ショッパーの広告掲載や特徴、料金をリサーチ

ショッパーの広告掲載や特徴、料金をリサーチ
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

ショッパーの特徴

ショッパー公式サイトキャプチャ画像
引用元:ショッパー公式サイト(https://chiikinews.co.jp/service/freepaper-ad/shopper/)

ショッパーは週刊発行で家庭のポストに1軒1軒手配りされる、タブロイド版のフリーペーパーです。東京都、神奈川県内で毎週400,000部(2020年9月現在)を発行。創刊から50年と地域で長く愛されているフリーペーパーメディアだといえるでしょう。

4つの効果が期待できるフリーペーパー

ショッパーに広告掲載することで、大きく分けて4つの効果が期待できます。

  1. 新規顧客の集客
  2. リピーターの獲得
  3. ブランディングの構築
  4. 信頼性の向上

まず1つめに注目したいのは「新規顧客の獲得」が可能なことです。独自の配布網を持っているからこそできる、これまでにない新規集客効果が期待できます。

2つめは「リピーターの獲得」でしょう。新規顧客をいかにファンにすることができるかが売上アップに欠かせないため、再度利用してもらえるための施策を長年の経験を武器にサポートしてもらえます。一時的ではなく、中期~長期的なリピーター獲得効果を狙えるでしょう。

3つめは「ブランディングの構築」です。顧客をファン化するためには、独自のブランド化を図ることも欠かせません。ショッパーでは、独自性が生かせる広告内容を共に模索し、ブランディング構築を手伝ってもらえます。

4つめは「信頼性の向上」です。新規顧客もリピーターになってもらうにも、信頼性を勝ち取ることは非常に重要。約50年の歴史を持つショッパーに掲載することで、安心感を持ってもらうことができ、たとえ新規開店のお店でも、信頼感を自然に感じてもらえやすいでしょう。

折込チラシやウェブとも連携させた多角的アプローチ

ショッパーの販促方法は、ショッパー紙面に広告を掲載することだけにとどまりません。
折込チラシをショッパーに入れることで、他の紙面広告との差別化を図れます。折込チラシは、B5以下の小さめのサイズから、A4/B4、A3/B3とサイズの選択も可能。折込チラシの独自性を持たせるために、厚紙にしたり、変形サイズにすることも相談できます。一般紙に比べてリーズナブルな価格なのもメリットでしょう。

また、エリアを400~700部程度で区分けし、折込チラシを入れる地域と入れない地域を区分けできるので、ターゲットが絞りやすいのも利点です。さらに地域ポータルサイト「チイコミ!」などを活用することで、紙媒体にとどまらずウェブからと多角的に消費者にアプローチができます。

多彩な切り口での発信が可能

ショッパーは、生活密着情報や時事ネタなども配信するフリーペーパー。だからこそ単なる広告形態の発信だけに限定されないPR活動を行えるのが魅力です。記事の中で自然にアピールをしたり、特集企画を利用し他社との差別化をはかったりも可能。また、クーポン券をつけることもできるので、読者の集客・動員の動機づけ効果も期待できます。

ショッパーの広告掲載料金

ショッパーの広告料金・原稿サイズは以下の通りです。抜粋してご紹介します。
※以下料金は一例として八王子中央版のもの(2021年1月時点)

ミニ案内(1行15文字) 1,100円(税込)
求人枠(30×67mm) 16,500円(税込)
2段1/4(62×67mm) 26,400円(税込)
2段1/2(1段)(126×67mm) 44,000円(税込)
3段1/2(126×102mm) 61,600円(税込)
4段1/2(126×137mm) 79,200円(税込)
5段1/2 (126×172mm) 96,800円(税込)
全3段(254×102mm) 110,000円(税込)
全4段(254×137m) 140,800円(税込)
全5段(254×172mm) 162,800円(税込)
全11段(254×382mm) 330,000円(税込)
1面全3段(254×102mm) 132,000円(税込)
記事中記事体(標準)(90×137mm) 57,200円(税込)

