3Dプリンターの集客に使える広告・マーケティング戦略とは?

3Dプリンターの集客に使える広告・マーケティング戦略とは?
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

本記事では3Dプリンターの広告・マーケティング方法について解説しています。

3Dプリンター市場は、2021年から2026年にかけて約20%の年平均成長率で成長する見込みです。現在の世界シェアは「Stratasys」「3D Systems」などが多くを占めていますが、今後は後発企業の伸びも期待できるでしょう。

国内の3Dプリンターを扱う企業もシェアを伸ばすには、明確なマーケティング戦略に基づいた集客を実施する必要があります。この記事では戦略を考えるための考え方(フレームワーク)と、インターネットを活かした広告・マーケティング方法を紹介していきます。

参照元:PR TIMES公式サイト 3Dプリント市場(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000339.000071640.html)

3Dプリンターの集客に役立つフレームワーク

「集客」を考えると真っ先に思い浮かんでくるのは広告です。視聴者が多いメディアに広告を掲載すれば、自社製品の認知度が上げられます。しかし認知度が上がっても、伝えている情報とユーザーのニーズがズレていては、自社を選んでもらえない可能性があります。

より集客を効率的に行うためには、狙うべき市場・ニッチや自社製品の強みを把握しておかなければなりません。自社を取り巻く市場環境や強みを明確にするためには、以下のマーケティングに役立つフレームワークを利用してみてください。

  • STP分析
  • バリュープロポジション

STP分析で自社を取り巻く環境を把握

ユーザーのニーズを分析する前に、まずは自社を取り巻く環境をできるだけ客観的に分析する必要があります。市場環境を把握するにはSTP分析を利用するのがおすすめです。

STP分析はアメリカの経営学者であるフィリップ・コトラー氏が提唱したフレームワークで、以下3つの要素を分析します。

  • Segmentation(セグメンテーション):市場の細分化
  • Targeting(ターゲティング):狙う市場の決定
  • Positioning(ポジショニング):自社の立ち位置の明確化

セグメンテーションではまず、市場のをなるべく細かく細分化します。3Dプリンターの場合はたとえば材料(液体印刷物、フィラメント印刷物、…)、技術(FDM、SLS、…)、エンドユーザー(建設、自動車、…)などで細分化が可能でしょう。

ターゲティングではそれぞれの市場セグメントの収益性・成長可能性・自社製品との相性を評価して、狙うべき市場・顧客を決定します。複数のセグメントをターゲットとして選定することは可能ですが、適切なターゲティングにはかなりな労力がかかるので、1セグメントずつに進めることをおすすめします。

ポジショニングにおいてもっとも大切なのは、ターゲットとしている市場セグメントが競合ではなく自社を選ぶべき理由の明確化すです。自社ならではの強み・魅力を現すUSP(ユニーク・セリング・プロポジション)やバリュープロポジションが決まれば、売上に繋がりやすい集客・広告施策が特定できます。

自社の強みを見出すためにバリュープロポジション

バリュープロポジションとはターゲットしているユーザにとって価値のある、競合他社にはない自社だけの強みです。バリュープロポジションを明確にするには、ユーザーのニーズと自社が提供できる価値がマッチする部分を探すことが重要です。

バリュープロポジションの説明画像

バリュープロポジションは「ユーザーがその製品を購入する理由」とも言い換えられます。自社だけの強みを考える際には、競合他社に注目するのではなく、ユーザーの目線で自社の価値を考えなければなりません。

自社が狙う市場において、一歩抜きん出た存在になるためにもバリュープロポジションを丁寧に分析してください。

3Dプリンターの広告・マーケティング方法

自社の立ち位置が定まり、訴求すべき強みが見つかったら、実際にマーケティング戦略に基づいた集客に移る段階です。3Dプリンターの広告・マーケティングの有効な方法として以下4つを紹介します。

  • 自社ホームページ
  • リスティング広告
  • SEO対策
  • ポジショニングメディア

自社ホームページ

ホームページは、単純に会社の情報を掲載する場所と認識されている場合が多いです。しかし、うまく活用すれば集客において自社ホームページはWeb上の営業マンという重要な役割を果たしてくれます。

3Dプリンターなど新しい技術を取り入れたい担当者は、インターネットを利用して取り扱い企業を探す傾向があります。直接会社名を検索するユーザーもいれば、第3者の比較サイトやポータルサイトを通じて自社ホームページにたどり着くユーザーもいます。

ホームページを集客ツールにするうえで大事なのは、ユーザーの視点に立った情報の伝え方です。たとえば、製品の特長(スペックなど)を羅列するだけではなく、導入したことで得られる具体的な恩恵(ベネフィット)をアピールしましょう。導入事例やお客様の声などユーザーが求める情報が掲載すれば、サイトへの訪問が問い合わせや成約につながる可能性は十分にあります。

