製造業がホームページ制作を重視すべき理由と制作のポイントを解説

製造業がホームページ制作を重視すべき理由と制作のポイントを解説
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

製造業のホームページ制作が重要な理由

他の業種と同じく製造業にとっても、ホームページ制作は重要な取り組みといえます。次のメリットがあるからです。

企業の信頼性が向上する

自社のホームページを制作することで、企業の信頼性が向上します。見込み客に、会社概要・経営理念・沿革・取引先のほか、事業内容・導入実績・取得資格などを伝えられるからです。

これらがわかれば、見込み客はどのような企業であるかを推測できます。ホームページ制作は、インターネット上に企業の顔、あるいは看板を作る作業といえるかもしれません。

見込み客と良好なコミュニケーションをとれるホームページは、存在するだけで企業の信頼性を高めてくれます。

新規顧客の獲得につながる

ホームページから新規顧客を獲得することもできます。会社概要・事業内容・導入実績などに加え、問い合わせフォーム、資料請求フォームなどを設置できるからです。

ホームページを見て興味をもった見込み客が、新規顧客になることは少なくありません。ホームページは、優秀な営業マンになってくれる可能性があるのです。

また、ホームページの特徴として、全国を対象に新規顧客を獲得できる点も挙げられます。顧客のニーズに応えられるホームページを制作すれば、営業エリアを劇的に広げられる可能性があります。

求人活動が効率化する

ホームページを制作することで、求人活動を効率よく行うこともできます。求人サイトには掲載できない情報を、自社のホームページに掲載できるからです。

例えば、求職者が必要とする情報をまとめた求職者用の特設ページを制作しておくことなどが考えられます。

誰もアクセスしないと思うかもしれませんが、求人サイトで興味のある企業を見つけた求職者の多くは公式ホームページを探して詳しい情報を得ようとします。

したがって、求人サイトへの掲載とあわせて求職者用の特設ページを制作しておけば、さらに興味をもってもらえる可能性が高くなります。だから、ホームページ制作で求人活動が効率化するのです。

技術力のアピールが可能

ホームページを活用して、技術力をアピールすることもできます。専門家しか理解できない技術情報などに加え、誰でも理解できる導入実績、さらには技術力をイメージで伝える画像や動画を掲載できるからです。

ホームページを活用すれば、あらゆる層に自社の技術力をアピールできます。

既存顧客へのフォローアップになる

ホームページを上手に運用すれば、既存客をフォローアップすることもできます。工場の稼働状況、休業日などを掲載できるからです。

わざわざ連絡するほどではないものの、知っておいてほしい情報を伝えることが可能です。また、設備の増設など、注目すべきトピックスを伝えることもできます。ホームページを使って、既存客とコミュニケーションを図れます。

製造業のホームページを作る際のポイント

製造業のホームページを作る際のポイント

製造業のホームページを制作するときは、以下の4点に注意しましょう。

  1. 独自技術や強みをアピール
  2. 製造工程を視覚的に伝える
  3. 過去の実績を紹介する
  4. 顧客や求職者の視点を意識する

これらを意識することで、集客効果などを高められます。

独自技術や強みをアピール

技術力は、ホームページの訪問者が最も知りたいポイントです。したがって、ホームページで、最もアピールしたいポイントといえます。自社の魅力を伝えるため、他社との差別化を図りましょう。

そのため、独自技術や他社にはない強みを積極的にアピールします。アピールの切り口は、品質・開発力・価格などです。

例えば、品質では歩留まり率の開示、開発力では独自技術の詳細や開発までの経緯、価格では参考価格の提示、一般的な価格との比較などが考えられます。

以上の情報などを掲載すれば、訪問者に依頼するべき理由を伝えられます。

製造工程を視覚的に伝える

製造工程を視覚的に伝える写真や動画も、ホームページに掲載しましょう。自社の品質や技術力をイメージで伝えられるからです。

イメージで伝えるメリットは、専門的な知識がない方でもその凄さや魅力を理解できること。製造工程を視覚的に伝えることで、新規顧客を獲得しやすくなります。

ただし、自社で写真や動画を撮影することはおすすめできません。素人が撮影すると、暗い・見づらいなどの理由で悪い印象を与える恐れがあるからです。

素人が撮影した写真が原因で、発注を見送られることも考えられます。ホームページに掲載する画像や動画は、プロに依頼して撮影しましょう。

過去の実績を紹介する

過去の実績もホームページに掲載したい内容です。豊富な実績があれば、訪問者からの信頼を獲得できます。さまざまな案件に対応できる能力を備えていることがわかるからです。

基本的には、生産実績や導入実績を掲載するとよいと考えられます。取引先から協力を得られるのであれば「お客様の声」として導入の経緯や導入後の感想などを掲載するとよいかもしれません。

実際に利用した方の声は、訪問者にとって非常に参考になります。
顧客や求職者の視点を意識する

以上の情報などを掲載するうえで注意したいのが、顧客や求職者の視点を意識することです。自社にとっての当たり前と顧客や求職者にとっての当たり前は異なることがあります。

