保険代理店(保険ショップ)の集客方法・マーケティング戦略について知る

保険代理店の集客
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

お問合せはこちら

集客の前に保険代理店・保険ショップの市場状況を振り返る


保険商品と言えば、保険会社が雇用している「生保レディー」と言われる人が一社専属で販売していました。しかし、保険業法の改正による規制緩和によって代理店が複数の商品を扱えるようになりました。

さらには損保会社が子会社を通じて生命保険業に参入できるようになったため、保険商品の多様化が進みました。したがって、「どの商品も同じ」であった時代から「商品が多すぎて選べない」という時代に変わりました。

来店型ショップのニーズ

商品が多すぎて選べないといった客が増えたことから、複数の商品を比較して組み合わせるコンサルティングの需要が高まりました。そこで注目を浴びたのが「来店型のショップ」です。

来店型であれば、見込み客が自分から足を運んでくれます。そのためショップは集客コストを掛けずに済み、その分を取扱商品の充実や相談サービスの強化にあてることができます。

ショップも人通りの多い繁華街や、ショッピング施設の一角に設置されているケースが増えているため、顧客の層に合った場所選びが進み人の目につく機会も増えてきています。

保険を選ぶには自己責任が必要

代理店による来店型ショップの台頭により商品開発や価格設定の変化が保険業界でも起こっています。
ただし、中立的な立場から無料相談しているコンサルティングの人も、保険契約で紹介販売料を貰うコンサルティング料で運営しています。保険会社が代理店に支払う紹介販売料は保険会社が自由に設定できるため、ショップ側は紹介販売料の高い商品を勧めてくる可能性もあります。

あまりにもいい加減な提案をしてくると顧客の信頼を失う原因になるため、それなりに信用はできると思いますが、最終的に保険商品を選ぶのはお客さん自身なのできちんと情報を確認して判断する必要があります。

異業種の参入によってWeb集客が有効

このように規制緩和で損保会社が生命保険を扱えるようになったり、代理店によって来店型ショップが立ち並ぶようになったりしたことで保険商品の多様化、複雑化が進んでいます。

最近ではダイレクト型と呼ばれる、テレビなどで宣伝し電話やインターネットで直接加入するタイプの保険も登場しています。

今後は来店型ショップからネット販売という流れが主流となる可能性も高いため、Webによる集客が有効になると言えるでしょう。

集客の前にユーザー視点で保険代理店の利用軸を知る

保険代理店グラフ
保険代理店に相談をするときに気にするユーザーが最も気にすることは、

  1. スタッフの対応品質
  2. 取扱商品の多さ
  3. 近さ

という順番になりました。最も数が伸びていた対応品質については、「押し売りをされたくない」「自社本位になり顧客本位の提案をしてくれないのでは」といった不安が見えました。

このように、集客や営業をするにあたっては一貫して押し売りをしない、あくまでもご相談者様のパートナーであるということがしっかり「伝わりきる」体制作りやブランディングが出来るようにしておくことが大切でしょう。

保険代理店・保険ショップがweb集客で踏まえておきたいこと

持続的・安定的な集客

自社コンテンツSEOについて

SEO対策の中のひとつに「コンテンツSEO」という方法があります。コンテンツSEOは定義がはっきりしておらず、コンテンツマーケティング、コンテンツ、WEBライティング、内部対策などと言われています。

文章の中身、内容を充実させて有用な情報を発信することで、検索結果でサイト露出を増やしていく方法です。ざっくりとした理解としては、”適宜メンテナンスをしてコンテンツの質を高めることで、上位表示を目指す”で良いかと思います。

コンテンツSEOのやりかたと事例

コンテンツSEOの手順を事例を交えながら紹介します。

1.事前準備としてTOPページのSEO対策
TOPページのSEO対策をポイントに沿って実施します。まずはSEOキーワードをTOPページ、タイトルタグに設定します。そしてTOPページ内にSEOキーワードについて説明した文章を入れます。

2.コンテンツのテーマを考える
TOPページのSEOキーワードに関連して、検索ユーザーが興味を持ちそうなキーワードにします。例えば「ベッド通販」がTOPページのSEOキーワードの場合、「ベッドの種類について」「ベッドの素材について」「睡眠について」といった関連したミドル/スモールキーワードにすることがポイントです。

3.コンテンツを作成する
テーマを考えたら実際にコンテンツを作成します。検索ユーザーに向けて情報を書くことが大事です。検索ユーザーがどんな背景で、どんな目的で、どんな理由があってその情報を探しているか想像しながら作成しましょう。見出しを利用するなど、読みやすく工夫することも大事です。上位表示されているサイトがどんな内容で書かれているか参考にするとよいでしょう。他のサイトからコピーしてきた文章を作成してしまうと、ペナルティを受ける場合もあります。

4.作成したページの順位計測を行う
作成したページをコンテンツテーマのキーワードで順位を計測します。定期的に順位を確認しながら、順位が低い場合はリライトします。このように定期的にメンテナンスをしながら上位表示されるように作成します。このように日々のメンテナンスが必要なため、検索順位の自動取得のできるSEOツールを活用すると便利です。

費用を抑えた集客ならポータルサイト掲載も検討

ホームページやオウンドメディアなど、自社でのSEO対策やコンテンツマーケティングが難しい場合や、まずは費用を抑えて集客したいという場合はポータルサイトへの掲載も検討してみてください。