リスティング広告

リスティング広告は、ユーザーがGoogleなどに入力する検索キーワードに連動して表示される広告です。広告ではない通常の検索結果と違って、リスティング広告は必ず検索結果ページの上位に表示されます。3Dプリンターの場合、掲載するキーワードとして「3Dプリンター 金属」「3Dプリンター 高精度」などが考えられるでしょう。

リスティング広告はクリック課金制であり、クリックされない限り費用が発生しません。また掲載するキーワードや広告に用いる文言などは随時変更が可能のため、広告を掲載しながら最適化することが可能です。

なお、リスティング広告のクリック単価は、広告を掲載するキーワードによって左右されます。競合も多く掲載しているキーワードは単価が高く、場合によっては自社の広告が表示されないこともあります(リスティング広告の枠の大きさには制限があるため)。コストを抑えるには、ターゲット顧客のニーズを理解した上で競合が掲載していないニッチでの広告掲載が必要です。

SEO対策

SEOは「検索エンジン最適化」(Search Engine Optimization)の略で、SEO対策はユーザーが自社ホームページに流入しやすくするための取り組みです。

SEO対策の長所は、自社をまだ認知していない「潜在層」からの集客ができるところです。たとえば「3Dプリンター 課題」や「3Dプリンター 使い方」といったキーワードで自社ページを上位表示できれば、ゆくゆく3Dプリンターの導入を考えているユーザーを集客できます。また、リスティング広告と違って広告掲載料金がかからないことも魅力です。

現代において情報収集としてもっとも一般的なのは、インターネットでの検索です。Googleやその他の検索エンジンはアルゴリズムを用いて、ユーザーにとって価値のあるページをランクしています。検索結果の上位に自社ページを表示できれば、大きな集客効果が見込めます。

SEO対策のためには自社ホームページや自社が運用しているその他のメディア(ブログなど)のコンテンツを見直して、対応するキーワードを決めます。コンテンツをそのキーワードに関連するように改修したり新規追加したりすることで、検索結果でのランクアップが実現できます。なお、SEO対策の効果が現れるまでには週・月単位の時間が必要で、短期間のマーケティングには向いていない施策です。

ポジショニングメディア

ポジショニングメディア事例ポジショニングメディア事例 詳細はお問い合わせください

ポジショニングメディアは自社の公式ホームページとは別に運用する、自社製品に高い関心を持つユーザーのみを集めるためのWebサイトです。

公式ホームページは集客ツールともなり得ますが、会社の顔としての役割も担っているのも事実です。そのためデザインやそもそも記載できる内容など様々な制限があり、ユーザーのニーズが把握できていても最適化できない場合も少なくありません。また根強い競合がいる場合は、「3Dプリンター 産業用」など一般的なキーワードで上位表示を実現することが難しいのも少なくありません。

ポジショニングメディアは見込み客のニーズに沿って、課題解決として自社製品を提案するための集客特化型メディアです。競合他社との違いや3Dプリンターに関する基本知識、製品選びの注意点などユーザーの悩みを解決することで自社製品の強みを求めるユーザーを効率よく成約つなげることが可能です。

ポジショニングメディアで自社を選んでくれる顧客にピンポイントでアプローチした結果、下記のような成果が出ています。

  • 資料請求100件に対し1アポだったのが、資料請求10件で8アポを獲得
  • 商材の強みや特徴を理解した上で反響に至るため、価格競争から脱却し受注単価が2.5倍になった
  • 今まで下請け仕事ばかりだったが、Webから月2件元請けの契約が取れるように

ポジショニングメディアについて詳しく知りたい方は、下記のページをチェックしてみてください。

ポジショニングメディア
について詳しく

まとめ

3Dプリンター市場は好調であり、後発企業のシェアもじわじわと伸びつつあります。

現在の追い風を受けた状態で中小企業がシェアを伸ばすには、マーケティング戦略の策定が欠かせません。競合に負けずに売上を伸ばすには、ターゲットとする市場のセグメントを徹底的に絞り込んだ上で自社ならではの強みをもとにした集客施策を打ち出したり、広告を掲載したりしましょう。

一方、既に自社で集客を実施してみたけれど、思ったように売上が伸びないという場合もあるでしょう。広告・マーケティングで悩みや課題を抱えているのであれば、キャククルの運用元である全研本社までお気軽にご相談ください。120以上の業種で集客成果を上げてきた経験をもとに、貴社に最適なマーケティング戦略を提案いたします。

Web集客のご相談はこちら

ページトップへ