溶接機械の集客に活用できる広告・マーケティング戦略とは

溶接機械の集客に活用できる広告・マーケティング戦略とは
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

この記事では、溶接機械の集客方法・マーケティング戦略について紹介していきます。

溶接機械の集客・売上アップを図る広告戦略などを考えている方は、以下を参考に施策を検討・実施してみてください。

また具体的なマーケティング施策として、自社製品の強みとマッチする顧客獲得ができる「ポジショニングメディア」についてもあわせて紹介しています。

導入した企業では「商談率が8割を超えた」「契約までのリードタイムが1/3に短縮できた」「受注単価が2.5倍にアップ」といった成果も実感されており、着実に成約につながる施策となっています。

この記事の後半で詳しく紹介しておりますので、集客施策に悩んでいるという方は、ぜひご覧ください。

溶接機械の市場の動き

溶接機械の市場は、コロナ禍で大きな打撃を受けました。

2019年までは、自動車産業が好調で溶接機械の需要が高まっている状況でした。
しかし、2020年にコロナ禍で自動車産業の販売台数が減ったことで、溶接機械の生産台数も減少傾向に一転してしまったのです。

ただし、2020年後半から自動車産業の販売台数が再び増加したことで、2021年の溶接機械の市場は好調な動きを見せています。

回復の兆しを見せるが、楽観できない状況が続く

溶接機械の市場は、バブル経済の崩壊やリーマンショック、コロナ禍などの世界的な不況で、たびたび生産台数が落ち込んでいます。

ただ、現時点ではコロナ禍で影響を受けた自動車産業が回復しつつあるため、それに伴い溶接機械も回復の兆しを見せています。

しかし、半導体不足や原材料の高騰、新型コロナウイルスの再拡大といった懸念材料が多くあるので、しばらくは楽観できない状況が続く見通しです。

溶接機械の業界は不況のあおりを受けやすいため、今後も世界的な不況が起こる可能性を考慮して、早急にマーケティング戦略を考え、安定した集客経路を確保しておくことは重要です。

溶接機械の広告・マーケティングに役立つフレームワーク

マーケティング戦略を考える際に活用できるSTP分析とバリュープロポジションというフレームワークについてご紹介します。

自社独自の強み・差別化ポイントは、顧客が自社を選ぶ理由そのもの。マーケティング施策では明確にしておくべき重要なポイントです。
以下のようなフレームワークを活用し、改めて自社のことを見直す機会にしてみてください。

適切な広告掲載やマーケティング戦略を実施して、早い段階から市場内での自社のポジションを確立しておきましょう。

STP分析

STP分析は、市場の動向を掴み、自社が狙うべき市場を明確にするための手法です。

  • S(セグメンテーション):様々な条件を設定し、市場を細分化する
  • T(ターゲティング):細分化した中で自社が挑戦する市場を選ぶ
  • P(ポジショニング):挑戦する市場で自社の立ち位置を確立する

STPのそれぞれの視点で分析していく手法なので、マーケティングに詳しくない方でも挑戦しやすいでしょう。

特に、溶接機械の業界は世界的な不況の影響を受けやすいため、狙うべき市場を明確にするSTP分析は取り組んでおきたいところです。

バリュープロポジションキャンバス

バリュープロポジションキャンバスは、自社と競合をハッキリと区別するためのフレームワークです。

バリュープロポジションの考え方としては、売れる強みとは「顧客が真に求める価値」であり「他社にはない自社だけが提供できる価値」でもあるものです。

バリュープロポジションキャンバスで、他社には提供できず自社なら提供できる価値と、顧客が真に望む価値が一致するものを洗い出しましょう。

顧客は溶接機械を求めているのではなく、溶接機械を使って成しえたいことがあって購入を検討しています。顧客が真に求めているものが分かれば、自社製品を売るときの強みとしてPRできるでしょう。

