狭域市場で効率の良い集客を叶えるマーケティング施策「ニッチトップメディア」

狭域市場で効率の良い集客を叶えるマーケティング施策「ニッチトップメディア」
share
Facebook Twitter はてなブックマーク Pinterest

狭域の市場で効率よくブランドを築き上げるマーケティング施策「ニッチトップメディア」について紹介します。

ニッチトップメディアとは

「ニッチトップメディア」とは、Zenken株式会社が提供するマーケティング施策のひとつ。
ニッチトップ戦略に基づき、狭域の市場の中で効率よくブランディングすることに長けたメディアです。

ニッチトップ戦略とは、独自の強みを持つ特定の狭域市場で競合を少なくし、シェアを広げ独占していく戦略のこと。
自社が優位で競合が少ない市場では、トップシェアを獲得しやすくなります。小規模でもナンバーワンの市場や分野を確立することは、利益の確保と企業経営の安定性をもたらします。

大きな市場は魅力的ですが、強力な競合との戦いに勝つことが必要です。そのためシェアを取るには大きなコストがかかります。ここでニッチトップ戦略を使い、まずは基盤を築くことが有効です。
ニッチな分野で安定した利益を生み出せれば、その市場を強固な土台として、他の市場でのシェア拡大を目指すこともできます。

ニッチトップ戦略に基づき、狭域市場の中でブランドを確立するマーケティング施策が「ニッチトップメディア」です。

ニッチトップメディアの制作事例

具体的にニッチトップメディアの事例をご紹介します。

【事例1】「排気装置」ニッチトップメディア

排気装置ニッチトップメディア
長崎県諫早市に本社を構える三陽保安産業株式会社は、工場排気・集塵設備の設計施工会社です。排気装置の導入だけでなく、工場全体の排気環境を整備できる得意分野を持っています。しかし、自社のホームページやBtoBデータベースサイト、リスティング広告などで集客を試みても、その魅力が伝わらないという課題に直面していました。

導入前の課題

  • 大手のポータルサイトに1年ほど広告を掲載。問い合せ件数は増えたものの、単なる資料請求が7~8割で商談にならない。
  • 費用対効果や営業効率が悪く、受注率が10%。改善策が見つからずに困っていた。

導入後の成果

  • 設備更新や工場建設をしたいという具体的な問い合わせが増えた。
  • 新規開拓をする必要がなくなり、商談や受注につなげる営業活動に集中できるようになった。
  • 問い合わせからの商談化率75%にアップ、受注率も10%から50%と営業効率が格段に上がった。

課題解決のための戦略ポイント

排気装置に関する専門メディアが存在しないWeb領域で、メディアを立ち上げることで第一人者的な立ち位置(=ニッチトップ)を確立する戦略です。
よくある問い合わせや情報収集のニーズに答えるため、専門的になりがちな排気装置を初心者でも分かりやすく解説。ユーザーが理解してから問い合わせが発生するようにメディアを制作しました。

【事例2】「木材リサイクル」ニッチトップメディア

木材リサイクルニッチトップメディア
バイオマスエナジー株式会社は、長崎県諫早市に本社を構えるバイオマス粉体ボイラーを製造するメーカー。
同社のバイオマスエナジー製ボイラーは、木材をはじめとするさまざまなバイオマスを効率的に燃焼する技術を持っています。このリサイクル技術を必要とする顧客層を増やすために、ニッチトップメディアを導入。このメディアを通じて、木材関連のリサイクルを検討している企業や団体に対して、木質バイオマスボイラーの優れた性能と利点を啓蒙し、認知を広げる施策を展開しています。

導入前の課題

  • 展示会で名刺獲得していたが、ニーズが違う成約にならないリードが多かった。
  • リサイクルに必要な原料を持たない、自社商材の理解度が低いユーザーが多かった。

導入後の成果

  • ニッチトップメディアが「木材リサイクル」と検索して1位に。木材のリサイクルと打てばユーザーの目に入るメディアに。
  • 大企業からの問い合わせも増え、トータル月間30件の問い合わせが発生。
  • 営業スタイルもアウトバウンドからインバウンド営業へシフト。

課題解決のための戦略ポイント

木材リサイクルに関わるキーワードで検索した際、さまざまな用語でメディアのページが上位表示されるように設計。
狭域の市場にこだわることで、関連する情報を調べている人にとって「良く目にするメディア」という立ち位置を築きました。
メディアの中で、バイオマスエナジー株式会社の木質バイオマスボイラーにしか出来ない「燃やす」技術の費用対効果を提示し、ユーザーに認知させることに成功しています。

ニッチトップメディアの
他の事例も見る

ニッチトップメディアの制作・運用体制

ニッチトップメディア制作は、メディアを制作して終わりではありません。
次のような制作と運用体制により、Webマーケティングのワンストップサービスを提供いたします。

狙うべきWeb市場の調査・ご提案

貴社が集客を行うべきWeb市場を見極めて提案します。
BtoB製造業界から医療業界まで幅広く対応。8000サイト以上作ってきた知見からベストなWebマーケティング戦略をお届けします。

メディア制作による差別化戦略

競合調査と取材を行い、メディア制作による差別化戦略を展開します。貴社のサービスにマッチするユーザーにピンポイントで訴求。ユーザーのサービス理解度を高め、効率よく集客します。

勝ちに行くSEO施策とコンサルの伴走体制

8000サイト以上制作・運用してきた知見から、検索結果への上位表示や、さまざまなチャネルからの送客など幅広いコンサルが可能。
目標達成に向けて、専任のコンサルタントが伴走します。

120業種以上、8,000サイトを超えるニッチトップメディア制作の実績あり

私たちZenkenは、これまで120業種以上、8,000サイトを超えるニッチトップメディアを制作・運用することで、数々のニッチトップ企業を支援してきました。
今後も日本のニッチな企業をWebマーケティングの側面で支え、世界に通用するグローバルな企業に押し上げることで社会貢献していきたいと考え、ニッチトップメディアを推進しています。

ニッチトップメディアが皆さまをはじめ日本の企業のグローバルなご活躍の一助になれば幸いです。
ニッチトップメディアについて
問い合わせる

ページトップへ