インバウンドコールセンター代行会社16社比較!おすすめサービスの特徴や口コミ評判を紹介

インバウンドコールセンター代行会社16社比較!おすすめサービスの特徴や口コミ評判を紹介
share
Facebook Twitter はてなブックマーク Pinterest

インバウンドコール業務は、顧客満足度や売上アップに直結する大切な業務の1つ。クレーム対応であれば、お客様からの問い合わせ内容を正確かつしっかりと受け止め、柔軟な対応が必要になります。

即日導入が可能な代行会社、電話・メール対応以外にも受注処理を委託できる代行会社など、各社で代行内容はさまざま。この記事では、インバウンドコールセンターを代行している企業16社の特徴や導入事例、料金プランについて紹介します。運用開始から運営まで、自社の課題を解決してくれるインバウンドコールセンター代行会社を探しましょう。

インバウンドコールセンター代行
4社の資料を
無料ダウンロードする

インバウンドコールセンター代行一覧表

ここでは、各社が提供するインバウンドコールセンター代行企業を一覧で紹介しています。自社のニーズを満たすものを選んでこそ、期待通りの効果を得られるため、企業それぞれが持つ強みや料金プランを比較して、自社に適したシステムを見つけることが大事です。
画像をクリックすると、資料ダウンロードページに移動します。

会社名 サービスの特徴
インバウンドコールセンター代行会社「株式会社ニッセン」のサイトキャプチャ画像【PR】株式会社ニッセン 40年以上のコンタクトセンター運営実績が武器の高品質なコールセンター代行サービス
・豊富な顧客対応経験を持つオペレーターが多数在籍
・他社に真似できない40年以上のコールセンター運営ノウハウ
・オペレーター教育やマネジメント育成サービス有
資料ダウンロードはコチラ >>
インバウンドコールセンター代行会社「株式会社バディネット」のサイトキャプチャ画像【PR】株式会社バディネット 24時間365日、有人での高品質なコールセンター代行サービスを提供
・クライアント企業に合わせた専属チームで対応
・「運用・接続・応対・処理」の4つの高品質を維持
・24時間365日対応で顧客満足度を追求
資料ダウンロードはコチラ >>
インバウンドコールセンター代行会社「マーケティングアソシエーション株式会社」のサイトキャプチャ画像【PR】マーケティングアソシエーション株式会社 オペレーターは全員正社員!クレーム対応や2次対応など幅広い業務を任せられる
・対応実績400社・800案件以上であることを活かしたサービスを提供
・クレーム対応からFAQやマニュアルの作成・更新まで対応
・オペレーターは100%正社員なので、安定して高品質な対応が可能
資料ダウンロードはコチラ >>
インバウンドコールセンター代行会社「株式会社NTTマーケティングアクトProCX」のサイトキャプチャ画像【PR】株式会社NTTマーケティングアクトProCX 全国40拠点・8,500席のキャパシティ!大量コールが必要な業務も柔軟に対応
・10年以上の運用実績多数!継続的な効率改善を実施
・企業が利用する多様なコミュニケーションツールに対応
・最新のICT導入で時間短縮&顧客負担の軽減に
資料ダウンロードはコチラ >>
スリーコール株式会社 最短即日対応&困りごとに柔軟に対応するコールセンター代行会社
CENTRIC株式会社 音声感情解析ソリューション導入で顧客とのコミュニケーションを可視化
キューアンドエー株式会社 お客さまのさまざまな課題をトータルサポート
セントラル・アイ株式会社 24時間営業のコールセンターをローコストで提供
トランスコスモス株式会社 業務内容にあった強みを持つセンターを選定
りらいあコミュニケーションズ株式会社 外国語、3者間通話など多様なニーズに対応
株式会社ウィルオブ・ワーク 業界・職種特化型サービスを提供
株式会社オフィスジャパン 長期・短期、小規模・大規模問わずニーズに合わせたサービス提供
株式会社ネオキャリア オーダーメイドプランを、コストを抑えて提供
株式会社ベルシステム24ホールディングス SNSアクティブサポートにも対応
電話代行サービス株式会社 月間50件の小規模運用からも対応
日本トータルテレマーケティング株式会社 問題点を明確にし、予算とニーズに合ったサービスを提案

【PR】40年以上のコンタクトセンター運営実績が武器の高品質なコールセンター代行サービス

株式会社ニッセンは、40年以上にわたるコンタクトセンター運営実績武器に1,626社(2022年実績)の支援実績を持つコールセンター代行サービス(インバウンドサービス)を提供しています。全国4拠点、280席、550名のコールセンターの規模を活かし、クライアント企業の業態やサービスに合わせたオペレーションに対応。また、アウトバンド対応やコールセンター研修や支援も可能。自社内のインバウンド体制を強化したいと企業の力強い味方となってくれることでしょう。
※参考元:https://www.nissen.biz/

株式会社ニッセン

コールセンター代行サービス株式会社ニッセン公式サイト画像
画像引用元:株式会社ニッセン公式サイト(https://www.nissen.biz/)

株式会社ニッセンの特徴

株式会社ニッセンは、カタログ通販事業で培ってきた40年以上のノウハウを最大限に活かして、質が高く安定したオペレーションを提供するコールセンター代行サービスを行っている企業です。2022年には1,626社の支援実績を持ち、通販業務に明るい建研豊富なオペレーターが多数在籍しています。

コールセンター代行の規模は東京、金沢、京都、福岡と全国に4拠点、280席550名体制を構えているからこそ、インバウンド・アウトバウンド双方のサービスに対応できます。

インバウンドサービスでは、例えばSaaSの契約後に必要となる導入支援から、使用方法などに関する利用者からの問い合わせに対応。電話に加えてメール、チャットといった多様な連絡手段を完備することで、顧客対応に要するコスト削減だけでなく顧客の離脱防止を実現しています。

株式会社ニッセンにコールセンター代行を依頼した企業からは、「課題解決につながった」「迅速で柔な対応が安心感があった」といった高い評価が寄せられています。これまで通販事業で培ったノウハウと企業としての信頼性を大切に、コールセンター代行サービスを提供しているのが強みでしょう。

こんな企業におすすめ

  • 顧客の電話対応業務に時間を取られ業務効率が悪化している
  • 電話対応の質のバラツキが、会社の評価を下げてしまっている
  • 顧客満足度アップと信頼関係を構築を実現したい

\ 他社サービスと比較検討したい方はこちら /

株式会社ニッセンを含む計4社の
資料を無料ダウンロードする

\このサービスと決めている方はこちら/

株式会社ニッセンのサービス
紹介資料をダウンロードする

株式会社ニッセンを選ぶべき理由

【理由1】豊富な顧客対応経験を持つオペレーターが多数在籍

株式会社ニッセンのインバウンドサービスの武器は、豊富な顧客対応経験を有するオペレーターが多く在籍していることでしょう。顧客対応にあたっては、クライアントの商品やサービスについても十分に理解した上で、自社さながらの高品質な対応を提供してくれます。

