繊維機械の広告・マーケティング戦略とは

繊維機械の広告・マーケティング戦略とは
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

「繊維機械の売上が落ち込んでいる」、「需要が減少し先行きの見えない経営状態に不安を抱えている」など、繊維機械の受注率の低下に悩んではいませんか。

この記事では、繊維機械市場の市況を踏まえた上で、知っておきたいマーケティング戦略について解説します。

さらに、

  • 当社の「強み」を理解してくれる顧客が増えて商談率が8割までアップした
  • こんな顧客が欲しかった!」という集客が増えて受注単価が2.5倍に上がった
  • 数ある競合他社から当社に興味を持ってもらい商談から契約までの時間が3分の1に短縮できた

など、すでに120業種以上への導入実績がある成約率の高い見込み客の集客方法「ポジショニングメディア」についても紹介します。

繊維機械の市場について

繊維機械の市場は、2020年の生産額は1406億円で、前年同期に比べて19%減少しています。

しかし、化学繊維機械が2019年に比べて23.2%の生産額となりました。紡績機械の生産額は、前年同期に比べて23.4%減少。

上記は2021年7月時点での業界調査結果です。2020年も新型コロナの影響で需要が減少傾向が見られます。各繊維業界のデータだけ見ると、落ち込み傾向で各企業も悩ませてしまうかもしれません。

しかし、日本の品質の高さは海外から高評価を得ています。自社の魅力や独自性などのアプローチをしっかりできていれば、需要増加も見込めるでしょう。

新型コロナが落ち着きを見せ、景気回復時にどうしていくか今の内に戦略を立てておくのが吉と言えます。

参照元:日経テレコン(https://www.nikkei.com/telecom/industry_s/0166)

コロナ禍の需要の減少について

繊維機械の市場は、2020年・2021年と需要が大きく落ち込み、苦戦を強いられています。需要の減少が続いているのは、メインの輸出先であるインド市場がコロナ禍で事業活動が停滞したためです。

2021年5月の時と比べると、7月に入り新規感染者数は減っています。予断を許さない状況が続きますが、新型コロナウイルスが収束すれば、また徐々に需要は盛り返していくと見られています。

参照元:日本経済新聞(https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCC135XK0T10C21A7000000/)

繊維機械の広告・マーケティングに役立つフレームワーク

コロナ収束後に需要が増加するのを見越して、繊維機械の広告・マーケティング施策を長期的に実施していくことをお勧めします。

繊維機械はマーケティング環境を揃えてしまえば国内需要はもちろんですが、国外展開を考えて繊維機械の導入を検討している日本企業にも繊維機械をインバウンドマーケティングを起点に売れる可能性は十分にあります。

以下に、オンラインマーケティング戦略で活用できる、STP分析とバリュープロポジションについて解説していきます。

STP分析とは

STP分析とは、セグメンテーション・ターゲティング・ポジションニングの順に分析して、自社の狙うべきターゲットと市場を明らかにする方法です。市場での自社の立ち位置をはっきりさせられるため、無駄な施策を講じなくて済み、コスト削減に繋がります。

S(セグメンテーション)

セグメンテーションは、繊維機械を買い求める顧客を、ニーズによって分ける方法を指しています。ニーズごとに分類(セグメント)すると、どのようなニーズを持つ顧客が市場を占めているのか明確になります。

T(ターゲティング)

ターゲティングは、セグメンテーションで分けた顧客の中から、自社が狙える層を見つける手法です。市場全体の規模をチェックし、競合他社の立ち位置と、自社の製品とサービスが狙える位置を決めていきます。

P(ポジショニング)

ポジショニングでは、ターゲティングで狙うと決めた市場に対し、どうアピールすれば競合他社と差別化できるかを考えます。他社とは別の切り口で、競争上の優位性を確立できるかが重要なポイントだといえます。

バリュープロポジション

バリュープロポジションは、競合他社とは異なる自社の価値の中から、顧客のニーズに合致した価値を指しています。つまり、競合他社にはない、自社独自の魅力の中で顧客が求めるものをバリュープロポジションとして考えます。

  • 競合他社にはない価値
  • 自社しか提供できない価値
  • 顧客のニーズに合致する価値

繊維機械の売上アップに欠かせないWebマーケティング施策

繊維機械の売上アップを図るなら、ホームページ・ランディングページ・SEO対策・リスティング広告のいずれかのWebマーケティング施策を実施してみましょう。

ホームページ・ランディングページ

問い合わせ数・成約数を増やすには、自社のホームページを制作するのがおすすめです。事例や強みを載せると、顧客は競合他社と比べやすくなります。

また、特定の製品を掲載したランディングページを作成すれば、売上を伸ばしたいと考えている製品を訴求できるでしょう。

SEO対策

自社のホームページやランディングページが、検索エンジンの上位に表示されると、サイトの訪問数が増えるため自社の認知度を向上させられます。上位表示させるには市場で検索率の高いキーワードを盛り込むなど、SEO対策を行う必要があります。

リスティング広告

リスティング広告では、検索エンジンの目立つ場所に自社のホームページやランディングページを掲載できます。訪問数が多い場所に掲載するには、広告費用がかさみます。ただし、訪問数を一時的に増やせるので認知度を上げるのに一役買います。

ポジショニングメディア

ポジショニングメディアとは自社商材を導入してくれる可能性があるユーザーが検索するであろうWeb市場に対して繊維機械に選び方や繊維機械を導入するメリットなどが学べるWebメディアです。

ポジショニングメディアを展開することで、ユーザーは自社に合った繊維機械を見つけることができるとともに、自社は自社商材を導入してくれる見込みの高い相手にしぼた反響を獲得することができます。
その結果、成約率の高い商談案件の創出をはじめ、効率的な営業活動を実現することができます。

ポジショニングメディア
について詳しく

まとめ

繊維機械の市場は、コロナ禍で需要は減少傾向にあります。ただ、長期的に見ると2019年までは上昇傾向にあったため、新型コロナウイルスが収束すれば、再び需要が高まると予測できます。需要が高まってから施策を打つのでは出遅れてしまうので、今からマーケティング施策を講じるのがおすすめです。

キャククル運営元の全研本社では、さまざまな製造業界をはじめ120件以上のWebマーケティング支援実績がございます。
自社商材はどんなマーケティングを仕掛けるべきかわからない遠悩みでしたらお気軽にご相談ください。

Web集客のご相談はこちら

ページトップへ