今や10代の若者だけでなく20~60代まで多くのユーザーがSNSを使用しています。
例えば以下の通りです。

  • Facebook:2,800万人
  • Twitter:4,500万人
  • LINE:6,800万人
  • Instagram:2,000万人

国内だけでこれだけの人が利用しているとされています(各会社の発表)。それぞれのSNSで特徴が違いますがこれらをうまく活用することで新しい集客が期待できます。
昨今TVなどで「インスタ映え」という言葉が多く取り上げられていますが、口コミによる拡散力が強いのがSNSの特徴となります。
その他の特徴としては早くお知らせがしたいキャンペーン情報など、興味のあるユーザーに直接届けることが大きな特徴です。
また、データが残りますので費用対効果などの分析もできます。取り入れていないお店はSNS施策を行ってみましょう。
広告代理店や制作会社に依頼する資金がない場合は、SNS(Twitter、Facebook、Instagram、LINE公式アカウントなど)を活用しましょう。一部有料のサービスもありますが、ほとんどの利用は無料です。有料プランのあるLINE公式アカウントにも無料プランが設定されていますので、無料プランから始めて効果をみながら有料プランへ変更していく方法をとるとよいでしょう。
Twitterならリツイート、Facebookなら「いいね」や「シェア」があれば、集客・売上アップ効果が見込めます。とはいえ、効果はとても限定的です。よほどのことがない限り、新規のお客さまを獲得する効果は期待できないと考えた方がいいでしょう。

集客・販促のためのSNS

FacebookやInstagram、TwitterなどのSNSが、集客や販促に効果があると世間で認知されている昨今。飲食業をはじめ美容室、観光業、小売業といった様々な業種の経営者が、SNSで集客をしているといいます。さらにSNSを利用する全体の8割もが、複数のSNSを利用しているほどです。
でも、SNSが集客や販促に役立つことは理解していて始めたはいいものの、その結果、運用ができずに放置されたり、各SNSのフォロワーを多く獲得したのに集客・販促に生かされていなかったり…。以上の悩みを抱える経営者は多くいます。
経営者の方々が、SNSを集客・販促で有効活用すべく、ポイントを解説していきましょう。

SNSの使い道3つ

集客・販促チャネルの拡大

SNSの活用方法は、従来のWeb広告より種類が多く存在します。多いがゆえに、複数のSNSを効果的にマーケティングへ生かせれば、集客チャネルを拡大できるのです。SNSならではの拡散性の高さ、さらにユーザーとの良好な関係づくりに役立ちます。

商品・サービス・キャンペーン情報の拡散

SNSの優れた拡散性を生かせれば、商品やサービス、キャンペーン情報を効果的に広められます。Twitterを例にしましょう。Twitterには、ユーザーが興味を持った事柄を知人や友人に拡散できる機能があります。経営側としては、上の拡散機能を生かさない手はありません。ユーザーが周りに知らせたくなるような、自店のサービスや商品などの情報を提供すれば、情報がいっそう拡散します。

ファンの獲得

SNSを活用すれば、ブランディングにも有益です。SNSは広告とは違って、多額の費用を要することなくファンを獲得でき、店舗や企業のブランディングができます。店舗・企業のホームページ(HP)やインターネット広告による手段に比べ、SNSの利用で感動や嗜好・趣味、知らせたい情報を提供できるので、多くのファン獲得に役立つのです。

主なSNSの紹介

SNS集客いいね
今から4年前、2015年総務省の調査結果をまず紹介します。

  • Twitter:10~30代の若年層中心
  • Instagram:10~20代の若年層中心
  • LINE:10~60代と幅広い層に利用されている
  • Facebook:20代以上の利用が多く、高年齢層でも利用率が高い。10代は少ない

上記は、各SNSの主要ユーザー層です。とはいえ、回答を出すのは早計。「ウチの店の顧客層は40代以上だから、Twitterはやらなくてもいい」とか「LINEが広く使われているから…」など。ユーザー層が顧客層と合っているからといって、最適なSNSとは限りません。例えば、40代以上が主要のオシャレな喫茶店。SNSのユーザー層はLINEやFacebookと思われがちですが、写真好きの方がよく利用するInstagramで、素敵な庭や建物の写真を投稿したら反響を得られるケースもあるからです。
SNSは集客・販促に便利ではあるものの、とりあえず始めてみたというレベルでは、集客・販促効果を得るには難しいといえます。

Twitter

月間のアクティブユーザー数が4,500万人ともいわれ、何かと話題になればTwitterで情報が拡散されたと表現されるほど、今や話題の中心になるSNSです。
あとで紹介するFacebookにも拡散性がありますが、Twitterのほうが上です。もし、お客様の口コミを拡散したいのであれば、Twitterがおすすめ。メリットとしては以下のものもあげられます。