オペレーターの対応能力のレベルに合わせた顧客との電話に接続する「スキルベースルーティング」を実施することで、能力を最大限に発揮した対応を実現しています。細やかで専門的な知識を有する商品やサービスに関する問い合わせには、高いスキルを持ったオペレーターが対応。シンプルで答えやすい問い合わせであれば、低いスキルのオペレーターに任せるなど、対応の効率化と顧客満足度の実現の両方を意識した対応が魅力です。

【理由2】他社に真似できない40年以上のコールセンター運営ノウハウ

株式会社ニッセンが通販事業を開始したのは1970年。その後も、家庭用品や衣料品の通信販売を展開するなど、インターネットが主流となる前の時代から、電話を使った顧客対応を積み重ねてきています。お客様によって異なるさまざまな問い合わせで積み重ねてきたコールセンター運営スキルは、大きな武器といえるでしょう。

これまでのコールセンター運営業務だけにとどまらず、注目を集めているSaaSやクラウドサービスに対応できるインバウンド向けのコールセンター代行にも力をいれています。ここでも、ユーザー心理と市場動向をしっかりと見極めた最新のオペレーションスキルをに生み出しています。企業全体としてコンプライアンス意識が高いことから、大切なクライアントと顧客の信頼関係が崩れるような心配は無用でしょう。

【理由3】オペレーター教育やマネジメント育成サービス有

株式会社ニッセンのサービスは、インバウンドやアウトバンドのコールセンター代行サービスだけにはとどまりません。自社のオペレーターを強化させたいといったニーズにも応えるべく、オペレーター教育・マネジメント育成にも着手。クライアントの状況や課題に応じて、ロールプレイング・ショートMTG・事例共有・OJTなどの研修プログラムなどをカスタマイズしてくれます。結果、短期間で効率的に自社の課題解決につながるオペレーター育成が実現するのです。

電話対応をするオペレーターは会社の顔となり、会社の評判にも影響します。そこで、オペレーター業務を代行し業務改善をはかるだけでなく、顧客企業内のコールセンターのクオリティ強化によってブランド力を強化も可能です。

\ 他社サービスと比較検討したい方はこちら /

株式会社ニッセンを含む計4社の
資料を無料ダウンロードする

\このサービスと決めている方はこちら/

株式会社ニッセンのサービス
紹介資料をダウンロードする

株式会社ニッセンの導入事例

高い成果が出ています

毎月、お電話の中で頂いたお客様の生の声をまとめてご提供いただいています。お客様の実際の声というのは気づきも多く、情報としては非常にありがたいですね。今後も、お客様視点は重要なので引き続きよろしくお願いします。(中略)担当の中西さんはじめ、センターの皆さんが弊社の要望をうまく取り入れていただき、お客様へしっかりと伝えて頂いているので昨年よりも高い成果を出していただいております。引用元:株式会社ニッセン公式HP(https://www.nissen.biz/casestudy/3254/)

ノウハウを活かしたコールセンター立ち上げ

スムーズに運用開始ができ、安心してコールセンターの運営をお任せできます。引用元:株式会社ニッセン公式HP(https://www.nissen.biz/casestudy/1466/)

顧客対応を任せて業務に集中できた

顧客対応についてはニッセンに任せることが出来たため他の業務に時間を割くことができ売上増加にもつながった。引用元:株式会社ニッセン公式HP(https://www.nissen.biz/casestudy/1327/)

株式会社ニッセンの料金プラン

株式会社ニッセンの料金プランは公開されていません。詳しくは資料をご確認ください。

株式会社ニッセンの会社概要

会社名 株式会社ニッセン
設立 2007年6月21日
会社所在地 京都府京都市南区西九条院町26番地
公式サイトURL https://www.nissen.biz/

\ 他社サービスと比較検討したい方はこちら /

株式会社ニッセンを含む計4社の
資料を無料ダウンロードする

\このサービスと決めている方はこちら/

株式会社ニッセンのサービス
紹介資料をダウンロードする

【PR】24時間365日、有人での高品質なコールセンター代行サービスを提供

ここでは、「不自由を減らすIoTの社会を創り、世の中をもっと笑顔にする」をビジョンに掲げ、コールセンター代行サービスを提供する株式会社バディネットを紹介します。

株式会社バディネット

コールセンター代行株式会社バディネット公式サイト画像
画像引用元:株式会社バディネット公式サイト(https://www.buddynet.jp/)

株式会社バディネットの特徴

株式会社バディネットは、IT/ICTなどのテクノロジーとコンタクトセンターを高度に融合させ、24時間365日有人でメールやSNSなどに対応する高品質なサービスを提供しています。クライアントに満足してもらえるオペレートサービスを提供するため、クライアント様の基礎知識や業務知識の習得はもちろん、コミュニケーションおよびビジネス基礎研修をはじめ、ロールプレイングOJT、スキルアップ研修などを段階を踏んでオペレーターを育成。安定した高品質サービスの提供を心がけています。

こんな企業におすすめ

  • 24時間365日、いつでも安心できる有人対応をしてほしい
  • 高品質でクオリティが安定したオペレーターに依頼したい
  • サービス全般のテクニカルサポートや保守運用ができる会社を探してる

株式会社バディネットを選ぶべき理由

【理由1】クライアント企業に合わせた専属チームで対応

株式会社バディネットのカスタマーサポートは、大規模や中規模のブース専用型サービスだけにとどまりません。そんなに大規模なものは必要ないけれど、コールセンター代行を依頼したいという企業様に応えられるように、小規模センターの0.1席~5席程度のシェア型(マルチブース)サービスを請け負っています。中小企業やEC通販会社、モバイル(携帯)サービス事業会社など、幅広いジャンルでの利用が可能です。

これまで大手企業や通信建設関連事業、官公庁などのコールセンター運営で培ってきた豊富な実績を活かして、クライアント企業にぴったりな専属チームを結成。対応内容も幅広く、マーケティング支援のミステリーコール委託やアンケート調査、営業代行の新規顧客獲得やアポイント獲得、商品案内と多岐にわたります。
サービスに満足してもらえるように、実際にお客様に対応するオペレーターだけでなく、株式会社バディネット独自で作り上げた教育、研修制度を取り入れ、高い知識とスキルを持つ人材を育成しています。

【理由2】「運用・接続・応対・処理」の4つの高品質を維持

クライアント企業のコンタクトセンター設置目的を大切にし、課題解決や売上アップといった目標を達成するため、「運用品質・接続品質・応対品質・処理品質」の4つの品質を重視しているのが特徴です。

運用品質は、クライアント様のサービスに対して運用が適切かどうか、接続品質はコンタクトセンターへの繋がりやすさ。コンタクトセンターにつながりにくいというのは非常にマイナス要因となるため大切なポイントとなるでしょう。応対品質は、お客様満足度の判断基準として重要なオペレーターの言葉遣いや対応の素早さ、正確性など徹底。処理品質はお客様の要望に対して、納得できる対応ができているかを表します。
この4つの品質を維持することによって、クライアント様とその先のお客様が満足できる高品質のサービス提供を目指します。

【理由3】24時間365日対応で顧客満足度を追求

株式会社バディネットが選ばれる理由の一つとして、有人の「24時間365日対応」があげられます。「コールセンターに電話したいけれど、土日や祝日は休みになっている」「緊急対応をしてもらえる窓口がない」などは、コールセンターに問い合わせをする多くの方が口にする苦言の1つでしょう。24時間365日の有人対応を基本とし、問い合わせ方法は電話に限定せず、メールやSNSをはじめ、チャットボットシステムなど、さまざまなツールに対応しています。
そのような柔軟な対応を完備することで、どんな事柄に対してもクライアント様企業の先にあるお客様の顧客満足度を追求しているのです。

