食品産業機器の有効的な広告・マーケティング戦略とは?

食品産業機器の有効的な広告・マーケティング戦略とは?
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

食品や飲料、調味料などを製造するために必要な「食品機械」。精米機や製粉機、製めん機など、さまざまな食品機械があります。生活と切り離すことができない食品産業機器ですが、今後市場はどのような動きを見せるのでしょうか。この記事では市場の現状と、有効なマーケティング手法について解説いたします。

この記事では、食品産業機器市場の市況を踏まえた上で、知っておきたいマーケティング戦略について解説します。

さらに、

  • 当社の「強み」を理解してくれる顧客が増えて商談率が8割までアップした
  • こんな顧客が欲しかった!」という集客が増えて受注単価が2.5倍に上がった
  • 数ある競合他社から当社に興味を持ってもらい商談から契約までの時間が3分の1に短縮できた

など、すでに120業種以上への導入実績がある成約率の高い見込み客の集客方法「ポジショニングメディア」についても紹介します。

食品産業機器の今後の市場について

日本食品機械工業会の統計によると、2018年の食品機械の生産額はおよそ5,800億円でした。食品加工機器の市場規模は2021年から2028年にかけて拡大傾向にあり、右肩上がりが期待されています。なかでもアジア諸国、インドなどの新興国では人口増加や可処分所得の増加などにより、今後数年間の需要が見込まれています。

一方、コロナ禍で外食産業はきびしい状況に。日本フードサービス協会の「外食産業市場動向調査 結果報告」によると、2019年から2020年の国内外食全体の売上は調査以来最大の下げ幅となっており、徐々に回復に向かうものの、しばらくは低迷が続くことが予想されます。

内食と中食の需要が拡大

外食産業とは対照的に、国内では家庭で調理する「内食」や、総菜を買って家庭で食べる「中食」などの巣籠り需要が伸びており、食品を加工する食品産業機器の売り上げに貢献しています。また、人手不足からロボットを使った半自動機器の導入も増えており、そちらも追い風となっています。

食品産業機器の広告・マーケティングに役立つフレームワーク

国内の内食・中食の需要や海外への輸出拡大など、今後も活発な動きが見込まれる食品産業機器業界。食品メーカーからのオーダーメイドで機械を製造する企業もあり、産業用ロボットの市場開拓にも期待ができます。

ここからは、新規顧客獲得を目指すマーケティングに役立つフレームワークを詳しく紹介していきます。

「STP分析」で自社にマッチする市場を明確にする

STP分析とは、マーケティング論で有名なフィリップ・コトラー氏が提唱したフレームワーク。

・セグメンテーション(S)
市場を細分化

・ターゲティング(T)
細分化した市場から自社が狙う市場を選定

・ポジショニング(P)
狙った市場の中で顧客を獲得(勝てる)できる立ち位置を明確化

食品産業機器であれば得意分野の技術が生かせる加工品の選定や、海外を視野に入れたマーケットの選定から始めてみるのもいいでしょう。ターゲティングができたら、そこからさらに自社の強みが何なのかを洗い出していきます。

「バリュープロポジション」で自社の強みを洗い出す

バリュープロポジションとは、ユーザーにとって価値のあるもので、かつ競合にはない「自社の強み」を特定していくフレームワークです。ニーズのある分野の中から、提供できる自社のサービスとは何なのかを明確にしていきます。

このフェーズでは、顧客に「唯一の価値を示す」ことが重要です。競合ではなく顧客目線で自社の価値を考える必要があります。

競合争いから脱出するためにも、バリュープロポジションはますます重要視されるマーケティング施策の一つです。じっくり丁寧に分析してきましょう。

下記より製造業におけるマーケティング戦略立案の考え方やポジショニングメディアについて紹介していますので、参考にしてみてください。

食品産業機器の広告・マーケティング方法

ここからは、食品産業機器業界で活用できる広告・マーケティング戦略について、もう一歩踏み込んだ具体的なアプローチ方法を紹介していきます。

魅力が伝わる自社サイトを構築

今や自社サイトは会社情報を掲載するだけのものではなく、マーケティングツールとして積極的に活用すべきものです。

テキストのみならず、動画やインフォグラフィックを盛り込んだコンテンツを制作するのがおすすめです。視覚に訴えることで、よりインパクトのある情報発信を行うことができます。

自社サイトは会社のオリジナリティを発揮しやすく、競合との差別化を図りやすいメリットがありますが「見やすい」「情報が取り入れやすい」など、ユーザー目線でサイトを構築することが重要です。

ランディングページを作成する手も

自社ホームページは既に構築してある会社も多いでしょう。自社サイトを一から構築し直すのが難しい場合は、ランディングページを制作するのもひとつの手です。

ランディングページは流入した訪問者をダイレクトに成約やお問い合わせへと結びつけることに特化しているので、企業のホームページよりも、自社製品を全面に押し出すセールスとしての意味合いが濃いのが特徴です。

また、ランディングページはデザイン性の自由度が高いのも特徴です。既存のページの内容に合わせる必要はなくなることで、自社として顧客に伝えたいことをギュッと詰め込むことが可能です。

市場に合わせたSEO対策

ユーザーを効率的にサイトへ流入させるときに忘れてはならないのがSEO対策。しかしながら最近の検索エンジンはアルゴリズムの向上により、テクニカルな方法でのSEO対策は難しくなっています。そのため、ユーザーにとって満足度の高いコンテンツをあらかじめ丁寧に作っておくことが重要となります。

また、海外からの顧客獲得を目指す場合は、海外SEO対策を講じることも検討してみましょう。

ポジショニングメディア

ポジショニングメディアは、自社の強みと親和性の高いユーザーを集客するマーケティング施策のことです。
競合と比較検討しながら自社の強みをユーザーへアピールしていくため、業界内でのポジションを確立するのに役立ちます。

ポジショニングメディアを使うことで、本来自社商材を導入すべきであるユーザーへ認知度を上げ自社商材への導入意欲を上げた状態で集客をすることができます。

反対に、自社商材と親和性の低い顧客を集客しないため、効率の良い営業活動を実現することができます。

もし、成約になる見込み顧客を狙ったマーケティング戦略を展開したいのであればマッチしています。
詳しくはこちらからご覧ください。

ポジショニングメディア
について詳しく

まとめ

海外需要や産業用ロボットの開発など、食品産業機器業界は今後も新たな需要を生み出しながら市場を拡大していくことが期待されます。

新たな顧客獲得というチャンスを逃してしまわないためにも、今からできるマーケティング施策を積極的に講じていきましょう。

具体的なマーケティング施策でお悩みの方は、全研本社へお気軽にご相談ください。貴社にとって最適な市場の分析、および集客施策をご提案させていただきます。

web集客のご相談はこちら

ページトップへ