ポータルサイトとは保険会社や保険相談の窓口情報等をまとめているWebサイト。保険相談に関連するキーワードでもSEO対策をしていますし、コンテンツも更新されています。

掲載費用はかかりますが、すでに検索画面で上位表示されているポータルサイトに掲載することで、スピーディーな集客・認知度向上につながります。

ポータルサイト:おすすめ保険相談の口コミ評判まとめ

おすすめ保険相談の口コミ評判まとめキャプチャ画像
引用元:おすすめ保険相談の口コミ評判まとめ(http://www.fphoken-consul.net/

弊社でも保険相談向けのポータルサイト「おすすめ保険相談の口コミ評判まとめ」を運営しています。会社・店舗情報掲載のご希望がございましたら、以下よりご連絡ください。

おすすめ保険相談の口コミ評判
まとめへのご掲載希望はこちら

アフィリエイトサイトへの掲載

アフィリエイト広告とはユーザーが広告をクリックすることをきっかけにして広告主のサイトで商品購入などの成果が発生すると報酬を支払う、という広告手法です。費用対効果の高いことからインターネット広告の中でも欠かせないものとして多くの企業に導入されています。

アフィリエイトのメリット

・成果報酬型なので費用対効果が高い
商品購入や会員登録など、広告主が決めた成果で報酬が発生する成果報酬型の広告なので、成果につながらなかったユーザーに対して費用が掛かるわけではありません。したがって、高い費用対効果が期待できます。

・低予算で始められ低リスク
アフィリエイト広告ではASPへの初期費用、月額費用、デポジットのみで開始できるため低予算で開始できます。また、成果報酬金額を広告主が任意で決めることができるため、他のインターネット広告を比較して予算変動が少なく低リスクな広告手法です。

・すぐに始められる
従来のマス広告やバナー広告では、開始まで最短でも1か月以上はかかります。しかし、アフィリエイト広告はタグ設置や素材入手するだけで2週間以内で開始することが可能です。

アフィリエイトのデメリット

・すぐに成果が出ない
アフィリエイト広告にはSEOと同じような性質を持っているため、開始してすぐに効果が出るものではないです。成果を早めたい場合の手法もありますが、アフィリエイターの募集をするところから始まる為、基本的には今すぐに売り上げが欲しいといった場合には向きません。

・自社の強みや差別化がないと厳しい
アフィリエイト広告はインターネット広告でも一番広告主が有利な広告とも言われています。したがって、パートナーサイト側に負担がかかっています。アフィリエイトサイト運営者は、最も売りやすい商品やサービスを販売しようとするため、売れるためには「独自性」や「差別化」が重要になります。商品、自社の強みを見出すことが出来なければアフィリエイトで売り上げを拡大していくのは難しいため不向きです。

・意図しないサイトに掲載されるリスクがある
アフィリエイト広告は、広告主が公開したアフィリエイトプログラムに対してパートナーサイトが提携申請を行います。この提携申請に対してすべて承認すると意図しないサイトへ掲載されてしまいブランドが既存するリスクがあります。サイトの承認の数は膨大になるため、特定カテゴリーに属したサイトだけ自動承認にするなどの対応をオススメします。

・終了するのに時間がかかる
基本的に終了日や期間の設定がありません。そのため緊急でアフィリエイト広告を終了したい場合でも最短2週間ほどの期間がかかります。したがって期間限定の商品やキャンペーンなどには不向きです。

保険代理店・保険ショップをまとめたポジショニングメディア

マーケティングポイント
自社の情報を発信するためのポジショニングメディアの制作も集客方法のひとつです。

保険業界におけるポジショニングメディアは、保険料や補償内容などの情報を網羅的にまとめた勉強サイトのようなものです。

また、情報を単に一覧化する形でまとめるのではなく、保険代理店の強みや特徴を分かりやすくまとめることでユーザーのニーズとすり合わせすることができます。

自社商圏に合わせたユーザー獲得の実現

自社商圏、得意な分野に焦点を当てたポジショニングメディアを展開することで、最も売上に繋がりやすいユーザーに対して自社の良さをしっかりユーザーにインプットさせることが出来ます。

その結果、この保険代理店に相談をすれば最も自分に合った保険が見つかるといったイメージをさせることができるため、効率的な営業活動を実現させることができます。

自社ブランディングに最適

ポジショニングメディアでは、この地域で保険に困ったらまずはこの保険代理店・保険ショップに相談をした方がよいというブランディングを行うことが出来ます。

そのため、この地域で保険代理店を探しているユーザーが一度はWebで見ざるを得ない状況を作れるため、地域で選ばれる保険代理店を目指すことができます。

保険代理業のマーケティング資料


保険代理店のマーケティング資料

保険代理店が知っておきたいユーザー目線とバリュープロポジションについて、弊社商材と共に紹介しております。

保険代理店向けマーケティング資料はこちら

自社に合った保険代理店ならではの集客・営業方法を模索しましょう

集客・売上アップ
集客方法にはさまざまありますが、とりあえず全部に手を付けてみることはあまりおすすめできません。ユーザー心理に立って適切な広告アプローチをしていくことが大事です。

全研本社では、これまで地域や専門分野に特化したポジショニングメディアを6000サイト以上運営し、あらゆるジャンルのクライアント様の売り上げ拡大に貢献してきました。

自社の強みや競合状況によって有効なマーケティング戦略は変わってきます。集客戦略に興味のある方はどんな質問をいただいても構いません。是非一度全研本社にご相談ください。
お問合せはこちら

ページトップへ