\ 他社サービスと比較検討したい方はこちら /

株式会社バディネットを含む計4社の
資料を無料ダウンロードする

\このサービスと決めている方はこちら/

株式会社バディネットの
会社資料をダウンロードする

株式会社バディネットの導入事例

インターネット利用希望者からの問い合わせ対応からオペレーション対応

インターネット利用希望者からの問い合わせ対応を電話、Webフォーム、メールにて対応。サービス説明や工事希望日程のヒアリングはもちろん、通信建設事業で培ったノウハウを駆使し、工事会社との日程調整、工事スケジュールの管理といったインターネット開通までのオペレーションも一気通貫で実施することで、プロジェクト全体の低コスト化、効率化を実現。また、SMSなどのチャネルを活用した追加施策を提案、導入することで 工事完了までのCV改善、工事数の最大化に貢献。
引用元:株式会社バディネット公式HP(https://www.buddynet.jp/contactcenter)

大手EC通販事業者のカスタマサポート

健康食品や美容商材の通信販売事業における、電話・メール対応等の顧客対応業務と、受発注処理・出荷指示等のバックオフィス業務を運営代行。 AI分析により、購入見込度の高い購買予測モデルを作成し、DM、アウトバウンド施策を展開。従来の実績から125%の成約率向上を実現。
引用元:株式会社バディネット公式HP(https://www.buddynet.jp/contactcenter)

大手カーシェア事業部門スマートロックのテクニカルサポートデスク

カーシェアサービスのスマートロックシステムに関する問い合わせに対し、効率的なテクニカルサポート体制をご提供。チャットボットと公開型FAQの整備を行い、セルフサポート型の運用スキームを構築することで、繁閑差を吸収し、サービス拡大にあわせリニアに上がる全体コストを抑制しつつもユーザ満足度の向上を実現。
引用元:株式会社バディネット公式HP(https://www.buddynet.jp/contactcenter)

\ 他社サービスと比較検討したい方はこちら /

株式会社バディネットを含む計4社の
資料を無料ダウンロードする

\このサービスと決めている方はこちら/

株式会社バディネットの
会社資料をダウンロードする

株式会社バディネットの料金プラン

公式サイトに記載がありませんでした。

株式会社バディネットの企業概要

会社所在地 東京都中央区新富1-18-1 住友不動産京橋ビル3F
設立 2012年2月
資本金 1億円
公式サイトURL https://www.buddynet.jp/

\ 他社サービスと比較検討したい方はこちら /

株式会社バディネットを含む計4社の
資料を無料ダウンロードする

\このサービスと決めている方はこちら/

株式会社バディネットの
会社資料をダウンロードする

【PR】オペレーターは全員正社員!クレーム対応や2次対応など幅広い業務を任せられる

インバウンドコールセンター代行を手掛けるマーケティングアソシエーション株式会社が提供する「カスタマーサポートPlus」を紹介します。自社のサービスや商品に関するお問合せに対して、365日体制でしっかりとサポートします。

また対応するオペレーターは、全員正社員のため、コールセンターの課題である人の入れ替わりが起きにくく安定したサービスの提供が期待できます

さらに対応できる業務は多岐にわたり、クレーム対応はもちろんのこと、二次対応、クロージング、FAQやマニュアルの作成・更新までも対応していることが特徴です。

マーケティングアソシエーション株式会社

インバウンドコールセンター代行カスタマーサポートPlusの公式サイト画像
画像引用元:カスタマーサポートPlus公式サイト(https://ma-inc.jp/service/customer_support_plus/lp/)

マーケティングアソシエーション株式会社の特徴

カスタマーサポートPlusは、自社の商品やサービスに関するお問い合わせの対応を代行するインバウンドコールセンター代行です。対応チャネルは電話だけでなく、メール、チャット、SNSなどのマルチチャネル対応で、コールセンター業務を365日体制でサポートしています。
また、プライバシーマークも取得している為、セキュリティ面の対策も万全な体制となります。

対応は105種類の研修を受けた正社員のみで行うため、高品質な対応が期待できるだけでなく、オペレーターの入れ替わりが起きづらいため安定したサービスの提供が可能です。
社内専門資格制度も完備し、IT・金融・薬機法など、専門的なサポートに対応できるオペレーターも在籍しています。

また予算や規模に合わせたプランを考案し、提供しているため、クライアントの要望に合わせたコストパフォーマンスの高いインバウンドコールセンター代行を依頼することが可能です。

\ 他社サービスと比較検討したい方はこちら /

マーケティングアソシエーションを含む計4社の
資料を無料ダウンロードする

\このサービスと決めている方はこちら/

マーケティングアソシエーションの
会社資料をダウンロードする

こんな企業におすすめ

  • 現在外注しているが、オペレーターの入れ替わりが激しいことが懸念
  • 問い合わせ対応やクレーム対応に時間をとられてしまう
  • マニュアル更新や作成ができていないので、依頼したい

マーケティングアソシエーション株式会社を選ぶべき理由

【理由1】対応実績400社・800案件以上の豊富な実績

マーケティングアソシエーション株式会社は、対応実績400社・800案件以上の豊富な実績を誇ります。Webサービス、メーカー、通販、インフラなど様々な業界の運用実績多数。お客様窓口の対応からテクニカルサポートまで、どんな業務・商材も対応可能です。

また、豊富な実績を基にした対応ノウハウを保有しているだけではなく、クライアントの商品やサービスに関しても、事前に研修をしっかりと行うことで、対応品質の更なる向上に取り組んでいます

これまで他のコールセンター代行で依頼できなかった企業でも、カスタマーサポートPlusには豊富な実績があるからこそ、ニッチな商材を扱う業界でも幅広く対応しています。

【理由2】クレーム対応や2次対応、マニュアル作成も任せられる

マーケティングアソシエーションのカスタマーサポートPlusは対応範囲が広いことが魅力で、クレーム対応や2次対応だけでなく、マニュアル作成・更新も依頼することができます。

今まで難しい内容の問い合わせ対応やクレームに対して時間がかかっていた企業でも、マーケティングアソシエーションにインバウンドコールセンター代行を依頼することで、解決へと導いてくれるでしょう。

またFAQ・テンプレートの作成や更新に時間が取れず、質の高い対応ができていないことが課題点だった企業には、FAQテンプレートの更新や追加を実施。そうすることにより質の高い対応を行うことができるため、顧客満足度の向上を図れます。

【理由3】正社員100%体制による安定して高品質なサービス提供が可能

マーケティングアソシエーションに在籍するオペレーターは、100%正社員で構成されています。
そのため、コールセンターの課題である「人の入れ替わり」という部分が起きづらく、安定した運営体制が提供可能であり、高品質な対応が提供可能です。

さらに、オペレーター自身が105種類の研修を受けていることや、社内専門資格制度が完備されていることで、サービスの質が統一され、ITや金融など専門性の高いサポートにも対応できるオペレーターが揃っています。

