【製造業の経営戦略】選ばれ生き残るポイントとは

【製造業の経営戦略】選ばれ生き残るポイントとは
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

「安定的な受注ができず、経営が厳しい…」
「人材不足で仕事が回らない…」
「なかなか業績が上がらない…」

製造業を経営していく中で、このようなことでお悩みの方もいるでしょう。

業績アップを図るためには、経営については常に見直し、ブラッシュアップしていかなければなりません。

この記事では、製造業に活かせる経営戦略をご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

製造業の経営において直面している課題とは

製造業の経営に影響を与える様々な課題。
戦略的に経営を進めようにも「なにから手をつけたらいいのかわからない…」という状態の企業も少なくはありません。

営業、受注、生産、人材管理など経営に必要な要素は多々ありますが、どこかに問題を抱えてしまうと、全体に影響を及ぼしてしまいます。

まずは製造業が直面する課題について改めて整理しながら、自社が抱える課題はなにかを考えてみましょう。

世界情勢による影響

経済がグローバル化しているいまでは、製造業においても、世界情勢の影響を受けることになります。

原料の輸入・商品の輸出など、どこかしらで日本以外の企業が関わることもあるでしょう。

特に2020年に起きたコロナウイルスの感染拡大によって、企業活動が制限されたり、経営状況が悪化したりする企業は膨大であり、経済に深刻なダメージをあたえました。

直接製造業とは関係ない市場でも、まわりまわって受注先の経済動向に変化があり、自社に思わぬ影響が出てくることもあります。

また製品によっては、消費者・ユーザーのニーズが大きく変化することによって、そもそもの市場規模の縮小・拡大といった影響も出てきます。

恒常的な人材不足

そもそも製造業は、恒常的な人材不足が叫ばれている業界です。

少子高齢化が進むにつれ、日本の労働人口が減っていくことは避けようのない事実です。

また、人口減少により国内マーケットが縮小される危惧もあるため、海外の販路を展開するなど新しいビジネスモデルへ変更していくことが求められます。

このような煽りを受けることで、製造業の人材不足問題はますます深刻になっていくでしょう。

AIやIT技術の進歩

技術力への自負やIT導入コストへの懸念により、日本のIT活用は他国に比べて遅れをとっています。

また、AI技術の進歩により、積極的に導入する大企業と、資金的な問題で導入が困難な中小企業との間に大きな壁ができている状況です。

海外の製造業においては、会社の規模を問わず、AIやIoTなどの最新技術を取り入れることに注力しており、事業の効率化や製造品質の向上が飛躍的に進んでいきます。

経済がグローバル化している今では海の向こうの話ではなく、日本の市場にも影響を及ぼしています。いまや競合は国内企業だけはないことは言うまでもないでしょう。

技術継承などももちろん大切ですが、積極的にIT技術の活用が行えない企業は、今後ますます経営難に追い込まれてしまうかもしれません。

製造業に有効な経営戦略手法3つ

営業戦略とは
ここまで、日本の製造業が抱えている大きな課題について簡単に触れました。

製造業全体、もしくは自社が抱えている問題は、以下でご紹介する経営戦略を取り入れることで改善が期待できます。

ビジネスモデルの改善

あなたの会社ではどのようなビジネスモデルで、どのような経営戦略を採択しているでしょうか。
そもそも経営戦略とは会社が目指す姿(ゴール)へと向かって進むための地図と例えることができます。

商品企画の方法、社内の体制、人材育成の方針など具体的な戦略を立て、全社横断でゴールに向かうのが一般的です。
そして、前もって立てておいた戦略を実行するために、戦術を考えます。

個々の商品、組織図、人材育成の方法など、具体的に行っていく取り込みのことです。
このような経営戦略や戦術について調べれば、膨大な情報が出てきます。

成功事例なども公開されているため、ビジネスモデルを考える際の参考にしたという方も多いでしょう。
しかしその経営戦略や手法は、自社ならではの強みをうまく活かせていますでしょうか?

世の中で提唱されている経営戦略やフレームワークを取り入れる前には、それが生まれた背景や適用されている市場、企業の規模なども考慮する必要があります。

このようなポイントを踏まえて、まずは自社のビジネスモデルを見直すべきです。

具体的な問題や課題が明らかにできたら、自社の市場やポジション、競合、顧客からのニーズなど様々な要素を加えて新しいビジネスモデルを構築していきましょう。

自社ならではの強み・差別化ポイントを考える上ではバリュープロポジションの考え方も参考にしてみてください。

【漫画で解説!】
バリュープロポジションとは

業務のプロセス管理

設定したゴールに向かうための方法のひとつとして、業務のプロセス管理が挙げられます。

  • 製品の製作手順は今のままでも効率的かどうか
  • どこかの工程で無駄な手間が発生していないか
  • 社員に対し、誰が何の仕事をしているか把握できているか

このように各業務のプロセスを見直すことで、改善点が明らかになります。

また、生産性を向上させるためには、研修などを行い、会社全体の意識を変えていく努力も必要でしょう。

5Sによる効率化

製造現場の生産性を効率化させる方法として、「5S」も有効です。

  • 整理
  • 整頓
  • 清掃
  • 清潔
  • しつけ

この5つの要素を「5S」と呼び、経営者や管理職が先導を切り、社内環境を整えるために用いられる考え方です。

製造業は、製品の精度や仕様、トレーサビリティなども要求されるため、「5S」を徹底することは非常に大切です。

例えば「整理整頓ができない→無駄なものが多く非効率→製品に不良品が増える」といった形で、一見経営や生産に影響がなさそうに見えても、実は悪い影響を与えていることがあります。

