輸入住宅スタイルブックの広告掲載情報や料金をリサーチ

輸入住宅スタイルブックの広告掲載情報や料金をリサーチ
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket RSS

輸入住宅スタイルブックの特徴

 
輸入住宅スタイルブック
引用元:輸入住宅スタイルブック (https://www.neko.co.jp/magazine/%e8%bc%b8%e5%85%a5%e4%bd%8f%e5%ae%85%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%96%e3%83%83%e3%82%af%e3%80%80vol-23)

輸入住宅スタイルブックは、クラシカルで美しい洋館を紹介している雑誌です。輸入住宅とは、海外の設計スタイルを取り入れて資材別またはパッケージで輸入し、国内で建築する住宅を指します。「海外スタイル住まいに憧れる」「デザイン性の高いお洒落な住まいが良い」そんな読者に向けて、輸入住宅の魅力や空間づくり、暮らしを心地よくするアイディアを発信しているのが輸入住宅スタイルブックです。

ここでは、輸入住宅スタイルブックの特徴や掲載までの流れなどについて紹介していきます。

輸入住宅に特化している

 
コンセプトがはっきりとしているため、読者の心に刺さる広告掲載を目指せます。同雑誌で紹介しているのは、輸入住宅の紹介や海外様式に基づくインテリアのコーディネート方法や空間づくり。海外スタイルを取り入れたハウスメーカーやハウスビルダー、工務店、インテリアショップが広告を載せれば、ニーズを持ったユーザーに向けてアピールできます。

検索エンジンで上位表示

 
「輸入住宅 雑誌」のキーワードで検索すると、輸入住宅スタイルブックが上位に表示されます。検索されたときに上位表示されるメリットは、認知度アップに繋がる点と潜在顧客にアプローチできる点です。輸入住宅スタイルブックで広告掲載をすれば、集客力を上げるのに役立つでしょう。

Webページでも発信中

 
輸入住宅スタイルWebでは、海外物件のカタログや海外の暮らしに関する情報、リノベーションの施工事例などを紹介しています。お気に入りの物件スタイルを見つけられる検索機能が充実。スタイル×外観×タイプの3項目を設定し物件を探すことが可能。例えば、北欧スタイル×塗り壁×テラスのように絞り込めるのです。

海外の暮らしに関するページでは、バルト三国の魅力やメルボルンの住宅建築様式について綴られています。このような情報を目にすれば、日本離れした生活を好む読者の心を揺さぶり、輸入住宅への興味を掻き立てるでしょう。

輸入住宅スタイルブックの広告掲載・提携料金

広告を掲載するための料金については、公式サイトに記載がありませんでした。広告掲載の料金に関するお問い合わせをする前に、事前に決めておきたい項目を紹介いたします。

  • 広告のサイズ
  • 掲載する箇所
  • カラーの有無

詳しくは、お問い合わせフォームからご確認ください。

輸入住宅スタイルブックの口コミ・評判

輸入住宅スタイルブックの広告掲載に関する口コミや評判は、確認できませんでした。

輸入住宅スタイルブックの広告掲載・提携するまでの流れ

雑誌に広告掲載をする流れは、以下の通りです。

①お申込み
※媒体に適した広告かどうか審査を要する場合あり
②担当者と事前打ち合わせ
③取材
④原稿の作成・確認・修正
⑤校了後、掲載スタート

より具体的に把握したい場合は、お問い合わせフォームからお尋ねください。

輸入住宅スタイルブックに広告掲載・提携するメリット

 
輸入住宅への関心が高いユーザーにアプローチできるのが、メリットの一つ。一度広告を載せるだけでも、読者の目に留まり認知度アップが図れます。

広告を使った集客を試みれば、営業にかける時間の短縮にも。また媒体のテイストに合った広告を作成すれば、自社のブランディングにも役立つはずです。

輸入住宅スタイルブックと様々なマーケティング施策を連携させよう

輸入住宅スタイルブックへの広告掲載は、ニーズを持ったユーザーにアプローチできます。
ただしより集客効果を高めるためには、webマーケティングを取り入れることも大切。

  • 他ポータルサイトに掲載し認知度アップ
  • ランディングページとリスティング広告出稿を活用したピンポイントのアプローチ
  • 輸入住宅に特化したポジショニングメディアで購入する意欲の高いユーザーを狙う

などいくつかの手段を組み合わせれば、相乗効果で集客力が高まるでしょう。
自社商材とマッチしたユーザーを集客するためにも複数の集客戦略を組み合わせることをおすすめします。
輸入住宅ユーザーを狙った
集客・広告戦略まとめ
効率的に反響が取れる注文住宅・ハウスメーカーの
集客広告手法を知る

ページトップへ