正社員体制による安定した運営体制が構築できるだけでなく、お客様へ高品質な対応を提供することが可能です。

\ 他社サービスと比較検討したい方はこちら /

マーケティングアソシエーションを含む計4社の
資料を無料ダウンロードする

\このサービスと決めている方はこちら/

マーケティングアソシエーションの
会社資料をダウンロードする

マーケティングアソシエーションの導入事例

個人向け資産運用サービスを展開している企業のカスタマーサポート

オペレーター全員が正社員であるため人の入れ替わりが少なく、安定したCSの運用ができると考えたところが大きいです。
当社のような小規模のCSが必要な場合、オペレーターの人数で契約してしまうと、コストが必要以上にかかってしまいます。その点、「カスタマーサポートPlus」の「毎月○○件の問い合わせに対応する」という、いわゆる件数契約の料金体系が当社に合っていると考えました。
引用元:マーケティングアソシエーション公式HP(https://ma-inc.jp/performance/interview002/)

不動産投資サービスのアウトバウンド業務

確実にオーナー様との接点が増えました。アフターフォロー連絡をしなければ聞けなかったであろう様々な声を拾い上げることができており、顧客満足度の向上にも貢献していると考えています。
また想像していた以上の成果もありました。
「もう一軒購入しようと考えています」や「ちょうど引っ越しを考えていました」、「居住用の不動産を探しています」といったご相談をいただけるようになり、そうした声が営業に繋がるケースも出てきたのです。
引用元:マーケティングアソシエーション公式HP(https://ma-inc.jp/performance/interview003/)

カスタマーサポートPlusの料金プラン

月額:40,000円~
従量課金や席契約・件数契約など、規模や予算に合わせた柔軟な料金プランをご提案が可能。契約後のプラン変更も可能で、ミニマムから始めて、徐々に拡大したいなどのご希望もご相談可能です。

マーケティングアソシエーション株式会社の会社概要

会社名 マーケティングアソシエーション株式会社
会社所在地 東京都台東区池之端1丁目1-15 南星上野ビル1・3・4F
支社・センター 東京、名古屋、札幌、大阪、仙台
公式HP https://ma-inc.jp/service/customer_support_plus/lp/

\ 他社サービスと比較検討したい方はこちら /

マーケティングアソシエーションを含む計4社の
資料を無料ダウンロードする

\このサービスと決めている方はこちら/

マーケティングアソシエーションの
会社資料をダウンロードする

【PR】全国40拠点・8,500席のキャパシティ!大量コールが必要な業務も柔軟に対応

株式会社NTTマーケティングアクトProCX

インバウンドコールセンター代行株式会社NTTマーケティングアクトProCXの公式サイト画像画像引用元:株式会社NTTマーケティングアクトProCX公式サイト(https://www.nttactprocx.com/solution/contact-center/)

\ 他社サービスと比較検討したい方はこちら /

NTTマーケティングアクトProCXを
含む計4社の
資料を無料ダウンロードする

\このサービスと決めている方はこちら/

NTTマーケティングアクトProCXの
会社資料をダウンロードする

株式会社NTTマーケティングアクトProCXの特徴

株式会社NTTマーケティングアクトProCXのインバウンドは、メーカー・小売業や金融・保険系、中央省庁などあらゆる業種にサービスを提供しています。立ち上げ後は、クライアントの課題把握や目標設定などから行い、効率的に運用を行えるようにしています。

また運用中は設定目標を達成しているかを振り返り、コンタクトセンターの稼働状況を可視化させてクライアントに成果をわかりやすく伝えています。10年以上の長期に渡る運用実績が多数あり、実力のあるインバウンドコールセンター代行です。

\ 他社サービスと比較検討したい方はこちら /

NTTマーケティングアクトProCXを
含む計4の
資料を無料ダウンロードする

\このサービスと決めている方はこちら/

NTTマーケティングアクトProCXの
会社資料をダウンロードする

株式会社NTTマーケティングアクトProCXを選ぶべき理由

【理由1】10年以上の運用実績多数!継続的な効率改善を実施

長期での運用実績が多数ある株式会社NTTマーケティングアクトProCXのインバウンドでは、継続的な効果改善を目指して運用を行います。
立ち上げ後は目標設定や業務設計などを行い、運用中は市場の変化や設備の変化にも柔軟に対応。目標に対しての振り返りも行うので、コンタクトセンター全体の稼働をクライアントにわかりやすく伝えることができます。

また、数多くの拠点・席数を所有していることから、クライアントの要望に柔軟に応えることが可能です。例えば大量コールが必要であるというクライアントからの要望も、8,500席を活用しスムーズな対応を実現できます。

【理由2】企業が利用する多様なコミュニケーションツールに対応

株式会社NTTマーケティングアクトProCXのインバウンドでは、企業が利用するコミュニケーションツールである電話やメール、SMS、ソーシャルメディアなどにマルチに対応することができます。

マルチチャネルに対応することで、運営効率を向上させることができ、顧客に対する対応の品質を確保することが可能です。

また様々なルートで問い合わせをしてくる顧客をモニタリングし、よりよい品質を提供することに努めているため、顧客満足度向上に寄与することができます。

【理由3】最新のICT導入で時間短縮&顧客負担の軽減に

株式会社NTTマーケティングアクトProCXのインバウンドでは、最新のICT技術を取り入れていることが特徴です。例えばAIチャットボットを導入しており、あらかじめ要件を聞いた上でオペレーターに繋げています。

AIを活用することで通話時間の短縮を図ることができ、対応の効率化や顧客負担の軽減を実現できます。その結果、満足度の高いサービスを提供でき、会社や製品のブランド力を向上させることが可能です。

\ 他社サービスと比較検討したい方はこちら /

NTTマーケティングアクトProCXを
含む計4社の
資料を無料ダウンロードする

\このサービスと決めている方はこちら/

NTTマーケティングアクトProCXの
会社資料をダウンロードする

株式会社NTTマーケティングアクトProCXの料金プラン

株式会社NTTマーケティングアクトProCXの料金プランは公開されていません。詳細はサービス資料をダウンロードしてご確認ください。

株式会社NTTマーケティングアクトProCXの導入事例

市民からの簡単な問い合わせに対応するAIチャットボットを開設

AIチャットボットが市民からの問い合わせに対応する、新たな窓口の開設をサポート。24時間365日、簡単な問い合わせにはチャットボットが答えることで窓口の利便性が向上し、また、複雑な質問は人で回答するという棲み分けにより、コールセンターの生産性とサービス品質の維持・向上に繋がっています。
引用元:株式会社NTTマーケティングアクトProCX
公式HP(https://www.nttactprocx.com/showcase/case_cc_ai_general_info_nagoya.html)

サービス品質の向上はもちろん、経営戦略上でも大きなメリット

受付センターのオペレーターがハイクオリティな電話応対を行うことで、「話し中が多い」「電話の対応が十分でない」などのクレームも大幅に解消。集荷・配達情報などが受付センターで一元的に把握できるようになったことで、荷物照会などもワンストップで迅速に対応できるようになり、会社全体でサービス品質が大きく向上しました。
引用元:株式会社NTTマーケティングアクトProCX
公式HP(https://www.nttactprocx.com/showcase/case_cc_delivery_s.html)

