるのがメリット。1つの案件に対する競合社数は、全国平均で3.9社程度です。そのため、価格競争が生じにくく、契約率も20%以上であることから、集客しやすいマッチングサイトといえます。

ほとんどの案件において専門担当者が間に入って、詳細のヒアリングを実施しているので、スムーズに商談まで話を進めることができます。こうしたサポートにより双方の認識のズレを防ぐことができ、無駄な工数を抑えて商談に進めるのも特徴です。

比較ビズの登録・広告掲載料金

  • 登録…無料
  • 広告掲載料金…13,800円/月(税不明)

比較ビズの問い合わせ先

  • 運営会社:株式会社ワンズマインド
  • 広告掲載について:https://www.biz.ne.jp/seller/?key_lid=8

比較ビズへの掲載方法や料金、実際の口コミ評判は?

物流SOS

物流SOSキャプチャ画像
引用元:物流SOS公式サイト(https://www.b-sos.com/)

物流SOSの特徴

物流SOSは、物流業界に特化したマッチングサイトです。Web集客業務を一括で行うため、自社ホームページでの集客にかかる手間と費用を削減できるのが大きなメリットです。

「物流・配送を任せたい」「現場作業の人員がほしい」「物流用品・車両がほしい・直したい」「倉庫を借りたい・直したい」などお困りごと別にプロを探せるようになっていて、自社のサービスとマッチしたユーザーを集客できます。

物流SOS上に掲載する情報は、随時更新可能で自由度が高いのが特徴。最新情報をコンスタントに更新すれば、より自社のPRにつながるでしょう。

広告の掲載は無料プランを利用すれば、広告費をかけずに集客に活用できます。また、掲載内容の充実や優先表示、優先紹介、入力サポートなどのサービスが利用できる有料プランもあるため、自社の方針や予算に合わせて選択可能です。

物流SOSの登録・広告掲載料金

物流SOSは、登録無料のサービスです。広告掲載料金は、有料と無料の2プランが用意されています。

  • 無料プラン…0円
  • ライトプラン…20,000円(税不明)

物流SOSの問い合わせ先

  • 運営会社:株式会社コネクシオ
  • 広告掲載について: https://www.b-sos.com/keisai/

トラボックス

トラボックスキャプチャ画像
引用元:トラボックス公式サイト(https://www.trabox.ne.jp/)

トラボックスの特徴

トラボックスは、荷主企業と運送会社の橋渡しを行う物流マッチングサイトです。空きトラックの有効活用をはじめ、協力会社探しや新規荷主開拓に活用できます。

案件数は月平均14万件以上あるので、条件に合った案件を探しやすいのが大きな特徴です。運賃全額保証や入金保証などの保証サービスや電話サポート体制が整えられているので、安心して取引を行うことができます。

また、電話での直接交渉も可能なため、余計な時間をかけずに、スピーディーに商談・成約の話を進めることができるのがポイントです。荷物や空きトラックの情報をメールでお知らせするサービスもあるので、出先でもタイムリーに確認ができます。

トラボックスの登録・広告掲載料金

  • 無料プラン…無料
  • プレミアムプラン…6,600円(税込)
  • メールニュース広告…88,000円/1回(税込)

トラボックスの問い合わせ先

  • 運営会社:トラボックス株式会社
  • 広告掲載について(1):https://www.trabox.ne.jp/carrier/expense.html
  • 広告掲載について(2):https://www.trabox.ne.jp/contact/koukoku.html

PickGo

PickGoキャプチャ画像
引用元:PickGo公式サイト(https://pickgo.town/)

PickGoの特徴

PickGoは、配送に特化したマッチングプラットフォームです。BtoBはもちろん、BtoC案件へのマッチングにも対応しています。バイク便・軽貨物ドライバーから運送会社まで、幅広い案件が登録されているのが特徴です。

車両の空いた時間に受注が可能なため、隙間時間も無駄にすることなく売上アップにつなげられます。

登録・利用料が無料なのもメリットです。無料でありながらも、しっかりとしたサポート体制が整っているので、安心して利用できます。

荷主ユーザー数は26,000以上です。スマートフォンで案件をチェックできるので、いつでもどこでも情報をキャッチできます。

PickGoの登録・広告掲載料金

登録料・利用料…0円

PickGoの問い合わせ先

  • 運営会社:CBcloud株式会社
  • 広告掲載について:https://pickgo.town/partner/general/

MOVO(ムーボ)

MOVO(ムーボ)キャプチャ画像
引用元:MOVO(ムーボ)公式サイト(https://movo.co.jp/)