逆に考えれば、5Sを遵守することにより、「整理整頓され整った綺麗な作業場所が実現→生産性アップ→製品の不良品が減る」と言った効果を期待できます。

このように良いサイクルが回っている会社は業績も安定しますし、従業員のやる気にも繋がります。5Sを実行して損をすることはありませんから、ぜひ実施してみましょう。

生産環境や労働環境が良くなることで、人材確保などにおいても好影響が期待できます。

DXの推進

製造業にまつわるあらゆる問題解決のためDX(Digital Transformation)を推進する必要もあります。

DXとはデータを活用し、機械、技術、人などをつなげることで新たな付加価値を創出し、社会が抱えている問題の解決を目指していく企業の在り方を示すものです。

このような大きな目標を実現するためには、IoTやAIといった新しいデジタル技術を活用していく必要があると言えます。

管理システムや業務効率化ツールの導入

管理システムや、業務効率化ツールを導入することは、製造業の生産性アップにつながります。

  • 在庫や出荷の管理
  • 稼働状況の調整
  • 機械の故障や異常の検出

このように、AIやIoTを活用することで、リソースを削減しながら作業の効率化が狙えます。
また、必要な計算をオンラインで済ませるなど、事務処理のコストも削減可能です。

データの見える化

効率を上げ業績を改善する手法として、データの見える化も有効です。

  • 精算ラインのどこで無駄が生じているのか
  • どこに改善点や問題点があるのか
  • どのように作業内容を改善したら良いか

IoTなどを用いることで、今まで見えていなかった問題点がデータや数値として見える化できるようになります。

また従業員の健康状態、稼働状況を管理することも容易となり、無駄な残業を省くなど、リソースの再分配も可能になるでしょう。

選ばれるための戦略も大切

選ばれる製造業になるための戦略も大切

ここまで製造業に有効な経営戦略手法を3つご紹介しました。

経営戦略として業務の効率化や環境改善を図る施策を採り入れることは、もはや急務です。

ただ効率化や改善はいわばディフェンス面の強化です。一方で自社製品が選ばれるための、攻めの戦略も必要になります。

選ばれる製造業になるための戦略とは

受注を安定化させるためには、顧客から選ばれ続けなければなりません。

そして選ばれるためには、自社を選ぶべき理由が顧客に明確に伝わっている必要があります。

インターネットでの情報検索があたりまえのいま、Web上で自社の強みを発信することは非常に重要です。

コンテンツマーケティング

自社の強みの発信の一例としては、コンテンツマーケティングがあります。

コンテンツマーケティングとは、潜在顧客のニーズや悩みを解消するような有益なコンテンツを提供することで見込み顧客を呼び込み、安定的な利益を目標にした戦略のことを言います。

  • 動画コンテンツ
  • オウンドメディア
  • メールマガジン

などのツールを用いて情報発信を行っていくもので、安定的な受注はもちろん、市場でのポジションを確立したり、顧客のファン化を実現したりといったメリットに期待できます。

ポジショニングメディア

競合ではなく自社を選んでもらうためには、競合との差別化、自社らならではの強みが必要です。それがまさに顧客が自社を選ぶ理由になるわけです。

製品そのものの機能や品質、アフターサービス、販売方法などに、独自性を持たせることで差別化を行うわけですが、その差別化ポイントが顧客ニーズとずれていないかはチェックしておきましょう。

上の図のように、自社ならではの提供価値(=バリュープロポジション)といった考え方が差別化の本質に近いと言えます。

しっかりと自社独自の強みを明確化することで、ターゲットユーザーに選ばれやすくなり、安定的な受注につなげることが可能です。

製造業が目指しやすいのは、ものづくりの仕組みを差別化することです。

製品そのものの品質だけではなく、それを取り巻くサービスを含めた仕組みを設計することで、他社と大きな差をつけることが可能です。

先でも紹介しているAIやIoT技術の活用により、製造業の仕組みについて差別化することができます。

そしてこの差別化された強みを、しっかりと外部に発信していくことを進めてみてください。

まとめ

このページでは製造業の課題点と、採択するべき経営戦略、顧客から選ばれるための戦略についてスポットを当ててきました。

恒常的な人材不足や、世界情勢の影響を受けている製造業ですが、AIやIoTなどの技術を導入することで、作業効率の改善や優秀な人材の確保、業務成績アップなどにつながります。

ただし、経営戦略に注力するだけでは、安定的な受注が叶わない可能性もあります。

自社が選ばれるべき理由を明確にし、しっかりと発信していくという攻めの姿勢も忘れずに経営戦略を考えてみてください。

集客やマーケティング戦略にお悩みなら

経営戦略の一環として、マーケティング戦略や集客戦略は非常に重要であることは言うまでもありません。

しかし、「どう始めたらいいか」「自社の強みは何なのか」と悩んでしまうこともあると思います。

全研本社ではクライアントのバリュープロポジションを分析し、それを軸としたマーケティング戦略をご提案しています。

特にクライアントがおかれている市場の中で、クライアントの差別化ポイント(=選ばれる理由)明確に伝えることができる、ポジショニングメディア戦略を得意としています。

ポジショニングメディア戦略の
特徴・事例を見る

集客の支援実績は、業界を問わず7,000件以上。戦略提案だけでなく、WebサイトやLPの制作・運用までワンストップで対応可能です。

何かお困りのことがあれば、ぜひ弊社までお気軽にご相談ください。

Web集客やマーケティング戦略の
ご相談はこちら
製造業の集客成功のポイント

ページトップへ