全研本社のSEOと他社のSEOはどう違うのか?

全研本社のSEOと他社のSEOはどう違うのか?
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

「全研本社はSEOに強いという評判を聞くけど、それは本当なのか?」と、キャククルを読みながら疑問を抱いているかたが少なからずいらっしゃると思います。普通のSEO会社とどこがどう違うのか、そもそも全研ってなにをやっている会社なんだ?と感じているかもしれません。

そこで、当サイトキャククルの運営会社である全研本社のSEOについて、客観的な視点を交えながらご説明していきたいと思います。

全研本社はSEO会社ではない

全研本社はSEO会社ではない

クライアント様からよく「全研本社はSEOに強いというイメージがある」と言っていただくことが多いのですが、じつは全研本社はSEO対策を専門としている会社ではありません

SEOに強いという評判はある意味事実ですが、全研が提供しているのはあくまで戦略的コンテンツマーケティングを中心としたweb施策全般です。

この戦略的コンテンツマーケティングを極めるためにはSEOで優位に立つ必要があり、弊社の施策はすべてSEOと表裏一体のソリューションである、というだけのことです。

ご存知のようにSEOは生き物であり、アップデートによる変動がつきもの。結果をだすためにつねに最新のSEO情報を入手して対応、いかにしてクライアントに成果を届けるか、ということに全力を挙げて取り組んでいます。

その結果ナレッジが蓄積され分析力が向上、全研がSEOに強いという評判を耳にする機会が増えていきました。

なおSEO施策を理解するために必要な基礎知識は、別ページにまとめています。よろしければこちらもご覧ください。


全研本社SEOの特徴

全研本社SEOの特徴

全研本社で行なっているSEO対策とはどのようなものか、説明していきます。とはいっても、特別なSEOテクニックを使っているわけではありません

  • Google品質ガイドラインの遵守などルールに従う
  • コンテンツに最新の情報を掲載できるよう日々更新
  • 専門的な情報は専門家による監修をできるだけ実装
  • UIなどユーザーに利便性の高い設計
  • 導線など利益UPにつながる設計

現在で検索エンジンと聞いて誰もが利用しているのがGoogle検索です。このGoogleが提唱しているガイドラインを正しく守り、コンテンツを制作しています。またGoogleだけではなく日本で厚生労働省が定めている医療広告ガイドラインなどの関連法規の順守も徹底しています。

また誤った情報を提供するわけにはいきませんので、必要に応じて専門家にサイトの監修を依頼などもします。専門性や信ぴょう性を維持しつつ、スピーディーなコンテンツ制作を目指しています。

圧倒的な物量と速度でコンテンツ制作を進める

コンテンツや情報量の多さは検索エンジンで上位表示をするにあたり有利になります。他のコンテンツに負けないよう、質・量ともに高度なレベルが維持できるよう、制作や運用のオペレーションを絶えず改善しています。

下記の流れでスムーズに進められるよう、顧客ごとに専用のチームを編成して対応にあたります。

  1. 市場分析の結果を踏まえ効果の高いキーワードを選定
  2. 対策キーワードを元に競合を徹底分析
  3. ユーザーの心理を捉えたコンテンツ設計と導線設計
  4. 公開後運用で対策コンテンツを投下し続ける
  5. 毎月のレポーティングに基づく成果追及のPDCAを回す

顧客担当のコンサル、制作チーム、ライティングチーム、デザインチーム、SEOチーム、リスティングチームといった横断的なチーム編成で、各チームが連携、スピード感をもって制作に取り組むことによって、圧倒的な量と高品質なコンテンツ制作を実現しています。

勝つためのSEOをサイト制作に落とし込む

ただ人気のあるキーワードで上位表示させるためのSEO対策をするわけではありません。徹底的な競合調査及び市場分析を行ない確実に勝てると自信をもてる領域までセグメント化し、キーワードを選定します。

そして検索キーワードや市場調査から見えてくるユーザーのニーズを踏まえ、サイトのコンテンツへと落とし込んでいくのが全研本社のサイト制作です。

ただSEO対策での上位表示のみを意識する場合と異なる点として下記が挙げられます。

  • スタート時点から目標は上位表示ではなく個客の実利益
  • 検索数の多いキーワードではなく勝つキーワードの選定
  • サイトにアクセスしたユーザーの心理遷移に沿ったサイト設計

競合サイトのベンチマーク

コンテンツサイトを制作して終わりではなく、公開後も検索結果の上位を維持する努力を惜しみません。競合となるサイトのベンチマークを徹底し、追加すべきコンテンツを研究し、必要に応じて投下していきます。

検索エンジンの将来を見据えたSEOディレクション

従来使われていたテクニックが通用しなくなっているのは検索エンジンが日々進化を続けているため。現在のSEO対策もいずれは仕様が変更される可能性があります。

日々SEOに関する情報を収集することはもちろん、将来的な変化も見据えたサイト構成を目指します。

過去の案件や業界ごとに制作したメディアで積み重ねてきた全研のノウハウを活かし、サイト設計や運用に活かしています。このキャククルもこうしたノウハウの積み重ねに役立たせる、メディアのひとつです。

