ブランド確立に効果的なメディアとは?効果・メリット解説

ブランド確立に効果的なメディアとは?効果・メリット解説
share
Facebook Twitter はてなブックマーク Pinterest

自社ブランドの確立・浸透を進める上で、オウンドメディア(自社保有のメディア)の活用は大変有効です。近年は業種を問わず多くの企業がオウンドメディアの有効性に気づき、マーケティング戦略やブランディングに活かしています。

では、なぜオウンドメディアの活用はブランド戦略に有効なのでしょうか。具体的にどのようなメリットがあるか・どのようにオウンドメディアを活用できるのか。このページではこれらの点について詳しく解説しています。

また、下記のページにはブランド戦略やブランディングの基本的な情報をまとめている資料も用意しております。ブランドの価値構造やブランディングの各ステップを解説していますので、ぜひこの記事と合わせてお役立てください。

【無料】ブランディング
ガイドブックをダウンロードする

ブランド戦略とは

ブランド戦略とは

ブランド戦略の一般的な定義は、「ブランディングを行うための戦略」です。そもそもブランドとは、当該企業の理念や商品・サービスの本質を抽象化したイメージのこと。

そのブランドの価値を高めイメージを向上させるための計画的な取り組みがブランディングです。その具体的戦略がブランド戦略といわれます。

ブランド戦略の目的は、ブランド力を高めることにあります。ブランド力が高まれば、ブランドイメージは格段に良くなり、低コストで高単価の商品やサービスを販売できるようになり、利潤を最大化できるでしょう。

ブランド戦略を実践するメリットや必要性は数多くあります。具体的にどのような効果が期待できるのか、詳しく説明するので参考ください。

ブランド戦略のメリット・必要性

知名度と売上の向上

ブランド戦略を実践すると、企業ブランドの知名度が格段に上がります。ブランドのロゴやコピーはもちろん、当該ブランドが発信している情報や商品、サービスが広く知られるようになり、結果、売り上げの拡大に繋がるでしょう。

競合他社と差別化できる

競合他社との差別化は企業にとって最重要課題の一つです。

自社が参入している市場には競合他社による類似の商品やサービスが溢れており、選択肢が多すぎてユーザーは自身のニーズに合ったものを選びにくいという状況にあるからです。

いくら品質が高くても、似たような商品やサービスが多く出回っていたら、自社製品は競合の中に埋もれてしまいます。それでは十分に売り上げを伸ばすことはできないでしょう。

環境分析などマーケティングを踏まえたブランド戦略の実践により、他社との違いを明確にできればターゲット層から自社の商品やサービスを選んでもらいやすくなります。

価格競争を回避できる

企業にとって絶対に避けたい状況は、価格競争に巻き込まれることです。ビジネスの売上高は「販売数量×単価」で算出されますが、価格競争に巻き込まれた企業は、販売単価が低くなり、その結果、売上を大きく低下させてしまうことになります。

しかしブランド戦略により顧客ロイヤリティの高い固定客をつくりだすことができれば、価格ではなくブランドへの忠誠心や愛着によって消費行動をしてくれるので、彼らに対しては低価格をアピールする必要はありません。

結果、高い価格を維持したまま売上と利益率を守ることができます。

ブランド戦略でオウンドメディアはなぜ効果的?

ブランド戦略でオウンドメディアはなぜ効果的?

自社で運営するオウンドメディアを活用したブランディングは大変効果的であり、活用する企業が増えてきています。
ここでは、具体的にオウンドメディアがブランド戦略にはどのように効果的なのか紹介していきます。

コンテンツの自由度が高い

ブランドイメージを発信・浸透させる際には、適した表現方法が様々あります。
文章はもちろん、写真・動画・音楽、ちょっとしたゲームなどもあるかもしれません。

既存の広告媒体でも対応できる範囲もありますが、一定のルールがあったり、コスト的に断念しなければならないこともあります。

オウンドメディアでもコストはかかりますが、基本的な広告ルールや法規以外には自社の裁量でコンテンツ内容や発信方法を決めることができます。

自社ならではのブランドを確立しようというのであれば、その表現方法にもオリジナリティがあったほうがより効果的です。

そのため自社でコントロールできるオウンドメディアをブランド戦略の要とする企業が増えています。

集客や売上アップにダイレクトにつなげられる

主にWeb上のオウンドメディアということになりますが、自社のブランドに魅力を感じるユーザーを明確にし、そのニーズに応えるコンテンツを用意することで、ターゲットユーザーを狙って集めやすくなります。