ショッパーの評判・口コミ

11月24日号の『味だより』という飲食店の特集(相模原中央版)で初めて広告を利用したのですが、その時はクーポンが28枚戻ってきました。 矢部周辺だけでなく、町田などからのお客様も含め、だいたい複数名でご利用いただいたので、実際にはショッパーを見て来店されたお客様は80名を超えていたようです。 また、2月に記事の肉料理特集で当店のステーキを取り上げていただいたことも影響したのか、ぐるナビなどのネットを見て来られたお客様とは明らかに違う客層の方が一気に増えました。4月にはチラシの作成、印刷、折込をお願いしています
引用元:ショッパー公式サイト(https://chiikinews.co.jp/customers-voice/13651/)

シーズンごとにクリーニングの広告をショッパーに掲載していますが、載せると必ず反響があります。 特に春に実施しているジャンパー・コートセールは、集客に結び付いていることを実感しています。 ショッパーは八王子市、日野市に配布され、40歳以上の読者が多いとのことなので、当社の商圏、お客様の年齢層とちょうど合っているようです。 現在は他の情報紙では利用していません。受付担当のスタッフの話では、来店されるお客様はセール期間を忘れないように、広告が載っている紙面を保存している方が多いみたいですよ
引用元:ショッパー公式サイト(https://chiikinews.co.jp/customers-voice/13529/)

ショッパーに広告掲載するメリット

新聞購読をしていないご家庭にも確実に配布

ショッパーは新聞折り込み広告とは違い、新聞を購読していないご家庭にも確実に配布できるのが大きなメリットです。地域専属の「ショッパーメイト」が、配布エリアをくまなく回り、一般家庭のポストに確実に配布してくれます。配布密度にこだわっているため、ポストがある自宅にはすべて配るスタイル。
新聞を購読しない若い世代や単身世帯にもアプローチが可能です。地域の主要施設に常設場所が設置されているため、気軽に手に取ってもらいやすいスタイルをとっています。

エリアを絞った販促活動が可能

首都圏に、八王子中央版や町田・大野駅周辺版など全10版・10エリアに区切った紙面編集を実施。全40万部を、エリアに応じて3万から4万世帯に配布するスタイルをとっています。どのエリアに広告を打つかの選択ができることから、エリアでターゲットを絞った効果的な販促活動が可能です。

地域密着情報紙ならではの信頼度アップ

ショッパーは、エリアごとに特色ある紙面編集を行っているのが特徴。地域密着型の記事やお店の紹介、お得な情報なども豊富に掲載されているため、読者からの信頼度もアップするでしょう。
読者の多くが主婦層であることから、お得情報などには確実に目を通し、良いと思ったものは口コミなどで広がる可能性も期待できます。

ショッパーの広告掲載までの流れ

ショッパーの広告掲載までの流れについては以下の通りです。

  1. 問い合わせ
  2. 広告内容の打ち合わせ
  3. 見積もり(任意)
  4. 申し込み
  5. 広告制作

ショッパーは週刊発行で、毎週金曜日に発行されています。広告掲載の申込締め切り及び原稿締め切りは以下の通りです。

  1. 広告お申込み締切→新聞発行14日前
  2. 掲載広告原稿完成→新聞発行9日前

入稿に必要なものや詳細についてはHPをご確認ください。(https://chiikinews.co.jp/service/freepaper-ad/shopper/)

他の集客施策も織り交ぜたwebマーケティングをしよう

ショッパーへの広告掲載は、できるだけ多くのユーザーへ知ってもらうため、問い合わせやサービスの利用など次のアクションに繋げるためにとても有効な手段です。
ですが、顧客はたった一つの広告だけで判断するとは限りません。また、広告に掲載できる情報量は限られているものです。

本当に、お得なのか?利用価値はあるのかを検証し、その他のお店や他サービスとの条件なども比較して、具体的なアクションを起こそうとするもの。そんな様々な検索意図に合わせて、戦略を練ることが大切です。

  • 他ポータルサイトへの掲載で多方面から認知度を上げる
  • SEOを意識した記事での検索対策
  • ポジショニングメディア戦略でより受注が期待できるユーザーを集客

などを適宜実施し、ぜひ経営にポジティブに働きかけられる集客戦略を立ててください。
フリーペーパーの集客効果まとめ地域・エリアに特化した
広告媒体を調査しました

ページトップへ