MOVO(ムーボ)の特徴

MOVOは、荷主企業、元請企業、協力運送会社をつなげるマッチングサービス。「急な配送が必要になった」「宅配便では運びにくい量の荷物がある」などの案件に対して、アナログなやりとりを無くし効率的でスピーディーな受発注が可能です。

また、荷主企業、元請企業、協力運送会社の三者それぞれにメリットがあり、様々な業界で利用されています。

MOVO(ムーボ)の登録・広告掲載料金

  • 公式サイトに記載がありませんでした。

MOVO(ムーボ)の問い合わせ先

  • 運営会社:株式会社Hacobu
  • 広告掲載について:https://movo.co.jp/

ハコベルカーゴ

ハコベルカーゴキャプチャ画像
引用元:ハコベルカーゴ公式サイト(https://www.hacobell.com/)

ハコベルカーゴの特徴

ハコベルカーゴは、ネット印刷で知られている上場企業「ラクスル株式会社」が運営する、荷主と運送会社を結びつけてくれるマッチングサービス。全国エリアに対応しており、カーゴ・軽トラックをはじめ、小型から大型トラックまで幅広い車両の登録が可能です。

ハコベルカーゴの魅力は、広告費をかけず手軽に集客できることだけでなく、見積りや請求書発行など、手間のかかる事務作業もまるごと行ってくれること。事務作業に時間を割かなくてよい分、配送業務に注力できるので売上アップにつながります。

ハコベルカーゴの登録・広告掲載料金

  • 入会費・会員費…0円

ハコベルカーゴの問い合わせ先

  • 運営会社:ラクスル株式会社
  • 広告掲載について:https://driver.hacobell.com/

DIAq(ダイヤク)

DIAq(ダイヤク)キャプチャ画像
引用元:DIAq(ダイヤク)公式サイト(https://driver.dia-9.com/)

DIAq(ダイヤク)の特徴

DIAq(ダイヤク)は、自転車やバイク、軽自動車を使った配送サービスプラットフォームです。配送担当者1名で配送できる荷物が基本となっているので、個人または企業やショップの小さな荷物向けのサービスといえます。サービスエリアは、東京23区内、横浜市内、大阪市内です。

アプリから無料登録をして、必要な申請書類を提出すれば受注可能。現在地や住居の近くからスタートするオファーが優先的に届きます。空き時間を無駄なく利用できるのが魅力です。

DIAq(ダイヤク)のアプリは、配送者が安心・確実に荷物を届けられるような仕様(注文内容・ナビゲーターなど)になっているので、初めての受注でも戸惑うことなく仕事が遂行できます。独自の運送保険があるので、万が一の場合も安心です。

DIAq(ダイヤク)の登録・広告掲載料金

  • 登録料…0円
  • ※成約時にシステム利用料がかかります

DIAq(ダイヤク)の問い合わせ先

  • 運営会社:株式会社セルート
  • 広告掲載について:https://driver.dia-9.com/

キャリーオン

キャリーオンキャプチャ画像
引用元:キャリーオン公式サイト(https://www.carryon-logi.jp/)

キャリーオンの特徴

キャリーオンは、荷主と運送会社をマッチングさせ無駄のない受託・委託を実現させるマッチングサイトです。他社の運営するマッチングサイトとの大きな違いは、距離に応じた相場運賃で運用されている点です。そのため、極端に低い設定の運賃での受託はありません。また、登録者側で独自に運賃を設定することも可能なので、自社の方針と合わせた活用もできます。

キャリーオンに登録すると、姉妹サイト「キャリーアップ」に掲載されている荷物情報の閲覧もできるようになります。キャリーアップは主に一般企業向けのマッチングサイトなので、多ジャンルの荷物を扱うチャンスが広がるのが魅力です。

さらに、「オファー」という独自システムにより、荷主が直接空きトラックに打診することができます。このシステムにより、マッチングが成立しやすくなっているのが特徴です。

キャリーオンの登録・広告掲載料金

  • 入会金・初期費用…0円
  • 月会費…4,000円/月/2ログイン(税不明)※2022年3月末まで無料
  • キャリーオン会員との成約手数料…運賃の5%
  • キャリーアップ会員との成約手数料…運賃の10%

キャリーオンの問い合わせ先

  • 運営会社:キャリーテック株式会社
  • 広告掲載について:https://www.carryon-logi.jp/about

ハコブリッジ

ハコブリッジキャプチャ画像
引用元:ハコブリッジ公式サイト(https://www.hako-bridge.jp/)

