ブランディングに必要な費用や相場を紹介します

ブランディングに必要な費用や相場を紹介します
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

まずブランディングとは何かを知る

マーケティング戦略で用いられることの多い「ブランディング」。企業の知名度を上げて競合他社との差別化を図るためには欠かせない要素ですので、まずはブランディングとは何かについて、しっかり把握しておきましょう。

ブランディングは顧客にとっての価値を高める

ブランディングとは、自社ブランドに対する共感や信頼を上げて、顧客にとっての価値を高めるためのマーケティング戦略のひとつ。

「ブランド」というと、世界的に名の知られた高級店がイメージされやすいですが、ここでいうブランドは商品やサービスを提供するあらゆる企業・団体を指しています。

「この商品ならこのメーカー」というように、ある商品から真っ先に企業名がイメージされるようになれば、ブランディング成功です。

ブランディングにより自社企業の地位を確立させる

ブランディングは、対象となる市場の分析から始まり、現在の自社ブランドがどの程度認知されているかを把握し、目標となるところまで認知度を上げるために広告宣伝やPR活動などを行います。

ただ企業の認知度を上げれば良いというわけではなく、あくまで対象となる商品やサービスでのブランド化を図ることが目的です。

顧客が商品やサービスを選ぶ際に、自社企業がブランドとして確立されていれば、競合他社と比較されることなく選んでもらえます。さらにブランディングされた企業の商品を使用することによって、顧客の信頼感や満足感も向上します。

ブランディングの手法

ブランディングの手法は、特別なマーケティング施策があるわけではありませんが、「誰に何を伝えるのか」ということを明確にして進める必要があります。そのためにはターゲットや商品を明確にし、ブランドイメージを決めてわかりやすく伝えることが重要です。

ブランドイメージを伝えるためには、シンボルとなるマークやキャッチフレーズ、名称やデザインなど、自社ブランドを競合他社と区別させるような視覚的に訴えかける手法も友好的です。

企業ブランディングのメリット・デメリット

企業ブランディングのメリット・デメリット
企業ブランディングを行うことによって、メリット・デメリットの両方が発生しますので、十分に検討する必要があります。

メリット

ブランディングを行うことによるメリットは、企業にとって大きなものになります。

競合他社と差別化ができる

ブランディングのもっとも大きなメリットは、競合他社との差別化ができることです。似たような商品やサービスを提供している企業が多いと、顧客が選ぶ先が分散してしまい、広告宣伝に力を入れている企業や、より低価格な商品が選ばれてしまいます。

広告宣伝にあまり費用をかけられない、これ以上価格を低く設定できないなどの事情があると、競合他社に負けてしまう可能性が高くなるでしょう。

売りたい商品に対してブランディングを行うと、他社製品と比較されることなく自社製品が選ばれるようになるので、余計な広告費用を抑えられ、価格帯も下げずに売ることが可能になります。

自社内の統一感が出る

企業ブランドが明確化されることにより、目標や進むべき方向性が定まり、企業内に統一感が出て社員のモチベーションアップにつながるというメリットもあります。

企業ブランドが世間に広く知られるようになると、ブランドに対するイメージも定着して、ブランドの名に恥じぬような仕事をしようという意識も高まるのです。

ブランディングはすぐに結果が出るものではないので、社内でも時間をかけてブランドのイメージを浸透させ、ブランドの一員であるという自覚を持たせることができるようになります。

デメリット

ブランディングのデメリットとして、タイミングや市場調査を誤ると大きな失敗につながることもあるので注意が必要です。

自社を客観視できていないと失敗する

ブランディングを行う際には、売り出そうとする商品やサービスの市場調査が欠かせません。売り出したい市場の中で、現在の自社の立ち位置を見極めることも非常に重要で、自社を客観視できていないと場違いなジャンルでブランディングを行い失敗してしまうこともあります。

たとえばすでに他社企業が地位を確立しているようなジャンルで、新たにブランディングしようとしても、有名企業の揺るがない地位を脅かすことは簡単なことではありません。

勝ち目のない戦いは不毛な結果となってしまい、ブランディングのために費やした時間や費用などが無駄になってしまうので、今後のブランドが確立できるジャンルかどうかの見極めを慎重に行うべきです。