ユーザーの満足度を高めるサイト構成

例えどんなに検索にて上位表示されたとしても、最終的に利益へつなげるためにはユーザーのアクションが必要です。情報を求めてアクセスしてきたユーザーに対して満足させる内容を提供し、かつサービスや商品につなぐ導線に強いこだわりがあります。

もちろん公開した後にアナリティクスやサーチコンソールで分析を続け、顧客本位のメディア運用を行なっています。

SEOと戦略的コンテンツマーケティングの関係性

リード獲得につなげたいのであれば、対策キーワードの上位表示は必須条件ですが、SEO対策をすれば売れるとは限らないというのが実情です。

SEO対策のみで上位に表示できても、提供するサービスの内容を踏まえたサイトをつくらなければユーザーの契約に繋がらないためです。最終コンバージョンから逆算してサイト設計とSEO設計を併せて始めて収益につなげられます。

ところで、SEO対策のことは理解していても、「そもそも、戦略的コンテンツマーケティングとはなんぞや」という疑問を感じるかたがいるかもしれません。次に弊社が考える戦略的コンテンツマーケティングについて説明していきます。

全研本社が考える戦略的コンテンツマーケティングとは

全研本社の戦略的コンテンツマーケティングとは

検索市場を細かく分類してセグメント化し、クライアントの商品が勝てる市場を探すことから着手。孫子の兵法ではありませんが「勝ち易きに勝つ」ことをコンセプトにコンテンツを設計していきます。

確実に勝てる領域までセグメントした検索市場で勝負することによって、負ける理由がなくなります。思うような成果が出せないときは、設計そのものを見直していくことになります。

100社いれば100様の施策があり、SEO対策がある。ただ、どんなにキーワードが上位表示を達成しても、流入してきたエンドユーザーが納得したうえでクライアントサイトに遷移しなければCVなどしませんし、最終コンバージョンにつながるわけがありません。送出率など数字上で成果が出ているように見えても、必ずしもクライアントの成果につながっているとは限らないのです。

最終コンバージョンから逆算したサイト設計とSEO設計の両輪が機能して初めて、クライアントの収益を導き出すことができると考えます。これが全研の戦略的コンテンツマーケティングの考え方です。

全研本社のSEOには大きく分けて2つのタイプがある

全研が提供するSEO対策方法はクライアント様によってそれぞれ異なりますが、大きな分類で考えると「集客支援」と「ブランディング(啓蒙)」という2つのタイプに分けられます。

集客支援のためのコンテンツSEO

コンテンツSEOとは、まさにこのページのように文章を作成し、情報を発することによって検索結果に居場所を確保していくSEO施策、コンテンツマーケティングのひとつです。

全研のコンテンツSEOにはおもに3つのグループがあります。

ポジショニングメディア

全研本社バリューイノベーション事業部はさまざまなマーケティング戦略を提供していますが、もっとも成果を出しているのが集客支援のポジショニングメディアです。

ポジショニングメディアは企業がもつ強みを活かして市場の中で強みを光らせるためのメディアです。サービスに関連したターゲットのニーズ、抱えている悩みを徹底的に分析した上で、下記のようなコンセプトでサイトを構築していきます。

  • ユーザーが求めている情報を網羅する
  • 専門性・権威性・信ぴょう性を強く意識する
  • UI・UXの高いデザインと設計を追求する

さらに最終的な顧客利益につなげるためには、クライアントのサービスを一部見直してもらう、受け皿となるLP(ランディングページ)を弊社が制作するなど、フレキシブルかつ柔軟な対応でご好評をいただいております。

基本的にはセオリーに忠実な型を作ったうえで、メディアとしての独自性もとことん追求する、という特徴もポジショニングメディアは持っています。

なお、ポジショニングメディアに関する詳細は、下記ページで解説しています。マーケティング戦略の理解を深めるためにも、ぜひ一度ご覧ください。

ポジショニングメディアについて

オウンド(ブランディング)メディア

特定領域における先駆者的企業、専門性の高い分野の研究機関、開発企業による啓蒙活動などに活用される、オウンド(ブランディング)メディアも、弊社のコンテンツSEO施策として制作・運用をしています。

オウンドメディアを制作・運用する目的は、

  • 継続的な購入や申し込み
  • 見込み顧客の集客
  • ブランドイメージの構築・定着

などが挙げられます。公式サイトや通販サイトでは発信が難しい独自性の高いコンテンツや専門分野で深掘りした内容を発信していくことで、企業やブランドのファンを獲得。LTV(ライフタイムバリュー/顧客生涯価値)アップを図るためのコンテンツSEOといえます。

ユーザーが知りたいことに合わせてセグメント化することで、商品・サービスと相性の良いユーザーをオウンドメディアに集めることができます。そしてポジティブなイメージの醸成、購買意欲の向上を実現していく戦略です。

なお、オウンドメディアに関する詳細は、下記ページで解説しています。マーケティング戦略の理解を深めるためにも、ぜひ一度ご覧ください。

オウンドメディアについて

メディア公開後は定期的にレポーティング

ポジショニングメディア・オウンドメディアのコンテンツSEOは、公開してからが真の勝負です。定期的なレポーティングや改善施策の投下など、運用に関して専門チームが担当していきます。

