測定・分析機器市場の広告・マーケティング戦略とは

測定・分析機器市場の広告・マーケティング戦略とは
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

この記事では、測定・分析機器市場の市況を踏まえた上で、知っておきたいマーケティング戦略について解説します。

さらに、

  • 当社の「強み」を理解してくれる顧客が増えて商談率が8割までアップした
  • こんな顧客が欲しかった!」という集客が増えて受注単価が2.5倍に上がった
  • 数ある競合他社から当社に興味を持ってもらい商談から契約までの時間が3分の1に短縮できた

など、すでに120業種以上への導入実績がある成約率の高い見込み客の集客方法「ポジショニングメディア」についても紹介します。

測定・分析機器の市場について

測定・分析機器の市場を俯瞰してみると、2013年から2018年までに年平均で4.5%の成長を見せ、630億ドル以上の規模へと成長を続けてきました。2023年までには800億ドルを超える見込みでしたが、状況を変えてしまったのが新型コロナウイルスの存在です。

このパンデミックは業界全体に影響を及ぼしており、ロックダウンによる工場の停止が大きなダメージを与えました。

しかし、測定・分析機器の利用分野は拡大しつつあり、今後の需要はさらに高まる見込みです。これからは製造業界においても、他社に後れを取る前に広告やマーケティング戦略への注力が必要でしょう。

利用分野が拡大しつつある

従来、計測・分析機器は学術研究や産業分野で利用されるのが一般的でした。しかし、近年では生活環境や地球環境、また医療分野などでも広く利用されるようになっています。

利用分野の拡大に伴ってこれまでにはなかった測定・分析機器の開発が進んでいるのが現状です。今までの主な販売先である大学や研究機関、民間企業に加えてさらなる顧客の開拓が求められています。

産業用測定機器の需要はさらに高まる見込み

新型コロナウイルスの流行で一時的な影響を受けましたが、株式会社グローバルインフォメーションのレポートによると産業用測定機器の市場規模は成長を続けており、2026年には132億ドルに達する見込みです。

この予測には新興国での自動車需要やビッグデータ分析の需要が高まったことが背景にあります。企業が迅速な意思決定を行うために、今後さらに測定機器の需要が高まるでしょう。

測定・分析機器の広告・マーケティングに役立つフレームワーク

STP分析
ここでは測定・分析機器のマーケティングに有効な手法として、STP分析とバリュープロポジションについて紹介します。

自社の立ち位置とターゲットとなりうる市場を把握するための「STP分析」

STP分析はマーケティングの第一人者として有名なフィリップ・コトラー氏が提唱した手法で、日本の大企業でもよく取り入れられています。

STP分析の要素には以下の3つがあります。

  • Segmentation(セグメンテーション):市場の細分化
  • Targeting(ターゲティング):細分化した中から狙う市場を決定
  • Positioning(ポジショニング):狙う市場での自社の立ち位置を明確化

3つの要素を分析する際には「ユーザー視点」に立つことが重要です。すでに取引のある市場から自社の立ち位置を決定することも有効でしょう。

顧客のニーズに答えるためのバリュープロポジション

バリュープロポジション
バリュープロポジションとは一言で説明すると、競合他社にはない自社製品だけの強みのことを指します。

ユーザーが製品の購入を検討する際には、主に製品の機能やメリットを比較します。ただ、自社と競合が似たようなものだととらえられてしまえば、あとの比較軸は価格ぐらいしか残りません。

そこで、顧客のニーズにピッタリ一致する自社の強みを明らかにしておくことで、今後のマーケティング戦略における訴求の方向性が決まります。
他社にはない自社の強みをユーザーに上手く分かってもらえれば、親和性の高いユーザーに自社を選んでもらいやすくなるでしょう。

また、バリュープロポジションの明確化によって、マーケティングの効率アップや高単価な案件の獲得による収益の改善も期待できます。
しっかり分析を進めていきましょう。

また、下記より製造業におけるマーケティング戦略立案の考え方やポジショニングメディアについて紹介していますので、ぜひダウンロードをしてみてください。

測定・分析機器の広告・マーケティング方法

上記で紹介した手法を用いて自社の立ち位置や強みを分析したら、次の段階として広告施策を行うことも忘れてはいけません。

自社製品に興味を持ってもらうためのホームページ

自社のホームページは製品の魅力を十分に伝えられるものでしょうか?

近年はインターネットを通して製品を探すユーザーが多く、製品名で検索して企業のホームページにたどり着くことも少なくありません。測定・分析機器を探す方が何気なく開いたページで魅力的な製品が紹介されていれば、興味を持ってもらえる可能性が高くなります。

業界誌での広告掲載も効果的ですが、ホームページの作り込みにも十分な広告効果を期待できます。

ランディングページを作成してターゲットにより深く届ける

製品の紹介に特化したランディングページの作成も広告として有効です。

市場やユーザーのニーズを丁寧に分析したうえで製品の魅力を訴求さえできれば、ランディングページから売上を上げられます。制作会社によっては30万円から作成可能であり、ページをアップするだけで効果を得られるためコストパフォーマンスが高いのが魅力です。

マーケティングによりターゲットの絞り込みができているのであれば、ランディングページも検討してみましょう。

製品市場にマッチしたSEO対策

特定の市場で製品を販売するには市場に合わせたSEO対策を実施しましょう。SEOを行うことでホームページにたどり着く検索ユーザーの絞り込みができるからです。

例えば、測定機器の種類ベースに市場を選定したのであれば「測定機器 ノギス」「測定機器 マイクロメーター」などが適切です。
SEOは一朝一夕でできるものではありませんが、まずは貴社の強みとなる分野から取り組んでみてください。

市場を絞り込んだうえでのリスティング広告の出稿

自社でのSEOに不安がある場合には、リスティング広告を利用するのもひとつの方法です。

リスティング広告を利用すれば検索結果の上部に自社製品の広告を掲載でき、多くのユーザーの目に入りやすくなります。しかし、市場の規模によって広告費が高くなる傾向があるので、リスティング広告を出す場合は予算の考慮が必須です。

ポジショニングメディア

ポジショニングメディアとは、特定市場において専門Webメディアを立ち上げ自社商材カテゴリーの導入意欲の高いユーザーを集めることができるWebマーケティング施策です。

また、専門Webメディアという特性を活かして自社商材の魅力や特徴をユーザーに伝えることで、親和性の高いユーザーに集中的に反響を獲得することが出来ます。

すでに導入をしたいという段階での反響獲得となるため、商談化率の高さはもちろん、成約率の高さに重きを置いたWebマーケティング戦略を展開したいという方針であればマッチする企画です。

ポジショニングメディアとは?

【まとめ】測定・分析機器の広告・マーケティング戦略とは

測定・分析機器のマーケティング戦略では、狙うべき市場と自社の立ち位置を明確化し、他社とは異なる製品の強みを的確に訴求することが重要です。

これには、STP分析やバリュープロポジションの明確化が欠かせません。

測定・分析機器の需要は今後も高まる見込みですが、競合他社に負けないためには上記のような分析や集客施策が必要です。
今のマーケティング戦略や広告施策では市場で勝てないとお悩みの際は、全研本社までお気軽にご相談ください。

製造業をはじめ、120業種以上のWebマーケティング支援実績がございますので、貴社状況をお伺いした上で最適なマーケティング施策をご案内いたします。

web集客のご相談はこちら

ページトップへ