ファクトリーオートメーション(FA)機器の広告・マーケティング戦略とは

ファクトリーオートメーション(FA)機器の広告・マーケティング戦略とは
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

この記事では、ファクトリーオートメーション機器市場の市況を踏まえた上で、知っておきたいマーケティング戦略について解説します。

さらに、

  • 当社の「強み」を理解してくれる顧客が増えて商談率が8割までアップした
  • こんな顧客が欲しかった!」という集客が増えて受注単価が2.5倍に上がった
  • 数ある競合他社から当社に興味を持ってもらい商談から契約までの時間が3分の1に短縮できた

など、すでに120業種以上への導入実績がある成約率の高い見込み客の集客方法「ポジショニングメディア」についても紹介します。

FA機器業界のマーケティング課題

2017年にはすでに成長の兆しを見せていたFA機器業界ですが、新型コロナウイルスの流行後にはさらなる成長が期待されています。感染拡大の防止策として進められる自動化はFA機器業界においてまさに追い風です。

FA機器市場をターゲットとする企業が業績を伸ばすには、自動化ニーズを的確に把握することが鍵となるでしょう。

市場の活性化により約3倍の成長見込み

FAロボットの世界市場は2025年までに3兆3,140億円になると予測されています。これは2017年の市場規模からすると3.1倍となる見込みです。

市場の活性化理由には急成長を遂げる中国を中心に、自動化ニーズが加速していることにあります。中国ではスマートフォンや自動車関連分野におけるロボットへの設備投資が増加傾向です。

また今後もIoTやAI技術の活用が広がるため、FAロボット市場は拡大し続けるでしょう。

新型コロナウイルス流行によるFA市場の拡大

2020年には新型コロナウイルスの流行により世界規模で業績が低迷しましたが、2021年以降はFA機器業界の業績も回復しつつあります。なぜなら感染拡大の防止策として、あらゆる分野におけるFA化が推進されているからです。

特に自動化ニーズが高まっているのは物流倉庫です。長期化する自粛生活の影響で物流市場が活性化しており、人手不足を解消するために自動化が求められています。

FA機器の広告・マーケティングに役立つフレームワーク

FA機器を扱う企業が売上を伸ばすには、マーケティングに基づいた広告施策を行うことが重要です。ここでは事業活動に役立つフレームワークとして、STP分析とバリュープロポジションについて解説します。

狙うべき市場と立ち位置を明らかにする「STP分析」

STP分析
STP分析はターゲットとするべき市場を選定し、自社の立ち位置を明らかにするために有効なフレームワークで「マーケティングの神様」と呼ばれるフィリップ・コトラー氏によって提唱されました。

STP分析は以下3つの要素から成り立っています。

  • Segmentation(セグメンテーション):市場の細分化
  • Targeting(ターゲティング):細分化した中から狙う市場を決定
  • Positioning(ポジショニング):狙う市場での自社の立ち位置を明確化

STP分析を行う際には「ユーザー視点」に立つことで、的確なニーズの分析が可能です。

自社製品の価値を深堀りするバリュープロポジション

バリュープロポジション
バリュープロポジションを分析することで、ターゲットとする市場における自社の強みを見い出せます。

ユーザーに自社製品を手に取ってもらうためには、ニーズにマッチした価値を提供することが必須です。自社だけの強みを見出すことができれば、競合他社と戦うことなく売上を伸ばせます。

激化する競争を避けるためにも、バリュープロポジションは有効だと言えるでしょう。

また、下記より製造業におけるマーケティング戦略立案の考え方やポジショニングメディアについて紹介していますので、ぜひダウンロードをしてみてください。

FA機器のマーケティング方法

STP分析とバリュープロポジションを用いて市場と自社を把握したら、具体的な広告施策を打ち出していきましょう。

ホームページを通じて製品を販売する

自社製品をユーザーに知ってもらうためには、間口を広げておくことが大切です。その一環としてホームページ内に製品の紹介ページを設けることは効果的でしょう。

製品についての情報が欲しいときには、検索エンジンに製品名を入力することが一般的です。ホームページ内に製品を紹介するページがあれば、検索結果に表示されユーザーに情報を届けられる可能性が高まります。

また問い合わせやホームページからの製品販売にも期待できます。

ランディングページから成約させる

STP分析やバリュープロポジションで自社のターゲットや強みを明確化できているのであれば、ランディングページを作成することで成約につながります。

ランディングページの制作には綿密なページの設計が必要ですが、自社の強みとマッチするニーズを持つユーザーに直接的に訴求可能です。

ターゲットのペルソナ設定が明確であるなら、ランディングページの作成も検討してみてください。

自社のターゲットに合わせたSEOの実施

ホームページの内容を充実させる際には、SEOの実施も忘れてはいけません。SEOができていなければ製品がどれだけ良くても、ユーザーに見てもらいたい情報を届けることは難しいでしょう。

自社内でのSEO実施が難しいのであれば、専門家に委託してみてください。

リスティング広告の出稿

SEOの実施は難易度が高いと感じるのであれば、リスティング広告の出稿がおすすめです。

リスティング広告の出稿は難しいことではなく、検索結果の上部に表示された広告のクリック回数に応じて課金されます。ただし市場規模によって価格が高くなるので予算との兼ね合いが重要です。

ポジショニングメディア

自社商材の特徴や強みを市場に浸透させ、親和性の高いユーザーのみを集客したい場合にはポジショニングメディア施策が合致します。

ポジショニングメディアはFA機器市場に特化した専門Webメディアを立ち上げ、FA機器に興味があるユーザーを集中的に集客。
そして、その中でも自社と親和性の高いユーザーに対して自社商材の魅力をしっかり伝えるため、反響率の高さはもちろん、商談か率や受注率までもが違います。

もし、今までのマーケティング戦略で自社ターゲット外のユーザーが多く受注率や受注までのリードタイム、客単価を落としてしまっているという営業課題があればポジショニングメディアで解決することができます。

ポジショニングメディアとは?

【まとめ】ファクトリーオートメーション(FA)機器の広告・マーケティング戦略とは

新型コロナウイルス感染拡大の防止を目的に、世界中でFA化の波が広がっています。この状況を追い風に市場は拡大していますが、広告・マーケティング戦略を疎かにしていては激化する競争に飲み込まれるでしょう。

そこで重要になるのが、自社ターゲットや自社商材や戦略に適したマーケティング戦略や広告施策の実施です。

もし自社の強みを見出して勝てる市場で業績を伸ばしたいのであれば、全研本社までお気軽にご相談ください。貴社が活躍できる市場の分析から集客施策までをご提案させていただきます。
web集客のご相談はこちら

ページトップへ