光学機器の広告・マーケティング戦略で売上を上げる方法

光学機器の広告・マーケティング戦略で売上を上げる方法
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

ドライブレコーダーの車載カメラレンズやモバイルデバイスのカメラによって、世界的に需要が伸びている光学機器業界。

スマートフォン搭載カメラは複眼化が進み、今後は自動運転への高度な対応も求められるなど、将来的にも大幅な市場拡大が予測されています。
さらに、監視カメラや内視鏡など社会インフラや医療分野でも需要は大きく、光学機器業界は今後、ますます競争の激化が予測されるでしょう。

ここでは、キャククルが120業種以上のWebマーケティング支援実績のノウハウをもとに光学機器のマーケティング戦略に役立つフレームワークについてまとめました。
また、リード獲得後の商談率が8割超、受注単価2.5倍を実現したWebマーケティング施策「ポジショニングメディア」も合わせて紹介しております。
自社の広告戦略に課題を抱えている方はぜひ参考にしてみてください。

光学機器の広告・マーケティングに役立つフレームワーク

光学機器のように、国内だけでなく世界的に競合の多い業界で、真っ先に指標として挙がるのが価格や品質です。
ここで「価格」を売りにして競争に巻き込まれてしまうと、正当な利益が確保できなくなってしまいます。

価格と品質、その他のサービスのバランスを考慮しながら、上手くマーケティングを展開していかなくてはなりません。
単に価格で勝負する戦略からは脱却する方向へ移行しましょう。

良質な顧客を獲得するためには、価格ではなく品質やサービスの良さなどの「自社独自の強み」を理解し、それに共感して選んでくれるユーザーから受注できるように戦略を構築していく必要があります。

そのために、まずは自社と競合を分析して「最適なターゲット」を決めることが大切です。
自社と親和性の高いユーザーやそのユーザーニーズを探し出し、効率的に営業活動するための分析をしっかりと行いましょう。

ここからは、自社と相性の良いターゲットや自社の戦うべき市場を決めるためのフレームワークを紹介していきます。

自社の戦うべき市場と立ち位置を明確にする

自社にとって最適な顧客に対して効果的な営業活動を行うためには、まずは自社が攻めるべき市場やターゲットを見きわめなくてはなりません。そのためには、市場での自社の立ち位置を明確にする必要があります。そこで役立つのが「STP分析」です。

STP分析とは、近代マーケティングの父と呼ばれるアメリカのフィリップ・コトラー氏が提唱したフレームワーク。
STP分析では、「セグメンテーション」「ターゲティング」「ポジションニング」の3つの分析から、市場やターゲット、自社の立ち位置を明確にすることができます。

Segmentation:市場の細分化

市場を細分化する方法がセグメンテーションです。顧客データから同じニーズを持つ人をグループに分けていきます。年齢や性別、職業などの属性のほか、ターゲットが住んでいる場所、趣味嗜好などの心理的要因から区分していきます。

Targeting:ターゲット層の絞り込み

セグメンテーションでユーザーニーズを分けたら、自社が参入すべき市場を見つけます。
競合他社のいないセグメントがあるか、自社が提供できる価値と顧客が求めるニーズがどこでマッチするかを見出し、「勝てる市場」を選択していきましょう。

Positioning:競合優位性の把握

自社の特徴や魅力を顧客の視点で考えたとき、どんな優位性があるかを見つけるのがポジショニングです。
ポジショニングは、いわゆる「差別化」とは異なります。あくまでもターゲット層からみたときの優位性を探すことが大切です。
ポジショニングが分かると、競合他社とは異なる優位性をもとに営業活動ができるようになります。

自社独自の「バリュープロポジション」を見つける

バリュープロポジションとは、他社が提供できていない、自社だけが提供できる「独自の強み」のことです。
STP分析をもとに、自社の「バリュープロポジション」を導き出していきます。

バリュープロポジションが明確になると、顧客となるターゲットに「なぜ自社を選ぶべきか」を示すことができるようになるため、ターゲットが自然と自社を選んでくれるようになります。

強みを明確にすることで、その強みを「自社独自の魅力」として最適な市場で示せるようになるほか、差別化や企業価値を高めるブランディングにもつながるメリットがあります。

光学機器の広告・マーケティング方法

STP分析やバリュープロポジションによって、狙うべき市場やターゲット、自社の強みを明確にしたら、いよいよマーケティングを具現化していきましょう。

自社の強みが伝わるホームページをつくる

自社ホームページに訪れるユーザーは、何かしらのきっかけで貴社のことを知り、指名検索をしているユーザーです。
ホームページを名刺やパンフレット代わりではなく自社の「営業マン」として活躍させましょう。自社独自の強みや魅力が明確に打ち出せているか、ユーザーが有益と感じる情報が分かりやすく記されているかを確認してみてください。

これまでの実績や会社としての信頼度が打ち出されているか、どんな理由で顧客に選ばれているかを細かく伝えられているでしょうか。
まずはユーザーの立場にたち、「ホームページで何を知ろうとしているのか」を考えてみることが大切です。

業界に特化したマッチングサイトに掲載する

BtoB企業や光学機器業界に特化したマッチングサイトに広告を掲載することで、企業とマッチングしやすくなります。
ここで大切なのは、マッチングサイトごとに異なる特性を見きわめてから活用することです。

マッチングサイトによっては、相見積もりになるだけで新規獲得につながらない、資料を提供するだけに留まってしまったといったケースもあります。
また、マッチングサイト自体の集客力や登録している競合の数によっても結果が異なります。
掲載費用も考慮しながら、あくまでも集客方法のひとつとして活用すると良いでしょう。

ポジショニングメディアで成約になるリードを獲得する

ポジショニングメディアのイメージ画像詳細についてはお問い合わせください
ポジショニングメディアとは、自社が課題解決できるユーザーを集客、さらに貴社商材の強みを理解させることで成約率の高いリード獲得を生み出すことができるWebメディア施策です。

既存のWeb広告や広告出稿は認知度を高めることはできますが、貴社にあったユーザーのピンポイントな集客、そしてなぜ貴社商材を使うべきなのかを理解させることが難しい状況です。

しかしポジショニングメディアを使えば、競合他社ではなく貴社商材がよいと判断した上で購買意欲のあるリード獲得ができるため、
商談化率8割超、受注単価2.5倍を実現した実績を作ることができています。
詳しくはこちらよりご覧ください。

ポジショニングメディア
について詳しく

自社の強みを発信できているかの見直しが大切

スマートフォンや車載カメラだけでなく、社会インフラや医療業界などでも需要の大きな光学機器は、さまざまな分野でさらに求められるようになる市場です。
今後の需要拡大を見据えて、いま一度自社のコンテンツや広告戦略を見直し、効率的に集客できる戦略を備えておきましょう。

弊社はこれまでに、120業種以上の企業様の広告・集客を支援し、ユーザーから選ばれるためのマーケティングに力を注いでまいりました。。
広告集客やマーケティング戦略にお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

Web集客のご相談はこちら

ページトップへ