問い合わせに対して適切な回答をした割合「95%以上」を実現

センター設置後の効果を表すのが市民の満足度の高さ。問い合わせに対してその場で解決、あるいは折り返し電話を入れて解決する割合を示す「完結率95%以上」という数字がそれを証明しています。担当課との連携によるFAQの充実が、さらなる完結率と市民の満足度向上につながっています。
引用元:株式会社NTTマーケティングアクトProCX
公式HP(https://www.nttactprocx.com/showcase/case_cc_general_info_k.html)

\ 他社サービスと比較検討したい方はこちら /

NTTマーケティングアクトProCXを
含む計4社の
資料を無料ダウンロードする

\このサービスと決めている方はこちら/

NTTマーケティングアクトProCXの
会社資料をダウンロードする

株式会社NTTマーケティングアクトProCXの会社概要

会社名 株式会社NTTマーケティングアクトProCX
設立 2021年7月1日
会社所在地 大阪府大阪市都島区東野田町4丁目15番82号
公式サイトURL https://www.nttactprocx.com/

\ 他社サービスと比較検討したい方はこちら /

NTTマーケティングアクトProCXを
含む計4社の
資料を無料ダウンロードする

\このサービスと決めている方はこちら/

NTTマーケティングアクトProCXの
会社資料をダウンロードする

その他のコールセンター代行サービス情報まとめ

スリーコール株式会社

コールセンター代行スリーコール株式会社公式サイト画像画像引用元:スリーコール株式会社公式サイト(https://www.three-call.com/)

スリーコール株式会社の特徴

スリーコール株式会社は、お客様のニーズに合わせてインバウント・アウトバンド両方を請け負うコールセンター代行会社です。それ以外にも、業務コンサルティング、教育事業も展開。スタッフを300人以上抱えることで、急な依頼などにもスピーディーに対応できる体制を構築しています。

スリーコール株式会社のモットーは、「融通」「スピード」「親切心」。会社の一員としての電話対応で顧客に安心感を与えます。幅広い業界の専門的な知識を持ったスタッフが在籍しているのも特徴で、金融や保険、製造業、さらには自動車やサービス、流通サービスやIT、公共事業から学校法人など多岐にわたる対応が可能です。

決まった定型プランを設けていないため、特定の時間に対応した件数や指定件数、1案件のみ、1日のみといったニーズにあわせた依頼に対応。コストパフォーマンスが高い点もうれしいポイントです。キャンペーン中の大量受電体制依頼、専門知識を有する電話対応といった特殊なケースも柔軟に対応してくれます。

スリーコール株式会社の料金プラン

スリーコール株式会社は料金パッケージを用意しておりません。問い合わせいただいたお客様のご要望を丁寧にヒアリングし、一つずつお見積りを作成しています。

スリーコール株式会社の会社概要

会社所在地 東京都新宿区西新宿4-16-13 西新宿MKビル3F
設立 2017年4月17日
資本金 記載なし
公式サイトURL https://www.three-call.com/

CENTRIC株式会社

コールセンター代行サービスCENTRIC株式会社社公式サイト画像画像引用元:CENTRIC株式会社公式サイト(https://centric.co.jp/solution/contact-center/)

CENTRIC株式会社の特徴

音声感情解析ソリューションの開発やバックオフィスソリューションにも対応

CENTRIC株式会社は、2009年よりコールセンター、コンタクトセンターの運用改善および支援事業に着手しており、拠点は東京・和歌山・熊本・沖縄の4拠点。400席超、累計実績300件超の規模で、常時50社程の企業と取引をしています。

対応可能な業種も幅広く、小売・ネットショップ・メーカー・ITサービス・インフラ・飲食・観光・金融・不動産・官公庁・自治体など、多岐にわたります。

電話応対だけでなく、メールやチャット・SMS・メールフォームなど、利用者が選びやすいさまざまなコミュニケーションツールに対応することで、機会損失を抑制。

また、近年は独自に開発した音声感情解析ソリューションを導入し、お客様の声から感情を可視化し、よりよい相互理解に活かしています。音声感情解析ソリューションは、お客さまと信頼関係を構築することで長く利用されるサービスにつなげるサポートにもつながるでしょう。また、情報共有することで、オペレーターの対応品質を均一化することにも役立ちます。

IT化が進む中で、より重要視される次世代のコミュニケーションを見据えた技術開発に力をいれている企業です。

CENTRIC株式会社では、コールセンター代行に付随したサービスにも着手しています。たとえば、データ入力やキャンペーン事務局・画像加工・EC注文と発送など、バックオフィスソリューションといわれる業務まで任せられるのは強みでしょう。

コールセンター代行に関連する後方業務についても、省人化と効率化をすすめ、クライアント企業の業務効率化や事務仕事の負担軽減をはかり、本業に集中しやすい制をサポートしてくれます。

CENTRIC株式会社の料金プラン

公式サイトに記載がありませんでした。

CENTRIC株式会社の会社概要

会社名 CENTRIC株式会社
設立 2009年4月6日
会社所在地 東京都豊島区池袋2-50-9 第3共立ビル5F
公式サイトURL https://centric.co.jp/

キューアンドエー株式会社

コールセンター代行サービスキューアンドエー株式会社公式サイト画像画像引用元:キューアンドエー株式会社公式サイト(https://www.qac.jp/)

キューアンドエー株式会社の特徴

クライアントの立場に立った施策

キューアンドエー株式会社では、コールセンター代行を含めた企業の多様なサポート業務を、個人向けおよび法人向けにコンタクトセンターサービスとして提供しています。

コンタクトセンターサービスは、単なる「取次対応」だけに限定することなく、クライアント企業の成長につながるIT化・DX化を促進することを目的としている点が心強いでしょう。具体的には、事務処理センターソリューションやメール・チャット・ノンボイス関連、外国語ヘルプデスク・通訳サービス、リモート機能活用に至るまで、多様な支援が可能です。

また、キューアンドエー株式会社の施策の特徴として、クライアント企業だけでなくその先にいるクライアントのお客様を視野に入れている点があげられます。導入後も、PDCAサイクルを回し続け、高品質なサービスを追求した末永いサポートを心がけています。

自社のコールセンター運営を強化させたいというクライアント様に向けては、コールセンター管理者の人材育成も行っています。今後、自社でも運営を考えている企業にもぴったりでしょう。

さらに、ソフトウェアの導入や支援といったフィールドサポートからマーケティングサポートまでワンストップで実践することで、依頼者の要望に応えるためのあらゆる施策を提供。

情報漏洩が問題視される時代だからこそ、キューアンドエー株式会社独自のシステムを導入し、安心して依頼、利用できる環境を整えている点も安心感につながります。

キューアンドエー株式会社の料金プラン

公式サイトに記載がありませんでした。

キューアンドエー株式会社の会社概要

会社名 キューアンドエー株式会社
設立 1997年7月1日
会社所在地 東京都渋谷区笹塚2-1-6 JMFビル笹塚01
公式サイトURL https://www.qac.jp/

セントラル・アイ株式会社

コールセンター代行サービスセントラル・アイ株式会社公式サイト画像画像引用元:セントラル・アイ株式会社公式サイト(https://www.central-eye.co.jp/)