人がモノを買う理由はいろいろありますが、商品コンセプトへの共感やブランドに対する信頼も理由となり得る点です。

自社ブランドのイメージが伝わることで、購入や問い合わせの意欲が高まったユーザーを逃がしてしまっては大きな機会損失になります。

Web上のオウンドメディアであれば、そのようなユーザーに対して購入ページにすぐ飛べるようにしたり、購入を後押しするような情報を見せたりといった導線設計が可能です。

採用活動にもポジティブな影響がある

売上アップや集客を目的とした企業・商品のブランド戦略として、オウンドメディアを活用した場合でも、採用活動にも良い効果が波及します。

ネット検索が当たり前の現在では、求職活動においての情報収集もまずはネットがメインになります。当然社名や商品名は検索するため、その際にオウンドメディアが表示されるというわけです。

直接的に採用についてのことが書いていなくても、何を大切にしている会社なのか、マーケティング戦略が巧みかなど、自身が働く企業として魅力的かという視点でも参考になる情報がわかります。

そのような波及効果が期待できる点でも、Web上にオウンドメディアを展開しておくメリットがあります。
もちろん採用マーケティングや採用ブランディングの一環として、採用活動に特化したオウンドメディアをつくることも効果的です。

中長期的には宣伝広告費を抑えられる

オウンドメディアは立ち上げの費用と検索上位になるまでに時間はかかりますが、コンテンツが蓄積されて、認知度が高まり検索上位になれば、オウンドメディアの魅力だけで集客の流れを構築して広告費をカットできます。

コンテンツ追加や情報修正・更新といった運用費はかかりますが、制作したものはすべて自社の財産として残り続けます。
既存の広告媒体では掲載期間などがあり、期間をすぎれば消えてしまうものも。

財産として蓄積し、効果を長期的に生み出せる点は自社運営のオウンドメディアならではの特徴といます。

まとめ

オウンドメディアによるブランド確立まとめ
ブランド戦略を進める施策として、オウンドメディアを活用しない手はありません。

ブランドの確立によるメリットは言うまでもありませんが、さらにオウンドメディアを使うことで自社ならではコンテンツを自由に発信し、集客や売上アップにもつなげることができます。

Webを活用し自社のブランドを確立・浸透させていくために、オウンドメディアの活用もぜひ検討してみてください。

オウンドメディアを活用したブランド戦略でお悩みなら

「さっそくオウンドメディアをつくってブランド戦略を進めよう」と思っても、何から始めたよいか迷ってしまったり、時間がかかってしまうこともあります。

キャククルを運営する全研本社では、クライアントならではの強みや魅力を徹底分析し、それを活用したマーケティング戦略・ブランディング戦略の提案を得意としています。

いままでに120業種を超えるクライアント企業を支援してまいりました。

もちろん戦略提案のみならず、オウンドメディアの設計・デザイン・制作・運用まで、ワンストップで対応が可能です。
オウンドメディアを立ち上げる企業は先にも述べた通り増えています。貴社の競合はいかがでしょうか?

競合よりも先行する、競合に追いつく、どちらにしてもスピーディに進めていくことは有効です。
もしブランド戦略を実施したいが動けていない…、ということがあれば、ぜひお気軽にご相談ください。

貴社に最適なブランディングメディアや、戦略をご提案させていただきます。

ブランディングメディアの
特徴・事例を見る

ブランディングメディア事例
全研本社「音と、暮らす。〜防音室のある家〜」
画像引用元:全研本社「音と、暮らす。〜防音室のある家〜」(https://www.living-withsound.net/

全研本社で制作したブランディングメディアの事例をひとつご紹介いたします。

こちらの「音と、暮らす。〜防音室のある家〜」というオウンドメディアは、音響防音事業に圧倒的なこだわりを持つクライアント様が、防音室をつくりたいと考えて検索しているユーザーに対し、専門家として有益なコンテンツを発信しています。

「防音室のことはここに聞いてみよう」と思わせる設計とストーリーで、クライアントの認知度・信頼度を向上させるメディアを制作いたしました。

Webマーケティング・ブランド戦略
のご相談はこちら

ページトップへ