自社の視点だけでホームページを制作すると、必要な情報を掲載していても伝わらないホームページになる恐れがあります。

例えば、専門用語だらけの説明は、業界外の顧客や業界未経験者の求職者に伝わりません。

ホームページは、想定するターゲットが理解できるように制作することが重要です。

製造業のホームページに掲載するコンテンツ例

製造業のホームページに掲載するコンテンツ例
続いて、製造業のホームページに掲載したいコンテンツ例を紹介します。

会社概要

必ず掲載したいのが「社名・所在地・代表者・資本金・事業内容・取引先・関連会社」などをまとめた会社概要です。会社概要がなければ、どの企業のホームページかわからないため訪問者を不安にさせてしまいます。

製品紹介

同じく欠かせないのが、自社の強みをアピールする製品紹介です。製品紹介で何をしている企業なのかを明らかにします。画像や動画を使って、わかりやすく伝えるとよいでしょう。

工場・設備紹介

信頼性をアピールしたいのであれば、工場・設備紹介も掲載したいコンテンツとして挙げられます。厳格に管理された工場で製造していることや最新鋭の設備を使用していることなどがわかれば、企業としての信頼性は高まります。

事例紹介

過去の事例も掲載したいコンテンツといえます。過去の事例を掲載することで、訪問者は導入後の姿を具体的にイメージできるようになります。検討を進めやすくなるといえるでしょう。

スタッフ紹介

以上のほかでは、スタッフ紹介も魅力的なコンテンツといえるかもしれません。
見込み客にスタッフを知ってもらうことで、親近感が生まれやすくなるからです。見込み客との距離を近づけたいときに、有効なコンテンツといえるでしょう。

製造業のホームページのデザイン例

製造業のホームページのデザイン例
続いて、参考にしたい製造業のホームページを紹介します。

動画で魅せるホームページ

株式会社光岡自動車

株式会社光岡自動車
引用元:https://www.mitsuoka-motor.com/

自社の魅力を動画で上手に伝えているホームページです。ポイントは、トップページのデザインを、左右に分割にしていること。画面右側で製造工程、画面左側で上質な体験を伝えています。

独自性の高い自動車がどのように誕生しているか、独自性の高い自動車を購入すればどのような生活を送れるかが一目でわかります。自社の強みを上手に伝えているホームページといえるでしょう。

画像で魅せるホームページ

株式会社ミナミサワ

株式会社ミナミサワ
引用元:http://www.minamisawa.co.jp/

後付け式自動水栓の製造などを行っている企業です。ポイントは、製品紹介の画像が美しいこと。

地味になりがちな水回りの製品を、製品ごとに壁紙の色を変えることで美しくアピールしています。

各製品の画像に配置したわかりやすいアイコンも魅力的。シンプルながらデザイン性の高いホームページといえそうです。

専門性を上手にアピールしているホームページ

株式会社ナブテスコ

株式会社ナブテスコ
引用元:https://nabco.nabtesco.com/

自社の特徴を、非常にわかりやすく伝えているホームページです。ポイントは、ホームページにアクセスすると、最初に自動扉についているお馴染みのマークが表示されること。

マークが表示される時間は1秒程度ですが、これだけで同社の専門性がわかります。各ページが、自動扉が開くように左から右へ向けて表示される点も魅力といえるでしょう。

安定したホームページ運営にはSEO対策が大切

安定したホームページ運営にはSEO対策が大切
製造業のホームページを作るときは、内容やデザインにこだわるだけでなくSEO対策も施しましょう。SEOは「Search Engine Optimization」の略で、検索エンジン最適化を意味します。

つまり、特定のキーワードで検索されたときに、自サイトを上位表示させるための対策をSEO対策というのです。なぜ、SEO対策が重要になるのでしょうか。

自社の存在を知ってもらうため

特定のキーワードで検索されたときに上位表示されないホームページは、アクセスを集められないため存在していないのと同じです。

自社の存在を知ってもらうため、SEO対策が必要になります。集客したいターゲット像を明確にしたうえで、ターゲットが検索しそうなキーワードをコンテンツに盛り込むことが重要です。

例えば、過去の事例をもとに、図面の情報をわかりやすく解説するコンテンツを制作するなどが考えられます。

広告宣伝費を削減できる

SEO対策を行うことで、広告宣伝費を削減できる可能性があります。

狙ったキーワードで上位表示を実現すれば、リスティング広告などを行う必要がなくなるからです。広告予算を割きづらい企業ほど、SEO対策の必要性は高くなるといえるでしょう。

上位表示させるにはコンテンツも必要ですが、集客しやすいホームページはユーザーにとって便利で分かりやすいという特徴があります。

ホームページは製造業の集客に適した方法

ホームページは製造業の集客に適した方法

自社のホームページを制作することで、企業としての信頼性を高めることや自社の技術力をアピールすることなどができます。ホームページは、製造業の集客に適した方法といえるでしょう。

ただし、闇雲に制作するだけでは期待した結果を得られません。ターゲットが必要としている情報を、SEO対策に配慮しつつ提示する必要があります。

特に、成約につながりやすいキーワードで集客をすることが重要です。ホームページの制作や戦略の見直しを相談したい方は、製造業をはじめ120業種以上のWeb制作実績・運用実績がある弊社までお気軽にご相談ください。

御社の特徴を踏まえて、最適なご提案をさせていただきます。

ホームページ制作の相談はこちら

ページトップへ