水処理装置事業における今後の広告・マーケティング戦略とは

水処理装置事業における今後の広告・マーケティング戦略とは
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

この記事では、水処理装置市場の市況を踏まえた上で、知っておきたいマーケティング戦略について解説します。

さらに、

  • 当社の「強み」を理解してくれる顧客が増えて商談率が8割までアップした
  • こんな顧客が欲しかった!」という集客が増えて受注単価が2.5倍に上がった
  • 数ある競合他社から当社に興味を持ってもらい商談から契約までの時間が3分の1に短縮できた

など、すでに120業種以上への導入実績がある成約率の高い見込み客の集客方法「ポジショニングメディア」についても紹介します。

水処理装置事業におけるWebマーケティング戦略の重要性

マーケティング
水処理装置事業をはじめ、さまざまな業界で需要が急増しているのが、Webマーケティングです。コロナ禍の影響によって展示会や商談などのオフラインによる営業活動が困難になっており、BtoC企業だけでなく、BtoB企業においても営業手段の切り替えが急務となっています。

訪問やイベントが制限されるなか、顧客はWebであらゆる情報を集めて吟味を重ねています。そんななか、水処理装置事業においてどのようなマーケティング戦略が求められているのでしょうか。

水処理装置事業におけるマーケティング戦略の課題

コロナ禍の影響から、マーケティングや販促上さまざまな課題が生じています。営業手段をオンラインに切り替えることで、これらの課題を解決する必要があります。まずは自社で何が最も課題となっているのかを洗い出してみましょう。

たとえば、既存の顧客に対する発注数や取引額が減少し売上に大きく響いているかもしれません。もしくは新規顧客を獲得する機会が減っている、顧客とのコミュニケーション機会が減っているなど、課題に応じた施策をとる必要があります。

費用対効果に優れるコンテンツマーケティングが成功の鍵

メリット・注意点
水処理装置を取り扱う企業が対面を避けて営業を行う場合、オンラインセミナーやDMの送付などさまざまな施策が考えられます。集客に関する課題を解決するうえで、費用対効果に優れる施策が、コンテンツマーケティングです。

コンテンツマーケティングは、価値のあるコンテンツを発信することで、会社のファンを増やすマーケティング手段。コンテンツを通して新規顧客の獲得と、既存顧客とのコミュニケーションをねらえます。中・長期向きの戦略のため、導入を決めたら早い段階で取り入れるのが重要です。

検索KWの調査によりWeb広告の有効性を確認できる

コンテンツマーケティングの優れている点が、需要が判断しやすいことです。水処理装置のような商材の場合、まず顧客を見つけるのがハードルになります。

キーワードプランナーやラッコキーワードといった、検索キーワードを調査できるツールを使うことで、検索エンジンを使うユーザーのニーズに沿ったコンテンツマーケティングを実施することができます。

またどの程度流入があったかなどを観察することで、より効果的な施策をうちやすくなるのも利点です。

BtoBとBtoCにおける広告の違い

コンテンツマーケティングは主にBtoC企業で盛んに行われています。水処理装置事業の場合、ターゲットが異なるため施策に求められるものも違ってきます。BtoCで有効な施策がそのままBtoBでも有効とは限らないため、あらかじめ違いは把握しておきましょう。

BtoCは単価が低く、競合も多い傾向にあります。衝動買いをねらったインパクトのあるコンテンツのほうが成果が出やすい場合もあるでしょう。

一方でBtoB、とくに水処理装置の場合、競合が少なく、単価が非常に高いのが大きな特徴です。購入までの衝動性も低いので、顧客もじっくり検討するため結果が出るまで多くの期間を必要とします。そのため、検討期間中の顧客にいかに自社の強みを把握し納得してもらうかが重要です。

水処理装置事業で有効な広告・マーケティング戦略

パソコンやタブレットで検索
では、水処理装置事業がオンラインで広告を発信する際、具体的にどのような戦略をとるべきなのでしょうか。コンテンツマーケティングに分類される施策も含め、考えられるマーケティング戦略とそのねらいや特徴を紹介します。

公式サイトをリニューアル

まず大切なのが、公式サイトをリニューアルして顧客が求める情報を発信できるようにすることです。展示会などで直接アピールすることができない以上、公式サイトが企業の顔代わりになります。

顧客が水処理装置の価格や機能・スペックなどの詳細を確認したり、問い合わせをしたりがスムーズにできるよう、公式サイトを整備しましょう。公式サイトの情報量が少ないと顧客が離脱する可能性が高く、また「信用できない」という印象を与えかねません。

サイトを持っていない、あるいは情報が古いまま更新されていない場合には、リニューアルを行って商品の導入事例や商品の詳細などのコンテンツを充実させる必要性があるでしょう。

ディスプレイ広告・バナー広告により印象づける

水処理装置は、関心のあるユーザーに届けやすいようディスプレイ広告やバナー広告を設置するのもおすすめです。どちらも定番の方法ではありますが、最も視覚的なアプローチができるので顧客の印象に残りやすいというメリットがあります。

視覚的にアプローチできるメリットを最大限に活かすためにも、ディスプレイやバナーのデザインにはこだわることが大切です。効果的なデザインを作るのは難易度が高いですが、目を引く広告が作れれば認知度を高めることができます。

オウンドメディアで見込み客の獲得

自社が運営するオウンドメディアを導入するのもおすすめです。特にBtoB企業はまだまだ競合が少ないため、専門性や独自性が高いコンテンツを発信することで効果が期待できます。自社が発信する情報を顧客目線に合わせてコンテンツ化することで、自社のファンを作るのがねらいです。

オウンドメディアを導入することでじっくりと見込み客を育てられるうえに、ブランディングにも役立つのが大きなポイントです。自社のコンテンツを幅広い顧客に継続して読んでもらえるため、新規顧客にも既存顧客にもアプローチできます。

ポジショニングメディアにより他社と差別化

競合他社との差別化を図りたい場合は、ポジショニングメディアを導入するのがおすすめです。自社が他社と何が違うのかをハッキリと顧客に届けることができるため、ねらったターゲットの集客がうまくいかない場合や、競合と比較されてしまい成約につながりづらい場合に有効な施策といえます。

ポジショニングメディアで集客した顧客は、すでに競合との比較を終えた状態のため、商談や成約につなげやすく、営業効率の改善にもつながります。メディアを通して自社のポジションを確立することで、強みを全面的に押し出し、自社と親和性の高い顧客を効率的に集客することが可能です。

自社の商品をどのようにアピールすればよいか悩んでいる場合も、ポジショニングメディアのコンテンツが順を追って「なぜ自社を選ぶべきか」という説明をしてくれます。公式サイトを見て即決する顧客が増えるなどの効果が期待できるでしょう。
ポジショニングメディア
について詳しく知る

水処理装置事業は広告・マーケティング戦略の見直しが急務

排水管
展示会や訪問などでの営業がしづらい今、水処理装置事業でも広告やマーケティング戦略の見直しが求められています。営業効率を上げるためにも、公式サイトの整備やディスプレイ広告やバナー広告の配信、オウンドメディアやポジショニングメディアの導入といったWebマーケティングを中心とした営業手段への切り替えが必要です。

なかでも、ポジショニングメディアは自社のポジションを確立し、質のよい顧客を集めることを得意としています。ニッチな市場でも有効なため、集客に悩む水処理装置事業者の方にもおすすめです。

全研本社では、ポジショニングメディアはもちろんWebマーケティング全般の支援が可能です。集客方法にお悩みの方は、ぜひご相談ください。
web集客のご相談はこちら

ページトップへ