セントラル・アイ株式会社の特徴

社員の一員としての電話応対をカスタマイズで対応

セントラル・アイ株式会社では、創業から50年以上と長年のノウハウを蓄積したコールセンター代行を行っています。これまでに15,000社以上の導入実績があり、官公庁との取引実績も100案件以上。お客様が仕事に集中し、業務の省力化が図れるように「安心」してご利用いただけるサービスの創造・提供をミッションと捉えている企業です。

サービス導入が最短1日というスピード感で、24時間365日体制で47都道府県対応と、時間も場所も問わないサービスの質と幅広さはセントラル・アイ株式会社の強みでといえるでしょう。もちろん、対応業種を限定することはありません。これまでも、ベンチャー企業からIT関連・人材派遣・不動産・クリニック・販売店・介護・士業・飲食など、多岐にわたり利用されています。

必要に応じて、さまざまなバックオフィス業務を依頼することもでき、予約管理業務や秘書代行サービスなど、コールセンター代行以外にも、質の高いサービスにより本業に集中しやすいサポートをしています。

また、コールセンター代行業務はどの企業も一律のパッケージング支援ではありません。企業によって規模やニーズも異なることから、オペレーターの人数や回線数まで、ヒアリングの上、状況に合わせて業務を支援。

ノウハウを元に導き出されたコールセンター業務の適正人員の提案など、これまでの実績を元に、コストパフォーマンスの高いサービスを提案してくれるでしょう。

それに加えて、葬儀会社様電話代行パックなど、業種に特化したサービスパッケージも用意されています。

セントラル・アイ株式会社の料金プラン

公式サイトに記載がありませんでした。

セントラル・アイ株式会社の会社概要

会社名 セントラル・アイ株式会社
設立 1967年12月
会社所在地 東京都渋谷区代々木2-2-13 新宿TRビル2階
公式サイトURL https://www.central-eye.co.jp/

トランスコスモス株式会社

コールセンター代行サービストランスコスモス株式会社公式サイト画像画像引用元:トランスコスモス株式会社公式サイト(https://www.trans-cosmos.co.jp/)

トランスコスモス株式会社の特徴

次世代を見据えた多種多様なサービスにも対応

トランスコスモス株式会社では、インバウンドとアウトバウンドどちらの業務にも対応できるコールセンター代行を提供しています。拠点は全国71拠点あり、コールセンターは34拠点19,560席とキャパシティも十分です。また、海外にも47拠点21,830席コールセンターを持っているため、海外進出を考えているクライアントにも対応できます。

多様化するコミュニケーションツールに対応すべく、コールセンター(コンタクトセンター)代行に限定することなく、バックオフィスサービスの支援も網羅的に展開。

これまでに3,000社以上の企業のオペレーション実績を持つ生きた顧客コミュニケーションノウハウが強みです。これらを駆使し、クライアント企業の売上拡大とコストパフォーマンスの最適化をサポート。

さらに、声ではない形でのサービスといわれるノンボイスサービスや支援サービスも提供しています。ノンボイスサービスの例としては、SNS運用、チャット、ボイスボット、チャットボット、メールサポートなどがあります。支援サービスでは、バックオフィス業務支援、アノテーション、アセスメントサービス、調査サービスを提供。

コールセンター業務には、今後より幅広いユーザー層に対しての利用促進や問題解決支援が求められています。そこで、これからのコンタクトセンターの在り方として注目されている、次世代を見据えた「DCC-X(Digital Contact center CX)」を提唱し、実践方法などもを定期的に発信しています。

トランスコスモス株式会社の料金プラン

公式サイトに記載がありませんでした。

トランスコスモス株式会社の会社概要

会社名 トランスコスモス株式会社
設立 1985年6月18日
会社所在地 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60
公式サイトURL https://www.trans-cosmos.co.jp/

りらいあコミュニケーションズ株式会社

コールセンター代行サービスりらいあコミュニケーションズ株式会社公式サイト画像画像引用元:りらいあコミュニケーションズ株式会社公式サイト(https://www.success.relia-group.com/service/contactcenter.html)

りらいあコミュニケーションズ株式会社の特徴

枠にとらわれないサービスを提供

りらいあコミュニケーションズ株式会社は、コンタクトセンター事業、バックオフィス事業、ITソリューション事業、その他関連事業を展開しており、その一環としてコールセンター代行を実施。全国100拠点以上を保有し、約39,400席、従業員数約58,000人の規模の大きさも魅力でしょう。

これまでの個人および法人向けの実績を活かし、品質を継続的に向上させること、運用コストを削減すること、売上拡大につなげることを導入効果に掲げています。

サービスメニューとしては、お客様相談窓口、予約・注文受付、時間外・24時間受付、代表電話交換店舗集約窓口、キャンペーン事務局、リテンション(顧客維持)を展開。官公庁や地方自治体に加えて、鉄道、電気通信、大手ECサイト、不動産、銀行、各種メーカーなど、対応業種を選ばすサービスを提供してくれます。また、一般的なカスタマーサービスだけではなく、高度な技術や専門的な知識が必要なテクニカルサポートも可能。

さらに、りらいあグループ連携を活かした複合サービスも展開しています。カスタマージャーニーに対応するICT基盤や品質管理体制を備え、インバウンド・アウトバウンド・調査・フルフィルメント・BCP対応・リコール・緊急対応と多岐にわたります。

必要に応じて、人材開発・育成、VoCナレッジマネジメント・FAQコンサルティング、チャットなど、電話対応に限定しないサービスを多く提供することで、クライアントとその先のお客様のコミュニケーションを、付加価値の高いサービスで支援してくれるでしょう。

りらいあコミュニケーションズ株式会社の料金プラン

公式サイトに記載がありませんでした。

りらいあコミュニケーションズ株式会社の会社概要

会社名 りらいあコミュニケーションズ株式会社
設立 1987年6月
会社所在地 東京都渋谷区代々木2-6-5
公式サイトURL https://www.relia-group.com/

株式会社ウィルオブ・ワーク

コールセンター代行サービス株式会社ウィルオブ・ワーク公式サイト画像画像引用元:株式会社ウィルオブ・ワーク公式サイト(https://willof-work.co.jp/l)

株式会社ウィルオブ・ワークの特徴

多様なサービスが可能なコールセンター代行

株式会社ウィルオブ・ワークは東証プライム市場上場企業ウィルグループの子会社。人材派遣・紹介予定・派遣事業・業務委託・請負運営事業・人材紹介事業・コンサルティング事業を展開しているだけあり、人材に関して強みを持っています。コールセンター代行においても、クライアントの利益向上を目指した支援を得意としています。

コールセンター業務サービスの利用方法も多岐にわたります。株式会社ウィルオブ・ワークで一括請負するケース、コールセンターに特化した人材派遣や紹介、金融業界(銀行・証券会社・保険会社など)向けのコールセンター人材派遣に加えて、災害時などに役立つBCP対策に強い在宅のコールセンター支援サービスから、コールセンター勤務者向けのオンライントレーニングサービスもあります。