溶接機械の広告・マーケティング方法

これより先は、溶接機械の広告・マーケティング方法を紹介していきます。溶接機械の売れ行きが思わしくない場合は、以下の方法を実践してみましょう。

ホームページ&ランディングページを制作・更新する

溶接機械を売り出すには、クライアントに商品や自社の魅力を知ってもらうことが大事です。情報を出し惜しみしていると、比較検討すらしてもらえない恐れがあるので、まずはホームページやランディングページを制作、もしくは見直すところから始めましょう。

まず情報のわかりやすさが重要です。顧客がどのような情報を求めてホームページを閲覧しているかを考え、自社製品の強みや特徴が伝わりやすい・見つけやすい状態になっているかチェックしてみてください。

もし情報が煩雑になってしまっている場合は、お問い合わせや資料請求などを目的としたランディングページを制作してみましょう。

ランディングページは、その1ページの中で製品の魅力を伝えきり、顧客にアクションをしてもらうことまでを完結させるため、複数のページに移動する必要がなくストレスを与えません。

次に紹介するWeb広告などと連動させるとより効果的です。

Web広告を活用する

インターネットやスマホが普及した現代では、Webで情報収集から比較検討まで行うのが当たり前となりました。

溶接機械を検索する顧客がどのような検索ワードを使用するかを考えて、リスティング広告などを出稿するのも有効です。

リスティング広告はGoogleなどの検索結果に表示される広告枠。出稿後すぐに表示されるため即効性は期待できますが、クリックごとにコストがかかりますので、予算管理は注意しておきましょう。

また溶接機械の情報が集まっているポータルサイトなどがあれば、情報を掲載したり、バナー広告枠を購入するなどでも、ニーズのある顧客に自社を認知してもらいやすくなります。

ただしWeb広告は入り口にすぎませんので、流入先となるホームページやLP(ランディングページ)の情報は、製品の魅力が伝わり、問い合わせなどをしてみようと思わせる内容にしておきましょう。

自社製品の強みとマッチする顧客獲得ができるポジショニングメディア

溶接機械に興味を持っている顧客は、自社商品・競合商品を比較検討している可能性が高いといえます。

ポジショニングメディアとは、自社ならではの強みや差別化ポイントを競合と比較できるような形で見せ、市場内での自社のポジション(立ち位置)をわかりやすくユーザーに伝えることができるメディアです。

コンテンツSEOによって溶接機械を求めるユーザーを広く集客。その中で競合と自社製品の違いを訴求できるため自社製品に魅力を感じる顧客だけが問い合わせてくれるようになります。

ポジショニングメディアのコンバージョンフロー

ポジショニングメディアを見て問い合わせたユーザはすでに自社の強みを認知しているため、商談や成約にも進みやすく、売上を上げるまでの期間やコストを削減できます。

実際にポジショニングメディアを導入している企業様からは、以下のような成果を実感する声もいただいております。

  • 自社に魅力を感じた人が問い合わせてくれるため、商談率が80%を超えた
  • 直ぐに打ち合わせや商談に入れるようになり、契約までの期間が1/3になった
  • 購買意欲が高まっているユーザーを集客でき、受注単価が2.5倍にアップした

新しいマーケティング施策を実施したい、自社にとって効果的な集客戦略を導入したいという方は、ぜひ詳細もご覧ください。
ポジショニングメディア戦略の
特徴・事例を見る

溶接機械のマーケティング・集客にお悩みなら

キャククルを運営する全研本社では、クライアント独自の強みを軸とした集客・マーケティング戦略の提案を得意としています。

いままでに120業種を超える様々な業界のクライアント企業を支援してまいりました。
専門性の高い製品や、ニッチな市場であっても効果的なマーケティング戦略を実施することが可能です。

溶接機械の市場でしっかりと自社のポジションを確立し、安定した集客経路をつくっておきましょう。

市場の中での認知度が低い、うまく集客ができていない、反響があっても成約につながらないといったお悩みや課題があれば、ぜひお気軽にご相談ください。

Web集客・マーケティング戦略の
ご相談はこちら

ページトップへ