ブランディングを行うタイミングを間違えてしまう

ブランディングは、売り出したい特定の商品やサービスでの知名度を上げるものなので、どの商品を選択するかによって結果も大きく左右されます。

すでに特定の商品でブランド化されている場合、急に畑違いな分野でブランディングを行うと、先にブランドを支持している顧客の信用を失ってしまう恐れもあります。

世間の流行や需要の流れを読んで、多くの消費者が求めるタイミングでブランディングを始める、すでにブランド化している商品のイメージを損なわないようにするなど、タイミングにも注意を払う必要があるでしょう。

企業ブランディングを行う際の費用感について

企業ブランディングを行う際の費用感について

実際にブランディングを行うにはどのくらいの費用がかかるのか、企業ブランディングを行う際の費用目安について見ていきましょう。

ロゴマーク作成の場合

ブランドとして多くの人に周知され親しみを持ってもらうには、企業を象徴するようなロゴマークが効果的です。売り出したい商品のイメージや、企業名に沿っていてなおかつお覚えやすい親しみのあるロゴマークをデザインしてもらうには、大まかな目安として20万円〜50万円程度が相場になっています。

企業の規模によっても用意できる予算は異なりますし、依頼するデザイナーによっても依頼料は変動しますので、予算の範囲内で依頼できるデザイナーを絞り込んでみるといいでしょう。

ホームページ作成の場合

現代のネット社会では、どんな企業もネット上で情報を検索できるホームページは欠かせないツール。商品やサービスの検索結果から企業のホームページにたどり着くことも少なくないので、初めて自社を知ることになる消費者にとって、良いイメージと必要な情報を与えられるホームページを作成しましょう。

ホームページ作成にかかる費用の目安は50万円〜100万円程度。デザインにこだわったり、SEO対策を厚くしたりなどのオプションを増やすと費用もアップします。ホームページ上でブランド化したい商品やサービスを目立たせるようにすることで、ブランディングの効果を上げることができます。

ホームページは定期的に更新して情報を新しくしたほうが良いので、費用を抑えるなら最初はシンプルなものにして、後から情報を足していくという手法を取ることも可能です。

パンフレット作成の場合

ネットが進化した時代でも、直接手渡せて手元に残りすぐに見返せる紙媒体のパンフレットも大きな宣伝効果を産みます。大きい規模のデザイン会社の場合、知チラシとして配布したり、店頭に置かせてもらったりすることで、ふいに目にする機会が増えて、商品や企業のブランディングに役立ちます。

パンフレット作成にかかるデザイン費用は、50万円〜100万円程度が目安ですが、ページ数や内容、イラストや写真の数などによっても費用は異なります。

紙媒体ならネットを利用していない年齢層の人に訴えかけることもできますし、関連する商品やサービスを扱う店舗に設置することによって、需要がマッチした消費者の目に留まりやすくなります。

費用の安いパターンと高いパターンの差

費用の安いパターンと高いパターンの差

ブランディングに必要なロゴマークやホームページの作成は、主にデザイン料などによって費用に差があります。高いものと安いものにはどのような差があるのでしょうか。

会社の規模感

デザイン料金の相場の違いは、依頼先の会社の規模によっても変動します。大きい規模のデザイン会社の場合、知名度も高く有名企業からの依頼も多いため、依頼する側から見ても信頼度が高く質の良いものができると期待できる分、相場も高くなります。

知名度が高いのは企業だけでなく、在席しているデザイナーやスタッフが著名で、指名した人にデザインしてもらうために高額なギャランティが発生することもあります。

大企業や有名なデザイナーにデザインしてもらうことにより、ロゴマークそのものに価値が出て宣伝文句に使えることもあるため、高い費用を出してデザインしてもらうことにも意味はあります。

逆にデザイン料が安いところは、個人や少人数でのデザイン事務所になり、知名度もあまり高くない傾向にあります。正式に依頼する前にサンプルや実績を見せてもらうことはできますし、デザインは実体のある物として制作するわけではないので、大企業に比べて大きく質が落ちるということはありません。

納得できるデザインにしてもらう必要はありますが、費用を抑えるなら小規模のデザイン事務所でも問題ないので、希望や条件をしっかり伝えればクオリティの高いロゴマークを目指せるでしょう。

制作物のクオリティ

ブランディングに必要な制作物は、ホームページやパンフレットなどがありますが、ロゴマークのデザインとは異なり品質が問われるものはクオリティにも差が出てきます。ホームページの場合、基本的な情報が載っていればひとまず完成とすることができます。