  • アウトプットが手軽
  • ブログの入り口として利用できる
  • リアルタイムでの投稿に適している(速報性)
  • フォロワー数に価値が認められる

逆にデメリットも見ておきましょう。代表的なデメリットとして、140文字制限な点。ほかにもあります。

  • 更新頻度が高いので、全情報をカバーしづらい
  • フォロワーは増えやすいが、フォロー返しが手間
  • デマ情報もありうる
  • 時間を浪費しがち

詳しくはTwitter集客のページへ>>https://www.shopowner-support.net/marketing/leadgeneration/twitter/

Instagram

写真や動画の加工、編集が簡単にでき、それを共有するスマートフォン向けアプリケーションです。画像・動画編集の設定が幅広く、オリジナルの写真・動画加工が可能。日本国内の特に若年層から圧倒的な支持を得ている現状です。
投稿にハッシュタグを多くつけられるのが大きな特徴です。ハッシュタグをつけることで、フォローに関係のないユーザーにも情報を届けることができます。検索時に様々な関連投稿から豊富な情報を得られるのもメリットです。
メリットはほかにもあります。今まさに商品を買いたいユーザーを集客できる点がそれ。購買(アクション)の一歩前、検索を利用できるのがとても便利です。
最近の若い世代は、GoogleやYahoo!で検索せず、Instagramで検索している傾向にあります。Instagramで検索してから購買に移る世の中を考えれば、自店でも利用すべきです。
ただしデメリットも見られます。Instagramは拡散性に乏しいこと。Facebookのシェアや、Twitterのリツイートのような拡張機能がありません。プロフィールページ以外にリンクを貼れないのもデメリットです。FacebookやTwitterのように、自店のブログやランディングページに誘導するのには向いていません。

詳しくはInstagram集客のページへ>>https://www.shopowner-support.net/marketing/leadgeneration/instagram/

Facebook

最近では、大手飲食店や個人店に至るまで幅広く利用されているのがFacebookです。低コストで始められ、ユーザーとより近い距離でコミュニケーションがとれるなど、様々なメリットがあります。まずメリットをまとめました。

  • 低コストで運用できる
  • 操作が簡単
  • お客様と相互にコミュニケーションがとれる
  • ファンになってもらいやすい(いいね!をしてもらうだけ)
  • 拡散性がある
  • 炎上しにくい(本名で登録している人が多く、知人のみしか投稿を公開しないパターンが多い)
  • 商品写真や新しい情報の投稿ができる

商品写真や新しい情報の投稿が可能な点は、逆にデメリットになりえます。まず、マメな更新が必要です。さらなる効果を求めたいのであれば、魅力的な商品やサービスの写真を投稿するタイミングをはからなければなりません。デメリットを以下にまとめました。

  • 継続的な運用が必要なので、時間的なコストがかかる
  • ユーザーから迅速なコミュニケーションを求められる
  • 広告のソリューションが多いため、仕様変更も多々あるので、追いついていかなければならない

詳しくはFacebookのページへ>>https://www.shopowner-support.net/marketing/leadgeneration/facebook/

LINE公式アカウント

ビジネス向けのLINEアカウントがこのLINE公式アカウントです。LINEは1人のユーザーが少人数もしくは1人とコミュニケーションをとるためのツール。これに対して、LINE公式アカウントは一斉配信機能ほか、数百、数千といった多くの人に宣伝や販促するのに適しています。

LINE公式アカウントアカウントとは

LINE公式アカウントアカウントは一般と認証済みの2種類ありました。後者の認証済みアカウントが、企業や団体、著名人が取得するもので、LINE公式アカウントに申請して合格する必要があります。一般でも、個人も企業も利用可能ですが、認証済みであれば公式バッジの付与や検索結果に表示されるメリットがありました。

サービスの統合、LINE公式アカウントへ

LINE公式アカウントアカウントは2019年春から、LINE公式アカウントに統合されました。公式アカウントはLINE公式アカウントの機能をさらに拡大させ、大手企業向けにしたもの。月々の費用は発生しますが、LINE公式アカウントよりもメール送信の上限が高く設けられています。統合により、無料から高額までとプランが幅広くなりました。

メリット

  • リアルタイムで有益な情報を流せる(タイムライン)
  • ポイントカードの作成が可能
  • 投票(リストから選択と対立形式の2つ)とアンケートの3つのリサーチページで、ユーザーニーズを見極められる

デメリット

  • 格安スマホでは年齢認証できない(格安スマホには情報を送れない)
  • 他社商品・サービスを配信できない(LINE公式アカウントが自社商品以外のリンク貼りを禁じている)

SNS集客のまとめ

以上、代表的なSNSを紹介してきました。各SNSにはメリットもデメリットもあります。全研本社は、貴店や貴社に効果的な集客をあげるためのWebコンサルティングや、アドバイスを差し上げられます。
SNSを利用しているものの、効果が見られない。SNSを用いた集客以外にも根本的に問い合わせ率を上げたい等ございましたら、ご相談ください。