集客につなげる工務店の宣伝方法

集客につなげる工務店の宣伝方法
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

工務店の宣伝方法とは

インターネットやスマートフォンが普及し、世間ではオンライン広告による集客が多くみられるようになりました。

しかし、チラシやパンフレットの配布、集客イベントの実施等々の多岐にわたるオフライン広告での効果も多大なものです。それは、何度も見たり聞いたりすることで、潜在的に記憶に残り、徐々に興味を持ったり、好きになったりしていくザイアンスの法則とも呼ばれる単純接触効果が得られるからです。

この記事ではその効果を高めるための集客戦術についてお話しします。

チラシ

新聞の折り込みチラシを利用するメリットは、エリアを絞り込めることです。工務店の担当エリア内の新聞に自社の宣伝用チラシを入れることで、この地域にはこんな工務店があるんだという認識を持たせることができます。しかし、他のチラシも混在するなか、自社のチラシを隅から隅まで目を通されるユーザーが少ないのも事実です。

  • 正確なターゲットの設定
  • ターゲットの抱える課題の解決案を提示

上記2点に気をつけることで、ターゲット設定されたユーザーの目に留まりやすくなります。さらに、自社のホームページURLや、スマホユーザーのためにQRコードを設置するなど、Web集客と織り交ぜることで、集客力は格段に上がります。

ポスティング

自社のチラシやパンフレットをエリア指定して投函することができるポスティングですが、ターゲットを絞り込むことを不得手としています。「現場見学会」や「完成見学会」のイベント宣伝のために利用されることが多く、戸建て住宅に住んでいる人・アパートやマンション等の賃貸物件に住んでいる人によって、宣伝効果が異なります。

ポスティングを行う際は、チラシの内容をしっかりと把握し、そのターゲットとなるエリア・建物を選定することが、効率良く集客するポイントです。

看板

パラペット看板や屋上看板、壁面看板等々、看板と一口にいっても多様なものがあります。しかし、看板を利用する際に言えるのは、人の目に当たる場所に設置しないと意味が無いということです。

単純接触効果を得るためには、何度も看板を目にする必要があります。ただし、会社名だけだと何の会社か分からないため、キャッチコピーのように一言で○○エリアにある○○が得意な工務店であることを提示しなくてはなりません。

のぼり

人間は、静止しているものより、動作のあるものに目を奪われます。パタパタと揺れる工務店の名前を記したのぼりは、歩行者はもちろん、車で移動中の人にも認識されやすく、多くののぼりを店頭に設置することでたくさんの人の記憶に残ります。

パンフレット

チラシとの違いは情報量です。情報量を多く載せられるパンフレットには施工事例やモデルハウスの写真を盛り込むのが有効です。またユーザーに対して、自分が会社のことをどれだけ理解していて、地域に貢献しているかを熱い気持ちで伝えることも重要です。

パンフレットはチラシと比べると手元に残す確率の高い広告でもあります。そのため、地域に合わせた住宅の選び方や、流行等のお役立ち情報も載せることで、さらに捨てられることが少なくなります。

集客イベント

イベントを開催する目的は、人気のある工務店であることをアピールすることです。人が集まっていると「この工務店は人気があるんだな」「信用できそうだな」と思われます。このような状況を作りあげることが集客率アップのポイントです。

モデルハウス見学会

チラシやパンフレットや、テレビCMなどでモデルハウス見学会開催の旨を伝えます。見学自由だったり、ゲーム等のお楽しみイベントを同時開催することで、お子様連れの方や、少しだけ興味のある人も気軽に参加できる環境を作ることが重要です。

勉強会セミナー

現在はセミナーに参加するユーザー数が増加傾向にあります。しっかりと住宅について学んでから意思決定したいと思われる方が増えているのです。ただ、「○○工務店のセミナー開催」とだけ記したチラシを配布しても参加者は増えません。

「初心者向けセミナー」「ペットとの永住企画セミナー」など、どのようなターゲットに向けてのセミナーなのかを明記しなくてはならないのです。さらに、セミナーで学べる内容や、キッズルーム完備・ペット同伴OKなどを明確にすることで、より多くの参加者が見込めます。

お祭り

お祭りを開催することで、地域活性化に貢献していることをアピールすることができます。地域に密着している工務店だからこそ、地元を大事にしていることを発信するのです。子供向けものづくり体験等を通して、工務店の仕事に触れてもらいましょう。そうすることで、自分の会社と地域がより密接な関係を築くことができます。

売上アップにはWeb広告が必要

オフライン広告での戦略を解説してきましたが、やはりインターネットが主流の今は、オンライン広告(Web広告)の配信が売上アップの基本です。オフライン広告+オンライン広告による集客術をマスターすることで多くのお客様にアプローチすることができます。

ただし、Web戦略による集客を目指す際は、エリアマーケティングにより、エリア内のユーザーニーズを見据えることが大事です。そして、エリア名をキーワードにSEO対策することで、近隣のお客様の興味を惹き、ポジショニングメディアの活用で、他社との差別化・優位性を見せます。そうすることで、工務店として確立した魅力を配信できるようになります。

このようにオフライン広告による集客をしつつ、Web戦略とマーケティングも行うことで、より効率的かつ効果的にユーザーにアプローチすることができるのです。

工務店の集客アップ・売上アップの戦略を詳しく知りたい方はこちら!

ページトップへ