しかし問い合わせ先が見つけにくい、メールフォームが使いにくい、必要な情報がわかりにくいなど、利用するうえで機能的な問題が発生することもあります。

ホームページはデザイン性と共に、使いやすいかどうかも顧客獲得に大きく関わってくるので、依頼する先がどのような実績があるのかしっかり確認しておいたほうがいいでしょう。

さらにパンフレットの場合は、紙媒体として実際に手に取る製作物となるので、料金だけで決めるのは危険です。デザインはもちろん、使用する紙の種類や質、印刷の仕上がり、完成までの納期についても妥協せず精査して決めるようにしてください。

過去の製作物は必ず実物を見て確認し、依頼料でどの程度のクオリティになるか事前にチェックすることをおすすめします。

依頼料が安いからといって、必ずしも質の悪いものができあがるというわけではありませんが、あまりにも安い場合は料金に見合ったクオリティである可能性も覚悟しておいたほうがいいでしょう。

ブランディングコンサルタントに依頼するのもありか

ブランディングコンサルタントに依頼するのもありか

自社企業をブランディングする場合、どのような施策をすればいいかわからない、短期間で効果的にブランド化したいという希望があるなら、コンサルタントに依頼するのもおすすめです。

依頼するメリット

ブランディングコンサルタントに依頼することにはいろいろなメリットがあります。

客観的視点で自社について意見がもらえる

ブランディングで難しいのは、自社の状況を客観的に把握すること。ブランド化したいジャンルにおいての立ち位置を正確に見極めないと、ブランディングに失敗する原因になってしまうこともあります。

外部のコンサルタントに依頼することで、第三者の目線から客観的に自社についての意見をもらうことができ、どうしたら顧客にとっての価値を高められるかのヒントを得られるでしょう。

ブランディングするタイミングや適したジャンルなどを見極めることにもつながりますし、新たなブランディングの手法を提案してもらうこともできます。

スピード感を持って対応してもらえる

これまで経験のない人がブランディングを計画する場合、まずブランディングに必要な情報を集め、必要なジャンルでの市場調査や自社の状況を把握することから始まるので、非常に時間がかかります。

その点経験豊富なプロのコンサルタントなら、対象となるターゲットや市場についての情報をすでに持っており、ブランディングの手法についても知り尽くしているので、ブランド化に向けてすぐに取り掛かることが可能です。

ライバル企業との差別化のためにはある程度の期間が必要なので、ブランディングは早く始めるほど有利。企業内の人間が本業の合間にブランディングを始めるより、プロのコンサルタントに依頼したほうが失敗もなく、ブランド化までの時間を大幅に短縮できるでしょう。

様々なノウハウや知識を発揮してもらえる

ブランディングには特別な施策が決まっているわけではなく、市場や自社の立ち位置に合わせて必要な手法を組み合わせて行うことになります。Webマーケティングに長けた人なら、ブランディングについても大まかな手法は想定できますが、専門に行っているコンサルタントにはかないません。

これまでの実績から得たノウハウや知識を発揮してもらい、的確にブランディングを進めてもらうことができます。直接すべての施策をまかせるのではなく、どんなことをすればいいかアドバイスしてもらうサポート役としても頼れる存在になるでしょう。

「知る人ぞ知る」を目指し、認知度と売上の両立を図るWebブランディング施策

通常、ブランディングをする場合は何千万単位の制作費や広告費、そして時間を掛ける必要があります。
しかしブランディングに失敗してしまえば、効果が出ず莫大な費用を失うだけでなく、間違った印象がついてしまう可能性も。

そこで、自社商材と親和性の高いユーザーには認知度を上げ、
成約につながるユーザーはしっかり集客をするWebブランディング施策を行うことで、
知る人ぞ知るブランドとして知名度と売上を上げることが可能です。

そのWebブランディング施策が全研本社が提供する「ブランディングメディア」です。
詳しくは下記よりご確認ください。

ブランディングの費用が気になるならまずは相談から

ブランディングは決まった手法がなく、やみくもに進めても時間や費用を無駄にしてしまう恐れもあります。
キャククル運営元の全研本社では120業種以上のWebブランディング、マーケティング支援実績がございます。
お気軽にご相談ください。
Webブランディングの
ご相談はこちら

ページトップへ