ハコブリッジの特徴

ハコブリッジは、「よい配送案件を引き受けたい」「所有トラックの空き時間を有効活用したい」という、運送会社や個人ドライバーの要望に応える配車マッチングサービスです。スマートフォン向けアプリをインストールすることで、案件情報や空車情報、ドライバー管理などがスムーズにできるようになります。

また、運行指示書、日報、請求書が自動作成できるため、日々の事務作業を軽減でき、その分配送業務に注力することが可能です。

ビジネス便に特化しているハコブリッジは、20年を超える配送サービスのノウハウがあるのも魅力。ユーザーが利用しやすいシステムが整っており、Web利用が主流となっている中でも、Web・電話・FAXいずれの方法でも柔軟に委託・受託ができます。

また、トラブルや問い合わせに関しては、オペレーターが年中無休で対応してくれるので安心です。

ハコブリッジの登録・広告掲載料金

  • 登録・利用料…0円

ハコブリッジの問い合わせ先

  • 運営会社:株式会社ルーフィ
  • 広告掲載について:https://www.hako-bridge.jp/carriers/

ブツレボ

ブツレボキャプチャ画像
引用元:ブツレボ公式サイト(https://www.warehouse-distribution.net)

ブツレボの特徴

ブツレボは依頼したい物流代行ジャンルの商材やサービス別に自社にあった物流代行会社を探すことができます。
そのため、価格だけで選ぶのではなく、長い目で見た物流代行業者選びをサポートすることができます。
物流代行会社も自社の得意な物流案件を獲得することができるため、荷主と物流代行会社双方のニーズが合致することでミスマッチをなくせます。

ブツレボの登録・広告掲載料金

  • 無料掲載…相互リンク及びHP上での紹介必須
  • 有料掲載…掲載ジャンルによって変動するため、要問い合わせ

ブツレボの問い合わせ先

  • 運営会社:全研本社株式会社
  • 広告掲載について:https://www.warehouse-distribution.net/advertising/

ブツレボの掲載
はコチラから

より自社に合った顧客を集客したいなら自社向けメディア・ポータルサイト構築による独自チャネルを検討

一括資料請求サイトやポータルサイトなど既存メディアの広告枠は、各メディアの形式に合わせた掲載がメインとなります。こうしたメディアの場合、競合もお金を払って同時に掲載しているので、基本的には並列的な訴求にならざるを得ません。

より集客率をアップさせるには、自社の強みを浸透させるような媒体がおすすめです。その手段のひとつとして考えられるのが、独自のメディアやポータルサイトの作成・運用です。しかし、一般的にイメージされるWebサイトを作るとなると、巨額な制作費用、莫大な運営コストがかかってしまうデメリットがあります。

このデメリットを解決するのが、全研本社が制作・運用するポジショニングメディアやポータルサイトです。全研本社では貴社商圏や商材特性、ビジネスの方向性に合わせてセグメントしたポータルサイトや、貴社のお財布とマーケット規模に合わせたポジショニングメディアを制作・運用することが可能です。

商圏・市場を限定し、自社の強みや魅力を詰め込んだメディアやポータルサイトは、その市場内で検討・検索をしているユーザーへの露出シェアを広げることができます。つまり、独占的なメディア運用は、マーケティング戦略において様々なメリットが得られるということです。

自社の強みを打ち出せるポジショニングメディアとは?

ポジショニングメディアとは、商圏・市場における貴社ならではの強みにフォーカスする形で作られるWebメディアです。貴社ならではの強みを確実にユーザーに響かせられるバリュープロポジションの考え方に則して作られています。

例えば、費用面では競合と差がつけられないが専門性やサービスに独自性がある場合、その強みの重要性をユーザーに認知してもらってから、比較検討してもらう訴求ストーリーを作ります。そうすることで貴社の強みに魅力を感じる、意欲の高いユーザーを狙って集客できるようになるのです。

自社の強みを市場に浸透できる
ポジショニングメディア戦略とは

自社に合った媒体を選ぼう

すぐに広告掲載をしたいのであれば、既存サイトへの掲載がスピーディーです。しかし、すでに競合他社が掲載されているケースも多く、費用をかけても露出だけに留まってしまうリスクも念頭に置いておきましょう。

Webメディアやポータルサイトを活用した集客を含め、今のWeb戦略に課題や疑問があればお気軽にご連絡下さい。

web集客のご相談はこちら

物流業界の
集客・広告戦略まとめ
物流関連の広告媒体
ポータルサイト

ページトップへ