株式会社ウィルオブ・ワークのコールセンター代行は、20年以上の採用力やノウハウを活かした直雇用率100%のスタッフで構成されており、ニーズに合わせたオリジナルのサービスプランを提案をしてくれます。運営においても、それぞれのスペシャリストがチームとなってオペレーション改善を実施。

コンプライアンス遵守やリスクマネジメントも徹底していることから、クライアント様のお客さまにも不快感ないサービス提供をしてくれるでしょう。

株式会社ウィルオブ・ワークの料金プラン

公式サイトに記載がありませんでした。

株式会社ウィルオブ・ワークの会社概要

会社名 株式会社ウィルオブ・ワーク
設立 1997年1月29日
会社所在地 東京都新宿区新宿3-1-24 京王新宿三丁目ビル3F
公式サイトURL https://willof-work.co.jp/

株式会社オフィスジャパン

コールセンター代行サービス株式会社オフィスジャパン公式サイト画像画像引用元:株式会社オフィスジャパン公式サイト(https://www.officejapan.tv/)

株式会社オフィスジャパンの特徴

ニーズにあわせたサービスを提供

株式会社オフィスジャパンは、全国11営業所を展開し、これまで18,000社以上の契約実績を誇る企業です。テレマーケティング業務を行っていることもあり、保有回線数は約2,500回線と豊富。

コールセンター代行サービス内容は、通信販売・EC受注代行・キャンペーン事務局代行・カスタマーサポート代行・メンテナンス受付代行・予約受付代行・緊急対応受付代行と多岐にわたり、依頼者のニーズに合わせた形でサービスを提供しています。上記以外の細かいニーズに応えたコールセンター代行業務も可能です。24時間365日対応している点も心強いでしょう。

依頼を受けたら、まずはヒアリングをしっかりと行い、何に困っているか、どのような規模が必要かとシュミレートした上で、目的・要望に合わせた業務提供フローを提案。実施期間も短期、長期問わず、規模についても小規模から大規模まで請け負うことができます。

株式会社オフィスジャパンに依頼できるのは、コールセンター代行業務に限定することなく、電話代行・電話秘書やバーチャルオフィス、アウトバウンドサービス、双方の連携も可能。その他にも、ウェブサイト制作やメーリングリストなど、バックオフィス業務も展開しています。

クライアントが本来の業務に集中して、利益の最大化を実現できるようにバックオフィス業務を代行するなど、「ニーズに応える」をモットーとした、クライアント目線の良質なサービスが株式会社オフィスジャパンの持ち味といえるでしょう。

株式会社オフィスジャパンの料金プラン

公式サイトに記載がありませんでした。

株式会社オフィスジャパンの会社概要

会社名 株式会社オフィスジャパン
設立 1990年8月
会社所在地 東京都目黒区目黒本町4-16-7 サンワールドビル
公式サイトURL https://www.officejapan.tv/

株式会社ネオキャリア

コールセンター代行サービス株式会社ネオキャリア公式サイト画像画像引用元:株式会社ネオキャリア公式サイト(https://www.neo-career.co.jp/service/callcenter/lp/)

株式会社ネオキャリアの特徴

対応品質にこだわったオーダーメイドサービス

株式会社ネオキャリアは、人材事業20年以上、およそ3,000社以上の取引実績を持つ365日対応のコールセンター代行会社です。東京、福岡、宮崎などを含む国内外40以上の拠点があるため、リスク分散で2拠点利用も可能。

通信販売・受注センター業務、事務局代行業務、カスタマーサポート業務、予約受付業務、ヘルプデスク業務などを請け負いますが、利用企業ごとに適したプランを提案してくれます。たとえば、1席から、従量課金、あふれ呼ブース固定などといった対応も可能。クライアントの課題に合わせたオーダーメイドサービスが強みです。

また、運営品質の高さに自信をもっており、100%自社が雇用したオペレーターが対応し、契約した折には専任の業務構築管理者と担当を選定し、ニーズをしっかりとオペレーターに周知してくれます。品質管理も徹底しており、KPI品質管理、PDCAなどを駆使し、質を落とさない応対品質を維持。業務の効率化や顧客満足度を意識した取り組みは、実際にコールセンターの内覧もできるため、確認してみるのもおすすめです。

さらに、営業・採用支援・事務などのバックオフィスも依頼することが可能。

品質を保持しつつも、豊富な採用ノウハウやオペレーターの髙定着率、地方拠点の利用、シェアード体制の導入などで低価格に抑えてくれている点も魅力でしょう。

株式会社ネオキャリアの料金プラン

公式サイトに記載がありませんでした。

株式会社ネオキャリアの会社概要

会社名 株式会社ネオキャリア
設立 2000年11月15日
会社所在地 東京都新宿区西新宿1-22-2 新宿サンエービル 2階
公式サイトURL https://www.neo-career.co.jp/

株式会社ベルシステム24ホールディングス

コールセンター代行サービス株式会社ベルシステム24ホールディングス公式サイト画像画像引用元:株式会社ベルシステム24ホールディングス公式サイト(https://www.bell24.co.jp/)

株式会社ベルシステム24ホールディングスの特徴

グローバルな対応もお手のもの

株式会社ベルシステム24ホールディングスは、これまで40年以上もの長きにわたり、対話の力にこだわり続けてきました。そのなかで、1,200社にわたる多種多様な業種や業態で培われた、年間5億コールのお客様対応という武器を持っています。

拠点は北海道から沖縄まで全国に34ヶ所。20,000席の業務スケールを持っています。メーカー・医療・ヘルスケア、通信・放送・情報サービス、小売・サービス・物流、金融・保険・クレジット、官公庁・自治体・運輸・建設・不動産、スタートアップなど、業種業態を問わず対応。

1席から数百席規模まで、依頼者の要望にあわせたコールセンター代行を展開します。独自のオペレーションマネジメントシステムでPDCAサイクルを活用し、高レベルで柔軟性が高いサービスが魅力。一次受付のみのローコスト対応に加えて、二次受付を含んだ対応や、新規事業立ち上げまでの幅広いサービスにまで実に様々です。

コールセンター代行は、日本語対応のみではなく、英語・中国語・韓国語と多言語に対応することで、グローバルな展開も可能です。定期的に行うオペレーター教育・研修により、オペレーターの質の維持にも自信を持っています。

コールセンター代行以外にも、メール・チャット業務を含めたバックオフィス業務など、企業の業務効率化に役立つサービスを提供しています。

株式会社ベルシステム24ホールディングスの料金プラン

公式サイトに記載がありませんでした。

株式会社ベルシステム24ホールディングスの会社概要

会社名 株式会社ベルシステム24
設立 1982年9月20日
会社所在地 東京都港区虎ノ門4-1-1 神谷町トラストタワー6F
公式サイトURL https://www.bell24.co.jp/

電話代行サービス株式会社

コールセンター代行サービス電話代行サービス株式会社公式サイト画像画像引用元:電話代行サービス株式会社公式サイト(https://denwadaikou.jp/service/callcenter/)

電話代行サービス株式会社の特徴

高い応答率をチームで実現

電話代行サービス株式会社は、今年33年目。セミナーやイベント窓口・キャンペーン事務局、社外通報窓口、カスタマーセンターやテクニカルサポートセンターなどのコールセンター代行サービスを展開しています。

