リンカーズへの情報登録料金やサービス評判まとめ

リンカーズへの情報登録料金やサービス評判まとめ
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

この記事では、ものづくり企業向けマッチングサービス「リンカーズ」の特徴、登録料金、評判などについての情報をまとめています。自社のマーケティングの一環としてリンカーズへの登録を検討している方は、参考にしてみてください。

また、キャククルでは120を超える業界で集客実績を上げてきたWeb制作経験をもとに他のマーケティング戦略・手法についての情報も発信しています。客単価の2.5倍アップ・商談率8割超えに繋がったの施策も紹介しております。Webマーケティングに興味のある方は、他のページもぜひご覧ください。

リンカーズ

画像引用元:リンカーズ公式サイト(https://corp.linkers.net/)

リンカーズの特徴

リンカーズものづくりの品質や生産性を高めるための企業パートナーとのマッチングを実現させるサービスです。対応業界はバイオ産業や通信産業、自動車産業に機械産業と幅広く、ノウハウを活かしてこれまでに多くの企業へ優良なパートナーを紹介してきた会社です。そんなリンカーズの特徴をまとめました。

あらゆる業界の課題を解決

ものづくりはただ良い物を作り上げるだけでは足りません。安定した生産を行なうためにも生産ラインを確保したり、コストカットや事業拡大を視野に入れたりと、さまざまなことに対応していく必要があります。

課題解決に向けた調査から商談までを自社で行なうとなると、時間やコストがかかりますが、リンカーズが今まで築き上げてきた良好な関係で複数社とのネットワークを用いると、その時間やコストを大幅に削減できます。

削減できた分は生産にあてることができるため、より良い物を作り上げることも可能。リンカーズはさまざまな業界や業種に対応しているため、理想のパートナーを見つけやすいと言えるでしょう。

約2ヶ月でのマッチングが目指せる

リンカーズ活用の利点の一つに、マッチングのスピード感が挙げられます。

相談からパートナー候補となる会社の提案まで、およそ2ヶ月とスピード感をもって対応。企画段階・開発段階・量産段階と、相談時の事業段階に見合った臨機応変な提案を受けることができます。

スピード感をもって取り組める理由は、豊富な情報ソースと専門チームの存在です。これまで地道に築き上げてきた豊富なネットワークを用いて、課題解決に近いパートナー候補を選出するのですが、その際に社内にいる工学系や理学系の専門家が情報を精査します。

精査してピックアップされたパートナー候補に事前にヒアリングを行なうことで、相談した事業内容に対してどんな価値を提供できるのかまとめられます。ヒアリング段階では依頼先の会社名は伏せられているため、機密性を保持したまま話を進められるのが魅力です。

マッチングに対する問題が専門チームによって事前にクリアされるため、トラブルやリスクが起こることが少なく、その結果スピーディーなマッチングを目指せます。

リンカーズサービス利用・登録に関する料金

リンカーズのサービス利用に関する料金の記載は、公式サイトにありませんでした。
公式サイトには、マッチングサービスに関するお問い合わせの案内があるので、情報がほしい場合は、公式サイトよりお問い合わせすると良いでしょう。

2営業日以内で担当より連絡があるとのことなので、お問い合わせしてもし2営業日以内で連絡がなかった際は、お電話することをおすすめします。土日と祝日を除く10時~18時で受け付けている電話番号も記載されています。

リンカーズの評判・口コミ

リンカーズに関する口コミは見つかりませんでした。

しかし、2012年の創業と若い会社であるものの、2016年はビジネスモデル学会主催「第4回日本ビジネスモデル大賞」受賞や、業務拡大につきオフィスを移転するなど、事業は好調な様子が伺えます。

「小さな企業を、オールジャパンでバックアップして世界で戦える企業に育てる。」リンカーズが掲げる理念です。日本の中小企業が秘めた大きな可能性を世界で勝負できるように、バックアップをしていくとの姿勢が感じられます。

リンカーズのサービスを利用するメリット

産業構造を理解しているだけでなく、新しい構造を創造して可能性を広げていくのがリンカーズのスタイル。将来的に事業拡大を目指しているなら、その時々で生まれる課題を解決できる手段をもったリンカーズのサービスを利用すると良いでしょう。

独自のネットワークを駆使して、課題へのアプローチを効果的に行なってくれるため、事業の状況に応じてパートナーを紹介してくれます。

リンカーズサービス利用までの流れ

約2ヶ月を想定しているマッチングサービスの流れをご紹介いたします。

  1. ご相談・打ち合わせ
  2. 事前準備として、事業内容を確認して必要な人材やスキルを洗い出します。

  3. パートナー候補を検索
  4. 独自のネットワークを介して、課題解決ができるパートナー候補を検索していきます。

  5. パートナー候補の選定
  6. ピックアップされたパートナー候補にご連絡。ミスマッチが起こらないように、丁寧なヒアリングを行なっていきます。

  7. 面談開始
  8. 複数社挙がったパートナー候補との面談を行ない、最終的なパートナーを決定。秘密保持に関する契約もこのときに行ないます。

  9. 成約
  10. 書類を通して契約が結ばれると、リンカーズとの成果報酬の話し合いを得て、問題なく条件がクリアされるとパートナーとの事業開始となります。

あくまで一連の流れのため、事業内容や契約内容によって変更がある可能性があります。
どんな流れになるのか、相談の段階で事前確認を行なうことをおすすめします。

Webマーケティングを用いたパートナー探し

リンカーズへの情報掲載は、見込み顧客に対する自社の露出度を高めるのに有効な施策です。しかし、マッチングプラットフォームに登録している企業の数や、サービスを使っている顧客の心理を考慮すると、リンカーズへの掲載に加えて、他の施策も必要かもしれません。

様々なWebマーケティング戦略を絡めて、顧客の方から見つけてもらえるような集客の入り口をつくっておきましょう。受注を取るための最短ルートは、自社をあくまでも数ある中の一つの選択肢ではなく、ニーズに応えてくれるただ一つの依頼先として認識もらうことです。そのためには、自社と親和性の高い顧客に自社ならではの強みを伝えることが大切です。

こちらの記事では、製造業におけるマーケティングについて様々な施策・手法をまとめています。中には受注単価が2.5倍アップや、購買検討者増で商談率8割以上になった施策も紹介しています。自社のマーケティングをより多角的に行いたいと考えている方は、ぜひ一度チェックしてください。

集客に繋がる、顧客目線の
製造業のマーケティング施策まとめ

ページトップへ