SEOはナマモノなので、アップデートの影響を受けることが多々あります。そのような変化にも、フレキシブルに対応して改善を重ねていきます。

コンテンツマーケティング代行「ライターステーション」

弊社運営の「ライターステーション」はライター登録のプラットフォームですが、同時にコンテンツマーケティング代行のサービスも提供しています。自社運用サイトでコンテンツSEOを実施したくても、なかなか」ライターが確保できないことが少なくありません。

そこで編集・ディレクション・ライティングをすべて代行、コンテンツSEOの専門部署として機能させます。コンテンツマーケティング代行サービスについては、下記ライターステーションのサイトで詳細がご確認いただけます(外部サイトにリンク)。

ライターステーション「コンテンツマーケティング代行」詳細はコチラ

コンテンツSEOのリソースを確保したいという場合は、キャククルにお問い合わせいただくことも可能です。下記フォームをご利用ください。

コンテンツマーケティングに関するお問い合わせはコチラ

自社サイト向けのSEO

企業サイト自体のメディア化潜在顧客への直接的なアプローチを実現するためのSEOにも実績があります。

オウンドメディアの制作・運用はバリューイノベーション事業部が担当していますが、企業所有の公式サイトやwebメディアのSEO運用は、全研本社コミュニケーションプロダクツ事業部が担当しています。

コミュニケーションプロダクツ事業部はSEOのエージェントワークとして活動している、いわゆる全研本社の中でのSEO会社部門。これまで多数のコンサル実績を誇っています。

自社サイトのSEOに関するアドバイスやインハウスSEOに向けたコンサルテーションをご要望される場合は、弊社SEO会社部門のコミュニケーションプロダクツ事業部までご相談ください。

ご相談は下記フォームよりおねがいします。

公式サイトのSEOに
関するご相談はこちら

全研本社コミュニケーションプロダクツ事業部が展開しているサービスには、下記のようなものがあります。

seoLOUNGE

「seoLOUNGE」とは、企業担当者がSEOにくわしくなくても理解できる、いわゆるSEOファシリテーション・ツールです。内部分析結果や流入状況などについて、貴社SEO担当と弊社SEOプランナーの二人三脚でSEOの課題解決に取り組むことができます。

「seoLOUNGE」(https://seo-lounge.jp/)

SEOサロン

コロナ禍の企業をサポートすべく、期間限定で立ち上げたサービスが「SEOサロン」です。コメント形式のスレッドコンサルテーションツールで、月額1万円で利用できます(最低契約期間:3か月~)。

「SEOサロン」(https://seo.salon/)

全研本社運営のキャククルはなぜSEOに強いのか

キャククルは集客というテーマに特化したメディアであることが評価されており、下記のようなキーワードで上位表示をしています。

  • さまざまな業界名
  • マーケティングのジャンル
  • 施策名・サービス名(指名検索)

各業界のニーズを分析、対策キーワードを抽出して関連したテーマをグループ化。さらにコンテンツを増やしていき、関連したコンテンツ同士は内部リンクを設置しています。

特別なことはなにもしていませんが、キーワードによっては公開後数日で上位表示されることも多々あります。「集客」というテーマに絞り込んでいる点が、ほかのマーケティングメディアとの差別化につながっているのではないかと考えています。

指名検索でもコンテンツ公開後に比較的短時間で上位表示が可能なため、今後は企業名やサービス名での宣伝にも大いに活用していただきたいと考えております。ご興味があるかたは下記よりお問い合わせください。

キャククルへの掲載相談はこちら

さらに今後はキャククルのメディアとしての中立性を活かして、さまざまな専門分野の事業者や代理店と業務提携を結び、ユーザーがもっとも求めているツールやプラットフォームが提供できるようなメディアにしていく予定です。こちらも同様にお問い合わせをおねがいします。

全研本社のSEOまとめ

全研本社のSEOまとめ

キャククルは集客支援のメディアとして全研本社バリューイノベーション事業部が運営していますが、同時に戦略的コンテンツマーケティングを主軸としたマーケティング支援のビジネスを展開しています。

集客支援のみならずSEO施策も含めweb戦略全般のご相談に乗ることが可能です。全研本社のSEOは特別なものではありませんが、戦略的コンテンツマーケティングは独自性の高いソリューションです。最後にいま一度その特徴を整理しておきます。

  • 圧倒的な物量と速度のコンテンツ制作
  • 分析数字ではなく勝つSEO対策の実施
  • 検索エンジンの将来も見据えたSEOディレクション
  • ユーザーの満足度を高め利益につなげるサイト設計
  • 顧客に成果提供できるまで改善を重ねる運用体制

文章で読むだけではいまひとつ理解しきれない、疑問が残る、SEO以外のことを相談したいなど、どのようなことでもかまいません。下記項目に該当するものがない場合でも、「1」の項目を選択いただき、ご相談ください。折り返しご連絡を差し上げます。

ページトップへ