応答率98%と高いのが特徴です。コールセンターにかかってきた電話ログを曜日別、時間帯別などで収集した上で分析し、それに応じたオペレーター配置を実現することで、人件費を削減しリーズナブルな料金体系をも実現しています。お客様をお待たせしないことから、顧客満足度といった意味でも高評価につながるでしょう。

コールセンター代行というと、ある程度の規模の件数が必要なのではと思われがちですが、電話代行サービス株式会社では月間50件から利用可能。事前に業務内容から電話対応内容までしっかりとヒアリングすることで、それらを踏まえた対応シートを作成しています。そうすることで、オペレーターも迷うことなくスムーズかつ適切な対応ができるのです。

オーダーメイド型のコールセンターは、オペレーターが営業代理などをするのではなく、専任の営業窓口を設置し、オペレーター8~12人とチームになり、コールセンターを運営していきます。これまで30年以上、8,000社以上の導入実績を誇っているのは、通話内容の常時チェックや適切なオペレーターの選定、研修などにより品質向上を図っているからといえるでしょう。

電話代行サービス株式会社の料金プラン

平日のみ:27,500円(税込)~
平日+土日祝日:35,200円(税込)~

電話代行サービス株式会社の会社概要

会社名 電話代行サービス株式会社
設立 2001年7月2日
会社所在地 東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアMBE303
公式サイトURL https://denwadaikou.jp/

日本トータルテレマーケティング株式会社

コールセンター代行サービス日本トータルテレマーケティング株式会社公式サイト画像画像引用元:日本トータルテレマーケティング株式会社公式サイト(https://contactcenter.ntm.co.jp/)

日本トータルテレマーケティング株式会社の特徴

お客様のニーズに応えるコンタクトセンターサービス

日本トータルテレマーケティング株式会社は1983年に設立され、1994年にコールセンター市場に参入。電話だけにとどまらず、メールやチャット・LINEなど複数のチャンネルに対応したインバウンド・アウトバウンドサービス、立ち上げ・構築支援や人材派遣まで幅広い企業支援をしています。

商品力や価格での差別化が難しくなっている現代において、日本トータルテレマーケティング株式会社が大切にしていることの1つが「カスタマーサービス向上」です。そのための人材力に強みを持っており、課題の本質を見極めて解決することで、ビジネス価値をアップできる人材を保有。また、さまざまな業界の慣習や知識を持つ専門的スタッフが在籍しているので、高いレベルでのコンタクトセンターサービスが可能となるでしょう。

提案力や実施力にも自信を持っており、事前ヒアリングの上でクライアントの課題を明確にしたサービス内容を提案。さらに、PDCAを回すことで品質改善にも余念がありません。

コンタクトセンターサービスの設置においても、商材や規模は問わず、スポット的な依頼や長期的な運用まで対応してくれます。また、オペレーター育成や研修、人材派遣でのコンタクトセンターやバックオフィス業務まで、お客様のニーズに合ったサービスが魅力です。

日本トータルテレマーケティング株式会社の料金プラン

公式サイトに記載がありませんでした。

日本トータルテレマーケティング株式会社の会社概要

会社名 日本トータルテレマーケティング株式会社
設立 1983年9月
会社所在地 東京都渋谷区渋谷3-12-18 渋谷南東急ビル3F
公式サイトURL https://contactcenter.ntm.co.jp/

インバウンド・アウトバウンドコールセンターの違いとは?

インバウンドコールセンターは受電業務がメインで、掛かってきた問い合わせなどに対応する受け身の業務を行っています。一方のアウトバンドコールセンターでは、架電業務が主流。営業電話をするなど自発的な発信の業務を行う窓口といえるでしょう。

また、前者の目的は「顧客満足度の向上」であり、自社のお客様に対しての対応がほとんどです。業務例としては、カスタマーサポート、テクニカルサポート、注文受付、インバウンドセールスなどがあげられます。

後者の目的は「既存顧客への営業や、新規顧客開拓」で、見込み顧客など、今後顧客になりうる相手に向けての対応が中心です。テレマーケティング、電話調査、テレアポなどが対応業務です。

インバウンドコールセンター代行のメリット

メリットは大きく分けて、自社業務に集中できることと、高品質な対応を実現できる2点があげられます。

特にインバウンドコールは個別対応となるため、手間と時間を要します。それをインバウンドコールセンター代行に依頼することで、本来の業務に集中することができるでしょう。

また、企業の顔ともいえるコールセンターの対応を、的確で高い対応品質で請け負ってくれることで、顧客満足度の向上やリピートにつながりやすくなります。

さらに、自社でインバウンドコールセンターを設立したり、スタッフ育成をしたりするよりも、結果コスト削減につながる可能性もあるでしょう。

インバウンドコールセンター代行のデメリット

デメリットとしては、セキュリティ面のトラブルやマニュアルを超えた柔軟な対応がしづらい点があげられます。

お客様の個人情報を取り扱うため、情報漏洩の漏洩が起こると、お客様に迷惑をかけるだけでなく、信用低下や損害賠償のリスクがあることを知っておかないといけません。また、マニュアルに載っていない質問やサポートについては、対応できない可能があるでしょう。事前に、線引きやフォロー体制を打ち合わせておくことが大切です。

さらに、ニーズによっては初期費用や追加費用を求められる可能性があるため、事前に対応範囲を確認することをおすすめします。

インバウンドコールセンター代行の選び方

インバウンドコールセンター代行を選ぶ際は、対応業種や実績、オペレーターの質、費用感を考えましょう。

専門領域や自社と同様の業務での対応に長けているかといったことの確認は必須です。また、オペレーターの質や在籍しているスタッフの経験値の高さは、クレーム対応などにおいて非常に重要となってくるため、確認しておきたいものです。

さらに、費用対効果を考えるにあたって、初期費用・月額費用・研修教育費用など、対応件数など細かな条件を確認し、適性費用かどうかを判断することが大切でしょう。そのためには、土日祝日も対応を頼みたいなど、自社の要望を明確化した上で、見積もりを依頼することをおすすめします。

インバウンドコールセンター代行のまとめ

インバウンドコールセンター代行は顧客満足度の向上やリピーター獲得にあたって非常に重要な業務を請け負ってくれるありがたいサービスです。

「電話対応に割く時間がなく、本来の業務に集中したい」
「高品質な対応ができるオペレーターに任せたい」
「顧客満足度をアップさせたい」という希望を叶えるための打開策として非常に有効な対策になります。

ただし、得意分野やサービス内容やサービスの質、費用などは、代行会社によって変わってくるでしょう。自社のニーズに合った業者に依頼できなくては、悩みを解決できないばかりが、費用だけがかさむといったことになりかねません。

そのため、依頼する前には、自社の問題点や課題、インバウンドコールセンター代行を依頼する目的を明確にし、企業ごとのサービスの違いや費用などについてよく比較することが大切です。

自社のニーズに合ったインバウンドコールセンター代行を利用するために、ぜひ、記事の内容をお役立てください。

【免責事項】
本記事は、2023年10月時点の情報をもとに作成しています。掲載各社の情報・事例をはじめコンテンツ内容は、現時点で削除および変更されている可能性があります。あらかじめご了承ください。
ページトップへ